芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

関ジャニファンは「統制取れてない」空港で大倉忠義に殺到する暴走ファン

関ジャニファンは「統制取れてない」空港で大倉忠義に殺到する暴走ファン

関ジャニ∞・大倉忠義の“悪質ファン”に対する訴えが注目をあびている。

タレントにとって、ファンはありがたいものだが、ときには、信じがたい“暴走”をしてしまうときがある。

古くは、'57年に美空ひばりさんが、ファンの女性に塩酸を浴びせかけられ、大ヤケドを負った事件。犯人は熱狂的なファンで、ひばりさんの自宅に電話したり、押しかけたこともあったという。過剰な思いが伝わらないとなったとき、愛しさは憎しみに変わるのだろう。

松田聖子や小泉今日子もファンから暴行を受けたことがある。最近では、アイドルグループの握手会で、ファンがらみの事件が頻発している。ケガはしないまでも、自宅に侵入されたり、ストーカーに付きまとわれたり、“暴走ファン”に悩ませられているアイドルタレントは多い。

縮まったファンとタレントの距離

また、ファンの妄想が事件になったことも。

'73年、森進一は、ファンだという女性に、婚約不履行で訴えられた。

女性は、森と交際し、2度妊娠したと主張していたが、実際は、森は女性と面識すらなくすべてが女性の妄想だったとわかるのだが、当時は裁判にまでもつれ込んだ。

「以前から暴走してしまうファンはいますが、タレントとファンの間にはしっかりした“距離”があったため、数は少なかったと思います。

近年はネットの発達もあって、プライベートなところも含めて、タレントの情報は伝わりやすくなりました。また“会いに行けるアイドル”とか、握手会などが、頻繁にあったりして、ファンサービスは昔の比じゃないです。両者の距離は格段に縮まったと見ていいでしょう」(芸能プロ関係者)

そのため、特にアイドルの場合はファンとの間にトラブルが発生しやすくなったという。ただ、ジャニーズのファンは、昔からマナーがいいことは良く知られていた。

「ファンクラブ運営が組織的に行われ、ファンのなかでもしっかりしたヒエラルキーができあがっていて、統制が取れていました。ですからタレントや周りの人に迷惑をかけるような行為は少なかったです」(スポーツ紙記者)

記者たちが目の当たりにしたファンの実態

私が以前、SMAPの地方公演を取材したときのことだ。

帰りの飛行機に多くのファンも同乗しているのだが、決して彼らの近くに座ることはなく、フライト中も静かにしていた。空港に到着した後も手を振って彼らを見送るだけで、大声をあげて騒ぐファンは一人もいなかった。

ところが、関ジャニのファンだけは目に余る、と語るのはべつの週刊誌記者。

「ほかのジャニーズファンと比べて、統制は取れていないように見えますね。最近も、目を疑ってしまうような、常軌を逸した行動を目撃したことがあります」

それは、今年のはじめ、関ジャニのメンバーが地方から戻ってきて羽田空港に到着したときだったという。

「到着の1時間ほど前から15〜20歳くらいのファンの子が集まってくるのですが、一か所にではなく、あちらこちらに数人ずつ固まって、立っているんです。それも100人以上はいましたね。異様だったのは、彼女たちはお互いに会話することなくみんな無言なんですね」(同・週刊誌記者)

そして、メンバーがゲートから出てくると、その“ファン”たちは、まるで“暴徒”のように、一斉に押し寄せていくのだと。

「彼女たちは、なんとかタレントに近づいて、彼らの体をぺたぺた触って、カバンや帽子を引っ張ったりするんですが、声は一言も発しないんです。

まるで海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のゾンビみたいですよ。やられる方にしてみれば、気持ち悪くて、たまったものじゃないでしょう」(同前)

そこから、さらに驚くような光景が。

「メンバーの中でも、特に大倉や錦戸が標的になっているみたいです。前からくる“暴徒”に対しては、スタッフがなんとか排除するんですが、後ろから来るのは手が回りません。そこで、横山が“殿(しんがり)”を買って出るんです。

近寄る“追っ手”を力づくで避けていました。しかし、はらいよけても、突き飛ばしても、また立ち上がって無言で近寄っていく彼女たち。そんな状況を見ていたら、本当にゾンビみたいで、こちらも気持ちが悪くなりました(笑)」(同前)

その間、大倉や錦戸は反撃することはなく、じっと耐えているという。

「空港に居合わせた一般客は、何事が起きたのかと、目を丸くするばかりですが、彼らが去ったあと、ファンたちはようやく口を開き、“ヨコに突き飛ばされた”“触られた、うれしい”と喜んでいます。本当に異常でした」(同前)

以前、メンバーがファンに暴行を働いた、という記事が出たことがあるが、その記者は「大倉も含めて彼らの気持ちはよくわかります」という。

しかし、どうしてこんなファンが増えてしまったのだろうか。

「ファンクラブ規約の問題が明らかになったり、所属タレントの解散や不祥事が続出して、事務所がファン対策まで手が回らない状況なんですね。また、タレントに女性スキャンダルが発覚すると、離れるファンもいますが、“私たちだって”と、より近寄ることを望むファンが出てきます。事務所あるいはタレントサイドにも責任はあると思います」(前出・芸能プロ関係者)

このまま、暴走がエスカレートすれば、大ごとになりかねない。一刻も早い対策が必要なのでは。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

小林聡美がカラオケデート 心の隙間を埋める男性の存在

小林聡美がカラオケデート 心の隙間を埋める男性の存在

「小林さんは鼻歌を口ずさみながら部屋に戻ると、待っていた男性に『会計したから先に出て大丈夫よ』と声をかけていました。付き合いたてというより、長年一緒に寄り添っている雰囲気でしたね」(目撃した女性客) ゴールデンウイーク明けの5月7日21時ごろ、若者でにぎわう東京・下北沢のカラオケ店にいたのは...
平成回顧番組でSMAPの露出が増加 赤信号みんなで渡れば怖くない?

