芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

M-1審査員の上沼恵美子に怒られる「怒られ枠」ブレークの可能性も

M-1審査員の上沼恵美子に怒られる「怒られ枠」ブレークの可能性も

漫才日本一決定戦「M−1グランプリ2018」の準決勝が15日、都内で行われた。終了後に決勝進出の9組が会見で発表された。

準決勝に進出した26組の中から決勝進出を果たしたのは和牛、霜降り明星、ゆにばーす、見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ、ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップの9組。これに、決勝当日に行われる敗者復活戦を勝ち上がった計10組で争う。決勝戦の模様は12月2日午後6時34分からテレビ朝日系で生放送される。

ケイダッシュステージに所属するトム・ブラウンは唯一、吉本興業以外の事務所からの決勝進出。布川ひろきとみちおのコンビで、コンビ結成10年目というベテランだが「普段活動しているところが、東京のお笑いの中でも地下の地下の、ホントの地下。1〜2週間前には、本当に0人の前で漫才をしてました」と、全く無名の存在だ。

また布川は「聞いたところによると、ネットで『トム・ブラウン“上沼怒られ枠”』って出てるらしい」。これは最近、決勝の審査員を務める上沼恵美子に怒られる芸人が続出しているためだ。

上沼は一昨年、ドツキツッコミで有名なカミナリを「叩くのはいらない」とバッサリ斬り捨てた。昨年もマヂカルラブリーに「よう決勝に残ったな!」と辛辣なコメントを残すなど、厳しい審査で知られる。みちおは「先ほどマヂカルラブリーさんから『今年の恵美子枠はお前らだな』と言われた」と明かした。

とはいえ、マヂカルラブリーは昨年、最下位に終わりながら「上沼のおかげで爪痕を残した」と評価された。カミナリにいたっては、一昨年の決勝進出以来、大ブレークし、いまでは超売れっ子となっている。

トム・ブラウンも上沼に怒られ、カミナリのようにブレークできるかも!?

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

スーマラ田中の「テッテレ〜」 M-1会場の雰囲気を一瞬で変える

スーマラ田中の「テッテレ〜」 M-1会場の雰囲気を一瞬で変える

「M-1グランプリ2018」決勝では、7位に終わったスーパーマラドーナ。今ではもっぱら、ツッコミ・武智の、インスタライブ上での審査員を務めた上沼恵美子に対する暴言が取り沙汰されてばかりいる。しかし、武智の相方・田中一彦に注目してほしい。というのも今回のM-1決勝戦を会場で取材していた筆者は、田中の...
霜降り明星優勝の瞬間、芸人たちの表情 ミキの亜生は涙拭う姿も

霜降り明星優勝の瞬間、芸人たちの表情 ミキの亜生は涙拭う姿も

2日にABCテレビ・テレビ朝日系で生放送された平成最後の漫才頂上決戦『M-1グランプリ2018』。平成生まれの新王者・霜降り明星が新しい風を巻き起こした熱い戦いを、放送にはのらなかった出演者たちの表情をまじえながらレポートする。 ○苦しい戦いが続いた序盤 4,640組がエントリーした今年の『M-1』の決勝...
審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

審査員の顔ぶれにも変化 M-1で塙宣之と立川志らくが与えた影響力

お笑いコンビ・霜降り明星が、史上最年少、初の平成生まれの王者に輝いた“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)。新王者の若さも際立ったが、審査員の顔ぶれにも変化があった。昨年に続きオール巨人(67)、松本人志(55)、上沼恵美子(63)、中川家・礼二(46)の4人が...
和牛が3年連続準Vに自虐 「生まれ変わらないと優勝できない」

和牛が3年連続準Vに自虐 「生まれ変わらないと優勝できない」

“平成最後”の漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)が2日に生放送され、霜降り明星が14代目王者に輝いた。4640組の頂点に立ち、最年少王者となった霜降り明星の影で“三年連続準優勝”と苦杯をなめたのは、優勝候補と注目を集めていた和牛だ。 【優勝直後の写真】霜降り明星、トロフィ...
明石家さんまにダメ出しされた M-1審査員の中川家・礼二が明かす

明石家さんまにダメ出しされた M-1審査員の中川家・礼二が明かす

お笑いコンビ・中川家の礼二が、4日に放送されたニッポン放送『中川家のオールナイトニッポンPremium』(毎週火曜18:00〜)に出演し、自身が審査員を務めた『M-1グランプリ2018』について、明石家さんまからダメ出しされたことを明かした。 番組冒頭、相方の剛から「君、ボケへんかったな」と振られると、礼二...
久保田かずのぶら炎上も「批判できない」元M-1ファイナリストの思い

久保田かずのぶら炎上も「批判できない」元M-1ファイナリストの思い

<文/ユウキロック> 「『M-1グランプリ』の優勝者はどのように決められているのか?」。皆さんご存知だと思うが、いろいろなものを省いて、簡単に単純にざっくりと書いてみる。 ◆M-1審査員批判はなぜ起きるのか 「『M-1グランプリ』の優勝者は7人の人間が決めている。たったの7人。だから、この7人にウケさ...
オール巨人の現役感にギャップか 上沼恵美子のM-1審査員引退宣言

オール巨人の現役感にギャップか 上沼恵美子のM-1審査員引退宣言

2日の「M−1グランプリ」の決勝大会でも、審査員として独特の“上沼節”を炸裂させていたタレント、上沼恵美子(63)がラジオのレギュラー番組で、審査員を引退すると宣言した。いったい何があったのか。 上沼といえば、昨年のM−1でマヂカルラブリーやカミナリに激怒。今年もジャルジャルに「このネタ嫌い...
M-1の感想を述べ一部から批判を浴びた宮迫博之 真意を説明し反論

M-1の感想を述べ一部から批判を浴びた宮迫博之 真意を説明し反論

雨上がり決死隊の宮迫博之(48)が、「M−1グランプリ2018」の感想を述べたツイートで一部から批判を受け、真意を説明して反論した。 宮迫は2日、「M−1」終了後にツイッターで、敗者復活戦で破れたプラス・マイナスや、最終決戦に進出できなかったトム・ブラウンや見取り図など、優勝争いから脱落したコンビに...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net