芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アンダーファンが一気に離れる?乃木坂46の運営に批判噴出の理由

乃木坂46の22thシングル、『帰り道は遠回りしたくなる』において、BDの特典映像の個人PVが選抜メンバー限定となることが話題になっている。

【こちらも】乃木坂46は終わったのか?答えを出した北海道アンダーライブ

西野七瀬のラストシングルとなる今回は、表題曲のMVの出来が絶賛されており、ネットでも上々の評判だったのだが、この件で一気に風向きが変わったかのように運営に対する厳しい批判が噴出している。

そもそも、メンバーの個人PVというのは、乃木坂46結成以来話題となっている独自のコンテンツで、メンバー全員が主役となり、若手の、あるいは個性的な映像作家と組んで、様々な作品を生み、メンバーの個性を主張してきた、ある意味乃木坂の根幹といってもいい企画でもあった。

中でも、PVの女王と言われていたOGの伊藤万理華は、個人PVから人気に火が付き、選抜に駆け上がっていき、さらに外部の映像作品へのオファーにも結び付いたのではないかと言われている。乃木坂の特徴である「素材感」メンバーをキャラで固定せず、可能性をアピールする非常に大切なコンテンツであった。

今回、どのような事情があって、アンダーの個人PVをなくしたのかはわからないが、固定化されつつある選抜に、「不遇」という言葉を飲み込んで、乃木坂46を箱押ししてきたアンダーのファンが、ここで一気に離れる可能性もある、結構致命的な愚策だと記者個人は考える。アンダーメンバーが可哀想というのではなく、乃木坂の魅力であった素材感を象徴するコンテンツを壊すということに問題を感じるのである。

まあ、うがった見方をするならば、アンダーメンバーが予想外の結果を独自で出し続けていることに、運営が対応できていないという可能性もある。

かつては、選抜メンバーは冠番組(『乃木坂ってどこ』)に出演が約束されており、キャンペーンなどで番組出演の可能性も高いというメリットもあったが、現在の乃木坂はアンダーであろうと番組に呼ばれ、舞台で主役を張り、モデルとしてランウェイを歩き、CMにもラジオMCにも対応している。

冠番組にも普通に呼ばれて収録に参加しており、さらにアンダーライブは毎回のように選抜を凌ぐ話題になってしまう。

選抜とアンダーの差が縮まってしまうことで、かつて問題になった選抜入りへのモチベーションの低下や、「選抜3列目とアンダーセンターはどちらがいいか?」といった論争が起きてしまうことを嫌っての処置なのではないかという推測もできるが、それは本末転倒だろう。

今回、卒業シングルとして西野七瀬は表題曲のセンターと、表題曲MVの主役、個人PVに卒業記念の特典映像がある。その一方で、同じ卒業でありながら、若月佑美は個人PVのみ。能條愛未に至っては、それすらない。

西野はエースだが、じゃあ若月・能條とは、別れのときですら、ここまで差をつける必要があるのだろうか?貢献度はそこまで差があるのだろうか?ということを考えると、正直記者には疑問が残る。

選抜もアンダーも関係なく、全員で坂を登ってきたメンバーが、こういう形で分断されてしまうのは残念でならない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

共演者にもズケズケ物言う 嫌われアナ1位・弘中綾香アナの強心臓

深夜帯から土曜22時台に“格上げ”された「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)で、“研究助手”を務める弘中綾香アナ(28)。昨年12月に発表されたオリコンの「好きな女子アナランキング」で2位に急浮上したが“アンチ”も急増している。発売中の写真誌「FLASH」(5月28日号)が特集した〈...
テラスハウス合格も「嫌すぎて号泣」 今井華がテレビから消えた理由

テラスハウス合格も「嫌すぎて号泣」 今井華がテレビから消えた理由

地上波未公開シーンを含めた完全版「しくじり先生俺みたいになるな!!」が、AbemaTV(アべマTV)で放送された。 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、タレントのゆきぽよ、乃木坂46の与田祐希、俳優の佐伯大地が出演。今回の“しくじり...
遠藤憲一 プロポーズ後の驚きの行動明かし反響「素敵」

遠藤憲一 プロポーズ後の驚きの行動明かし反響「素敵」

5月8日、フジテレビ系『TOKIOカケル』に出演した遠藤憲一が反響を呼んだ。 【別記事】北川景子、DAIGOとの結婚会見での「恥ずかしい話」を振り返る 番組内のスタジオトークでプロポーズの話題になると、愛妻家としてゲスト出演していた遠藤は「(付き合って)4年目ぐらいだったんですけど」と切り出し、「4年...
衛藤美彩「すごい完成度でしたね」ツイッター偽アカウントに注意

衛藤美彩「すごい完成度でしたね」ツイッター偽アカウントに注意

元乃木坂46の女優、衛藤美彩(26)が6日、インスタグラムのストーリーズを更新し、自身の名をかたった偽のツイッターアカウントへの注意を呼びかけた。 衛藤は「コメントでファンの方に教えて頂き、知りましたが公式でやっているのはインスタグラムだけでツイッターやフェイスブックなどはしていません」...
「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

日本中にブームを巻き起こした大ヒットドラマの続編がついに始動です(写真は2013年放送の前作ポスター、撮影:今井康一) 5月23日、マスコミ各社がドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編決定を報じました。待望の続編は2020年4月からの放送で、主人公の半沢直樹を演じるのは、もちろん堺雅人さん。第一弾が放送...
ドラマに出演する悪役俳優・或布理萬の「警察沙汰」女性が告発

ドラマに出演する悪役俳優・或布理萬の「警察沙汰」女性が告発

「高倉組」をご存じか。「CNN」や「ジャパンタイムズ」などで紹介され、「GUCCI」の広告モデルも所属する悪役俳優の事務所だ。そんな組の或布理萬(あるふりまん)(45)が、実際に、下半身絡みの“犯罪”を訴えられ……。 「高倉組」の中枢メンバーである或布理萬は、東京MXテレビ「5時に夢中!」やBSスカパー!...
「嫌いな」女性歌手・アイドル 工藤静香や指原莉乃が上位に

「嫌いな」女性歌手・アイドル 工藤静香や指原莉乃が上位に

週刊女性の人気企画『私たちが“嫌いな女”アンケート』には、1433票が集まった。総合チャートでぶっちぎりの1位・和田アキ子を追いかけているのは、歌手・アイドル部門においては工藤静香。 【写真】『嫌いな女』総合チャートTOP48にランクインしたのはこの面々! 「あざとい感じが汚い」(20代・学生)、「キ...
視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

4月の月間視聴率(1〜28日)が発表され、全日帯(午前6時〜午前0時)でテレビ朝日と日本テレビが7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。同率トップを獲得した。 「このところテレ朝の視聴率が好調です。朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』と夜のニュース番組『報道ステーション』はそ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net