芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

関ジャニファンは「統制取れてない」空港で大倉忠義に殺到する暴走ファン

関ジャニファンは「統制取れてない」空港で大倉忠義に殺到する暴走ファン

関ジャニ∞・大倉忠義の“悪質ファン”に対する訴えが注目をあびている。

タレントにとって、ファンはありがたいものだが、ときには、信じがたい“暴走”をしてしまうときがある。

古くは、'57年に美空ひばりさんが、ファンの女性に塩酸を浴びせかけられ、大ヤケドを負った事件。犯人は熱狂的なファンで、ひばりさんの自宅に電話したり、押しかけたこともあったという。過剰な思いが伝わらないとなったとき、愛しさは憎しみに変わるのだろう。

松田聖子や小泉今日子もファンから暴行を受けたことがある。最近では、アイドルグループの握手会で、ファンがらみの事件が頻発している。ケガはしないまでも、自宅に侵入されたり、ストーカーに付きまとわれたり、“暴走ファン”に悩ませられているアイドルタレントは多い。

縮まったファンとタレントの距離

また、ファンの妄想が事件になったことも。

'73年、森進一は、ファンだという女性に、婚約不履行で訴えられた。

女性は、森と交際し、2度妊娠したと主張していたが、実際は、森は女性と面識すらなくすべてが女性の妄想だったとわかるのだが、当時は裁判にまでもつれ込んだ。

「以前から暴走してしまうファンはいますが、タレントとファンの間にはしっかりした“距離”があったため、数は少なかったと思います。

近年はネットの発達もあって、プライベートなところも含めて、タレントの情報は伝わりやすくなりました。また“会いに行けるアイドル”とか、握手会などが、頻繁にあったりして、ファンサービスは昔の比じゃないです。両者の距離は格段に縮まったと見ていいでしょう」(芸能プロ関係者)

そのため、特にアイドルの場合はファンとの間にトラブルが発生しやすくなったという。ただ、ジャニーズのファンは、昔からマナーがいいことは良く知られていた。

「ファンクラブ運営が組織的に行われ、ファンのなかでもしっかりしたヒエラルキーができあがっていて、統制が取れていました。ですからタレントや周りの人に迷惑をかけるような行為は少なかったです」(スポーツ紙記者)

記者たちが目の当たりにしたファンの実態

私が以前、SMAPの地方公演を取材したときのことだ。

帰りの飛行機に多くのファンも同乗しているのだが、決して彼らの近くに座ることはなく、フライト中も静かにしていた。空港に到着した後も手を振って彼らを見送るだけで、大声をあげて騒ぐファンは一人もいなかった。

ところが、関ジャニのファンだけは目に余る、と語るのはべつの週刊誌記者。

「ほかのジャニーズファンと比べて、統制は取れていないように見えますね。最近も、目を疑ってしまうような、常軌を逸した行動を目撃したことがあります」

それは、今年のはじめ、関ジャニのメンバーが地方から戻ってきて羽田空港に到着したときだったという。

「到着の1時間ほど前から15〜20歳くらいのファンの子が集まってくるのですが、一か所にではなく、あちらこちらに数人ずつ固まって、立っているんです。それも100人以上はいましたね。異様だったのは、彼女たちはお互いに会話することなくみんな無言なんですね」(同・週刊誌記者)

そして、メンバーがゲートから出てくると、その“ファン”たちは、まるで“暴徒”のように、一斉に押し寄せていくのだと。

「彼女たちは、なんとかタレントに近づいて、彼らの体をぺたぺた触って、カバンや帽子を引っ張ったりするんですが、声は一言も発しないんです。

まるで海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のゾンビみたいですよ。やられる方にしてみれば、気持ち悪くて、たまったものじゃないでしょう」(同前)

そこから、さらに驚くような光景が。

「メンバーの中でも、特に大倉や錦戸が標的になっているみたいです。前からくる“暴徒”に対しては、スタッフがなんとか排除するんですが、後ろから来るのは手が回りません。そこで、横山が“殿(しんがり)”を買って出るんです。

近寄る“追っ手”を力づくで避けていました。しかし、はらいよけても、突き飛ばしても、また立ち上がって無言で近寄っていく彼女たち。そんな状況を見ていたら、本当にゾンビみたいで、こちらも気持ちが悪くなりました(笑)」(同前)

その間、大倉や錦戸は反撃することはなく、じっと耐えているという。

「空港に居合わせた一般客は、何事が起きたのかと、目を丸くするばかりですが、彼らが去ったあと、ファンたちはようやく口を開き、“ヨコに突き飛ばされた”“触られた、うれしい”と喜んでいます。本当に異常でした」(同前)

以前、メンバーがファンに暴行を働いた、という記事が出たことがあるが、その記者は「大倉も含めて彼らの気持ちはよくわかります」という。

しかし、どうしてこんなファンが増えてしまったのだろうか。

「ファンクラブ規約の問題が明らかになったり、所属タレントの解散や不祥事が続出して、事務所がファン対策まで手が回らない状況なんですね。また、タレントに女性スキャンダルが発覚すると、離れるファンもいますが、“私たちだって”と、より近寄ることを望むファンが出てきます。事務所あるいはタレントサイドにも責任はあると思います」(前出・芸能プロ関係者)

このまま、暴走がエスカレートすれば、大ごとになりかねない。一刻も早い対策が必要なのでは。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

