芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

スターダムにのし上がらん、というはずが大コケで、周囲も呆気にとられたのである。主演のドラマも映画も爆死して、吉岡里帆(25)が、スターダムどころか女優生命まで危うくなってきたのだから。その原因だが、押さえるべきを押さえなかったから、なんだとか。

実際、1月から連続ドラマ初主演で、今年は幸先よいスタートを切ったはずだった。が、TBS系で放送されたその「きみが心に棲みついた」は、平均視聴率7・7%に終わり、7月に始まったフジテレビ系「健康で文化的な最低限度の生活」(ケンカツ)にいたっては、平均5・8%。

もっとも、生活保護のケースワーカー役は地味すぎたか。そう思って、10月12日に公開された阿部サダヲとのW主演映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼」に期待すると、興行通信社の「国内映画ランキング」で初週トップ10圏外。目下「Yahoo!映画」のユーザーレビューでも5点満点で2・3点。目も当てられないありさまである。

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か 男に人気でも厳しい……

吉岡について知識のない読者のために、芸能記者に解説してもらうと、

「元々女優志望で、いろんなオーディションを受けながら、『週刊プレイボーイ』のグラビアに出たりもしていた。2015年、NHKの朝ドラ『あさが来た』でヒロインの親友役を演じて注目され、翌年からは民放の連ドラに4期連続して出演。昨年1月からのTBS系『カルテット』では、脇役なのに、主役4人以上の存在感を発揮したと、話題になりました」

で、今年は鳴り物入りの主演だったのだが。

女性が敵では…

さる民放の幹部社員は、

「みなドラマや映画を観てまで暗い気持ちになりたくない、という声がある」

と、こう続ける。

「『ケンカツ』は生活保護の話だし、『音タコ』は明るいものの、声を出すために覚醒剤を打つなど、奇想天外すぎて共感できません」

だが、ほかの理由を挙げる人も多いのだ。その一人である芸能記者が言う。

「吉岡は若い男には人気でも、女性に人気がない。ドラマを見るのは主に女性なので、その影響は侮れません。よく新垣結衣に似ているといわれますが、10代前半からファッション誌『ニコラ』のモデルを務めていたガッキーは、女性の好感度が高い。一方、男性向けのグラビアに出ていた吉岡は、今は健気で素朴なキャラを演じていますが、女性からすれば、水着で媚びて売っていたくせに、あざとい、となってしまう」

女性のテレビ関係者も、

「蒼井優、広瀬すずらは少女雑誌のモデルだったので、女性ファンが多い。そうでない場合、なんらかのキャラやエピソードが必要です。その点、元AKB48の川栄李奈なんかは、握手会での襲撃事件で女性からの同情を一気に集めました。女性から見たとき、媚びている感じがする吉岡は、なにか逆転エピソードがないと厳しい」

男性からの同情票はある。先の民放の幹部社員は、

「吉岡は苦労人で上昇志向が強く、意志がある。京都に住みながら夜行バスに乗って東京のオーディションを受けていたのは有名な話です。また、お父さんはNHK大河ドラマのプロデューサーなのに、彼女は父がそういう職業だとは、周囲に一切言わずにきた。コネで起用されたくないという意思表示だったんです」

上昇志向が強い分、主役を張りたいんだろうけど、同性に嫌われたのが急に好かれるようになったって話は、あまり聞かないなあ。

「週刊新潮」2018年11月8日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

痩せすぎ批判を一蹴したセリーヌ・ディオン 50歳の今が「人生で一番最高」

痩せすぎ批判を一蹴したセリーヌ・ディオン 50歳の今が「人生で一番最高」

透明感ある歌声と圧倒的な歌唱力で日本でも人気が高い歌姫セリーヌ・ディオン。ここ最近、ネットやメディアで飛び交っている「痩せすぎ!」との批判をピシャリと一蹴した。 ファッショニスタとしても知られるセリーヌ、お気に入りのファッションに身を包んだ自身の写真を時折SNSにアップしている。すると、以...
純烈メンバーが会見 解散は否定も友井雄亮氏を情け無用に突き放す

純烈メンバーが会見 解散は否定も友井雄亮氏を情け無用に突き放す

交際女性に暴力をふるい、金銭問題のトラブルを起こした責任を取って芸能界を引退した元メンバー・友井雄亮(38)が抜け、4人組となった歌謡コーラスグループ・純烈が15日、都内で記者会見を行った。一連の報道後、4人が口を開いたのは初めて。リーダーの酒井一圭(43)は改めて、被害女性とその家族...
純烈・友井雄亮がグループ脱退へ メンバー深夜の緊急協議で決断か

純烈・友井雄亮がグループ脱退へ メンバー深夜の緊急協議で決断か

過去の複数の交際女性に対する暴力や金銭問題が報じられた、ムード歌謡グループ・純烈の友井雄亮(38)が、グループを脱退することが10日、分かった。問題が発覚した9日に友井はブログで謝罪し「すでに解決」と釈明したものの、所属事務所がその後、「事実と異なる」と否定。ドタバタ劇の末、脱退が決ま...
橋本環奈、逆ギレマネージャーのNG質問リスト アイドル関連はダメ?

橋本環奈、逆ギレマネージャーのNG質問リスト アイドル関連はダメ?

古今東西、不始末を起こしてしまった時にまず肝腎(かんじん)なのは詫びること。最悪なのは逆ギレだ。以下は、現代芸能界版「逆ギレ騒動」。 平成を危機管理の面で振り返るにあたって思い出されることのひとつは、2000年に起きた雪印集団食中毒事件であろう。報道陣からの追及を受けた当時の雪印乳業の石川哲...
1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

早くも大ピンチだ!10日放送のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の平均視聴率は関東地区で9・9%だった。大河ドラマ史上、第6話で1桁に転落したのは史上最速で、なんとも不名誉な形で“いだてん”ぶりを発揮してしまった。視聴率低迷の原因としては、3つの問題が指摘されて...
「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)の第6話が10日に放送され、平均視聴率が9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。大河ドラマの視聴率1桁は、...
「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が前半の主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は10日、第6話「お江戸日本橋」。第1章「ストックホルム大会編」の後半がスタートする。 第5話(2月3日)は「日本のマラソンの父」と称される主人公・金栗四三(...
松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

芸能人が何かトラブルやそれに準ずる騒ぎを起こした場合、その後、初めて登場する公の場で取材陣の質問攻めにあうのが芸能人と芸能メディアの長年の“お約束”だが、女優の松岡茉優(23)は幸運だった。 スポーツ紙はガードする立場 今週発売の『週刊新潮』が、昨年11月に追突事故を起こしていたことを記事化。...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net