芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか

雌伏の時を経て雄飛へ――。“珍獣ハンター”イモトアヤコ(32)がいま本格的に、女優への道を歩み出した。

***

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系列・日曜午後7:58〜8:54)を、NHK大河ドラマをも脅かす民放バラエティのトップに押し上げた最大の功労者といえばイモトアヤコである。太眉メイクにセーラー服姿の“珍獣ハンター”として、コモドドラゴンに追いかけ回され、チーターと100メートル走を競い、ナイルワニと綱引き、芋虫を喰う……などなど、世界(100カ国以上)を股にかけてきた彼女は番組・最大の功労者だ。

そのイモトが、日曜劇場「下町ロケット」(TBS系列・日曜午後9:00〜9:54)の新シリーズにレギュラー出演している。天才といわれながらも大手・帝国重工を辞め、ベンチャー企業の副社長としてトランスミッション(変速機)の開発に携わる技術者として、主人公の佃航平(阿部寛[54])に深く関わっていく重要な役どころ。第1話(10月14日)には長台詞もあれば、涙を流すシーンまであったが、その演技力が評判を呼んでいる。

イモトアヤコ「下町ロケット」で好演 日本テレビから巣立ちか イモトアヤコ

〈下町ロケットイモトさんの演技素晴らしい〉

〈イモトの涙にもらい泣きしてしまった〉

〈イモトの演技すげぇな、、、コンペのところの涙、鳥肌たったよ〉

「番組終盤に流した涙は、台本にはなかったとか。それだけ力が入っているんでしょうね。主演の阿部寛も番組宣伝のために出演した情報番組で、イモトの熱心さを明かしつつ、舌を巻いていましたから。それだけイモトも本気ということでしょう」(民放プロデューサー)

「イッテQ」のオーディションを通り、2007年に珍獣ハンターとしてデビューして10年余り。瞬く間にブレークしたが、これまで彼女を日テレ以外で見ることはほとんどなかった。

タレントを抱え込む日テレ

前出の民放プロデューサーによれば、

「日テレと専属契約でも交わしているんじゃないかと言われたほどです。もっとも、珍獣ハンターとして世界中を回っていますからね。彼女が『イッテQ』最優先だったこともありますが、1回のロケで5〜6日は費やされ、それがいつ入るかも分からなかったため、物理的に他局に出演するのは無理だったともいえます。そんな中で連続ドラマの撮影ともなれば、まず無理です。彼女がドラマに初めて出演したTBS開局60周年記念特別ドラマ『99年の愛〜JAPANESEAMERICANS〜』という5回連続のドラマでしたが、全篇で出演したわけではありませんでした。しかし、これまで彼女が日テレ以外の民放で唯一出演したドラマがこれだったのです。おそらく脚本が橋田壽賀子さん(93)だったので、彼女を使いたいと言われたら、断りきれなかったんじゃないですかね。それというのも、日テレは自局の番組で育てたタレントを抱え込むことがあるからです。有名なのは『エンタの神様』(2003年〜2010年/現在は特別番組として不定期放送)。この番組で作ったキャラクターネタを他局で演じることはできません。“エンタ縛り”と呼ばれていますが、スリムクラブ真栄田賢(42)の“快物フランチェン”やサバンナ高橋茂雄(42)の“犬井ヒロシ”、まちゃまちゃ(42)の“摩邪”などもそうでした。だから、イモトの場合も、他局には出ないと業界では言われていたのです」

それが同じ日曜日に、局を跨いで2時間続けて出演するということに。

「イモトだって、このまま“珍獣ハンター”としてずっと続けていける、続けたいとは思っていないでしょうからね。『イッテQ』でのギャラはロケ1本につき、数十万円。一見高いように見えますが、5〜6日のロケを日当にすれば大したことはない。これでもデビュー時に比べれば10倍にもなったといいますから、バラエティタレントとしてギャラが上がるのもそろそろ限界でしょう。ならば女優として飛躍してみせるのは、いい手だと思います。バラエティでは太眉というイメージが出来上がっているので、それを取り去るだけで市井の人を演じられる。見てくれだけの女優が多い中、普通の人を演じられるというのは、逆に強み。太眉イモトの『イッテQ』が終わってすぐ後に、チャンネルを変えれば、シリアスなイモトの『下町ロケット』が始まるわけです。売り方としても見事だと思いますよ」(同・民放プロデューサー)

