芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか

雌伏の時を経て雄飛へ――。“珍獣ハンター”イモトアヤコ(32)がいま本格的に、女優への道を歩み出した。

***

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系列・日曜午後7:58〜8:54)を、NHK大河ドラマをも脅かす民放バラエティのトップに押し上げた最大の功労者といえばイモトアヤコである。太眉メイクにセーラー服姿の“珍獣ハンター”として、コモドドラゴンに追いかけ回され、チーターと100メートル走を競い、ナイルワニと綱引き、芋虫を喰う……などなど、世界(100カ国以上)を股にかけてきた彼女は番組・最大の功労者だ。

そのイモトが、日曜劇場「下町ロケット」(TBS系列・日曜午後9:00〜9:54)の新シリーズにレギュラー出演している。天才といわれながらも大手・帝国重工を辞め、ベンチャー企業の副社長としてトランスミッション(変速機)の開発に携わる技術者として、主人公の佃航平(阿部寛[54])に深く関わっていく重要な役どころ。第1話(10月14日)には長台詞もあれば、涙を流すシーンまであったが、その演技力が評判を呼んでいる。

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか イモトアヤコ

〈下町ロケットイモトさんの演技素晴らしい〉

〈イモトの涙にもらい泣きしてしまった〉

〈イモトの演技すげぇな、、、コンペのところの涙、鳥肌たったよ〉

「番組終盤に流した涙は、台本にはなかったとか。それだけ力が入っているんでしょうね。主演の阿部寛も番組宣伝のために出演した情報番組で、イモトの熱心さを明かしつつ、舌を巻いていましたから。それだけイモトも本気ということでしょう」(民放プロデューサー)

「イッテQ」のオーディションを通り、2007年に珍獣ハンターとしてデビューして10年余り。瞬く間にブレークしたが、これまで彼女を日テレ以外で見ることはほとんどなかった。

タレントを抱え込む日テレ

前出の民放プロデューサーによれば、

「日テレと専属契約でも交わしているんじゃないかと言われたほどです。もっとも、珍獣ハンターとして世界中を回っていますからね。彼女が『イッテQ』最優先だったこともありますが、1回のロケで5〜6日は費やされ、それがいつ入るかも分からなかったため、物理的に他局に出演するのは無理だったともいえます。そんな中で連続ドラマの撮影ともなれば、まず無理です。彼女がドラマに初めて出演したTBS開局60周年記念特別ドラマ『99年の愛〜JAPANESEAMERICANS〜』という5回連続のドラマでしたが、全篇で出演したわけではありませんでした。しかし、これまで彼女が日テレ以外の民放で唯一出演したドラマがこれだったのです。おそらく脚本が橋田壽賀子さん(93)だったので、彼女を使いたいと言われたら、断りきれなかったんじゃないですかね。それというのも、日テレは自局の番組で育てたタレントを抱え込むことがあるからです。有名なのは『エンタの神様』(2003年〜2010年/現在は特別番組として不定期放送)。この番組で作ったキャラクターネタを他局で演じることはできません。“エンタ縛り”と呼ばれていますが、スリムクラブ真栄田賢(42)の“快物フランチェン”やサバンナ高橋茂雄(42)の“犬井ヒロシ”、まちゃまちゃ(42)の“摩邪”などもそうでした。だから、イモトの場合も、他局には出ないと業界では言われていたのです」

それが同じ日曜日に、局を跨いで2時間続けて出演するということに。

「イモトだって、このまま“珍獣ハンター”としてずっと続けていける、続けたいとは思っていないでしょうからね。『イッテQ』でのギャラはロケ1本につき、数十万円。一見高いように見えますが、5〜6日のロケを日当にすれば大したことはない。これでもデビュー時に比べれば10倍にもなったといいますから、バラエティタレントとしてギャラが上がるのもそろそろ限界でしょう。ならば女優として飛躍してみせるのは、いい手だと思います。バラエティでは太眉というイメージが出来上がっているので、それを取り去るだけで市井の人を演じられる。見てくれだけの女優が多い中、普通の人を演じられるというのは、逆に強み。太眉イモトの『イッテQ』が終わってすぐ後に、チャンネルを変えれば、シリアスなイモトの『下町ロケット』が始まるわけです。売り方としても見事だと思いますよ」(同・民放プロデューサー)

「下町ロケット」の前シリーズでは、役者として元フジテレビアナの高島彩(39)を起用したが、新シリーズでは元テレビ朝日アナの古舘伊知郎(63)、さらに元日テレアナの福澤朗(55)も追加と、テレビ局の垣根を越えた意外なキャスティングも目玉のひとつ。

