芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

山本彩が涙で8年間のNMB48生活に幕「アイドル人生楽しかった」

山本彩が涙で8年間のNMB48生活に幕「アイドル人生楽しかった」 NMB48の山本彩(25)が4日、大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演『目撃者』に出演。8年間のアイドル生活に幕を降ろした。

【ライブ写真】アイドル生活に幕…メンバーたちと最後の熱唱

公演前のアナウンスで山本は「ついに、きょうでアイドル・山本彩が完結します」と宣言し、「みなさんは、その最後の“目撃者”です。一緒に最高の思い出、作ってくれますか?」と公演タイトルにかけて呼びかけると大きな歓声が起きていた。公演の冒頭のあいさつで山本が自己紹介すると、会場が割れんばかりの声援が。「すご〜い」と驚きながらも「きょうは、最後までよろしくお願いします」と笑顔を見せた。

アンコールでは卒業シングルの「僕だって泣いちゃうよ」など5曲、ダブルアンコールではチームN結成当初に歌っていた楽曲「約束よ」と、グループ初期の人気曲「青春のラップタイム」の2曲を歌唱した。

卒業のあいさつで山本は「入った当初、高校生だった私は目まぐるしい日々に、予期せぬ出来事たちに、そして誰かと比べて悩む自分に一喜一憂していました。悔しい涙も悲しい涙もたくさん流しました。でも、その分、強くなることができました。今、思えば、それを青春って呼ぶのかなって思っています」としみじみ。「本当に、この8年間いろんなことがありましたけど、胸を張ってアイドル人生は楽しかったと言えます。メンバーに、みなさんに会えて本当によかったです」と涙ながらに胸のうちを明かした。

今後はシンガーソングライターとして活動する。独り立ちし、さらなる飛躍を誓った山本は「決して簡単な道ではないとわかっています。でも、あきらめるつもりはありません。次、みなさんに会うときは今以上の私で帰ってこられるように、これからも自分に厳しくやっていきます」と約束。そして「なので、みなさん、私のことを忘れないでください」とファンに語りかけていた。

また、山本卒業後のNMB48のキャプテンには、5期生の小嶋花梨を大抜てきした。任命には悩んだことを明かしながら、加入前からファンだった小嶋にしたという。「私自身は人としても成長させてもらえた。本当にやりがいのある役目」と話し、加入からわずか2年でキャプテンになる小嶋は「彩さんがNMB48に残してくださったものを、しっかりと受け継いで、私にしかできないキャプテンになります」と涙ながらに宣言した。

さや姉の愛称で親しまれる山本は、2010年10月9日に誕生したNMB48結成当初からの絶対的エース。シングル全19作の選抜メンバーで、センターは卒業シングルとなる「僕だって泣いちゃうよ」(10月17日発売)を含む13回(Wセンター含む)。15年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌に採用されたAKB48「365日の紙飛行機」のセンターに抜てきされた。16年10月に1stアルバム『Rainbow』でソロデビュー。同年末の『NHK紅白歌合戦』の視聴者投票企画「夢の紅白選抜」では1位に輝いた。総選挙最高位は第8回の4位で、ここ2年は参加を辞退していた。

先月27日には卒業コンサート『SAYAKASONIC〜さやか、ささやか、さよなら、さやか〜』を開催。1度は失った音楽への夢をNMB48加入で取り戻したことを明かし「この8年はNMB48に全てを捧げて生きてきました。NMB48に入ってよかったです。心からそう思っています」と心境を語っていた。今後はシンガーソングライターとして活動していく。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

指原莉乃、AKB48ラストセンター 総選挙選抜曲以外では初

指原莉乃、AKB48ラストセンター 総選挙選抜曲以外では初

アイドルグループ・AKB48が4日、通算55枚目のシングル(タイトル未定、3月13日発売)の選抜メンバー22人を公式ブログで発表した。センターは4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを行うHKT48の指原莉乃に決定した。AKB48のシングルでセンターを務めるのは6作ぶり5回目。ファン投票を反映した総選挙選抜シ...
「何の説明もなく水着姿にされて」 元NMB48須藤凜々花と事務所の溝

「何の説明もなく水着姿にされて」 元NMB48須藤凜々花と事務所の溝

元NMB48のタレント・須藤凜々花氏が1月31日をもって芸能活動から引退することが事務所からFAXで報道各位に電撃発表されました。関係者によると今後は哲学者を目指すとのことです。 久田将義氏と吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「タブーなワイドショー」において、ゲストで音楽ライタ...
アイドルと付き合える確率は「4049分の1」で甲子園優勝と同じ?

