芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

イッテQのやらせ疑惑 対応次第で内村光良の降板もあり得る?

イッテQのやらせ疑惑 対応次第で内村光良の降板もあり得る?

日本テレビの看板バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)に「ヤラセがあった」と今週発売の「週刊文春」が報じたことで、同局は蜂の巣をつついたような大騒ぎになっている。関係者によると「ヤラセがあったのは間違いない。ただ、宮川大輔も司会の内村光良も知らなかった」。今後の対応いかんでは「内村が降りる」との声まで出ている。日テレは8日、マスコミ各社に対して「週刊文春」の記事に対する釈明コメントを出したが、これで内村は納得するのか?ヤラセの舞台裏と、大混乱に陥った日テレの危うい内情を緊急追跡した――。

8日発売の「週刊文春」は、この問題を「『イッテQ』は宮川大輔『祭り』をデッチ上げた」と、衝撃的な見出しで報じた。同誌によると、問題となったのは今年5月20日に放送された「橋祭りinラオス」だ。

同番組の宮川は、お祭り男として知られ、青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りにチャレンジするコーナーが大人気企画となっている。問題となった放送では、橋に見立てた全長25メートルの細い板を、4つの回転する玉をよけながら自転車で渡る「橋祭り」に参加。玉に衝突すると泥水に落下する仕組みに、宮川は「風雲たけし城みたい」と感想を言う一幕もあった。

この「祭り」は、4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行われたと放送されたが、同誌は現地在住の日本人の「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない」との証言を紹介。さらにラオス情報文化観光省観光部副部長が「こうした自転車競技はラオスには存在しない」「日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」と話したと報じている。

同誌の取材に日テレサイドは「かねてから行われている催し」とし「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答しているが、日テレ関係者は「結論から言えば、真っ黒け」と断言した。

「当初、制作サイドはシラを切り通す方針でしたが、ごまかしきれないとみて緊急会議を開いた。制作した制作会社社長を呼び出し聞き取り調査を行った結果、現地コーディネーターに責任を押し付けることに。今後は制作会社が矢面に立ち、コーディネーターの責任にすべく話の筋を変えていくつもりのようだ」

ちなみに「イッテQ」の海外ロケは、1本あたりの制作費が1000万〜2000万円。経費を安くあげれば、すべて制作会社の儲けになるシステムだという。

「だから発覚していないヤラセはまだあると思われます。番組サイドが真剣にビビっているのが、過去のヤラセも掘り起こされること。そうなればBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りや打ち切りは免れない」(同)

実際に、「イッテQ」のヤラセは「常態化していたのでは?」との声もある。

「あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがないということ。ラオスの祭りが完全なヤラセとなると、これまで成し遂げてきた“奇跡”も疑惑の目で見られる。極論を言えば、イモトアヤコの登山も『ヘリコプターなどを使用していたのでは』と言われかねない」(別の日テレ関係者)

「週刊文春」は宮川を直撃して話を聞いている。本人は真摯に対応したうえで「僕、ホンマに分からないですよ」と回答。最後には記者に「しっかり調べてください」と話したという。

「宮川は、ヤラセだとは本当に知らなかったようです、番組スタッフの罪は重いですよ」(同)

宮川以上に怒っているのが内村だという。

「今後の状況次第では自ら降板することもあり得る。内村は昨年、NHK紅白歌合戦の司会も務め、国民的タレントと言っても過言ではない。視聴者からの見え方を非常に気にするタレントですからね」(放送作家)

日テレは8日、「週刊文春」の記事に対して、「番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く証言があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」としたが、果たしてこの内容で内村は納得するのか?週刊文春は「証言を得ている」と反論のコメントを発表しており「やってられない!」と降板する最悪の事態もあり得るだけに、今後の成り行きから目が離せない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

