芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力

どんな役をやっても同じ雰囲気、と揶揄される筆頭タレントは木村拓哉や石原さとみが挙げられるが、深田恭子も実はこのライン上にいるように思う。

30半ばを過ぎたとは思えない童顔で、甘えたような声としゃべり方。ほどよく丸みを帯びたボディラインで、おっとり愛され女子のイメージを不動のものにしている。最近は演じる役もほぼ同じだ。ちょっとどんくさくて、お人よしで、ひっどーいと言いながら頬をふくらませるような。そして人の好意や思わぬ反応にキョトンとした顔をする。深キョン、いや深キョトンと言ってもいいが、どの役もたいがいこの顔のオンパレードである。

「神様、もう少しだけ」というドラマで、金城武と濃厚なキスをする女子高生役だった深キョンももう36歳。とはいえ人気は変わらずで、来年1月からの新TBSドラマ(火曜夜10時〜)でも主演らしい。あいかわらずドジっ子の役だというから、彼女の得意技・キョトン顔が炸裂しまくるだろう。

「キョトン顔」で愛される深田恭子 気取らずマイペースな姿に魅力 深田恭子

それにしても彼女の旬は長い。主演作が途切れないだけでなく、女性が選ぶ「なりたい顔ランキング」でも、並いる若手女優を抑えて上位にランクインし続けている。男女ともに好きな芸能人1位とは言わずとも、そんなに嫌いではない、という人が多いのではないだろうか。長く業界とお茶の間に愛され続ける深キョン。ファン層がどこにいるか今ひとつよく見えないが、なぜかいつもイイ女枠にいる篠原涼子の立ち位置にも似ているように思う。

愛され続けるキョトン顔の技術

芸事は、変わらないように変わり続けるのが大事と聞く。変わった、と受け手側に感じさせる理由が進歩の場合もあれば、進歩せずに時代に取り残されている場合もあるからだ。つまり深キョンのキョトン顔は、おそらくだが、変わらないように変わり続けているのだろう。

思い出したのは「タッチ」を描いた漫画家・あだち充作品のヒロインたちである。昨年、あだち作品の「ヒロイン総選挙」をやった際、38人のヒロインたちの顔が似すぎており、見分けがつかないことで話題になっていた。いちばん有名な「タッチ」の浅倉南も同様である。しかし編集部によれば、よく見るとヒロインの輪郭や黒目の大きさが全然違うというのだ。

このあだち充ヒロイン理論は、深キョンにも言える。愛されるキョトン顔は変えずに、キャラの輪郭を変えていくという技術。たとえば、「神様、もう少しだけ」でギャル役だった頃は、眉も細く、長く水泳をやっていた体はやや浅黒く、がっちりとした印象だった。つまり、現在のおっとりふんわり愛され女子とは正反対のイメージだったが、世の中は女子高生ブームの最後の年くらいだったので、その容姿は時代にハマっていたと言える。さらに、「恭子の前々世はマリー・アントワネット」などと天然ぶりを爆発させていた時期もあれば、映画「ヤッターマン」でドロンジョを演じたり、セクシーな役柄が続いた時期もある。キツめのギャルから不思議ちゃん、そしてセクシーイメージから愛され女子へ。どの時代でもキョトン顔を決め顔にしつつも、キャラの輪郭を時代に合わせてマイナーチェンジしていく技術。そうして浅倉南ばりの長く愛される人気を築いているのではないだろうか。

何より重要なのは、セルフイメージに無頓着そうな様子である。痩せすぎず丸みのある体や、酒豪だったり、日焼けした体でサーフィンをしたり、いわゆる愛され女子の王道ではない姿を発信してけろっとしている。SNSでも女優や俳優との交流があまり見られない代わりに、吉田沙保里やいとうあさこと楽しげに飲んでいる写真が好感度を集めているそうだ。

気取らずマイペースにキョトン顔。無意識に男心を振りまわす「タッチ」の浅倉南が重なる。2人とも自分のことを名前で呼ぶし。男性が選ぶ「不倫したい女性タレントランキング」という良いんだか悪いんだかわからないアンケートで首位を獲得するのもうなずける。

思うに、吉岡里帆しかり、藤原紀香しかり、女子から支持を集めにくいとされている女性は、「頑張っているわたし」を発信しすぎている。吉岡はいつも健気に頑張っている役ばかりだし、紀香は常にノリノリノリカである。周りがどんなに、そっちじゃない、戻ってこい!と言っても彼女らは持ち場と信じた場所を動かず、「頑張るかわいい私」を発信し続ける。むしろ得意技を守りたいなら、時代に応じてマイナーチェンジし続ける深キョンメソッドが必要なのに。そんなことを言ってみたとしても、深キョンはまたキョトン顔をするんだろうな。

(冨士海ネコ)

2018年11月22日掲載

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

熱愛報道のお相手は20年間で14人 深田恭子は惚れっぽい?