その中で、日テレの殻を破って、太眉落とした地味なイモトが、どこまで突き抜けられるかも楽しみだ。

週刊新潮WEB取材班

2018年10月28日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「一軒家」に逆転されたイッテQ 女優業に精出すイモトアヤコが降板も

「一軒家」に逆転されたイッテQ 女優業に精出すイモトアヤコが降板も

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、日曜夜7時58分)に暗雲が立ち込めている。 大麻所持で2人逮捕…元KAT-TUN田口が溺れた小嶺麗奈の悪評 19日放送の視聴率は16・9%。決して悪くはないが、同時間帯のライバル『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)は19・8%と過去最高をマークし、完全に逆...
「元号を使っているのは日本だけ」歴ドル・小日向えりが解説

「元号を使っているのは日本だけ」歴ドル・小日向えりが解説

タレントの小日向えり(31)が1日、東京・渋谷のNHKで行われた同局の「高校講座」2019年度新作番組取材会に出席し、“歴ドル”の肩書に負けない元号の知識を披露した。 小日向は、Eテレの「日本史」(金曜、後2・00)で日本史の大好きな「歴カフェ」の店員を演じ、お客さんとの語り合いで日本史を...
竹内結子と結婚した中林大樹 大火事から生還の「奇跡の子」だった

竹内結子と結婚した中林大樹 大火事から生還の「奇跡の子」だった

「何も聞いていませんでした。結婚発表の少し前に電話があって、“結婚することになったけど、かまへんか”と言うから、“まあ、お前が決めたことやしな”と答えました。同じ所属事務所やから気心も知れているやろうし。竹内さんとは一度も会ったことはありません。今度、会ってゆっくり話を聞きたいですね」 【ス...
日曜夜の激戦区に異変「イッテQ」に勝利した「ポツンと一軒家」

日曜夜の激戦区に異変「イッテQ」に勝利した「ポツンと一軒家」

日曜夜の激戦区に大異変が起きた。2月24日夜8時台の視聴率(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)は、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が16.3%、「ポツンと一軒家」(朝日放送/テレビ朝日系)が16.4%――。 その差はわずか0.1ポイントではあるけれど、「ポツン」が番組開始以来、初めて1位...
内野聖陽、17歳年下の女優・小山あずさと交際 元付き人

内野聖陽、17歳年下の女優・小山あずさと交際 元付き人

俳優の内野聖陽(50)が、17歳年下の女優小山あずさ(33)と交際していることが21日、分かった。 関係者によると、相手の小山は内野の元付き人で、柳葉敏郎(58)らのいる融合事務所に所属し、舞台を中心に活動している。11〜12年には仲代達矢(86)が主宰する「無名塾」に在籍していた。知人は「数年前から...
なぜかセクハラにはならず 福山雅治の絶妙な下ネタトーク

なぜかセクハラにはならず 福山雅治の絶妙な下ネタトーク

福山雅治が銀行員って、ちょっとイメージがわかなかったけど……。 【写真全12枚】独身時代や“龍馬姿”も!お宝ショットで振り返る福山雅治 「TBS系の日曜劇場『集団左遷!!』は、廃店が決まっている銀行支店の行員たちが巨大組織と戦う熱血会社ドラマです。福山さんが演じる主人公の支店長は普通のサラリーマン。...
沢尻エリカはなぜオファーが絶えないのか 忖度の必要ない存在

沢尻エリカはなぜオファーが絶えないのか 忖度の必要ない存在

平成芸能史に残る「別に」発言も今は昔。沢尻エリカ(33)が女優として新たな境地を開いている。 【写真】この記事の写真(13点)を全部見る 躓(つまず)きは、沢尻21歳のときだった。主演映画『クローズド・ノート』の舞台挨拶で、司会者の質問に対し「別に……」などとふてくされた態度に終始。 「これが大バ...
小泉孝太郎が芦名星と交際報道 愛犬を連れてデート撮、連泊も

小泉孝太郎が芦名星と交際報道 愛犬を連れてデート撮、連泊も

10連休の最終日、東京の湾岸エリアを、小型犬と散歩するマスク姿の男女がいた。リードを持つ女性の後ろを、男性が追いかける。時折周囲を警戒するこのふたりは、小泉孝太郎(40才)と芦名星(35才)。散歩を終えるとふたりは、孝太郎の自宅マンションへと帰っていった。 【全身写真】愛犬を抱いた芦名星と小泉...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net