芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

スターダムにのし上がらん、というはずが大コケで、周囲も呆気にとられたのである。主演のドラマも映画も爆死して、吉岡里帆(25)が、スターダムどころか女優生命まで危うくなってきたのだから。その原因だが、押さえるべきを押さえなかったから、なんだとか。

実際、1月から連続ドラマ初主演で、今年は幸先よいスタートを切ったはずだった。が、TBS系で放送されたその「きみが心に棲みついた」は、平均視聴率7・7%に終わり、7月に始まったフジテレビ系「健康で文化的な最低限度の生活」(ケンカツ)にいたっては、平均5・8%。

もっとも、生活保護のケースワーカー役は地味すぎたか。そう思って、10月12日に公開された阿部サダヲとのW主演映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼」に期待すると、興行通信社の「国内映画ランキング」で初週トップ10圏外。目下「Yahoo!映画」のユーザーレビューでも5点満点で2・3点。目も当てられないありさまである。

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か 男に人気でも厳しい……

吉岡について知識のない読者のために、芸能記者に解説してもらうと、

「元々女優志望で、いろんなオーディションを受けながら、『週刊プレイボーイ』のグラビアに出たりもしていた。2015年、NHKの朝ドラ『あさが来た』でヒロインの親友役を演じて注目され、翌年からは民放の連ドラに4期連続して出演。昨年1月からのTBS系『カルテット』では、脇役なのに、主役4人以上の存在感を発揮したと、話題になりました」

で、今年は鳴り物入りの主演だったのだが。

女性が敵では…

さる民放の幹部社員は、

「みなドラマや映画を観てまで暗い気持ちになりたくない、という声がある」

と、こう続ける。

「『ケンカツ』は生活保護の話だし、『音タコ』は明るいものの、声を出すために覚醒剤を打つなど、奇想天外すぎて共感できません」

だが、ほかの理由を挙げる人も多いのだ。その一人である芸能記者が言う。

「吉岡は若い男には人気でも、女性に人気がない。ドラマを見るのは主に女性なので、その影響は侮れません。よく新垣結衣に似ているといわれますが、10代前半からファッション誌『ニコラ』のモデルを務めていたガッキーは、女性の好感度が高い。一方、男性向けのグラビアに出ていた吉岡は、今は健気で素朴なキャラを演じていますが、女性からすれば、水着で媚びて売っていたくせに、あざとい、となってしまう」

女性のテレビ関係者も、

「蒼井優、広瀬すずらは少女雑誌のモデルだったので、女性ファンが多い。そうでない場合、なんらかのキャラやエピソードが必要です。その点、元AKB48の川栄李奈なんかは、握手会での襲撃事件で女性からの同情を一気に集めました。女性から見たとき、媚びている感じがする吉岡は、なにか逆転エピソードがないと厳しい」

男性からの同情票はある。先の民放の幹部社員は、

「吉岡は苦労人で上昇志向が強く、意志がある。京都に住みながら夜行バスに乗って東京のオーディションを受けていたのは有名な話です。また、お父さんはNHK大河ドラマのプロデューサーなのに、彼女は父がそういう職業だとは、周囲に一切言わずにきた。コネで起用されたくないという意思表示だったんです」

上昇志向が強い分、主役を張りたいんだろうけど、同性に嫌われたのが急に好かれるようになったって話は、あまり聞かないなあ。

「週刊新潮」2018年11月8日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

Koki,「親の七光り」との批判は的外れか 「海外では当たり前」

Koki,「親の七光り」との批判は的外れか 「海外では当たり前」

10月15日、忙しい月曜の朝、多くの人が新聞の“ある面”に目をとめた。モデルのKoki,(15才)の写真が掲載された全面広告が、全国74紙もの新聞をジャックした。 広告は、日本新聞協会がこの日から始まる「新聞週間」の全国キャンペーンのために実施したもの。風に髪をなびかせまっすぐに前を見つめたKoki,がメ...
CM出演で注目集めたKoki,「親の七光り」脱却のカギは海外留学?

CM出演で注目集めたKoki,「親の七光り」脱却のカギは海外留学?

木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女・Koki,(15才)が、今月2日、大塚製薬の新飲料CM発表会に登場すると、異例ともいえるマスコミ約100社約140人が殺到。改めて注目度の高さがうかがえた。デビューから4か月で一躍スターダムにのし上がったKoki,は、このまま活躍を続けることができるのか? 今回の会見...
「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

「消えた」歌手・清貴 渡米後もセクシュアリティの悩み消えず

エンターテインメントの世界で第一線で活躍し続けるほど難しいことはない。一世を風靡するヒット曲を生み出しても、数年後には忘却の彼方へ……。「そういえばあのアーティスト、今何してるんだろう?」と思うことも多い。 2001年、『TheOnlyOne』が40万枚のヒットを記録した清貴も、程なくして表舞台から姿を...
FNS歌謡祭で豪快な歌声を披露した吉岡里帆 反響で女性アンチ減るか

FNS歌謡祭で豪快な歌声を披露した吉岡里帆 反響で女性アンチ減るか

2018年12月5日に放送された「FNS歌謡祭」に出演した女優の吉岡里帆さん(25)について、その歌いっぷりの良さが視聴者の間で話題になっている。 この日、吉岡さんはヒロインを務めた「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」を、主演の阿部サ...
「アンフェア」シリーズ完結編放送へ ドラマからの謎が明らかに

「アンフェア」シリーズ完結編放送へ ドラマからの謎が明らかに

篠原涼子がバツイチ、子持ち、大酒飲みだが、検挙率ナンバーワンの敏腕刑事を演じる人気シリーズの完結編『アンフェアtheend』が17日よる9時、フジテレビ系の土曜プレミアムで放送される。 2006年にテレビシリーズがスタートし、スペシャルドラマに加え、完結編を含む劇場版3本が製作された本シリーズ。前作で...
鈴木福、マルモの記憶は「ちょろっと」と告白 共演者は仰天

鈴木福、マルモの記憶は「ちょろっと」と告白 共演者は仰天

タレントの鈴木福(14)が25日放送のフジテレビ「VS嵐」(木曜後7・00)に“チームサウスポー”の一員として出演。2011年に大ヒットしたドラマ「マルモのおきて」での記憶はあまりないことを告白し、共演者を驚かせた。 鈴木は2歳から芸能活動をしており、14歳ながら芸歴は12年。これまでさ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net