アイドルと付き合える確率は「4049分の1」で甲子園優勝と同じ?

「セイバーメトリクス」の第一人者でユニークな統計学全般の研究も行っている江戸川大学客員教授の鳥越規央氏(49)が、「アイドルと付き合える確率」は「夏の甲子園で優勝する確率」と同じであると明かした。 27日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』に出演した鳥越氏はこの日、厚生労働省による...
何度も炎上しながらブログの更新を続ける辻希美 うかがえる忍耐力

何度も炎上しながらブログの更新を続ける辻希美 うかがえる忍耐力

イチゴに練乳をかけて食べたら炎上、くら寿司に食べに行けば炎上、夫(杉浦太陽)の靴下の裏が汚いと炎上…。もはや炎上することが日常となっているのが、“炎上職人ママブロガー”こと辻希美だ。しかし、よくよく見れば炎上の中身はほぼ“言いがかり”に近いものがほとんどで、「なぜこんなことで?」と首を傾げた...
片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

タレントのベッキー(34)が13日、インスタグラムで、プロ野球・巨人軍の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35)との結婚を発表し、芸能界、プロ野球界が祝福ムードに包まれた。“ゲス不倫”を乗り越え、活動再開したベッキーだっただけに、今後は仕事が増えそうだが、一方で“泣く女”がいるとも。それ...
「やる気なくす」橋本環奈のマネージャーがファンに強い口調

「やる気なくす」橋本環奈のマネージャーがファンに強い口調

女優・橋本環奈さん(19)のマネージャーとファンとの「応酬合戦」が、インターネット上で話題となっている。 目撃者からは、「マネージャー面白いw」「一番近くであり得ないスケジュールで頑張ってる存在がいるからガチでキレたんだろな」といった声が寄せられている。 「私は急かされるとやる気なくすタイプ...
吉澤ひとみ被告が芸能生活に幕 自ら下した引退判決「裏切る形に…」

吉澤ひとみ被告が芸能生活に幕 自ら下した引退判決「裏切る形に…」

(全3枚) 酒気帯び運転してひき逃げし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。のタレント、吉澤ひとみ被告(33)が保釈から一夜明けた28日、所属事務所を通じて芸能界引退を電撃発表した。勾留期間中に自身の弱さと未熟さを自覚し、自ら18年間の芸能生活に終止...
山本彩がソロ活動を本格的に始動 約6年ぶりのショートカット姿に

山本彩がソロ活動を本格的に始動 約6年ぶりのショートカット姿に

【山本彩/モデルプレス=1月1日】2018年10月26日に大阪・万博記念公園でおよそ3万人規模の卒業コンサートを行い、11月4日に大阪・難波にあるNMB48劇場で行われた卒業公演を最後にNMB48を卒業した山本彩が、2019年1月1日よりソロ活動を本格的に始動させる。 【さらに写真を見る】山本彩、ロングヘアしばらく...
AKB48の弱体化が根本的な問題 指原莉乃の卒業は大改革への機運か

AKB48の弱体化が根本的な問題 指原莉乃の卒業は大改革への機運か

AKBグループ大空位時代の幕開けだ。15日に突如発表された指原莉乃(26)のHKT48卒業宣言――。指原はバラエティー番組では引く手あまたで“AKBの広告塔”としてだけでなく、HKTでは若手メンバーの“精神的支柱”として活躍。そんな指原の卒業はAKBグループ全体の存在を揺るがす大問題というわ...
紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

昨年1月に「放牧」を宣言して活動を休止していたいきものがかりが、去る11月3日、グループの19回目の結成記念日に「集牧」し、活動を再開した。集牧後初のステージは、この大晦日に2年ぶりに出場するNHK『紅白歌合戦』となる。そのいきものがかりのリーダーである水野良樹は、きょう12月17日が誕生日で、36歳...
AKB48の柏木由紀 一番大変だったことは大島優子の代役

AKB48の柏木由紀 一番大変だったことは大島優子の代役

AKB48の柏木由紀(27)が18日、千葉・bayfmSTUDIOMARIVEで行われた『bayfmMEETSAKB4813thstage〜Because〜』の公開録音に出演。グループ内で最年長となった柏木は、これまで最も大変だったことについて「AKBに入って劇場デビューする前に、全国ツアーの大島優子ちゃんのアンダー(代役)を務めたことが、しん...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net