芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

後藤久美子が23年ぶり女優復帰 急に仕事は離婚の噂が浮上?

後藤久美子が23年ぶり女優復帰 急に仕事は離婚の噂が浮上?

ゴクミ(後藤久美子)が23年ぶりに女優復帰する。

来年公開予定の『男はつらいよ50おかえり、寅さん』(仮題)に出演が決まっており、撮影はすでにスタート済み。

故・渥美清さん主演の『男はつらいよ』シリーズは'69年に第1作が公開され、渥美さんが亡くなった翌年に公開された第49作まで制作された。

なぜまた復帰?

今回の記念すべき第50作目は、これまでの作品をデジタル修復した映像と、新たに撮影した映像を組み合わせて作られるという。後藤が、初めてシリーズに出演したのは'89年に公開された第42作『男はつらいよぼくの伯父さん』。

その後、第45作『〜寅次郎の青春』までマドンナとして連続出演し、'95年に公開された最終作『〜寅次郎紅の花』にも出演した。

渥美さんが亡くなった'96年に、元F1ドライバーのジャン・アレジとの電撃“結婚(事実婚)”を発表。フランスに渡り、それ以降は、CMに出演するくらいで、女優の仕事は一切やっていない。

「ドラマや映画のオファーは何度もあったようですが、受けることはありませんでした。CM撮影やファッション誌の仕事も海外で撮影するもの以外、受けませんでした。お金に不自由しない、というより超セレブな生活を送っているわけですから、そんなチマチマした仕事や、日本の映画やドラマに出たいとも思わなかったんでしょう」(芸能プロ関係者)

それがなぜまた?

本人が同映画の制作発表で、報道陣を前にして語ったところによれば、

「ジュネーブの自宅に山田(洋次)監督からお手紙が届きまして“こういう作品を作りたい。君が必要だ。どうにか考えてもらえないか”と。その長いお手紙を読んで、作品に対する大きな愛情と、今作への情熱をヒシヒシと感じて、お手紙を読み終わるころには私が考慮する権利すらないと思えた」

という。そして、

「山田監督から呼び出されたら二つ返事で向かうんです」

と続けた。彼女の山田監督への心酔ぶりがうかがえる話だが、彼女が出演を決めた理由について、疑問視する向きもある。『女性セブン』(11月15日号)では、彼女の知人が首をかしげているという。

《渥美さんが亡くなった翌年の49作目の特別編にもオファーがありましたが、悩んだ末に断っていました。(中略)どんなにやりたいお仕事でもこの20年間出演をOKすることはなかった。いちばん下の子はまだ小学生ですし、後藤さんが日本で撮影するドラマや映画出演をOKするとは今も信じがたい》

さらに、同誌では女優復帰の理由は娘のエレナ・アレジ・後藤にあるとしている。

「長女は母親と同じ事務所に所属して、昨年、雑誌でモデルデビューし、今年の2月に来日して、本格的に芸能活動を開始しました。デビュー当時はゴクミとジャン・アレジの娘ということで話題になりましたが、その後はパッとしませんね。テレビの露出も、バラエティー番組に出演しただけです」(スポーツ紙記者)

娘の窮状を見かねた母親が助け船を出したというワケではないだろうが、母子でバラエティー番組に出演。これには驚いた人も多い。

「あのプライドが高いゴクミが、日本のバラエティー番組に出演するなんて、考えられませんでした。よほど娘のことが心配なんでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

現在、後藤はエレナと一緒に都内のマンションに住み、撮影に臨んでいるが、同誌ではそれもこれもすべて娘をバックアップするためだとしている。

これに対して、訝しがるのは別の芸能プロ関係者。

「長女はパリの社交界デビューもしていますし、欧州では名士として扱われるF-1ドライバーの娘です。コネクションはいくらでもあるはず。

それに4ヶ国語が堪能なうえに、ロンドンの映画学校を卒業し、将来の夢も映画監督だそうです。だったらわざわざ日本に来ずに、向こうで活動していた方がいいような気がするんですが……」

