芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

文春砲で注目を集めたイッテQの「祭り」企画 これまでの歴史

文春砲で注目を集めたイッテQの「祭り」企画 これまでの歴史

「アカーン!」というファンの嘆きが聞こえてきそうだ。

人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の長寿企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」のうちの1回が、「文春砲」による「デッチ上げ」報道で注目を集めてしまった。11年超の歴史がある番組のスタート当初からある人気企画で、これまでに110回を超えて登場している。その歴史を振り返る。

死者の祭り、鍋祭り、ナマズ祭り...

今回、週刊文春(2018年11月15日号)による指摘を受けたのは、5月20日放送の「世界で一番盛り上がるのは何祭り?inラオス」で紹介した、ラオスの「橋祭り」だ。日テレは11月8日に見解を発表し、「番組サイドで企画したり(略)した事実もございません」とする一方で、「誤解を招く表現となりました」「真摯に反省すべき点があったと考えております」とした。

「〜何祭り?」企画は、主にタレントの宮川大輔さんが体当たりで世界各国の祭りに挑戦する内容。宮川さんの「ワッショーイ!」の掛け声や、「アカーン!」との悲鳴(?)も人気を支えるお約束の反応となっている。「お祭り女あさこ&アヤコ」(いとうあさこさんとイモトアヤコさん)が挑戦するパターンもある。

「イッテQ」の放送が始まったのは2007年2月。「〜何祭り?」の初回企画は、早くも第5回放送(07年3月)で登場。西アフリカのマリ共和国が舞台で、宮川さんが現地のドゴン族の「死者の祭り」に参加した。

直近では、18年10月21日に「inタイ」編(鍋祭り)が放送されており、今回問題となった5月20日の「inラオス」(橋祭り)以降を見ても、「inアメリカ」(アジアン祭り、6月17日)、「inアメリカ」(ナマズ祭り、7月15日)、「inラオス」(臼ころがし祭り、8月19日)、「inスペイン」(9月23日)と相次いで放送されている。

番組サイトの「過去のO.A.リスト」(放送内容)欄で、タイトルに「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」を含む放送回数(SP=スペシャル版を含む)を数える(J-CASTニュース編集部調べ)と、直近(10月21日)の「inタイ」編までに計112回を数えた(同じ祭りへ数年後に再挑戦したものも含む。また、他のタイトルでの「祭」ものは除外)。11月8日現在で番組の最新放送回は「11月4日」で、これが第405回(SP版は除く)。SP版の扱いが異なるため、単純な計算はできないが、かなり頻繁に登場する人気企画であることは十分にうかがえる放送回数になっている。

アメリカ17回、イタリア12回...

これまでに取り上げた「祭り」は、初期では「ロケット発射祭り」(タイ)、「チーズ転がし祭り」(イギリス)など。最近のものは、先の段落で紹介した。

訪れた外国は、26か国に及ぶ(英国領の南方の島は英国として計算)。日本の登場は1回だけだ。最多の国はタイで23回だった。エリア別にみると、

【アジア】タイ23回、フィリピン3回、インドネシア2回、ラオス2回、中国1回、ミャンマー1回、日本(愛知県)1回。
【北米】アメリカ17回、カナダ2回。
【ヨーロッパ】イタリア12回、イギリス10回、ドイツ6回、スペイン6回、オーストリア4回、スイス4回、オランダ2回、アイルランド2回、フィンランド2回、フランス1回、ギリシャ1回、ベルギー1回、エストニア1回。
【中南米】メキシコ2回、チリ1回。
【オセアニア】オーストラリア3回、ニュージーランド1回。
【アフリカ】マリ共和国、1回。

日本テレビでは、今回の見解表明のなかで、

「今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します。これからも視聴者のみなさまにご支持いただける番組作りに邁進する所存です」

と、企画の継続を宣言している。「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の結論を出すためにも、番組の奮起が期待される。ファンからは「ワッショーイ!」と応援の声が寄せられる、かもしれない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

安田顕、NHK生出演でファンから心配の声 「最後まで服を…」

俳優の安田顕が15日、NHK「あさイチ」に生出演。番組では視聴者からのFAX、メールなどを紹介するが、番組冒頭から安田が出演していた「水曜どうでしょう」ファンから、生放送での安田の行いを心配する声が紹介された。 番組では、これまでに安田が出演した作品を映像付きで流したが、中でも“名作”とし...
理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

明治安田生命保険は15日、2019年春の新入社員を対象とした「理想の上司」アンケートを実施した結果を報告し、「理想の男性上司」はタレントの内村光良、「理想の女性上司」は日本テレビの水ト麻美アナウンサーがともに3年連続で1位に選ばれた。 男性部門では昨年のTBS系ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる...
竹内結子「決定的写真」撮られない理由 自宅は「要塞」のよう?

