芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

ある時は痴漢に疑われた一流企業のエリートサラリーマン。またある時は、何十匹ものアリを飼育し、全てのアリを識別できるアリオタクの研究者――。今期ドラマの児嶋一哉(アンジャッシュ・46才)の役どころである。いまだに人気が冷めやらない『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、芸人でありながら、児嶋は今年の連続ドラマにほぼ出ずっぱりで、映画にドラマにと引っ張りだこの状態だ。なぜ児嶋は俳優として求められるのか。お笑い評論家のラリー遠田さんが分析する。

***
芸人さんで俳優をする人は増えましたが、その中でも児嶋さんは役者向きだと思います。芸人がドラマや映画に呼ばれるとき、以前はドランクドラゴンの塚地(武雅)さんのように、俳優さんにはない、特徴のある容姿や芝居を求められていました。ところが、最近はそうした“アクセント”としての存在というより、俳優としての演技力を求められる傾向が強まっています。児嶋さんも、役者としてその演技力が認められるようになってきたということでしょう。

年齢や見た目も、今のドラマ業界にちょうどいいです。若者のテレビ離れで、40代前後の視聴者をターゲットにするドラマが増えています。医者、弁護士、刑事を題材とする作品が多いなかで、大人の男性の役柄を違和感なく演じられる児嶋さんの需要は高いのです。俳優業の仕事が多い板尾創路さんのような路線ですよね。

今期の連続ドラマでは、児嶋さんは『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)で冤罪に苦しむシリアスな役を、『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)で変わり者の研究者を演じています。正反対ともいえる役柄を、きっちりと演じていて、こちらが芸人だと意識することなく、自然に見ていられました。

■コンビの頭脳ではないからこそ、演技力が磨かれる。

そもそもは相方の渡部建さんにMCなどのピンの仕事が多くなり、結果的に児嶋さんも一人の仕事が増えていったのだと思います。そこで本人の資質に合った、俳優業という道が広がっていったのでしょう。

芸人の中でも役者に向いている人とそうでない人はいます。ネタを作っていない人の方が、役者として適性があるパターンが多いのです。ネタを書いている芸人さんは、自分が書いたネタをしゃべるので、人が書いたセリフは苦手だ、という人もいます。その相方は、演じることだけに集中できるので、演技力が磨かれていく。ダウンタウンも、ネタを作っている松本(人志)さんより、浜田(雅功)さんのほうがドラマ出演が多いですよね。アンジャッシュはお互いネタを作っているので、児嶋さんは相手の台本でコントを演じるなかで、演技力が鍛えられていったのでしょう。

芸人の起用は、制作側にとって思惑もあります。役者並みの演技力があるからというだけで、芸人を起用しているわけではないと思います。芸人はドラマ以外の番組にも出演しているので、ドラマを見ていない人にドラマを見てもらうきっかけになるし、“あの芸人がドラマに出ていた”というだけで話題にもなります。

今は、ドラマに出ている役者が番宣ということでバラエティー番組に出ることもありますよね。そういうときに出演者に芸人がいるだけで、笑いにもっていきやすかったりする。もちろん、それを最初から期待して起用するわけじゃないでしょうけれど、そうした効果も生んでいます。演技力を求めるなら、俳優さんをキャスティングすればいいのですから、プラスアルファを期待しているはずです。

■コンビでも、ひとりのタレントである。

アンジャッシュというコンビではありますが、渡部さんはMC、児嶋さんは俳優業が主体という活動をしていってもいいと思います。いまどき、コンビがピンで活躍するからといって、解散するとか“仲が悪い”という時代ではありません。それぞれ、別の個性を持ったひとりのタレントなんです。それぞれが強みを発揮すればいいわけです。

児嶋さんには、このまま俳優業も続けてもらいたいですね。普通なら、俳優は年齢が上がると渋いキャラクターの役が増えてきます。でも、ちょっと抜けてるかわいらしいところ、何を考えているのかわからない不気味なところを併せ持っているのが児嶋さんの役者としての魅力。今後、俳優として唯一無二の存在に成長していきそうで、楽しみです。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

中山麻聖「僕の父は三田村邦彦」発言に観客どよめく

中山麻聖「僕の父は三田村邦彦」発言に観客どよめく

俳優・水谷豊(66)が監督した映画「轢き逃げ−最高の最悪な日−」(公開中)の舞台あいさつが12日、大阪・梅田ブルク7で行われ、主演の中山麻聖(30)、石田法嗣(29)とともに登壇した。 中山は俳優・三田村邦彦(65)と元女優・中山麻理の三男。「父親の旅番組によく出させていただいてるので、よ...
アンジャッシュ渡部 相方・児嶋の“セコい仕事のやり口”暴露に「裏側バラすのやめろよ」

アンジャッシュ渡部 相方・児嶋の“セコい仕事のやり口”暴露に「裏側バラすのやめろよ」

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(46)、渡部建(46)が、12日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。渡部が相方・児嶋の“セコい仕事のやり口”を暴露した。 アンジャッシュがコンビで出演するのは13年以来。児嶋が渡部に対し「結婚もそうだし、子供生まれたことも報告なかっ...
アンタッチャブル・山崎弘也 若手時代は松本人志に憧れ喋らず

