芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)での小池徹平(32)の“怪演”が話題だ。『大恋愛』は11月16日放送の第6話から、第2章に入った。ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田恵梨香)と、小説家の間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる純愛物語を描く。2章は尚と真司の新婚生活から始まった。ここで尚と真司の間をかき回すヒールとして登場するのが、尚と同じ病を抱える松尾公平(小池)だ。小池の演技に、SNSでは「ヤバイ」「笑顔が怖すぎる」と、大きな反響を呼んでいる。

小池の演技について、テレビウォッチャーの吉田潮さんが分析する。

「小池さんは今まで、天然キャラかさわやかな好青年の役どころが多かっただけに、ヒール役とは驚きました。すばらしくかわいらしい笑顔でひどい行いをする姿は、子供が無邪気に虫を踏んだり、羽をむしったりする怖さに似ています。それも確信犯で、無邪気に見える笑顔の裏に大きな闇を抱えていると視聴者に悟らせる巧みさがあります。小池さん自身にクリーンな印象が強かっただけに、余計に不気味さが際立ちます」

小池演じる松尾は保育士として働いている。小さな子供相手に“キラースマイル”を見せるシーンは“いい人”にしか見えない。

「保育士で子供たちを預かる身でありながら、実は内面に“凶悪性”を持ち合わせている設定はうまい。暴言や暴力を振るうのとは違う、ジワリと背筋が凍るような怖さがあります。小池さんは大病を患って妻にも逃げられ、仕事も失いそうになっている役。悪意に走る人がいてもおかしくない状況の中、小池さんは演技によって“こんな人、実際にいるかもしれない”というリアリティや深みを感じさせています」

このドラマは当初、連続ドラマでは本格ラブストーリー初出演となるムロなどが話題を呼んでいた。純愛路線を貫くのかと思いきや、2章でガラリと印象が変わった。

「記憶がなくなる恋人との“お涙ちょうだい”話になるのかと思っていたのですが、小池さんの登場で、突然サスペンスになりました。まるで違うドラマが始まったというくらいの大きなインパクトで、俄然面白くなりました。その中で、小池さんは主役を食うくらいの大きな存在感を発揮しています」

小池自身インタビューで、「ちょっと怖かったり、何が何だか分からない役をやりたいなあと本当に思っていた」と語っている。吉田さんもこう続ける。

「童顔系のかわいらしい俳優はアイドルのような役割を担ったりしますが、どこかで脱皮しないといけません。悪役という新たな挑戦をするには、いい時期だったと思います。今月、女優の永夏子さんと結婚して視聴者の”仮想恋人”も卒業、これからは役者として幅の広さを求められるでしょう」

デビュー当時“正統派イケメン”と呼ばれていた山田孝之が個性派俳優へと進化したように、小池もこの『大恋愛』が大きな転機になるかもしれない。

「“カメレオン俳優”と呼ばれる山田さんのように、小池さんは主演だけなく脇役でも活躍する役者になっていくと思います。今後は、悲しみや憂いを帯びたサラリーマンなど、リアリティのある芝居を見たいですね」

“役者・小池徹平”が、ますます注目を集めそうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

NHKで森友事件を取材していた記者 上層部の意向で報道が縮小した経緯明かす

NHKで森友事件を取材していた記者 上層部の意向で報道が縮小した経緯明かす

名誉校長だった昭恵夫人©共同通信社 安倍昭恵首相夫人が名誉校長を務める小学校に対し、国有地が格安で払い下げられた森友事件。メディアが取材合戦を繰り広げる中、NHKは報道姿勢が消極的で、安倍政権への忖度が取り沙汰されてきた。 【写真】首相答弁が改ざんを生んだ このほど、NHKで森友事件を取材し...
ドラマ「大恋愛」ムロツヨシの号泣シーンに視聴者から反響続々