平成回顧番組でSMAPの露出が増加 赤信号みんなで渡れば怖くない?

(全2枚) ファンは号泣 スポニチアネックスは4月30日、「平成10大スキャンダル男性編SMAPが10項目中4つ占める分裂・解散、結婚、メンバー個人も」の記事を公開し、大きな反響を呼んだ。 *** まずは、この記事で発表された「【平成10大芸能スキャンダル男性編】」を引用させていただこう。 【1】平成28(2016...
コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

コロッケ「モテたくて(笑)」から始まった独自のものまねワールド

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターたちはそのとき何を思い、感じていたのか?当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。7回目はものまねタレントのコロッケさんです。Vol.7コロッケ 日本の『ものまね』を変えた男、コロッケ。 【写真】コ...
槇原敬之が覚醒剤事件から復帰できた訳 きっかけは坂本龍一の誘い

槇原敬之が覚醒剤事件から復帰できた訳 きっかけは坂本龍一の誘い

■CD販売が停止、ドラマは放映中止、映画は代役に…… ミュージシャン・俳優のピエール瀧が2019年3月12日にコカイン事件で逮捕されて以来、各方面に影響がおよんでいる。 ソニーミュージックは瀧の所属する電気グルーヴのCDの販売や楽曲の配信を停止、店頭在庫も回収という措置をとった。出演中だったNHKの大河ド...
山口真帆が大手事務所「研音」に移籍へ AKG48グループでは初

山口真帆が大手事務所「研音」に移籍へ AKG48グループでは初

18日にNGT48を卒業した山口真帆(23)が25日付で芸能事務所「研音」に所属することが決まった。唐沢寿明(55)や天海祐希(51)ら主演を務める俳優、女優が多数所属する大手プロダクション。研音は「こちらで興味を持ち、卒業後にアプローチして本人と話して決まりました」としている。 芸能界を代表する事務...
田口淳之介&小嶺麗奈容疑者逮捕で注目「六本木ルート」の全容

田口淳之介&小嶺麗奈容疑者逮捕で注目「六本木ルート」の全容

供給源はやはり六本木――。大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)が24日、勾留先の警視庁東京湾岸署から送検された。調べは検察に委ねられるが、事件のカギを握るのは同じ容疑で逮捕された“内縁の妻”小嶺麗奈容疑者(38)であり、その根源にあるのは...
吉川ひなのが洗わない育児を実践「なんと、すっごくいい感じ」

吉川ひなのが洗わない育児を実践「なんと、すっごくいい感じ」

 モデルでタレントの吉川ひなのが24日に自身のアメブロを更新。子ども達に“洗わない育児”を行っていることを明かした。 この日吉川はブログの冒頭で子どもと公園で遊んでいる写真を公開、「娘と息子は、独自の「洗わない育児」ということをしてみていて。その名の通り、基本、洗わないの」と説明し、「オ...
島谷ひとみに「通い愛」報道も 取材で否定「彼はマネージャー」

島谷ひとみに「通い愛」報道も 取材で否定「彼はマネージャー」

5月15日夕方、レコーディングを終えて帰宅する島谷とO社長(左)。この後、二人で彼女の部屋へ向かった 深夜0時を少し回ったころ、洒落たマンションの前に一台のタクシーが停まった。帰宅時間を知らされていたのだろう、エントランス前でロングヘアの美女が腕を組んで立っている。支払いを終えてタクシーから...
小嶺麗奈容疑者が怪しげなビジネスも…田口淳之介容疑者は止めず

小嶺麗奈容疑者が怪しげなビジネスも…田口淳之介容疑者は止めず

「大麻は私1人のものです」。KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介容疑者(33)とともに大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された女優の小嶺麗奈容疑者(38)。小嶺は、関東信越厚生局麻薬取締部の取り調べに対してこう供述し、田口容疑者を庇っているという。 【写真】小嶺が経営するショップのインスタグラム。「...
「活動を休止します」山田孝之のネタツイートにファン大混乱

「活動を休止します」山田孝之のネタツイートにファン大混乱

俳優・山田孝之(35)が24日、自身のツイッターを更新。「2020年をもって活動を休止します!」とつぶやき、フォロワーが騒然となった。 山田はこの日午前に「2020年12月のスケジュールの話してたらお腹痛くなってきた当然か」と意味深につぶやき、続けて「2020年をもって活動を休止します...
NGT48の劇場支配人がツイート再開 辞めた3人巡るコメントなどで即炎上

NGT48の劇場支配人がツイート再開 辞めた3人巡るコメントなどで即炎上

NGT48劇場支配人の早川麻依子氏が24日、ツイッターを再開し、さっそく炎上している。 「今日からツイートしていきます」と書き出した早川氏だが、一連の問題についての対応のまずさから、コメント欄には批判的な意見が殺到している。 「ただ、今この瞬間も、ネットでの誹謗中傷、殺害予告、嘘の拡散な...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net