熱愛報道のお相手は20年間で14人 深田恭子は惚れっぽい?

(全3枚) 「恋多き女」か、それとも――? 1月7日、スポーツニッポンは1面トップで、深田恭子(36)に「新恋人」と報じた。芸能メディアが大騒ぎになったのは、ご存知の通りだ。 *** 【写真】深田恭子の美脚がチラリ 同紙の見出しを引用すると、「深キョン新恋人不動産業界で売上高200億円超41歳起業家正月両...
深田恭子の新恋人と報じられている人が専属運転手を募集 記者が応募

深田恭子の新恋人と報じられている人が専属運転手を募集 記者が応募

女優・深田恭子(36)との交際が明らかになった、年商200億円の不動産会社「シーラホールディングス」杉本宏之会長(41)。週刊文春の1月24日号には、杉本氏のさまざまな過去が掲載されたが、現在、そんな杉本氏が“会長付”専属ドライバーを募集中だ。募集要項を見ると、月収45万円以上。未経験者...
待っても結婚できない?深田恭子の「亀梨見切り」は吉か凶か

待っても結婚できない?深田恭子の「亀梨見切り」は吉か凶か

1月7日、スポーツニッポンが報じた深田恭子(36)の熱愛報道。相手が不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(41)だったことで、ちょっとした物議を醸している。 菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク 「当初、深田の所属事務所は交際を認めるつもりだったようですが、杉本...
熱愛報道の深田恭子 ジャニーズの共演NGリスト入りか

熱愛報道の深田恭子 ジャニーズの共演NGリスト入りか

不動産会社会長との熱愛が報じられた女優の深田恭子(36)が、大ピンチに陥っている。深田は最近までKAT―TUNの亀梨和也(32)と交際しており、結婚も近いといわれていたが、別れを選んで新恋人との交際をスタート。元カレの亀梨は結果的に“捨てられた”形となり、これにジャニーズ事務所は不快感を示...
もっと根が深い?新井浩文容疑者の事件に半グレが関与との噂も

もっと根が深い?新井浩文容疑者の事件に半グレが関与との噂も

【覆面座談会】2019年の芸能界は年明けから衝撃ニュースの連続です。嵐が2020年いっぱいで活動休止することを発表。新井浩文容疑者の逮捕や市原悦子さんの急死、深田恭子の熱愛もありました。いつもの覆面メンバーが芸能ネタの裏事情を明かします。 ワイドデスク強制性交容疑で新井浩文容疑者が逮捕...
「絶対にマネしないで」深田恭子がドラマのシーンを投稿し呼びかけ

「絶対にマネしないで」深田恭子がドラマのシーンを投稿し呼びかけ

深田恭子(36)が、TBS系で放送中の主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の撮影裏話を明かし、「皆様は絶対にまねしないでくださいね」と呼びかけた。 深田は5日、インスタグラムを更新。1月15日に放送された第1話に登場した、バケツの水をぶっかけられる衝撃的なシーンの動画をアップし、「いろいろな撮影...
主演ドラマでお笑いネタに挑戦 深田恭子がブルゾンちえみ風に変身

主演ドラマでお笑いネタに挑戦 深田恭子がブルゾンちえみ風に変身

女優の深田恭子が主演ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の第4話(5日放送)で披露する、お笑いタレント・ブルゾンちえみ風に変身した姿が公開された。 持田あきによる同名漫画を原作とした本ドラマは、恋も仕事もうまくいかない超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされる姿を描く...
はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 言葉に潜む差別って? 専門家の解説がかなり深い  

はるかぜちゃんの「ぼく」は日本語の進化? 言葉に潜む差別って? 専門家の解説がかなり深い  

ツイッターで有名な「はるかぜちゃん」こと、俳優の春名風花さん。はるかぜちゃんは、自分のことを「わたし」ではなく「ぼく」と言うことでも知られています。「女の子なのに、なぜ?」と感じる人もいますが、劇作家の平田オリザさんは「日本語の構造的な問題がある」と言います。そして「たぶん解決するのは...
安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

安住紳一郎アナが市原悦子さんの通夜で憔悴?ひとり離れ涙したか

大好きだった観葉植物に囲まれ、森の中で眠るイメージで作られた祭壇。その中央には、優しい笑顔で微笑みかけている市原悦子さん(享年82)の遺影が飾られていた。 【別写真】うつむき気味にタクシーを降りた安住アナ 1月17日、心不全のために亡くなった市原さんの通夜がしめやかに営まれ、竹中直人(62才)、...
裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

裏口入学を報じられた太田光 怒りのあまり出た「生身」

■事の発端は『週刊新潮』の「裏口入学報道」 「爆笑問題の太田光はバカかリコウか」 なぜかテレビのワイドショーやニュースは扱わないが、これは日本の学校関係者や教育者が口角泡を飛ばして議論をしている「大問題」である。 事の発端は『週刊新潮』(8/16・23号、以下『新潮』)の「『爆笑問題太田光』を日...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net