芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力

どんな役をやっても同じ雰囲気、と揶揄される筆頭タレントは木村拓哉や石原さとみが挙げられるが、深田恭子も実はこのライン上にいるように思う。

30半ばを過ぎたとは思えない童顔で、甘えたような声としゃべり方。ほどよく丸みを帯びたボディラインで、おっとり愛され女子のイメージを不動のものにしている。最近は演じる役もほぼ同じだ。ちょっとどんくさくて、お人よしで、ひっどーいと言いながら頬をふくらませるような。そして人の好意や思わぬ反応にキョトンとした顔をする。深キョン、いや深キョトンと言ってもいいが、どの役もたいがいこの顔のオンパレードである。

「神様、もう少しだけ」というドラマで、金城武と濃厚なキスをする女子高生役だった深キョンももう36歳。とはいえ人気は変わらずで、来年1月からの新TBSドラマ(火曜夜10時〜)でも主演らしい。あいかわらずドジっ子の役だというから、彼女の得意技・キョトン顔が炸裂しまくるだろう。

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力 深田恭子

それにしても彼女の旬は長い。主演作が途切れないだけでなく、女性が選ぶ「なりたい顔ランキング」でも、並いる若手女優を抑えて上位にランクインし続けている。男女ともに好きな芸能人1位とは言わずとも、そんなに嫌いではない、という人が多いのではないだろうか。長く業界とお茶の間に愛され続ける深キョン。ファン層がどこにいるか今ひとつよく見えないが、なぜかいつもイイ女枠にいる篠原涼子の立ち位置にも似ているように思う。

愛され続けるキョトン顔の技術

芸事は、変わらないように変わり続けるのが大事と聞く。変わった、と受け手側に感じさせる理由が進歩の場合もあれば、進歩せずに時代に取り残されている場合もあるからだ。つまり深キョンのキョトン顔は、おそらくだが、変わらないように変わり続けているのだろう。

思い出したのは「タッチ」を描いた漫画家・あだち充作品のヒロインたちである。昨年、あだち作品の「ヒロイン総選挙」をやった際、38人のヒロインたちの顔が似すぎており、見分けがつかないことで話題になっていた。いちばん有名な「タッチ」の浅倉南も同様である。しかし編集部によれば、よく見るとヒロインの輪郭や黒目の大きさが全然違うというのだ。

このあだち充ヒロイン理論は、深キョンにも言える。愛されるキョトン顔は変えずに、キャラの輪郭を変えていくという技術。たとえば、「神様、もう少しだけ」でギャル役だった頃は、眉も細く、長く水泳をやっていた体はやや浅黒く、がっちりとした印象だった。つまり、現在のおっとりふんわり愛され女子とは正反対のイメージだったが、世の中は女子高生ブームの最後の年くらいだったので、その容姿は時代にハマっていたと言える。さらに、「恭子の前々世はマリー・アントワネット」などと天然ぶりを爆発させていた時期もあれば、映画「ヤッターマン」でドロンジョを演じたり、セクシーな役柄が続いた時期もある。キツめのギャルから不思議ちゃん、そしてセクシーイメージから愛され女子へ。どの時代でもキョトン顔を決め顔にしつつも、キャラの輪郭を時代に合わせてマイナーチェンジしていく技術。そうして浅倉南ばりの長く愛される人気を築いているのではないだろうか。

何より重要なのは、セルフイメージに無頓着そうな様子である。痩せすぎず丸みのある体や、酒豪だったり、日焼けした体でサーフィンをしたり、いわゆる愛され女子の王道ではない姿を発信してけろっとしている。SNSでも女優や俳優との交流があまり見られない代わりに、吉田沙保里やいとうあさこと楽しげに飲んでいる写真が好感度を集めているそうだ。

気取らずマイペースにキョトン顔。無意識に男心を振りまわす「タッチ」の浅倉南が重なる。2人とも自分のことを名前で呼ぶし。男性が選ぶ「不倫したい女性タレントランキング」という良いんだか悪いんだかわからないアンケートで首位を獲得するのもうなずける。

思うに、吉岡里帆しかり、藤原紀香しかり、女子から支持を集めにくいとされている女性は、「頑張っているわたし」を発信しすぎている。吉岡はいつも健気に頑張っている役ばかりだし、紀香は常にノリノリノリカである。周りがどんなに、そっちじゃない、戻ってこい!と言っても彼女らは持ち場と信じた場所を動かず、「頑張るかわいい私」を発信し続ける。むしろ得意技を守りたいなら、時代に応じてマイナーチェンジし続ける深キョンメソッドが必要なのに。そんなことを言ってみたとしても、深キョンはまたキョトン顔をするんだろうな。

(冨士海ネコ)

