芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

King&Princeの永瀬廉 「差し入れ求められる」と主演ならではのぼやき

King&Princeの永瀬廉 「差し入れ求められる」と主演ならではのぼやき アイドルグループ・King&Princeの永瀬廉初主演の映画『うちの執事が言うことには』が、2019年5月17日から公開される。小説家・高里椎奈による原作はコミックス化もされ、シリーズ累計75万部を売り上げている人気作。英国帰りのメガネ男子で、社交界の名門・烏丸家の第27代当主となる主人公・烏丸花穎(永瀬)が、青年執事・衣更月蒼馬(清原翔)とともに、烏丸家を襲う難事件に立ち向かう、ミステリー色の強い物語となっている。

今回お邪魔したのは、5月に撮影が行われた、烏丸家内でのシーン。ロケ地となった山梨県庁・別館は1930年に竣工され、山梨県の有形文化財にも指定されている。ただでさえ重厚な雰囲気が伝わってくる建物に装飾が施され、社交界の名門である烏丸家の豪奢な雰囲気を作り出している。

この日撮影に参加したのは、本作の主演を務めるの烏丸花穎役の永瀬、執事・衣更月蒼馬役の清原、物語の鍵を握るミステリアスなキャラクター・赤目刻弥役の神宮寺勇太、そして先日発表となった優希美青と神尾楓珠。5月とはいえ猛暑が兆しを見せる中、撮影中は空調も切られ、ミニ扇風機が手放せない。

過酷な状況ではあるが出演者陣は仲の良い様子で、永瀬と清原のシーンでは、合間に談笑をする姿が。劇中ではまだ打ち解け合っていない2人だが、すっかり笑顔でじゃれあっている。永瀬も「クールなように見えて、意外と翔くんの精神年齢が僕らと近い」とコメントし、清原が「合わせてるんだよ」とジョークを飛ばすほどで、神宮寺も「2人とも、カットがかかった瞬間に密着する!ふざけあってるんですよ。役とのギャップが半端ない」と驚いていた。

また、赤髪で登場した神宮寺は、赤目役として思わせぶりな態度で衣更月と会話。一緒に階段を降りてくるシーンでは、何度も見え方を確認しながら、細かい調整が行われていた。神宮寺は自分の役について「謎を秘めている役なので、手の内をあまり明かさずにやっていきたい」と言及。「それが結構難しくて、謎が多いキャラを演じるのが初めてだったのですが、そのミステリアスな部分をみなさんに伝えられたらと思います」と意気込んだ。

○撮影中の苦労は?

「色彩感知能力が高い」という設定の花穎だが、永瀬は「それが原因で、小さい頃トラウマになるようなことが起こった点なども踏まえて、演じています。あとは、彼自身の人としての温かさ、情に熱いというところはしっかり」とキャラクターを捉えていた様子。一方清原は「衣更月はクールに描かれている分、どこまで表情を出すのか難しい。出さないで終わっては、面白みもなくなっちゃうし」と苦労を明かす。

主従関係の二人だが、印象に残っているシーンを聞かれた永瀬が「僕が衣更月に怒る、というシーンは、色々な食い違いもあって、ほんまに大事に演じた」と答えると、清原は「僕も、そこは大事にした」と同意し、2人はハイタッチ。永瀬は「初めて衣更月に思いっきり感情をぶつけるというシーンなので、1番苦労しました」と振り返り、清原は「大変だったんですけど、すごく良いシーンになったんじゃないかな、と思ってます」と自信を見せた。

同じ質問をぶつけられた神宮寺は「この映画の唯一の胸キュンポイント。僕が廉に抱きつくシーン」をセレクトし、永瀬は「そこか!」と苦笑。神宮寺は「最初は、めちゃめちゃやりづらかった」と告白し、「ノリが軽いキャラだから絶対に戸惑っちゃいけないんですけど、恥ずかしくて(笑)重ねていくごとに慣れていきました。普段はそういうフレンドリーさはないので……」と、本人曰く、外国人のような”What’supノリ”に手こずったという。

