芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

イッテQのやらせ疑惑 対応次第で内村光良の降板もあり得る?

イッテQのやらせ疑惑 対応次第で内村光良の降板もあり得る?

日本テレビの看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に「ヤラセがあった」と今週発売の「週刊文春」が報じたことで、同局は蜂の巣をつついたような大騒ぎになっている。関係者によると「ヤラセがあったのは間違いない。ただ、宮川大輔も司会の内村光良も知らなかった」。今後の対応いかんでは「内村が降りる」との声まで出ている。日テレは8日、マスコミ各社に対して「週刊文春」の記事に対する釈明コメントを出したが、これで内村は納得するのか?ヤラセの舞台裏と、大混乱に陥った日テレの危うい内情を緊急追跡した――。

8日発売の「週刊文春」は、この問題を「『イッテQ』は宮川大輔『祭り』をデッチ上げた」と、衝撃的な見出しで報じた。同誌によると、問題となったのは今年5月20日に放送された「橋祭りinラオス」だ。

同番組の宮川は、お祭り男として知られ、青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りにチャレンジするコーナーが大人気企画となっている。問題となった放送では、橋に見立てた全長25メートルの細い板を、4つの回転する玉をよけながら自転車で渡る「橋祭り」に参加。玉に衝突すると泥水に落下する仕組みに、宮川は「風雲たけし城みたい」と感想を言う一幕もあった。

この「祭り」は、4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われたと放送されたが、同誌は現地在住の日本人の「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない」との証言を紹介。さらにラオス情報文化観光省観光部副部長が「こうした自転車競技はラオスには存在しない」「日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」と話したと報じている。

同誌の取材に日テレサイドは「かねてから行われている催し」とし「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答しているが、日テレ関係者は「結論から言えば、真っ黒け」と断言した。

「当初、制作サイドはシラを切り通す方針でしたが、ごまかしきれないとみて緊急会議を開いた。制作した制作会社社長を呼び出し聞き取り調査を行った結果、現地コーディネーターに責任を押し付けることに。今後は制作会社が矢面に立ち、コーディネーターの責任にすべく話の筋を変えていくつもりのようだ」

ちなみに「イッテQ」の海外ロケは、1本あたりの制作費が1000万〜2000万円。経費を安くあげれば、すべて制作会社の儲けになるシステムだという。

「だから発覚していないヤラセはまだあると思われます。番組サイドが真剣にビビっているのが、過去のヤラセも掘り起こされること。そうなればBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りや打ち切りは免れない」(同)

実際に、「イッテQ」のヤラセは「常態化していたのでは?」との声もある。

「あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがないということ。ラオスの祭りが完全なヤラセとなると、これまで成し遂げてきた“奇跡”も疑惑の目で見られる。極論を言えば、イモトアヤコの登山も『ヘリコプターなどを使用していたのでは』と言われかねない」(別の日テレ関係者)

「週刊文春」は宮川を直撃して話を聞いている。本人は真摯に対応したうえで「僕、ホンマに分からないですよ」と回答。最後には記者に「しっかり調べてください」と話したという。

「宮川は、ヤラセだとは本当に知らなかったようです、番組スタッフの罪は重いですよ」(同)

宮川以上に怒っているのが内村だという。

「今後の状況次第では自ら降板することもあり得る。内村は昨年、NHK紅白歌合戦の司会も務め、国民的タレントと言っても過言ではない。視聴者からの見え方を非常に気にするタレントですからね」(放送作家)

日テレは8日、「週刊文春」の記事に対して、「番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く証言があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」としたが、果たしてこの内容で内村は納得するのか?週刊文春は「証言を得ている」と反論のコメントを発表しており「やってられない!」と降板する最悪の事態もあり得るだけに、今後の成り行きから目が離せない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

視聴率三冠の座がピンチ?テレビ朝日の好調で窮地に立つ日本テレビ

4月の月間視聴率(1〜28日)が発表され、全日帯(午前6時〜午前0時)でテレビ朝日と日本テレビが7.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録。同率トップを獲得した。 「このところテレ朝の視聴率が好調です。朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』と夜のニュース番組『報道ステーション』はそ...
イッテQがまたも「一軒家」に敗北 明石家さんま特番連発の影響も

イッテQがまたも「一軒家」に敗北 明石家さんま特番連発の影響も

5月5日、日曜夜8時台で熾烈な視聴率争いを繰り広げている『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が17.7%を獲得し、13.5%の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にまたしても勝利した(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)。テレビ局関係者が話す。 「2月24日に初めて『ポツンと一軒家』が上回って...
改元で「令和JUMP」が誕生 手越祐也がドッキリに騙される

