芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か

満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態?「まんぷく」主演が原因か (全2枚)

降りしきる雨の中、うつむいて歩く彼女の顔は暗かった。11月上旬、女優・満島ひかり(32才)はボタンを上まできっちり留めた大きなコートに、ワイドパンツをはき、足元は革靴といういで立ちで商店街を歩いていた。めがねやマスクなどの変装をせずとも彼女に気づく人はいない。

今年3月、突然所属事務所から独立して以来、彼女の姿を見る回数は極端に減った。それと同時に、彼女は芸能界で最も信頼した親友も失っていた──。

10月のスタートから6週連続で視聴率20%の大台をキープし、好調が続くNHK朝ドラ『まんぷく』。初のママさんヒロインとして注目された主演の安藤サクラ(32才)の評判も上々で、彼女の代表作となりそうだ。

多くの視聴者が「朝から元気になる」と『まんぷく』を楽しむなか、ただ1人、安藤に複雑な思いを抱く女性がいる。満島だ。

「2人は同い年で、今年3月まで所属事務所も同じでした。もともとすごく仲がよく、お互いが“家族のような存在”と認め、満島さんはインタビューで“サクラと出会えたことが人生最高のハプニング”と語っていたほど。ところが最近はまったく連絡を取らず、口もきかない絶縁状態だそうです」(芸能関係者)

2人が初共演したのは2009年公開の映画『愛のむきだし』。2人の出世作と言っていい作品だ。満島は報知映画賞、ヨコハマ映画祭など新人賞を総ナメ。安藤もCNNの「まだ世界的に名前は売れていないが演技力のある日本の俳優7人」に選出された。同年、満島は芸能事務所「ユマニテ」に所属する。

「門脇麦さん(26才)や東出昌大さん(30才)ら演技派俳優が多く、少数精鋭で、丁寧な演技指導が有名です。満島さんはしだいに事務所の看板女優になり、事務所も彼女を信頼していた。満島さんはよく他事務所の女優さんをスタッフに紹介していたそうです。共演を機にプライベートで会うほど仲よくなったサクラさんも誘われたそうで、2011年にユマニテに移籍しました」(前出・芸能関係者)

女優として確かな一歩を踏み出した2人が共通の目標としたのが「朝ドラ」だった。

「満島さんは朝ドラの主演に強い憧れがあり、何度もオーディションを受けていました。毎年応募し続けてましたがいつも不合格で、ようやく最終オーディションに残ったのが2008年の『瞳』でした。しかし、最後は榮倉奈々さん(30才)が選ばれ、満島さんは彼女の友人役に。それでも満島さんはあきらめず、また2011年の『おひさま』で最終に残りましたが、ここでも最後に選ばれたのは井上真央さん(31才)で満島さんは落ちてしまった。あと一歩というところでいつも主役を逃してきた満島さんにとって朝ドラの主演は悲願でした」(満島の知人)

安藤も朝ドラ主演を熱望。志を同じくする2人は『おひさま』で共演し、さらにその仲を深めた。

2人は私生活でも歩を合わせ、2010年に満島が映画監督の石井裕也氏(35才)と結婚すると、安藤は2012年に柄本佑(31才)と結婚。

女優としての成功は満島の方が早く、2011年から3年連続で日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞、2013年には民放ドラマ初主演の『Woman』(日本テレビ系)が高く評価された。以降、『トットてれび』(NHK)、『カルテット』(TBS系)、『監獄のお姫さま』(TBS系)と人気ドラマの出演が続いた。

◆しかし状況は大きく変わる…

「満島さんとすれば、“そろそろ朝ドラの主演も”と期待が高まっていたと思います。ところが2017年10月、突如、サクラさんが朝ドラ制作側からオーディションもなく、『まんぷく』主演の単独オファーを受けた。親友の朗報を喜ぶよりも、“なんで彼女が先なの?許せない”とショックが大きかったようでした」(前出・知人)