アンタッチャブル・山崎弘也 若手時代は松本人志に憧れ喋らず

5月3日深夜に放送されたテレビ朝日系『金曜日のどっち!?』に出演したアンタッチャブル・山崎弘也が、自身の若手時代について語るシーンがあった。 アンタ山崎、過去に怖かった先輩芸人を明かす「近寄りがたい…」 番組では、今となっては恥ずかしく、人には言えない“黒歴史”はあるかという質問で街頭インタビ...
山崎弘也が一番怖かった先輩は児嶋一哉「天才の雰囲気を出すの得意」

山崎弘也が一番怖かった先輩は児嶋一哉「天才の雰囲気を出すの得意」

お笑いコンビ「アンタッチャブル」の山崎弘也(43)が26日放送のフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」(火曜後10・00)に出演。所属事務所の先輩で「一番怖かった」という「アンジャッシュ」児嶋一哉(46)について語った。 「スナック有吉」のコーナーに、山崎と同事務所・人力舎の「おぎやは...
ダウンタウンが「死ぬほどの不仲」でも解散せず 2人にはあうんの呼吸

ダウンタウンが「死ぬほどの不仲」でも解散せず 2人にはあうんの呼吸

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55)が「松本家の休日」(ABCテレビ・13日放送)で、相方の浜田雅功(55)と10年ほど不仲の時期があったと明かした。 松本人志に臆せずツッコミ指原莉乃が和田アキ子になる日 この回のゲストはベッキー。「バラエティー番組の本番前に楽屋あいさつは必要か...
タモリといいともスタッフの確執記事にTVマン怒り「おそろしい」

タモリといいともスタッフの確執記事にTVマン怒り「おそろしい」

4月14日(日)、東洋経済オンライン(東洋経済新報社)のサイトにて、『タモリというお笑いの巨人が持つ圧倒的な凄み』という記事が投稿された。この記事はすぐさまYahoo!ニュースに取り上げられ、エンタメ部門でトップニュースとして取り上げられた。 同記事は『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了となった...
お笑い界に君臨する松本人志 フォーマットを開発し支配する構造

お笑い界に君臨する松本人志 フォーマットを開発し支配する構造

https://static.blogos.com/media/img/184508/raw.jpg 教養としての平成お笑い史(ディスカヴァー携書) 作者:ラリー遠田 出版社/メーカー:ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日:2019/03/14 メディア:新書 この商品を含むブログを見る https://static.blogos.com/media/img/184509/raw.jpg 教養としての平...
金属バットの独特“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

金属バットの独特“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

【2019新春「笑」芸人解体新書】 現役医師しゅんしゅんクリニックPは高学歴芸人の最終兵器 面白いお笑いコンビには、ひとつの共通点がある。それは「ヘラヘラしている」ということだ。ネタを演じる前から、何かしゃべり始める前から、何となく雰囲気がふざけていて、薄笑いを浮かべているような感じがある。 ...
川栄李奈の夫がチェキ会を開催 思いあふれ涙したファンも

川栄李奈の夫がチェキ会を開催 思いあふれ涙したファンも

川栄李奈(24)との結婚を発表したばかりの廣瀬智紀(32)が5月25日、チェキ会を開催した。 廣瀬といえば、イベントの開催直前に結婚を発表。さらに週刊文春で5カ月前までは別の女性と同棲していたという二股交際疑惑が報じられていたため、集まったファンにとってはかなりシビアなチェキ会となったようだ。 ...
「事務所を離れるかも」小出恵介が謹慎中に明かした複雑な胸中

「事務所を離れるかも」小出恵介が謹慎中に明かした複雑な胸中

激動の平成が終わりを告げてからまもなく1カ月。30年の間、本誌は時代を彩った驚きの現場を多数目撃してきた。そのなかでも特に反響の大きかったスクープを改めてお届けしたい。 『ごくせん』や『ROOKIES』など青春ドラマに欠かせない俳優として人気を博していた小出恵介(35)。しかし爽やかなイメージとは裏...
伊藤俊人さんを偲ぶ会 戸田恵子が「ショムニ会」の開催を報告

伊藤俊人さんを偲ぶ会 戸田恵子が「ショムニ会」の開催を報告

ドラマ「ショムニ」などでおなじみの女優で声優の戸田恵子が24日、ブログを更新。2002年に亡くなった伊藤俊人さん(享年40)の命日であるこの日、毎年恒例の「ショムニ会」が開かれたことを報告した。 伊藤さんは2002年5月24日、くも膜下出血のため40歳の若さで急逝。「ショムニFINAL」...
水嶋ヒロの止まらない快進撃 発信力が大きく影響か

水嶋ヒロの止まらない快進撃 発信力が大きく影響か

水嶋ヒロ(35)の快進撃が止まらない。5月17日、ライフスタイルブランド「JUDROP(ジューシードロップ)」を新たに立ち上げた水嶋。その商品第一弾として、老若男女問わず全身に使える「Juicyall-in-oneconditioningshampoo」を販売したのだ。 ブログによると、商品の立ち上げまでには2年近くかかったという水...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net