改元で「令和JUMP」が誕生 手越祐也がドッキリに騙される

NEWSの手越祐也と増田貴久が、8日に放送されたラジオ番組『テゴマスのらじお』(MBSラジオ/毎週水曜23:30〜24:00)で、平成最後にHey!Say!JUMPネタで盛り上がったことを明かした。 現在、ライブツアー「NEWSLIVETOUR2019WORLDISTA」で全国巡業中のNEWS。平成最後のライブは広島だったそうで、増田は、「みん...
おかずクラブの散財癖「シミ取り53万円、ハープ275万円」

おかずクラブの散財癖「シミ取り53万円、ハープ275万円」

おかずクラブが、4月25日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、散財事情を明かした。 おかずクラブのゆいPはブレイク後、「(2人とも)お金遣いがだいぶ荒くなっちゃって」と告白。オカリナについて「年間53万かけてシミを取ってるんですよ」と指摘した。するとオカリナは「基礎化粧品にいろい...
奇跡を呼ぶ男と追い詰めたのも一因 岡村隆史の休養を片岡飛鳥氏が語る

奇跡を呼ぶ男と追い詰めたのも一因 岡村隆史の休養を片岡飛鳥氏が語る

フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第9回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の9回目/#1、#2、#3、#4、#5、#6、#7、#8公開中) 【写真】ナイナイ岡村復帰――『めちゃイケ』名場面の写真(全8枚) ◆◆◆ 濱口や紗理奈から反...
浅田真央さんを知らない一般人が登場、どんな人なのかを検証

浅田真央さんを知らない一般人が登場、どんな人なのかを検証

4月13日放送の「ニノさんSP」(日本テレビ系)は、ゲストに浅田真央が登場。浅田のことを全く知らないという一般人をスタジオに呼び、その人がどんな人なのかを検証した。 浅田真央と石川佳純の初対面2ショット実現!真央「もっと年下かと思ったら2つしか変わらなくて…」 浅田本人も、自分を知らない人と会った...
「ポツンと一軒家」が「イッテQ」に連勝 業界からは早くも不安の声

「ポツンと一軒家」が「イッテQ」に連勝 業界からは早くも不安の声

(全3枚) 「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)の勢いが止まらない。4月7日の放送では、過去最高の17.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)を叩き出したのだ。ただし、この日の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は「ザ!鉄腕!DASH!!」(同前)などとの特番となり、NHK大河「いだてん〜東...
「めちゃイケはヤラセ」批判に対する片岡飛鳥プロデューサーの考え

「めちゃイケはヤラセ」批判に対する片岡飛鳥プロデューサーの考え

フジテレビ・チーフゼネラルプロデューサー片岡飛鳥氏のロングインタビュー第7回。今回も人気のテレビっ子ライター・てれびのスキマさんがじっくり聞きます。(全11回の7回目/#1、#2、#3、#4、#5、#6公開中) 【写真】「オカザイル」など『めちゃイケ』名場面(全14枚) ◆◆◆ ミスチルを真似して「波打ち際で...
松本人志が「青空レストラン」に出演 「違う番組みたい」と反響

松本人志が「青空レストラン」に出演 「違う番組みたい」と反響

3月30日に放送された「満天☆青空レストラン」(日本テレビ系)に、ダウンタウン松本人志がゲストに登場。レギュラー以外の番組出演に、視聴者の大きな注目が集まった。 【写真を見る】大先輩のゲスト出演に大喜びの宮川大輔/※画像は宮川大輔(miyagawadai)公式Instagramより 放送開始10周年を記念した今回のSP。...
イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

まさに韋駄天の早さである。2月10日、NHK大河「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜20時)の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)と1桁に。歴代大河の中で、これほど早く1桁に突入した例はない。だが、その一方で、裏の民放では“やらせ祭り”で躓いた王者「世界の果てまでイッテQ!」...
イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

イッテQは「女性の番組」になるのか、ついていいウソが生命線とも

テレビ解説者の木村隆志が、先週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第52回は、6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!2時間SP』をピックアップする。 もはや説明不要の人気番組だが、2019年1回目の今回は、イモトアヤコ、出川哲朗らエース級を投入...
イッテQやらせ疑惑 宮川大輔が涙浮かべ「全部明かすべき」と訴えか

イッテQやらせ疑惑 宮川大輔が涙浮かべ「全部明かすべき」と訴えか

【激動2018芸能(15)】お祭り企画のやらせ疑惑騒動が勃発した日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」はモヤモヤしたまま年を越すことになった。関係者によると、問題があるかどうか放送倫理・番組向上機構(BPO)が現在も討議中。早ければ来年1月11日にも出される結果次第で存続危機が現実の...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net