芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

アンジャッシュ児嶋一哉 俳優としての演技力を認められる理由

ある時は痴漢に疑われた一流企業のエリートサラリーマン。またある時は、何十匹ものアリを飼育し、全てのアリを識別できるアリオタクの研究者――。今期ドラマの児嶋一哉(アンジャッシュ・46才)の役どころである。いまだに人気が冷めやらない『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)など、芸人でありながら、児嶋は今年の連続ドラマにほぼ出ずっぱりで、映画にドラマにと引っ張りだこの状態だ。なぜ児嶋は俳優として求められるのか。お笑い評論家のラリー遠田さんが分析する。

***
芸人さんで俳優をする人は増えましたが、その中でも児嶋さんは役者向きだと思います。芸人がドラマや映画に呼ばれるとき、以前はドランクドラゴンの塚地(武雅)さんのように、俳優さんにはない、特徴のある容姿や芝居を求められていました。ところが、最近はそうした“アクセント”としての存在というより、俳優としての演技力を求められる傾向が強まっています。児嶋さんも、役者としてその演技力が認められるようになってきたということでしょう。

年齢や見た目も、今のドラマ業界にちょうどいいです。若者のテレビ離れで、40代前後の視聴者をターゲットにするドラマが増えています。医者、弁護士、刑事を題材とする作品が多いなかで、大人の男性の役柄を違和感なく演じられる児嶋さんの需要は高いのです。俳優業の仕事が多い板尾創路さんのような路線ですよね。

今期の連続ドラマでは、児嶋さんは『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』(テレビ朝日系)で冤罪に苦しむシリアスな役を、『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)で変わり者の研究者を演じています。正反対ともいえる役柄を、きっちりと演じていて、こちらが芸人だと意識することなく、自然に見ていられました。

■コンビの頭脳ではないからこそ、演技力が磨かれる。

そもそもは相方の渡部建さんにMCなどのピンの仕事が多くなり、結果的に児嶋さんも一人の仕事が増えていったのだと思います。そこで本人の資質に合った、俳優業という道が広がっていったのでしょう。

芸人の中でも役者に向いている人とそうでない人はいます。ネタを作っていない人の方が、役者として適性があるパターンが多いのです。ネタを書いている芸人さんは、自分が書いたネタをしゃべるので、人が書いたセリフは苦手だ、という人もいます。その相方は、演じることだけに集中できるので、演技力が磨かれていく。ダウンタウンも、ネタを作っている松本(人志)さんより、浜田(雅功)さんのほうがドラマ出演が多いですよね。アンジャッシュはお互いネタを作っているので、児嶋さんは相手の台本でコントを演じるなかで、演技力が鍛えられていったのでしょう。

芸人の起用は、制作側にとって思惑もあります。役者並みの演技力があるからというだけで、芸人を起用しているわけではないと思います。芸人はドラマ以外の番組にも出演しているので、ドラマを見ていない人にドラマを見てもらうきっかけになるし、“あの芸人がドラマに出ていた”というだけで話題にもなります。

今は、ドラマに出ている役者が番宣ということでバラエティー番組に出ることもありますよね。そういうときに出演者に芸人がいるだけで、笑いにもっていきやすかったりする。もちろん、それを最初から期待して起用するわけじゃないでしょうけれど、そうした効果も生んでいます。演技力を求めるなら、俳優さんをキャスティングすればいいのですから、プラスアルファを期待しているはずです。

■コンビでも、ひとりのタレントである。

アンジャッシュというコンビではありますが、渡部さんはMC、児嶋さんは俳優業が主体という活動をしていってもいいと思います。いまどき、コンビがピンで活躍するからといって、解散するとか“仲が悪い”という時代ではありません。それぞれ、別の個性を持ったひとりのタレントなんです。それぞれが強みを発揮すればいいわけです。

児嶋さんには、このまま俳優業も続けてもらいたいですね。普通なら、俳優は年齢が上がると渋いキャラクターの役が増えてきます。でも、ちょっと抜けてるかわいらしいところ、何を考えているのかわからない不気味なところを併せ持っているのが児嶋さんの役者としての魅力。今後、俳優として唯一無二の存在に成長していきそうで、楽しみです。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

おっさんずラブ続編も「キャスト未定」でネットざわつく 「そんな試練いらない」

おっさんずラブ続編も「キャスト未定」でネットざわつく 「そんな試練いらない」

テレビ朝日が昨年大ヒットしたテレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の続編を19年度中に放送すると発表したが、「主演、キャストなどは未定」とされていることから、ファンがネットでざわついている。 テレビ朝日は22日に「おっさんずラブ」の続編放送を発表。同ドラマは昨年6月に最終回を迎えたが、田中...
山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

