芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

「イッテQ」のやらせ疑惑 ラオス政府でも問題視され対応を協議中

人気バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で5月20日に放送されたラオスでの「橋祭り」に関するやらせ疑惑が、波紋を広げている。

番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」は、世界各国で開催されるお祭りに、お笑い芸人の宮川大輔を中心に番組出演者が参加。競技コンテスト形式のものに関しては、上位入賞を目指すという内容。

問題となった放送回は、ラオスで行われている「橋祭り」を紹介した。橋に見立てた全長25メートルの細い板の上を自転車で渡り、そのスピードを競うというもの。

ところがこの「橋祭り」というお祭りが、番組側が考案した架空のものでないかと、「週刊文春」が報じ、大きな問題となっている。

「現地からの提案」と主張

11月8日、日本テレビは見解を発表、「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく」と、疑惑を否定した。あくまでも、現地コーディネート会社側からの提案によるものだと主張する。

「この、番組側が企画していないということが、やらせかどうかについて、大きな違いを生みます」

と、さまざまな人気番組を手がける、ある放送作家は言う。

「たとえば、大盛り料理にチャレンジする番組で、そのお店にそんなメニューが無いのに、デカ盛りメニューとして登場することがあるとします。これを、番組側が、『何か作ってもらえませんか?』とお願いしたらアウト、やらせになります。

しかし、お店側から『こんな感じの料理なら作ることはできます』と“提案”された場合、これはセーフとなる。

『橋祭り』に関しては、橋を渡るところまではよくても、障害物として巨大なゴムボールが登場する作りは、完全に日本のテレビ番組の作りですよね(笑)。現地コーディネート会社からの提案と主張するのは、そのような理由があるからではないでしょうか」

このような祭り自体、初めて見たという声も現地では上がっているようだが、「橋祭り」は、ラオスで毎年、開催されているコーヒーフェスティバルの会場内で、開催された形となっている。

ある芸能記者は言う。

「『コーヒーフェス』というお祭りは、実際に開催されたものであり、その会場内で催されたものと考えると、広い意味では“お祭り”は正式に開催されたもの、という考え方はできます。

日テレの見解では、橋祭りがここで毎年開催されているような紹介をしたことで誤解を招いたと、この点では謝罪しています。この会場で開催された“第1回”であったとするなら、問題ないともいえます。

さらに、コーヒーフェスの敷地内での開催ということにも触れ、『イベントとセットで催しが行われるケースは珍しいことではなく』と、事前に承知済みだが意図的に紹介しなかったわけではない、としていますので、ここも、問題にはならないようですね」

他にもこのような疑惑を持たれそうな企画が複数あるのではないかと思われるが、同企画では、過去にも「トマト祭」や「チーズ転がし祭」など、海外の有名な祭りに参加している。

時には、そのことが現地の新聞やテレビなどで、日本人の参加が報じられることもあり、実際に開催されている祭りを数多く紹介している。前出の放送作家は言う。

「ネットやSNSが発達した現代では、誰でも調べればすぐわかることだから、明らかに架空のものというのは、まずありえないと思うのですが……。

このような番組の企画会議は、コーディネート会社などから複数提案されるお祭りの中から、面白そうなものを選んでいくというスタイルが多いと思います。だから、日テレの主張通り、番組側が主導した企画や提案ではないのではないでしょうか」

日テレは『イッテQ!』の今後の放送継続を発表しているが、9日時点ではラオス政府でもこの件は問題視され、対応を協議中だという情報もある。

「言うまでもなく、日テレの看板番組ですから打ち切りはなんとしてでも避けたい。お祭り企画を事実上終了させ、番組は継続という形が一番いいと思いますが、ラオス政府が直接関わることになると、もう少し大きな問題に発展する可能性もありますね」(前出・芸能記者)

日曜の夕方、『笑点』から続く、日テレの独走。人気番組の行方は今後も注目だ。

<取材・文/渋谷恭太郎>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

火曜サスペンスを打ち切りに 王者・日本テレビ失速の裏に誤算か

王者・日テレに暗雲 2018年が間もなく終わる。民放が鎬を削る年間視聴率争いも決着する。 2017年までの4年間、年間視聴率争いで勝利を収めてきたのは日本テレビだ。特に優劣が問われる「全日帯」(午前6時〜深夜0時)、「ゴールデン帯」(午後7時〜同10時)、「プライム帯」(午後7時〜同11時)の3部門すべて...
BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