私生活でも明暗が分かれた。満島は2016年5月に石井氏との離婚と永山絢斗(29才)との交際が明らかになり、その後、永山との破局が報じられた。一方の安藤は2017年6月に長女の出産を発表、家族の全面的なサポートを受ける。

「満島さんのフラストレーションがたまったのはそれだけじゃない。サクラさんの仕事の中に、両親の影がチラつくことがあったそう。それは彼女の“被害妄想”かもしれないが、“親の七光で仕事をとっている”とさえ思うようになってしまったようです」(前出・芸能関係者)

安藤の父は俳優の奥田瑛二(68才)、母はエッセイストの安藤和津(70才)。夫も夫の両親も全員俳優という、いわゆる芸能一家である。

一方の安藤も満島への不信感を募らせていた。象徴的だったのが昨年10月、東京国際映画祭でのトラブルだ。

「この日は満島さん、サクラさんに宮崎あおいさん(32才)、蒼井優さん(33才)の同学年4人がレッドカーペットに並びました。多忙な女優が揃う中、こだわりの強い満島さんが直前で“衣装を変えたい”“レッドカーペットに集中したいから取材は中止したい”などと求めた。他の3人は“もう満島とは共演したくない”とおかんむりに。サクラさんは“わがままもいい加減にして”と満島さんを咎めたそうです」(別の芸能関係者)

最後の一手が、今年3月に突然満島が事務所を辞めてフリーとなったことだった。

「満島さんとしては、停滞からの脱却、成長のための独立だったのでしょうが、サクラさんからすれば、事務所への恩を仇で返すような行為。東京国際映画祭でのいざこざもあり、ここから互いに距離を置くようになった。今では連絡すらとっていないと聞いています」(前出・芸能関係者)

満島の媚びない姿勢は同性からも多く支持されてきた。演技力も「別格」と称賛される。その彼女が、こだわってなお手にできなかった朝ドラ主演と、手にした友人――女優であるからこその“絶縁”。そのぶつかり合いは共演作で見せてほしい。

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

誕生日当日に 松田龍平が自宅前で満島ひかり似の美女とケンカ?

誕生日当日に 松田龍平が自宅前で満島ひかり似の美女とケンカ?

松田龍平(36)の誕生日当日となった、5月9日の午後8時。都内の自宅マンションに迎車のタクシーが停まった。まもなくマンションのエントランスから現れたのは、長身でモデル風の女性。振り向くと、むくれ顔で後ろをじっと睨みつけている。20代とおぼしき、満島ひかり(33)似の美女だ。 松田はこの女性を追い...
「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

「のん」こと能年玲奈、“東北”ではなく“兵庫愛”前面押しのご当地アイドルに

何しろ、「じぇじぇじぇ!」なる北三陸方言を全国区にした立役者である。そんな「のん」こと能年玲奈(25)に、「家族と話す時は関西弁」(本人のインスタより)と言われても違和感を覚えるばかり。独立騒動でめっきり露出の減った彼女だが、実はいま、東北ではなく「関西」でご当地アイドルになっていた。 【...
大河の会見で涙ぐんだ沢尻エリカに疑問「目立とうとしているよう…」

大河の会見で涙ぐんだ沢尻エリカに疑問「目立とうとしているよう…」

「別に」騒動から、はや12年。ワガママ女優と呼ばれた沢尻エリカ(32)が、NHK大河ドラマに初抜擢された。ところが、早々に「自己チュー」を危ぶむ声が……。出演者発表会見の場でも、大御所を差し置いて、1人だけ目立ってしまっていたという。 【画像】沢尻エリカのセクシーな猫ポーズにドキッ! 来年1月スター...
実写「キングダム」は「日本映画の記録を更新していく」 山崎賢人らが大きな自信