今回が映画初主演となった永瀬は「経験値的には全然ないので、気張らずに。皆さんからなんでも吸収する勢いでやってます」と真摯に語る。しかし「差し入れがめっちゃ求められる」と主演ならではのぼやき節を見せ、神宮寺から「屋台が来てない(笑)」、清原から「クレープ屋さんが来てない(笑)」とプレッシャーをかけられると、「それは無理!あんま期待はせんといて欲しい」と抗議。さらに「良い意味で、主演らしく振舞ってないかも。僕としては、支えたいなと思います」と真面目に語る神宮寺に、永瀬が「じゃあ、差し入れの方、支えてもらっていい?」とお願いするも、「少しくらいなら」とあしらわれるなど、和気藹々とした様子を見せていた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

King & Prince キンプリ呼びはNG

King & Prince キンプリ呼びはNG

King&Princeの永瀬廉(20)が12日放送のTBS系「林先生が驚く初耳学!」(日曜夜10・00)に神宮寺勇太(21)と出演。ジャニー喜多川社長(87)とのエピソードを披露した。 この日の番組内テーマ「皮肉な経験」で、永瀬はジャニー社長との過去のやり取りを振り返った。「僕らのグループは略して『キンプリ』と...
売れっ子ヌードモデルの1日に密着した“深掘り”動画 「マツコ会議」歴代最高の再生数に!

売れっ子ヌードモデルの1日に密着した“深掘り”動画 「マツコ会議」歴代最高の再生数に!

日本テレビ系「マツコ会議」で先週放送された「美術モデルのデッサン会場からの中継」の後に、番組ホームページにて配信された「売れっ子ヌードモデル マヤさんの1日に密着」の深掘り動画。この動画の再生数が「マツコ会議」歴代最高を記録した。配信から1週間弱で169万回を記録(5月10日16時時点)。な...
成田凌 赤面!暴露された「井上真央とのラブシーン最高」発言

成田凌 赤面!暴露された「井上真央とのラブシーン最高」発言

「映画の打ち上げは撮影終了から公開まで時間が空くこともあり、出席者が集まらないこともあります。しかし、そこはさすが“周防組”。驚異の出席率で、150人ほどが集まっていました。それだけ結束が固かったといえるでしょう」(映画関係者) 来年12月公開にされる周防正行監督(62)の新作映画「カツベン!(...
千原せいじの不倫を擁護する坂上忍に非難殺到「身内に甘すぎる」

千原せいじの不倫を擁護する坂上忍に非難殺到「身内に甘すぎる」

坂上忍(51)がパーソナリティを務める「バイキング」(フジテレビ系)で5月16日、千原せいじ(49)の不倫騒動が取り上げられた。しかし他の不倫騒動とは異なる扱いかたに、視聴者から非難の声が殺到している。 週刊文春によると千原は今月9日、20代のスレンダー美女と名古屋の高級ホテルで密会。さらにその女...
小室圭さん「弁護士になるとは…」ヒロミらがウンザリ気味に指摘

小室圭さん「弁護士になるとは…」ヒロミらがウンザリ気味に指摘

2019年5月7日に放送された情報番組「バイキング」(フジテレビ系)が、秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約延期問題を抱えている小室圭さんについての特集を放送した。 この日、番組では「ニューヨーク現地緊急取材小室圭さん目撃情報続々立ち寄る店はリーズナブル!?」と題し、小室さんの米・ニューヨークでの...
「なつぞら」そっくり!? 広瀬すず 静岡が生んだ“伝説の美少女”青春時代の写真8枚

「なつぞら」そっくり!? 広瀬すず 静岡が生んだ“伝説の美少女”青春時代の写真8枚

NHKの朝ドラ「なつぞら」は6週目に突入。ヒロイン・奥原なつは、大自然に囲まれた北海道・十勝で農業高校に通いながら、酪農や演劇に奮闘中だ。主役の広瀬すず(20)が演じているのは、のびのびと成長する健康的なイメージの高校生だ。取材班が広瀬の生まれ育った地元・静岡を訪ねると、そこにはデビューから...
「長渕剛」20年ぶり映画主演でもお蔵入りの危機

「長渕剛」20年ぶり映画主演でもお蔵入りの危機

作業着姿で足場の上を行き来する姿が、ここまでサマになる歌手も他にいないだろう。20年ぶりの建築現場、もとい映画の撮影現場に臨むのは長渕剛(62)である。ファン向け動画では撮影順調をアピールするが、そこは数々のスキャンダルで知られる長渕のこと。クランクイン早々に「お蔵入り」の危機が囁かれ始め...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net