BPO、日テレに追加報告求める 人気番組「イッテQ」やらせ疑惑

日本テレビ本社放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑を巡り、バラエティー番組の演出に対する考え方などについて日テレに追加報告を求めることを決めた。審議・審理入りするかどうかは継続討議となった。 日テ...
内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

内村光良が紅白司会を受けた理由 家族から出てほしいとお願い

「去年はフレッシュさだけで乗り切ったという感じですが、今年はそうはいかない。鮮度を保ちつつ頑張っていきたいと思います!」 【写真】直撃を受ける内村。以前、徳永も同じ場所で取材に応じた 大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』の総合司会に選ばれた内村光良。11月26日に行われた記者会見では、...
「ガキ使」の会見で日テレが「ケガ」をNGワードに 城島茂が関係?

「ガキ使」の会見で日テレが「ケガ」をNGワードに 城島茂が関係?

「やらせ問題で叩かれた『世界の果てまでイッテQ!』の初動対応がうまくいかなかった反省でしょうか、今回の日テレは素早かったですね」 【写真】『ガキの使い』ロケ風景を特撮!笑っていないメンバーたち 同局の番組制作スタッフは、TOKIOの城島茂(48)が日本テレビ系の正月特番『ウルトラマンDASH』のロケ...
紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

昨年1月に「放牧」を宣言して活動を休止していたいきものがかりが、去る11月3日、グループの19回目の結成記念日に「集牧」し、活動を再開した。集牧後初のステージは、この大晦日に2年ぶりに出場するNHK『紅白歌合戦』となる。そのいきものがかりのリーダーである水野良樹は、きょう12月17日が誕生日で、36歳...
<今日から俺は!!>最終回にファン号泣!三橋&伊藤“ツッパリの絆”に「ずっと見てたい…泣!!」

<今日から俺は!!>最終回にファン号泣!三橋&伊藤“ツッパリの絆”に「ずっと見てたい…泣!!」

福田雄一脚本・演出のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)の最後のエピソードが12月16日、放送された。最強の主人公・三橋貴志(賀来賢人)と、その相棒・伊藤真司(伊藤健太郎)が見せた男同士の絆に感動の声が広がっている。(以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】(最終回より)“最強ヤクザ”月川にボコボ...
週刊文春版「本当に見たい紅白歌手」C&Kが「出てほしい」1位に

週刊文春版「本当に見たい紅白歌手」C&Kが「出てほしい」1位に

「週刊文春」のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手」「出てほしくない歌手」のランキングが確定した。「出てほしい歌手」部門の1位は938票を集めた男性2人組のシンガーソングライター・C&K。「出てほしくない歌手」部門の1位は1313票の得票で和田アキ子(68)という結果になった。 【ランキング】「出てほ...
前澤友作氏と剛力彩芽 TV番組で披露された自身のものまねに言及

前澤友作氏と剛力彩芽 TV番組で披露された自身のものまねに言及

ものまねタレントのみかん(34歳)が12月18日、自身のInstagramで、チョコレートプラネット・長田庄平との“ZOZO前澤友作社長&剛力彩芽”ものまねを披露している。 これは同日放送の「ものまねグランプリ2018冬」(日本テレビ系)で2人が披露したもの。みかんはこの日、「彼と(ハート)」と、長田と腕を組ん...
南海キャンディーズの山里亮太 ラジオ欠席の理由は虫垂炎

南海キャンディーズの山里亮太 ラジオ欠席の理由は虫垂炎

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(41)が虫垂炎のため火曜日パートナーを務める18日のTBSラジオ「たまむすび」(月〜金曜後1時)を欠席した。 番組冒頭でメーンパーソナリティーの赤江珠緒(43)が「きょうは山ちゃんいません。体調不良でお休みです」と報告。「先週の『しくじり先生...
これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

これまでの「EXILE感」を払拭 鈴木伸之と町田啓太が確立した立ち位置

EXILE(及びLDHJAPAN所属のグループ)と言えば、世間的には“ちょっと怖い”“ヤンチャ”といったイメージがありつつも、「歌う」「踊る」の分野でシーンをけん引してきた。そして今、そんな“EXILE感”の塩梅を上手に調節してブレイクしているふたりが、劇団EXILE所属の“俳優”、鈴木伸之と町田啓太だ。今クールのド...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net