ドラマ「大恋愛」ムロツヨシの号泣シーンに視聴者から反響続々

戸田恵梨香主演、ムロツヨシ共演のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)の第7話が23日放送された。物語の後半で尚(戸田)の病状を知った真司(ムロ)が号泣するシーンが描かれると、視聴者から「ムロさんの涙で号泣」「涙せずにいられない」「胸がぎゅーってなる」などの声がSNSに殺到し...
サイコパス的な深い闇?小池徹平の「大恋愛」での演技が話題

サイコパス的な深い闇?小池徹平の「大恋愛」での演技が話題

【大恋愛〜僕を忘れる君と/モデルプレス=11月16日】女優の戸田恵梨香が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(毎週金曜よる10時30分〜)の第6話が16日、放送された。<※以下、ネタバレあり> 戸田恵梨香、ムロツヨシにキスを“素”でおねだり?ウェディングショットが「可愛いの極み」「お...
成田凌との破局が報じられた戸田恵梨香 ムロツヨシとの関係に噂

成田凌との破局が報じられた戸田恵梨香 ムロツヨシとの関係に噂

女優・戸田恵梨香が先日、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」(来年9月30日スタート)のヒロインに決定し、大阪市のNHK大阪放送局で行われたヒロイン発表会見に登場した。 各スポーツ紙によると、8月に30歳となった戸田は「20代にモヤモヤしていたものが、断捨離をすることで晴れました」と心...
戸田恵梨香と成田凌が破局か 仕事を優先し別れを決意か

戸田恵梨香と成田凌が破局か 仕事を優先し別れを決意か

(全2枚) 2019年9月から放送予定のNHK連続テレビ小説『スカーレット』で主演を務めることが発表された戸田恵梨香(30才)と成田凌が(25才)が、破局していたことが明らかになった。 タイトル『スカーレット』は「緋色」という意味。炎の色を表しているという。戸田は、戦後に男ばかりの陶芸の世界に飛び込んで...
コンプレックス? チャームポイント? 芸能人の“ホクロ”の存在意義とは

コンプレックス? チャームポイント? 芸能人の“ホクロ”の存在意義とは

先ごろ女優の宮沢りえが、鼻筋の右横にあったホクロを取ったことが話題になった。所属事務所も「ホクロを取ったことは間違いありません」と認めたことで、SNSでも「あのホクロ、好きだったのに」「ショック」との声が相次いだ。とくに顔のホクロはチャームポイントにもなりえる大きな特徴のひとつ。古くから商...
back numberのボーカル清水依与吏に二股報道 相手女性は既婚公表に涙

back numberのボーカル清水依与吏に二股報道 相手女性は既婚公表に涙

映画「銀魂2」やTBSドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」の主題歌を担当する人気ロックバンドbacknumberのボーカル清水依与吏(しみずいより・34)。プライベートを明かさない清水だが、実は既婚者で幼稚園に通う男児がいたことを11月16日発売の「フライデー」が報じた。 【写真】清水との交際を明かしたA子さん ...
中井貴一主演ドラマ「記憶」に反響続々 「声を上げて泣いた」

中井貴一主演ドラマ「記憶」に反響続々 「声を上げて泣いた」

フジテレビがお昼から夕方の「メディアミックスα」枠で放送中のドラマ「記憶」が注目を集めている。WEBサイト「ザテレビジョン」の、「記憶」の番組詳細ページも連日多数のアクセスが続いている。 【写真を見る】本庄を支える新人弁護士役を泉澤祐希、本庄の秘書役を今田美桜が演じる/(C)フジテレビ ドラマ「...
ムロツヨシ『大恋愛』で拓く新境地 ヨン様を彷彿させる演技

ムロツヨシ『大恋愛』で拓く新境地 ヨン様を彷彿させる演技

恋愛ドラマが充実している今クール、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が注目するのが金曜22時枠だ。実は同作品、“ヒットの法則”も見てとれるという。 ***  秋ドラマの中で、どこまで化けるかわからない潜在的エネルギーを感じさせる作品が『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net