芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

サンドウィッチマン 東北の復興活動を後押ししたのは「紳助さん」

サンドウィッチマン 東北の復興活動を後押ししたのは「紳助さん」 サンドウィッチマンが、11月1日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。東北の復興活動にまつわる秘話を明かした。

伊達みきおは、「『お前らが先頭切っていろいろ動くんだ』って言ってくれたのが紳助さんなんですよ」と語り、「震災直後、すぐメールをくださって『お前ら動けよ。そしたらみんな、ついてくから』ということを言ってくださった」と振り返った。

さらに和田アキ子からも相方・富澤たけしのもとに震災直後に電話がかかってきたと話し、「私、どうしたら良い?あんたたち一生懸命、頑張りな」と激励されたと回顧。続けて、「(和田は)未だに毎月、義援金を僕らの口座(東北魂義援金)に振り込んでくださるんです。ずーっとです」と語った。

さらに伊達は、「僕らを見て、震災を思い出すという方もいる」としながらも、「思い出してください。それが風化につながらないわけですから」と主張。「僕らを見たら東北のことを思い出してください。そして、また遊びに来てください」と視聴者に呼びかけていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

島田紳助氏がM-1暴言騒動を語る 「上沼さんに申し訳ない気持ちでいっぱい」

島田紳助氏がM-1暴言騒動を語る 「上沼さんに申し訳ない気持ちでいっぱい」

お笑い界を揺るがす暴言騒動に、ついにこの人が沈黙を破った――。業界を去って7年になる島田紳助(62)である。 *** とろサーモンの久保田かずのぶ(39)、そしてスーパーマラドーナの武智(40)が暴言を吐いた上沼恵美子(63)について、週刊新潮は先週号で“島田紳助が口説いて審査員を頼んだ”というエピソ...
とろサー久保田らの暴言問題 M-1の初代Pも苦言「想像力が皆無」

とろサー久保田らの暴言問題 M-1の初代Pも苦言「想像力が皆無」

12月2日に放送された「M-1グランプリ2018」をきっかけに起きた騒動は、いまだ鎮静化の気配が見えない。とろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)は上沼恵美子(63)に直接謝罪を申し込むも、断られたと伝えられる。そんな2人に対しては、M-1創始者も苦言を呈するのだ。 *** 「...
松本人志が久保田かずのぶらを叱責「上沼さんをわかっていない」

松本人志が久保田かずのぶらを叱責「上沼さんをわかっていない」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、9日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜前10:00)に出演。『M-1グランプリ2018』の審査員を務めた上沼恵美子へ“暴言”を吐いたとろサーモンの久保田かずのぶ、スーパーマラドーナの武智に対して「彼らは何より勉強不足ですよね。上沼さんという人がどれ...
引退から7年 島田紳助氏は世界各地の放浪に飽き友人と別宅建設中

引退から7年 島田紳助氏は世界各地の放浪に飽き友人と別宅建設中

「今でも月に1、2回はうちに来てくれます。ただ、今は淡路島での庭いじりが忙しいみたいで……」 そう語るのは、島田紳助(62)の実母だ。 11年に芸能界を引退。現在はたまに週刊誌で報じられる以外、ほとんど動向が伝わってこない紳助。そんな彼の現在について、親友の1人はこう語る。 「引退後はヨーロッパや...
M-1王者・霜降り明星の本当の実力 トークやロケもできる

M-1王者・霜降り明星の本当の実力 トークやロケもできる

とろサーモン久保田と、スーパーマラドーナ武智が、インスタライブ上で発した『M-1グランプリ2018』審査員の上沼恵美子を批判する発言が大きな問題となり、現在もメディアを賑わせている。 「この騒動があまりにも大きくなり、肝心の王者である『霜降り明星』の影が薄くなってしまったことが気の毒ですね」 と...
「嫌いな芸人」1位はダウンタウン、松本人志「頑張ってるのに…」

「嫌いな芸人」1位はダウンタウン、松本人志「頑張ってるのに…」

12日に放送されたTBS系『水曜日のダウンタウン』に出演したダウンタウンの松本人志が芸人に関するランキングにコメントした。 番組では、陣内智則がプレゼンターとして登場し、今年の11月に『週刊文春』で発表された“好きな芸人ランキング2018”を紹介した。番組MCのダウンタウンが600票で3位という結果に陣内...
バイキングで坂上忍「熱くなって」ゲスト出演できず 安藤優子チクリ

バイキングで坂上忍「熱くなって」ゲスト出演できず 安藤優子チクリ

俳優の坂上忍(51)が11日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。議論が白熱しぎて、ゲストが出演できないハプニングがあり、平謝りする場面があった。 この日は、体操女子の宮川紗江(19=高須クリニック)が日本協会の塚原千恵子氏(71)、夫の光男氏(70)からのパワ...
富澤たけしがM-1を終え思いつづる 「審査員も審査されます」

富澤たけしがM-1を終え思いつづる 「審査員も審査されます」

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけし(44)が7日、自身のブログを更新。2日放送のテレビ朝日系「M−1グランプリ2018」で審査員を務めた富澤は「あの席にいることは相当な覚悟が必要」と思いをつづった。 サンドウィッチマンは07年大会で王者となり、富澤が審査員を務めるのは3年ぶり...
霜降り明星優勝の瞬間、芸人たちの表情 ミキの亜生は涙拭う姿も

霜降り明星優勝の瞬間、芸人たちの表情 ミキの亜生は涙拭う姿も

2日にABCテレビ・テレビ朝日系で生放送された平成最後の漫才頂上決戦『M-1グランプリ2018』。平成生まれの新王者・霜降り明星が新しい風を巻き起こした熱い戦いを、放送にはのらなかった出演者たちの表情をまじえながらレポートする。 ○苦しい戦いが続いた序盤 4,640組がエントリーした今年の『M-1』の決勝...
審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

お笑いコンビ・霜降り明星が、史上最年少、初の平成生まれの王者に輝いた“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)。新王者の若さも際立ったが、審査員の顔ぶれにも変化があった。昨年に続きオール巨人(67)、松本人志(55)、上沼恵美子(63)、中川家・礼二(46)の4人が...
和牛が3年連続準Vに自虐 「生まれ変わらないと優勝できない」

和牛が3年連続準Vに自虐 「生まれ変わらないと優勝できない」

“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)が2日に生放送され、霜降り明星が14代目王者に輝いた。4640組の頂点に立ち、最年少王者となった霜降り明星の影で“三年連続準優勝”と苦杯をなめたのは、優勝候補と注目を集めていた和牛だ。 【優勝直後の写真】霜降り明星、トロフィ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net