実写「キングダム」は「日本映画の記録を更新していく」 山崎賢人らが大きな自信

原泰久氏の人気漫画を実写映画化する「キングダム」のワールドプレミアイベントが3月27日、東京・六本木ヒルズで行われ、主演の山崎賢人をはじめ共演の吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかお、メガホンをとった佐藤信介監督、原作の原氏が出席した。 イベントは約7...
親の七光りを感じさせない2世芸能人ランキング 3位は杉咲花

親の七光りを感じさせない2世芸能人ランキング 3位は杉咲花

両親のどちらか、あるいは両親ともが著名人や芸能人でありながら、自身も芸能人になった“二世タレント”。「親の七光り」などと揶揄されるのを懸念し、バックボーンを隠して実力で大成している人も多い。ORICONNEWSでは、自分の力で現在の地位を確立した“2世芸能人”を調査。日本の歌謡界を語るうえで欠かせない...
「まんぷく」総集編の新聞縦読みが話題 2パターンが登場

「まんぷく」総集編の新聞縦読みが話題 2パターンが登場

3月に終わったNHK連続テレビ小説「まんぷく」の総集編が2日、同局で放送されたが、新聞のラテ欄の縦読みがネットで話題となっている。 縦読みは2パターンあり、一つは「ふたりのたびはつづく」。もう一つが「半年間ありがとう!」だった。ラテ欄の字数によって、新聞各紙で違うようだ。 この粋な計らい...
14歳とは思えぬ落ち着きぶりの芦田愛菜 NHKアナも思わず30年前の話

14歳とは思えぬ落ち着きぶりの芦田愛菜 NHKアナも思わず30年前の話

女優の芦田愛菜(14)が1日、NHKの「令和」改元の報道番組にゲストとして出演、武田真一アナウンサー(51)からの質問に14歳とは思えないしっかりとした受け答えを見せた。 髪を後ろでひとつに束ね、落ち着いた雰囲気の芦田は武田真一アナウンサー(51)からの「新しい時代、令和に代わりましたが、こういっ...
広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」異色の仕掛けが施される

広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説「なつぞら」異色の仕掛けが施される

女優の広瀬すず(20)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月〜土曜前8・00)の第9話が10日に放送され、語りを務めるお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(54)がヒロイン・なつの死んだ父親役であることが明らかになった。ドラマ開始から10日、ナレーションの“正体”が途中で分かる...
歌広場淳がイケメンを推す理由

歌広場淳がイケメンを推す理由

2018年も残りわずか。今年もさまざまな「イケメン」が、私たちの「癒し」となり「肥し」になってくれた。 イケメンの魅力は十人十色。推しのイケメンがいるだけで、世界はまるで別の色に変わる。イケメンは、私たちの日常を鮮やかに塗り替えるポスターカラーなのだ。 そこで今回は、イケメンについて聞くな...
山口達也の謝罪会見 弁護士の冷静さが印象に影響か

山口達也の謝罪会見 弁護士の冷静さが印象に影響か

速報記事「山口達也メンバー緊急会見」でもお伝えしたように、日本中の注目を集めたジャニーズ事務所所属のTOKIO・山口達也メンバーの会見。誰もが知るアイドルが涙ながらに謝罪する姿について様々な意見が飛び交っていますが、「謝罪のプロ」として知られる増沢隆太さんはこの会見をどう見たのでしょうか。ま...
吉岡里帆の佐藤健宅の訪問報道に憶測 アミューズの動きに「あまりに丁寧」

吉岡里帆の佐藤健宅の訪問報道に憶測 アミューズの動きに「あまりに丁寧」

8月3日発売の「女性セブン」(小学館)が、女優・吉岡里帆が俳優・佐藤健の自宅マンションを訪問していたと報じた。同誌によると、吉岡はすっぴんに濡れ髪という風呂上がりのようないで立ちで、コンビニで買い物をしてから、そのまま車で佐藤の住むマンションへ向かったという。 人気者同士のカップル誕生かと...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net