芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か

スターダムにのし上がらん、というはずが大コケで、周囲も呆気にとられたのである。主演のドラマも映画も爆死して、吉岡里帆(25)が、スターダムどころか女優生命まで危うくなってきたのだから。その原因だが、押さえるべきを押さえなかったから、なんだとか。

実際、1月から連続ドラマ初主演で、今年は幸先よいスタートを切ったはずだった。が、TBS系で放送されたその「きみが心に棲みついた」は、平均視聴率7・7%に終わり、7月に始まったフジテレビ系「健康で文化的な最低限度の生活」(ケンカツ)にいたっては、平均5・8%。

もっとも、生活保護のケースワーカー役は地味すぎたか。そう思って、10月12日に公開された阿部サダヲとのW主演映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼」に期待すると、興行通信社の「国内映画ランキング」で初週トップ10圏外。目下「Yahoo!映画」のユーザーレビューでも5点満点で2・3点。目も当てられないありさまである。

主演作品で苦戦する吉岡里帆 女性人気で新垣結衣と差か 男に人気でも厳しい……

吉岡について知識のない読者のために、芸能記者に解説してもらうと、

「元々女優志望で、いろんなオーディションを受けながら、『週刊プレイボーイ』のグラビアに出たりもしていた。2015年、NHKの朝ドラ『あさが来た』でヒロインの親友役を演じて注目され、翌年からは民放の連ドラに4期連続して出演。昨年1月からのTBS系『カルテット』では、脇役なのに、主役4人以上の存在感を発揮したと、話題になりました」

で、今年は鳴り物入りの主演だったのだが。

女性が敵では…

さる民放の幹部社員は、

「みなドラマや映画を観てまで暗い気持ちになりたくない、という声がある」

と、こう続ける。

「『ケンカツ』は生活保護の話だし、『音タコ』は明るいものの、声を出すために覚醒剤を打つなど、奇想天外すぎて共感できません」

だが、ほかの理由を挙げる人も多いのだ。その一人である芸能記者が言う。

「吉岡は若い男には人気でも、女性に人気がない。ドラマを見るのは主に女性なので、その影響は侮れません。よく新垣結衣に似ているといわれますが、10代前半からファッション誌『ニコラ』のモデルを務めていたガッキーは、女性の好感度が高い。一方、男性向けのグラビアに出ていた吉岡は、今は健気で素朴なキャラを演じていますが、女性からすれば、水着で媚びて売っていたくせに、あざとい、となってしまう」

女性のテレビ関係者も、

「蒼井優、広瀬すずらは少女雑誌のモデルだったので、女性ファンが多い。そうでない場合、なんらかのキャラやエピソードが必要です。その点、元AKB48の川栄李奈なんかは、握手会での襲撃事件で女性からの同情を一気に集めました。女性から見たとき、媚びている感じがする吉岡は、なにか逆転エピソードがないと厳しい」

男性からの同情票はある。先の民放の幹部社員は、

「吉岡は苦労人で上昇志向が強く、意志がある。京都に住みながら夜行バスに乗って東京のオーディションを受けていたのは有名な話です。また、お父さんはNHK大河ドラマのプロデューサーなのに、彼女は父がそういう職業だとは、周囲に一切言わずにきた。コネで起用されたくないという意思表示だったんです」

上昇志向が強い分、主役を張りたいんだろうけど、同性に嫌われたのが急に好かれるようになったって話は、あまり聞かないなあ。

「週刊新潮」2018年11月8日号掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

長澤まさみの「いわくつき」元マネジャー、今度は千葉真一「次男」を担当

長澤まさみの「いわくつき」元マネジャー、今度は千葉真一「次男」を担当

(全2枚) 生き馬の目を抜く芸能界において、公私に亘ってタレントを支え、成功に導くのがマネジャーの使命だ。では、5月に銀幕デビューを控える千葉真一(80)の「次男」の場合はどうか。かつてハリウッドを席巻した豪快な父親はいま、愛息が選んだ「パートナー」に気を揉んでいるという。 【画像】大人の色気...
“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

現在、月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)に出演中の本田翼。彼女が出演する『LINEモバイル』のCMも、「とにかくカワイイ」とSNSなどで話題になった。中には「あざとすぎる」といった声もあるが、注目を集めたということでは大成功だろう。本田に限らず、石原さとみ...
「違約金のことを考えると夜も眠れません」ピエール瀧容疑者の父が思い語る

「違約金のことを考えると夜も眠れません」ピエール瀧容疑者の父が思い語る

(全2枚) ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が、自宅でコカインを使った疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは3月12日のことだった。 瀧容疑者がコカイン事件の責任を問われるのは当然としても、過去の電気グルーヴの作品、さらには出演した映画やドラマをことごとく世の中から葬り去ろうとする動き...
痩せすぎ批判を一蹴したセリーヌ・ディオン 50歳の今が「人生で一番最高」

痩せすぎ批判を一蹴したセリーヌ・ディオン 50歳の今が「人生で一番最高」

透明感ある歌声と圧倒的な歌唱力で日本でも人気が高い歌姫セリーヌ・ディオン。ここ最近、ネットやメディアで飛び交っている「痩せすぎ!」との批判をピシャリと一蹴した。 ファッショニスタとしても知られるセリーヌ、お気に入りのファッションに身を包んだ自身の写真を時折SNSにアップしている。すると、以...
1ケタ視聴率が続き低迷する「いだてん」NHK部長が改善策を逆質問

1ケタ視聴率が続き低迷する「いだてん」NHK部長が改善策を逆質問

みんなが楽しみにしていた「クドカン大河」は、どうしてこんなことになってしまったのか。 4月28日に放送された大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜・後8時)第16話の平均視聴率が7・1%と同作最低、大河ドラマ史上でも2012年11月18日放送の「平清盛」の7・3%を下回る史...
トータス松本、ガッツだぜ的な名実況!「いだてん」新キャスト7人が視聴率挽回の起爆剤

トータス松本、ガッツだぜ的な名実況!「いだてん」新キャスト7人が視聴率挽回の起爆剤

(全3枚) NHK大河ドラマ「いだてん」(日曜後8・0)の新キャスト発表会見が24日、東京・渋谷の同局で行われ、俳優、斎藤工(37)らが出席した。注目は1936年ベルリン五輪の名実況「前畑、頑張れ!」で知られる河西三省アナウンサー役をゲットした人気バンド、ウルフルズのトータス松本(52)。...
「いだてん」新キャスト発表 上白石萌歌は役作りで7キロ増「心も体も近づけるように」

「いだてん」新キャスト発表 上白石萌歌は役作りで7キロ増「心も体も近づけるように」

NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)の新キャスト発表会が24日、東京・渋谷の同局で行われ、後半の主人公となる田畑政治を演じる阿部サダヲ(48)とともに、新キャストの斎藤工(37)、上白石萌歌(19)、トータス松本(52)ら7人が出席した。 斎藤はアムステ...
水沢アリーが過去の台本を暴露「必死にバカを演じていた…」

水沢アリーが過去の台本を暴露「必死にバカを演じていた…」

地上波未公開シーンを含めた完全版「しくじり先生俺みたいになるな!!」が、AbemaTV(アべマTV)で放送された。 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、元ベイビーレイズJAPANの大矢梨華子、乃木坂46の大園桃子、AKB48の横山由依らが出演...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net