竹内結子「決定的写真」撮られない理由 自宅は「要塞」のよう?

竹内結子(38)の主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」(フジテレビ系)は第3話まで平均視聴率7%台と伸び悩んでいる。竹内の役柄は、クライアントを救うために手段を選ばず、裏で社会を動かす“スピンドクター”的な手法もいとわない凄腕弁護士。美貌と強さを兼ね備えた竹内には適役といえるだ...
「半沢直樹」の続編が7月に放送予定も 堺雅人の事情で延期か

「半沢直樹」の続編が7月に放送予定も 堺雅人の事情で延期か

“倍返しだ!”の決めゼリフをもう一度聞きたくてウズウズしていたファンには残念な情報だ。TBSが今年7月に放送を予定していた堺雅人主演の「半沢直樹」の続編の企画が宙に浮きそうだという。「下町ロケット」や「陸王」など、池井戸潤シリーズを手がけてきた福澤克雄氏が、今回も演出を担当する予定だった...
マツコが明かした「苦手な人」の特徴「急に距離を縮めてくる」

マツコが明かした「苦手な人」の特徴「急に距離を縮めてくる」

18日、日本テレビ系『月曜から夜ふかし』に出演したマツコ・デラックスが“苦手な人”の特徴を明かした。 関ジャニ村上、嵐に間違われるもマツコ「お前が嵐とか…」 番組では“苦手なもの”をテーマにトークを展開し、マツコは「そんなにない」と苦手なものは特にないとコメント。 しかし関ジャニ∞の村上信五に「人...
マツコ・デラックス「理想の上司」にいとうあさこを挙げる

マツコ・デラックス「理想の上司」にいとうあさこを挙げる

タレントのマツコ・デラックス(46)が18日、月曜コメンテーターを務めるTOKYOMXの「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に生出演。お笑いタレント・いとうあさこ(48)の能力の高さを絶賛した。 番組では「理想の上司」アンケートで男性部門はお笑いタレントの内村光良(54)、女性部門は...
最新シリーズの「あいのり」ベッキーのスタジオコメントに苦言

最新シリーズの「あいのり」ベッキーのスタジオコメントに苦言

異国を旅しながら恋をする様子をあたたかく見守る番組だった『あいのり』が、バイオレンスに満ちた過激紀行へと変貌していたことに衝撃を受けた、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏。異常だと思いつつも目が離せない『あいのり』最新シリーズの視聴を続けると、スタジオでコメントするベッキ...
浜田雅功に優しくされた女芸人 泣きそうになったエピソード披露

浜田雅功に優しくされた女芸人 泣きそうになったエピソード披露

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、17日に放送される読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00〜)で、優しくしたエピソードを女芸人たちから次々に明かされる。 今回は、スタジオに女性芸人が大集合。怖いイメージの浜田に優しくされ、ときめく女芸人は多く、初登場の...
「祭りちゃうやん」宮川大輔は不自然な「祭り」を指摘していた?

「祭りちゃうやん」宮川大輔は不自然な「祭り」を指摘していた?

「今回の騒動で、いちばんの“被害者”は宮川さんですよ。彼は祭り企画への思い入れが非常に強く『今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげだ』と思っていました。番組を信じて頑張ってきただけに『裏切られた』という思いが強いようです」(事務所関係者) 2週連続で『週刊文春』が報じた、『世界の果てま...
「イッテQ」の全祭りを検証「カリフラワー祭り」を含む11個が存在せず

「イッテQ」の全祭りを検証「カリフラワー祭り」を含む11個が存在せず

(全3枚) 海外ロケならではの予測不能なハプニングや出演者のリアルな反応が人気となっている『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。平均視聴率20%を超えるこの国民的バラエティー番組に、やらせ疑惑が浮上した。今、番組のファンからは「あの祭りはガチだ」「いや怪しい」という声が聞こえる──本誌・...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net