山根明氏がドッキリ仕掛け人に初挑戦 怒鳴り声に芸人が凍りつく

前日本ボクシング連盟会長の山根明氏が、日本テレビ系バラエティ特番『うわっ!ダマされた大賞2018』(30日18:30〜22:54)に登場し、ドッキリの仕掛け人に初挑戦する。 山根氏は、ドッキリの先輩・デヴィ夫人とともに、芸人たちに次々とドッキリを仕掛ける。まずは、果物やカンロ飴など“ウワサのおもてなしグッ...
「今は家に4匹います」高橋一生がクモを飼っていることを明かす

「今は家に4匹います」高橋一生がクモを飼っていることを明かす

【高橋一生/モデルプレス=11月19日】俳優の高橋一生が主演を務めるドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜よる9時〜)のスペシャルイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が19日、豊洲PITにて開催され、高橋、児嶋一哉(アンジャッシュ)、矢作穂香、北...
サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 

サンド富澤、『大恋愛』での「自然体すぎる」演技に高評価 

戸田恵梨香(30才)主演で話題のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)。このドラマで元小説家・間宮真司(ムロツヨシ・42才)の先輩役として出演している、サンドウィッチマン・富澤たけし(44才)の演技が話題になっている。富澤は今、ドラマに引っ張りだこ。今年放送されたドラマでは『精霊の守り人最...
金属バットの独特“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

金属バットの独特“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

【2019新春「笑」芸人解体新書】 現役医師しゅんしゅんクリニックPは高学歴芸人の最終兵器 面白いお笑いコンビには、ひとつの共通点がある。それは「ヘラヘラしている」ということだ。ネタを演じる前から、何かしゃべり始める前から、何となく雰囲気がふざけていて、薄笑いを浮かべているような感じがある。 ...
とろサーモン久保田は上京後どん底に 妻の財布から金を抜き警察沙汰も

とろサーモン久保田は上京後どん底に 妻の財布から金を抜き警察沙汰も

【2019新春「笑」芸人解体新書】 とろ久保田は生き残りへ松本人志が叱咤激励で異例“救済” 2年前の「M―1グランプリ」で優勝したのは、芸歴15年(当時)の苦労人である「とろサーモン」だった。優勝後には仕事も急増し、何もかも順調であるように見えた。 そんな矢先に新たなトラブルが発生してしまった。...
「紳助」「松本」が三顧の礼でM-1に迎えた「上沼恵美子」 暴言騒動にM-1創始者からも苦言

「紳助」「松本」が三顧の礼でM-1に迎えた「上沼恵美子」 暴言騒動にM-1創始者からも苦言

所詮はお笑いの世界のできごと、と高みの見物を決め込んでいる場合では、ない面もありそうだ。SNS全盛のご時世、だれもが用心すべきことだといっても、大袈裟ではあるまい。 あなたがサラリーマンだとして、酒に酔った勢いで、権勢を誇る部長や役員への罵詈雑言をSNSに上げてしまったら、と想像するとわかりや...
M-1グランプリで優勝候補の呼び声が高い和牛 硬軟合わさった面白さ

M-1グランプリで優勝候補の呼び声が高い和牛 硬軟合わさった面白さ

2018年12月2日に生放送される「M-1グランプリ」(朝日放送・テレビ朝日系)。今年はすでに9組が決勝進出を決めているが(残る1組は敗者復活枠)、その中でも優勝候補の呼び声が高いのが「和牛」だ。 和牛はこれまでに3回にわたってM-1に出場。1回目となる2015年は6位にランクインし、2回目となる16年は敗者復...
板野友美 叩かれても前向きな訳

板野友美 叩かれても前向きな訳

(全11枚) AKB48を卒業してから5年半。「最近のともちん、なんだか雰囲気が柔らかくなった?」と感じている人も多いのではないだろうか。 そんな中で発売されたニューシングル『すき。ということ』。甘く切ない恋心を描いた楽曲だが、キスシーンや、恋人との同棲シーンに挑んだドラマ仕立てのMVは、彼女の新た...
人気の陰で 2.5次元の過酷な稽古

人気の陰で 2.5次元の過酷な稽古

迫力のアクションで観客を圧倒する2.5次元舞台。そのスタッフクレジットに目を移すと、ある名前をよく目にすることに気がつく。それが、殺陣師・六本木康弘だ。 舞台『文豪ストレイドッグス』、『ダンガンロンパ3THESTAGE2018〜TheEndof希望ヶ峰学園〜』、体内活劇『はたらく細胞』など、殺陣・アクション指...
安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

俳優の安田顕が15日、NHK「あさイチ」に生出演。番組では視聴者からのFAX、メールなどを紹介するが、番組冒頭から安田が出演していた「水曜どうでしょう」ファンから、生放送での安田の行いを心配する声が紹介された。 番組では、これまでに安田が出演した作品を映像付きで流したが、中でも“名作”とし...
理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

明治安田生命保険は15日、2019年春の新入社員を対象とした「理想の上司」アンケートを実施した結果を報告し、「理想の男性上司」はタレントの内村光良、「理想の女性上司」は日本テレビの水ト麻美アナウンサーがともに3年連続で1位に選ばれた。 男性部門では昨年のTBS系ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net