「下町ロケット」の前シリーズでは、役者として元フジテレビアナの高島彩(39)を起用したが、新シリーズでは元テレビ朝日アナの古舘伊知郎(63)、さらに元日テレアナの福澤朗(55)も追加と、テレビ局の垣根を越えた意外なキャスティングも目玉のひとつ。

その中で、日テレの殻を破って、太眉落とした地味なイモトが、どこまで突き抜けられるかも楽しみだ。

週刊新潮WEB取材班

2018年10月28日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

俳優の安田顕が15日、NHK「あさイチ」に生出演。番組では視聴者からのFAX、メールなどを紹介するが、番組冒頭から安田が出演していた「水曜どうでしょう」ファンから、生放送での安田の行いを心配する声が紹介された。 番組では、これまでに安田が出演した作品を映像付きで流したが、中でも“名作”とし...
理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

明治安田生命保険は15日、2019年春の新入社員を対象とした「理想の上司」アンケートを実施した結果を報告し、「理想の男性上司」はタレントの内村光良、「理想の女性上司」は日本テレビの水ト麻美アナウンサーがともに3年連続で1位に選ばれた。 男性部門では昨年のTBS系ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる...
竹内結子「決定的写真」撮られない理由 自宅は「要塞」のよう?

竹内結子「決定的写真」撮られない理由 自宅は「要塞」のよう?

竹内結子(38)の主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」(フジテレビ系)は第3話まで平均視聴率7%台と伸び悩んでいる。竹内の役柄は、クライアントを救うために手段を選ばず、裏で社会を動かす“スピンドクター”的な手法もいとわない凄腕弁護士。美貌と強さを兼ね備えた竹内には適役といえるだ...
「半沢直樹」の続編が7月に放送予定も 堺雅人の事情で延期か

「半沢直樹」の続編が7月に放送予定も 堺雅人の事情で延期か

“倍返しだ!”の決めゼリフをもう一度聞きたくてウズウズしていたファンには残念な情報だ。TBSが今年7月に放送を予定していた堺雅人主演の「半沢直樹」の続編の企画が宙に浮きそうだという。「下町ロケット」や「陸王」など、池井戸潤シリーズを手がけてきた福澤克雄氏が、今回も演出を担当する予定だった...
松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

芸能人が何かトラブルやそれに準ずる騒ぎを起こした場合、その後、初めて登場する公の場で取材陣の質問攻めにあうのが芸能人と芸能メディアの長年の“お約束”だが、女優の松岡茉優(23)は幸運だった。 スポーツ紙はガードする立場 今週発売の『週刊新潮』が、昨年11月に追突事故を起こしていたことを記事化。...
哀川翔と2ショットの「ヤクザ幹部」 ほかにも複数の芸能人と写真か

哀川翔と2ショットの「ヤクザ幹部」 ほかにも複数の芸能人と写真か

1月31日、哀川翔(57)は、本誌の直撃に困惑した表情でこう答えた。 「この写真は確かに俺だよね。何かのイベントじゃない?2018年の鹿児島のイベントではないかな。俺はゲストで呼ばれて挨拶したんだ。そのときの楽屋かな。ただ、横に写っているこの人とは全然面識がないです。ファンの人かな」 哀川といえば...
テレ朝放送の日本版『24』 主人公に唐沢寿明が内定との情報

テレ朝放送の日本版『24』 主人公に唐沢寿明が内定との情報

世界中で大ヒットしたドラマ『24-TWENTYFOUR-』の日本版の制作、放送が決定した。次に気になるのがキャスティングだ。本誌・女性セブンはある重要情報を入手した。 【写真】堺雅人の妻・菅野美穂は子供とスーパーでお買い物 日本版『24』は、『テレビ朝日開局60周年記念番組』として動き出し、公式タイトルは...
田中みな実が女優デビューへ 女優として大成する可能性

田中みな実が女優デビューへ 女優として大成する可能性

田中みな実が2月2日スタートの連続ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)で女優デビューを果たす。その役柄は妻子ある男性と不倫中の女優役。このニュースにSNSでは「田中みな実が不倫相手役ってエグいしピッタリ」など期待を寄せる声も上がっている。昨今は元フジテレビアナウンサーの加藤綾子や平井理央がドラ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net