さらに、今回は後藤の来日の仕方にも、疑問が残っているという。

「ゴクミが来日するときは、家族全員一緒のときが、多かったと思います。それが、まだ小学生の子どもを残して、長期間日本に滞在するというのも腑に落ちませんね。一部では、“旦那さんと距離を置きたいのでは”との説もささやかれていますよ」(同・芸能プロ関係者)

日本の芸能界では、結婚して、しばらく現場から遠ざかっていた女優やタレントが急に仕事をし始めると、離婚の噂が浮上しがちだ。また実例も。

「最近では宇多田ヒカルさんが、活動を再開して帰国しましたが、結局は離婚しました。過去には森昌子さん、大河内志保さん、平子理沙さん、中山美穂さんなどもそうでしたね。当たり前の話ですが、仕事をしないと収入がないですから。アレジさんの総資産は400億円とも言われているので、別れてもお金に困ることはないでしょうけど」(週刊誌記者)

彼女も、そんな話には「バカ言っちゃいけないよ」と言いたいところかも。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

寅さんの少年時代をドラマ化!山田洋次原作の「少年寅次郎」が放送決定

寅さんの少年時代をドラマ化!山田洋次原作の「少年寅次郎」が放送決定

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/a/1a13f_1594_234b429b_b7df9bcb-m.jpg (全3枚) 2019年12月27日に、映画「男はつらいよ」の22年ぶりの新作「男はつらいよお帰り寅さん」が公開されますが、 寅さんイズバック!映画「男はつらいよ」22年ぶり新作のビジュアル&特報映像が解禁! https://imag...
大原麗子さん、森進一の子供を妊娠し中絶していた…孤独死の真相に迫る

大原麗子さん、森進一の子供を妊娠し中絶していた…孤独死の真相に迫る

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/c/4cbad_782_20ba4fc0_8e0e360e-m.jpg 6月20日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系、毎週木曜21:00〜)は、今から10年前に逝去した女優・大原麗子さんの孤独死の真相に迫る。 同番組は、世間を騒がせた「人・事件」などの“今”を、MCの坂上忍が追跡...
「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

映画「男はつらいよ」シリーズの最新作「男はつらいよお帰り寅さん」が、12月27日(金)より全国公開。今回、新たに松野太紀、富田望生、倉島颯良、中澤準、田中壮太郎の5人が出演することが明らかになった。 【写真を見る】「3年A組―」でも圧倒的存在感を放った富田望生 ■満男とイズミのその後の物語 「男はつ...
『男はつらいよ』最新作追加キャスト13人発表 池脇千鶴、桜田ひよりが“山田組”初参戦

『男はつらいよ』最新作追加キャスト13人発表 池脇千鶴、桜田ひよりが“山田組”初参戦

渥美清さん主演の不朽の名作映画『男はつらいよ』(1969年〜97年)シリーズの22年ぶり50作目『男はつらいよ50おかえり、寅さん』(仮題、2019年12月27日公開)の追加キャストが発表され、池脇千鶴、桜田ひよりら13人が出演することが23日、わかった。 【写真】ゴクミも登場!!『男はつらいよ』メインキャスト...
「半沢直樹」と「集団左遷」の演技の違い 堺雅人は顔で得?

「半沢直樹」と「集団左遷」の演技の違い 堺雅人は顔で得?

「半沢直樹」(TBS)の続編の制作決定が話題だ。1年後の2020年4月から放送される。銀行が舞台のドラマだったのはご記憶のとおりで、最終話で42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の驚異的視聴率を記録し、主演の堺雅人(45)は一躍超売れっ子となった。一方、TBSは現在も銀行の内幕を描いた「集団左遷!!」...
井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/d/4d27b_28_89afeb6e_24226faa-m.jpg 2016年に所属事務所を移籍してから露出が減っていた女優の井上真央(32)の本格復帰が近そうだ。10月19日からはNHKの連続ドラマ「少年寅次郎」に出演する。映画監督の山田洋次氏が少年時代の寅さんを描いた小説「悪童小...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net