マツコが大衆に受け入れられる理由 単なる悪口でない言葉の本質

マツコが大衆に受け入れられる理由 単なる悪口でない言葉の本質

現在、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYOMX)など8本のテレビ番組レギュラーを持ち、“視聴率男”の異名を取るマツコ・デラックス。エム・データ調べの『2017年テレビCMタレントランキング』によれば、昨年の年間CM会社数は8社。女性部門で石原...
週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

週刊文春が報じた小室哲哉の「嘘」元専属運転手も証言

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した。元「週刊現代」編集長の元木昌彦氏は「自分がついた嘘について、あの時『文春潰せ』と応援し...
テレビで見かけないもう中学生 ミュージカルの舞台で活躍中

テレビで見かけないもう中学生 ミュージカルの舞台で活躍中

段ボールにイラストを描いた自作の大道具や小道具を使用し、雑学などを交え、甲高い声でコントを繰り広げるお笑い芸人・もう中学生(以下、もう中)。つい数年前までテレビ出演が多かったはずだが、なぜここ最近見かけなくなったのだろうか。 もう中と言えば、『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカ...
2度の離婚歴がある池谷幸雄氏「簡単なんです、結婚するって」

2度の離婚歴がある池谷幸雄氏「簡単なんです、結婚するって」

バルセロナ五輪の体操銀メダリストでタレントの池谷幸雄(48)が14日、カンテレ(関西テレビ)で放送された「怪傑えみちゃんねる」に出演。2度の離婚歴がある自身について「バツ2」と語り、「簡単なんです、結婚するって」などと結婚観を語った。 池谷は1995年、ギリギリガールズのメンバーと結婚し...
アレク、キャバクラで15万の支払い 妻・川崎希も反応「1人で地方に行くとすぐハメ外すから困る」

アレク、キャバクラで15万の支払い 妻・川崎希も反応「1人で地方に行くとすぐハメ外すから困る」

タレントのアレクことアレクサンダーが14日に自身のアメブロを更新。女性に誘われて行った大阪のキャバクラで15万円も使ってしまったことを明かした。 アレクサンダー公式ブログよりスクリーンショット この日アレクは「ティッシュ配ってる可愛い女の子がいて寒いのに可哀想だから」と友人を連れていったとい...
「ダメなものはダメ」フィフィが万引き客を目撃し通報

「ダメなものはダメ」フィフィが万引き客を目撃し通報

タレントのフィフィ(42)が、スーパーマーケットで万引を目撃し、ツイッターで実況した。 フィフィは14日、ツイッターを更新。「私の目の前で清算してない惣菜やら肉やらを手提げカバンに突っ込んでるお婆ちゃんがいた」と万引現場を目撃し、「私の見間違いと思ったけどまた別の売り場でやったからそっとスー...
羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが激怒「芸名を即刻変えて」

羽生ゆずれないに羽生結弦ファンが激怒「芸名を即刻変えて」

ものまねタレントの羽生ゆずれない(23)が13日、ツイッターを更新し、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦氏(29)の密会騒動に自身が関わった疑惑について反論を掲載した。 妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里(34)と離婚危機にある小塚氏は週刊文春に、横浜市内のホテルに女性を連れ込んだ...
木村拓哉がSMAP時代を彷彿させるロン毛 台湾ランウェイで話題

木村拓哉がSMAP時代を彷彿させるロン毛 台湾ランウェイで話題

12月1日、台湾の台北市で開かれたアジア最大級のカルチャーイベント『ASIAFASHIONAWARD2018inTAIPEI』のアンバサダーとして現地を訪れた木村拓哉。 【写真】12月3日、台湾から“キムタクヘアー”で帰国した木村拓哉 空港では500人のファンが出迎え、イベントではオープニングステージでランウェイに登場すると、...
松坂桃李への「遊戯王ツイート辞めて」の声に批判相次ぐ 「ファン失格」「興味ないから辞めて、って傲慢」

松坂桃李への「遊戯王ツイート辞めて」の声に批判相次ぐ 「ファン失格」「興味ないから辞めて、って傲慢」

以前から、スマホ向けカードゲーム「遊戯王デュエルルリンクス」にハマっている俳優の松坂桃李さん(30)。このスマホゲーム熱に、ファンは複雑な思いを抱えているようだ。 松坂さんは今年9月にゲスト出演したラジオで、宣伝そっちのけで遊戯王トークを展開。かなりの熱の入りぶりでツイッターでもその話題を...
桑名正博さんの息子を名乗る男が各地でトラブル 美勇士が憤り

桑名正博さんの息子を名乗る男が各地でトラブル 美勇士が憤り

14日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)で2012年に亡くなった歌手の桑名正博さん(享年59)の息子を名乗る男が各地でトラブルを起こしている問題を特集した。 番組の報道では、男は、桑名さんの息子と自称し各地に出没し、出会った人に食事をおごってもらったり、宿泊先を提供し...
「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

今や、テレ東の看板ともいえるアニメ路線が生まれるきっかけは、「アンパンマン」のビジネスモデルに気づいた社員のひらめきだった。予算の少ない中、舞い込んだ「エヴァンゲリオン」の企画。そこから「ポケモン」「遊戯王」とヒット作が続いていった。少子化で子どもが減る中、低い視聴率でもアニメを続けら...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net