芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

人気番組ゆえ 長嶋一茂がイッテQ制作サイドの重圧に理解を示す

人気番組ゆえ 長嶋一茂がイッテQ制作サイドの重圧に理解を示す

タレントの長嶋一茂(52)が9日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎

一モーニングショー」に出演。日本テレビ系の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で浮上したヤラセ疑惑についてコメントした。

5月に放送されたラオスでの「橋祭り」について週刊文春が「祭りはデッチ上げ」と報じてヤラセ疑惑が持ち上がった。

一茂は「『イッテQ』、ボクもよく見ますけどすごく面白い」と番組のファンであることを告白。

そして「映像見ると、不自然な部分はありますよ。『これ、ずっと何年前からやっていた祭りなの?』って言われたら『これは違うだろう』というようなところはある」と信憑性の一部に疑問の目を向けた。

ただ、一方で常に視聴率を求められる制作サイドの苦労にも言及。

「ドキュメンタリー感とかリアル感みたいなものが売りで、そこで『毎週のように数字を取らなきゃいけない』みたいな課題があって、そこのプレッシャーっていうのは心情的には現場のプロデューサーさん、ディレクターさん、気持ちは分かります」と話し、人気番組ゆえの現場の重圧に理解を示した。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「イッテQ」に立ち上げから関わった名物Pが子会社に去る 焦らない日テレ

「イッテQ」に立ち上げから関わった名物Pが子会社に去る 焦らない日テレ

日曜夜8時の激戦区で「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)の勢いが止まらない。5月19日の放送では番組史上最高の19・8%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)、ついに20%に迫ろうという位置につけた。 一方、同時間帯で不動の1位を保ってきた「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は、この日の...
「一軒家」に逆転されたイッテQ 女優業に精出すイモトアヤコが降板も

「一軒家」に逆転されたイッテQ 女優業に精出すイモトアヤコが降板も

『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、日曜夜7時58分)に暗雲が立ち込めている。 大麻所持で2人逮捕…元KAT-TUN田口が溺れた小嶺麗奈の悪評 19日放送の視聴率は16・9%。決して悪くはないが、同時間帯のライバル『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)は19・8%と過去最高をマークし、完全に逆...
視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

4月の月間視聴率(1〜28日)が発表され、全日帯(午前6時〜午前0時)でテレビ朝日と日本テレビが7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。同率トップを獲得した。 「このところテレ朝の視聴率が好調です。朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』と夜のニュース番組『報道ステーション』はそ...
イッテQがまたも「一軒家」に敗北 明石家さんま特番連発の影響も

イッテQがまたも「一軒家」に敗北 明石家さんま特番連発の影響も

5月5日、日曜夜8時台で熾烈な視聴率争いを繰り広げている『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が17.7%を獲得し、13.5%の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にまたしても勝利した(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。 「2月24日に初めて『ポツンと一軒家』が上回って...
長瀬智也、音楽活動できず不満?「TOKIOやってられない」と直訴か

長瀬智也、音楽活動できず不満?「TOKIOやってられない」と直訴か

(全2枚)  当時交際中だった相武紗季とファミレスでデートをする長瀬。そんな飾らないところが愛される理由だ(10年)  TOKIOに何が起きているのか――。 『女性セブン』が報じた元メンバー・山口達也の衝撃丸坊主写真の余韻も残るなか、今度は『週刊文春』が「TOKIO空中分解」の見出しで記...
「テラハ」出演の寺島速人が鈴木あやと結婚 番組卒業後はシェフに

「テラハ」出演の寺島速人が鈴木あやと結婚 番組卒業後はシェフに

モデルの鈴木あや(29)とタレントの寺島速人(32)が25日、インスタグラムを更新。結婚を発表した。 「本日、無事に入籍させていただきました。人生を共にしていく覚悟をしっかりもち、助け合い、時には自由に私たちにしかない人生を歩んで行きたいと思っています。これからもよろしくお願いします」と報告...
「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

「ナカイの窓」がたった1つの言葉でトラブルに?終了にも影響か

中居正広(46才)が司会を務めていた『ナカイの窓』(日本テレビ系)が今年3月で終了すると発表された時、どうしてこんな人気番組が、といぶかる声も大きかった。突然の終了の裏にあったのは、たった1つの言葉を巡った騒動だった。 【スクープ写真】『ナカイの窓』打ち上げでもトラブル?警察官に対応する中居...
あいのり桃がテラハに応募していたと告白「恋愛体質」に呆れ声

あいのり桃がテラハに応募していたと告白「恋愛体質」に呆れ声

フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作著作している恋愛リアリティーショー『テラスハウス』に応募していたことをブログで明かした。 桃といえば、『あいのり』出演後、2010年に一般男性と結婚したものの、昨年7月に離婚。その後、今年2月になって10歳年下の男性と交際を始めたことを明かしたもの...
賛否両論が起こった「水ダウ」ドッキリ 現場サイドからは反論も

賛否両論が起こった「水ダウ」ドッキリ 現場サイドからは反論も

ダウンタウンもナイツも顔面蒼白? 電子版の国語辞書「デジタル大辞泉」(小学館)は、「放送事故」を次のように定義している。「設備の故障や技術的な不手際、演出・進行上の手違いなどで、予定していた放送ができなくなること。また、意図していなかった放送をしてしまうこと」――。 *** スポニチアネック...
イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

まさに韋駄天の早さである。2月10日、NHK大河「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜20時)の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)と1桁に。歴代大河の中で、これほど早く1桁に突入した例はない。だが、その一方で、裏の民放では“やらせ祭り”で躓いた王者「世界の果てまでイッテQ!」...
木村拓哉がモニタリングに出演 スタッフを悩ますヤラセ問題

木村拓哉がモニタリングに出演 スタッフを悩ますヤラセ問題

あのキムタクが“ドッキリ”のターゲット側になったことが話題となっている。 「何を演(や)ってもキムタク」と言われる悩みを吐露したキムタクに対し、〈キムタクも悩んでいたんだ!〉と同情する声があれば、〈あんなのヤラセ〉と吐き捨てる声も――。 「何をやってもヤラセ」と言われてしまう悩みを、作り手に...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net