芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「サンジャポ」でみちょぱVS戦慄かなの?「このカラみが怖い」

「サンジャポ」でみちょぱVS戦慄かなの?「このカラみが怖い」 少年院出のアイドル・戦慄かなの(20)が18日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に出演し、モデルの“みちょぱ”こと池田美優(20)と一触即発の空気となった。

女子高校生らを使ったブラックビジネスで少年院に入っていたと紹介された戦慄かなの。紹介VTRが終わり、スタジオにカメラが戻るとMCの太田光(53)が「少年院に入っていたと聞いて、みちょぱは完全に戦闘態勢」と、ゲスト出演の池田と戦慄の“対決”をあおった。

これに池田は「そんなことない。私じゃなくて、(少年院に)入っていたのは元彼」と苦笑い。

テリー伊藤氏(68)が「2人は同い年だよね」と発言すると、「そうです」と池田。戦慄から「彼氏が(少年院に)入っていたの?」と続けられたが、池田は「怖い、このカラみが怖い。初対面ですよ」と少し引いていた。

戦慄が「楽屋で対決しますか?」と提案すると、池田は「私ヤバい人苦手なんです」と笑いながら拒否していた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

少年院上がりの戦慄かなのを更生させたただ者ではない女性

少年院上がりの戦慄かなのを更生させたただ者ではない女性

(全2枚) 近頃、異色な経歴を持つアイドルとして、話題となっているのが戦慄かなの(20才)だ。幼少期に両親が離婚し、母と2才年下の妹と3人で暮らし始めるも、母から虐待を受けてしまう。そんななか、10代前半から非行に走り、16才の冬には中等少年院に収容される──。そんな壮絶な過去と、更生した今のこと、...
少年院出身アイドル「戦慄かなの」の破壊力 「育児放棄をなくすため」

少年院出身アイドル「戦慄かなの」の破壊力 「育児放棄をなくすため」

戦慄(せんりつ)かなの、現在二十歳、アイドル。少年院出身という聞いたことのない経歴を持つ。鑑別所から少年院へ、一線を超えた非行への入り口は母親による育児放棄やネグレクト(虐待)――その状況は映画「誰も知らない」(是枝裕和監督2004年)さながらであり、それ以上でもあり――が引き鉄だった。 #新...
居場所があることは幸せ 少年院にいたことを明かしたアイドルの思い

居場所があることは幸せ 少年院にいたことを明かしたアイドルの思い

昨年10月、あるアイドルオーディションで衝撃の告白があった。「私、少年院出身です」――。そうカミングアウトしたのは戦慄かなの氏。件のオーディション「ミスiD」では、「サバイバル賞」を受賞。壮絶な幼少期、非行、少年院を経て、現在は大学に通いながら、アイドルとして活動している。さらに虐待を受けて...
Queenが衝撃受けた日本のファン 「違う惑星に来たのかと思った」

Queenが衝撃受けた日本のファン 「違う惑星に来たのかと思った」

(全2枚) ロックバンドQueen(クイーン)と、そのボーカリストであるフレディ・マーキュリー(1946年〜1991年)を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、大ヒットしている。最終的には興行収入は50億円を超えるとの声も……。 そもそも、クイーンの曲がヒットしたのは70年代から80年代にかけてである。なぜ、...
「心が死んじまってる」細川ふみえが戦慄かなのから指摘受け呆然

「心が死んじまってる」細川ふみえが戦慄かなのから指摘受け呆然

タレントの細川ふみえ(47)が22日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」(木曜後11・00)に出演。共演者から「心が死んでいる」と指摘され、ぼう然とする一幕があった。 「日々字を書きたい。常に慣れ親しんでないと、どんどん下手になる」と、1日160枚、月に約5000枚の紙に字を書きこむな...
日本テレビは守りに入って視聴率に異変 凋落のフジテレビと酷似か

日本テレビは守りに入って視聴率に異変 凋落のフジテレビと酷似か

(全3枚) 「イッテQ」のヤラセ報道に月間3冠王からの陥落……度重なる日本テレビの不調は偶然ではない。危機は番組だけにとどまらず、日テレ全体に及んでいるというのは、メディアアナリストのメディア遊民氏だ。しかも、いまの日テレは、フジテレビが3冠王から陥落したときと酷似しているというのだ。解説しても...
ASKAが覚醒剤騒動について告白「1時間おきの摂取を3週間も」

ASKAが覚醒剤騒動について告白「1時間おきの摂取を3週間も」

歌手のASKAが12日、TBS系「ビビット」の単独インタビューに応じ、薬物に手を染めてしまった当時を振り返り、当時は薬物と知らずに出会ってしまったことや、1時間おきの摂取を3週間も続けていたこと、当時は「時間の前借りしているだけ」と思っていたことなど、生々しい言葉で振り返った。ASKA...
ママ活を「人生のハーフタイム」に 国分太一の新名称提案に苦笑

ママ活を「人生のハーフタイム」に 国分太一の新名称提案に苦笑

8日放送のTBS系「ビビット」は、社会問題化している「ママ活」について特集した。 福岡市内の男子高校生(17)らが「ママ活」を行おうとして県警に補導されたことが6日、分かった。「ママ活」とは援助交際の逆で、若い男性が年上女性に対してデートや食事をともにする代わりに金銭を要求する。それだけ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net