2018年11月22日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

深田恭子が杉本宏之氏から婚約指輪か 銀座のハリー・ウィンストンに

深田恭子が杉本宏之氏から婚約指輪か 銀座のハリー・ウィンストンに

今年1月に交際が発覚した、女優・深田恭子(36才)と“年商200億円”の男などと呼ばれる不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(41才)。最近、東京都内でふたりの目撃が相次いでいる。4月上旬、ふたりは銀座の超高級ジュエリーブランド『ハリー・ウィンストン』の店内にいた。 【スクープ写真】ギュ...
深田恭子が不動産会社の会長と金沢旅行か 手をつなぎ歩く姿も

深田恭子が不動産会社の会長と金沢旅行か 手をつなぎ歩く姿も

女優・深田恭子(36才)と交際中の会社会長・杉本宏之氏(41才)が、金沢で「人間ドック旅行」を楽しんでいたことがわかった。 【スクープ写真】ギュッと手をつないで金沢市内を歩く深キョンと杉本氏 連休が終わっても、東京駅は人であふれている。5月8日、人混みを縫って長身の男性とスタイル抜群の女性が駆...
高橋みなみなどKinKi番組メンバーに相次ぐ吉報 次は深田恭子?

高橋みなみなどKinKi番組メンバーに相次ぐ吉報 次は深田恭子?

元AKB48の高橋みなみさん(28)、タレントの篠原ともえさん(40)の結婚、そして歌手の華原朋美さん(44)の妊娠報告―。平成の時代に人気を博した「KinKiKids」司会の音楽バラエティー番組で活躍した女性たちの吉報が相次いでいる。 ツイッターでは、キンキ番組でレギュラーだった女優の深田恭子さん(36)の...
“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

“カワイイ”はやっぱり正義? 本田翼らに見る絶対的な容姿の強み

現在、月9ドラマ『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート』(フジテレビ系)に出演中の本田翼。彼女が出演する『LINEモバイル』のCMも、「とにかくカワイイ」とSNSなどで話題になった。中には「あざとすぎる」といった声もあるが、注目を集めたということでは大成功だろう。本田に限らず、石原さとみ...
NGT48を卒業した山口真帆 業界はAKSに対して忖度するとの見方も

NGT48を卒業した山口真帆 業界はAKSに対して忖度するとの見方も

あの事件から5ヶ月、5月18日の公演をもって山口真帆(23)がNGT48を卒業する。なぜ被害者である“まほほん”がグループを辞めなければならないのか、事件の解明はどうなったのか、ファンの憤りは収まらないが、なにより彼女の今後が気がかりだ。 スポーツ紙では早くも、複数事務所からのオファー、大手事務所が...
不動産会社会長と交際中の深田恭子 周囲では結婚に反対する声が多い?

不動産会社会長と交際中の深田恭子 周囲では結婚に反対する声が多い?

深田恭子(36)が多忙の合間をぬって、交際中の不動産会社会長の杉本宏之氏(41)と一泊二日の「人間ドック旅行」を楽しんだことが「女性セブン」のスクープでわかった。 「二人は5月8日、石川県金沢に向かい、人間ドックを受け、その夜はミシュランで三つ星を獲得した老舗料亭で食事を楽しんだそうです...
隠岐島のかわいすぎる男子高生が話題「お風呂が長すぎて怒られてます」

隠岐島のかわいすぎる男子高生が話題「お風呂が長すぎて怒られてます」

(全2枚) かわいすぎると話題の井手上漠が週刊プレイボーイに登場! "可愛すぎるジュノンボーイ"として『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演後、各所で話題騒然の井手上漠(いでがみ・ばく)。 5月7日(火)発売の『週刊プレイボーイ20号』では、新しい時代の幕開けを告げる"奇跡"のグラビア...
菜々緒、デビュー10年で確立した“悪女キャラ” 「無駄なことは何一つなかった」

菜々緒、デビュー10年で確立した“悪女キャラ” 「無駄なことは何一つなかった」

女優の菜々緒が、東京大学を首席で卒業した容姿端麗、頭脳明晰なエリート官僚・牧野巴役を務める連続ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)。これまでもドラマや映画で数々のインパクトあるキャラクターを演じてきた菜々緒が、「数少ない“悪女”じゃない役」と笑顔で語った役柄に挑む強い思いを吐露した...
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 言葉に潜む差別って? 専門家の解説がかなり深い  

はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 言葉に潜む差別って? 専門家の解説がかなり深い  

ツイッターで有名な「はるかぜちゃん」こと、俳優の春名風花さん。はるかぜちゃんは、自分のことを「わたし」ではなく「ぼく」と言うことでも知られています。「女の子なのに、なぜ?」と感じる人もいますが、劇作家の平田オリザさんは「日本語の構造的な問題がある」と言います。そして「たぶん解決するのは...
安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

大好きだった観葉植物に囲まれ、森の中で眠るイメージで作られた祭壇。その中央には、優しい笑顔で微笑みかけている市原悦子さん(享年82)の遺影が飾られていた。 【別写真】うつむき気味にタクシーを降りた安住アナ 1月17日、心不全のために亡くなった市原さんの通夜がしめやかに営まれ、竹中直人(62才)、...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net