王者・日テレに暗雲 2018年が間もなく終わる。民放が鎬を削る年間視聴率争いも決着する。 2017年までの4年間、年間視聴率争いで勝利を収めてきたのは日本テレビだ。特に優劣が問われる「全日帯」(午前6時〜深夜0時)、「ゴールデン帯」(午後7時〜同10時)、「プライム帯」(午後7時〜同11時)の3部門すべて...
BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

日本テレビ本社放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を巡り、バラエティー番組の演出に対する考え方などについて日テレに追加報告を求めることを決めた。審議・審理入りするかどうかは継続討議となった。 日テ...
内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

「去年はフレッシュさだけで乗り切ったという感じですが、今年はそうはいかない。鮮度を保ちつつ頑張っていきたいと思います!」 【写真】直撃を受ける内村。以前、徳永も同じ場所で取材に応じた 大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』の総合司会に選ばれた内村光良。11月26日に行われた記者会見では、...
「ガキ使」の会見で日テレが「ケガ」をNGワードに 城島茂が関係?

「ガキ使」の会見で日テレが「ケガ」をNGワードに 城島茂が関係?

「やらせ問題で叩かれた『世界の果てまでイッテQ!』の初動対応がうまくいかなかった反省でしょうか、今回の日テレは素早かったですね」 【写真】『ガキの使い』ロケ風景を特撮!笑っていないメンバーたち 同局の番組制作スタッフは、TOKIOの城島茂(48)が日本テレビ系の正月特番『ウルトラマンDASH』のロケ...
イッテQのやらせ疑惑 宮川大輔は「祭り企画」終了なら降板の噂も

イッテQのやらせ疑惑 宮川大輔は「祭り企画」終了なら降板の噂も

「ここにきて日テレ局内には“打ち切りは免れない”という噂がそこかしこで囁かれています」(制作会社ディレクター) 「イッテQ」やらせ疑惑“ない”ものを“ある”が最大の問題 日本テレビ系人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜19時58分〜)の祭り企画に関するでっち上げ問題。ラオス橋祭り...
日本テレビは守りに入って視聴率に異変 凋落のフジテレビと酷似か

日本テレビは守りに入って視聴率に異変 凋落のフジテレビと酷似か

(全3枚) 「イッテQ」のヤラセ報道に月間3冠王からの陥落……度重なる日本テレビの不調は偶然ではない。危機は番組だけにとどまらず、日テレ全体に及んでいるというのは、メディアアナリストのメディア遊民氏だ。しかも、いまの日テレは、フジテレビが3冠王から陥落したときと酷似しているというのだ。解説しても...
「イッテQ」も戦々恐々?テレビ朝日「ポツンと一軒家」の魅力

「イッテQ」も戦々恐々?テレビ朝日「ポツンと一軒家」の魅力

バラエティのトップ「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は“ヤラセ祭り”報道直後の11月11日の放送でも視聴率16.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同)、18日も16.5%を獲得し、〈相変わらずの人気ぶり〉と報じられた。 さすがバラエティ王者の貫禄といったところか。しかし、業界にはちょっと...
「イッテQ!遠泳部」と題した新プロジェクトが始動 内村光良が部長に

「イッテQ!遠泳部」と題した新プロジェクトが始動 内村光良が部長に

12月9日(日)放送の「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7:58-8:54、日本テレビ系)は「イッテQ!遠泳部」と題した新プロジェクトが始動する。 【写真を見る】真剣な表情の宮川大輔/(C)NTV 「―遠泳部」は、内村光良を部長に世界の名だたる海峡「オーシャンズセブン」制覇を狙うというものだ。 第1弾となるオ...
「イッテQ」の騒動で出演者へ謝罪 企画休止も報告済と編成局長

「イッテQ」の騒動で出演者へ謝罪 企画休止も報告済と編成局長

日本テレビが26日、東京・汐留の同局で定例社長会見を行い、、“でっちあげ疑惑”が持ち上がっている同局の人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)の祭り企画について、出演者への説明は済ませたことを明かした。 同企画に出演する宮川大輔(46)が22日にイベントに出演し...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net