芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

洋服センスが悪化した元貴乃花 夫婦の関係性が影響していたか

洋服センスが悪化した元貴乃花 夫婦の関係性が影響していたか

元貴乃花親方の花田光司氏には本当に驚かされる。景子夫人と離婚していたというのだ。

【写真】まるでマフィア?元貴乃花親方の私服センス

離婚届を提出したのは、前代未聞の“退職・部屋消滅”から1か月後の10月25日だったという。

離婚していたことが明らかになったのは、11月26日に放送された『newszero』(日本テレビ系)でのこと。事前に本人からマスコミに発表があったわけではなく、テレビの取材を受けて認めたということだ。

そして、翌27日の朝、同じく日本テレビの『スッキリ』に生出演して、離婚の経緯を語った。予定外の電撃出演、つまり“乱入”だが、当然、出演者も知らされていなかったようで、スタジオはパニックとなった。

テレビを見ていた人も驚いただろうが、ネットでも「まさかの乱入」「放送事故?」と話題になった。

あのころの光司に戻ったように

元貴乃花(光司氏)が日本テレビにばかり出演している理由について、一部週刊誌やスポーツ紙では、同局に以前から懇意にしているプロデューサーがいて、彼のアドバイザー的な存在だとしている。そして、今後は、日テレでの仕事が増えるだろうと。

たしかに『スッキリ』で離婚について質問を受けているときも、落ち着きながらも軽快なトークを繰り広げていたようにみえる。

また他ではコメンテーターかスポーツキャスターに就任するという話まで出ているが、

「協会との関係を考えると、相撲のコメンテーターとして活躍するのは、なかなか難しいでしょう。でも、タレントとしてはテレビで十分やっていけるんじゃないかと思いますよ。

以前は無口で、暗い感じがしましたが、最近は随分と明るくなりました。小学生だったころの映像がよく出てきますが、あのころの“光司”に戻ったように見えますね」(芸能レポーター)

相撲一筋の純粋培養で育ち、世間知らずの元貴乃花(光司氏)をここまでにしたのは景子夫人の影響だとされている。これまで“相談役”でもあった景子夫人と別れたことで、彼の今後を心配する声は多い。

『週刊文春』(12月6日号)の取材に、景子夫人はこう漏らしている。

《たった一度きりの人生ですから。一人になっても戦ってきた主人には、肩の荷を下ろしてもらって、これから外の違った世界をたくさん見て欲しいと思っています》

夫人のアドバイスどおり、肩の荷を下ろした元貴乃花(光司氏)の表情は清々しい。

「貴乃花部屋がタニマチを廃止し、サポーター制というファンクラブのような制度を導入したのも景子さんの発案だと言われています。彼が着るスーツなどの洋服も景子さんが選んでいました。

彼女が関わらなくなって以降、元貴乃花の洋服のセンスがおかしくなったほど。まるでマフィアのような出で立ちになってしまいましたくらいですから。

また、景子さんは元女子アナですから、取材、報道する側の気持ちも理解できます。マスコミ対応など、元貴乃花は彼女から学んだことは多いハズです。現役時代にほかの力士と比べて特に記者に対して丁寧に対応していたのも、彼女の教えのようです」(スポーツ紙記者)

景子元夫人がさまざまなマネジメントをした延長線上に今の彼がいる。新生・貴乃花には、新たなファンも増えているようだ。

一方の景子さんだが、こちらも各局が争奪に動いているという。噂されている古巣のフジテレビ復帰については、同社の編成担当の石原隆取締役が、

「可能性はないとは言えない」

とコメントしている。

「50歳を過ぎましたが、美貌は衰えていません。元人気女子アナ、相撲部屋の女将さん、3人の子どもを育てた母親、さらに離婚も経験。人生の酸いも甘いも噛み分けた女性です。キャスターとして最適じゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

ふたりが同じ“土俵”で相まみえることもあるかも。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連芸能ニュース

元貴乃花のパーティーは政治資金集め?週刊誌報道を担当者が否定

元貴乃花のパーティーは政治資金集め?週刊誌報道を担当者が否定

29日のTBS系「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!」(月〜金曜・後1時55分)で、同日発売の「週刊女性」で報じられた元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)のパーティーにについて、特集した。 週刊誌で報道されたのは2月2日に愛知・名古屋で「貴乃花応援会」と題したパーティーが開催される...
花田虎上 元貴乃花親方との不仲の原因は「言えないです」

花田虎上 元貴乃花親方との不仲の原因は「言えないです」

元大相撲横綱でタレントの花田虎上(48)が27日放送の大阪・読売テレビのバラエティー「クギズケ!」に出演し、弟の花田光司氏(元貴乃花親方、46)との復縁を願った。 「オレは会いたいですよ。旅行番組でも一緒に(笑い)」と心境を吐露。しかし「向こうが週刊文春で、僕のことを『会うことはない』...
学校に通っただけで靴職人を名乗る 花田優一氏に「肩書返上を」

学校に通っただけで靴職人を名乗る 花田優一氏に「肩書返上を」

元貴乃花・花田光司氏(46)の長男で、靴職人の花田優一氏(23)に経歴詐称の疑いが浮上している。 売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所 発売中の「女性自身」が報じたもので、花田がイタリア修業時の“師匠”と呼んでいたアンジェロ氏(81)への直撃取材で「私の弟子ではない」と発言...
花田優一氏に指導していた人物「弟子といえない」と師弟関係を否定

花田優一氏に指導していた人物「弟子といえない」と師弟関係を否定

「修業時代の優一さんは本当に礼儀正しい青年で、真面目にコツコツと靴作りを学んでいました。だから、世間を騒がせているあの人だとは信じられなくて……」 そう語るのは、靴職人・花田優一(23)のイタリア・フィレンツェでの修業時代をよく知る人物。派手な私生活に加えて度重なる納期の延長、連絡をしても音...
中居正広が見せた「仕切り力」警官が詰め寄る場も笑顔に変える

中居正広が見せた「仕切り力」警官が詰め寄る場も笑顔に変える

翌日は都心でも積雪の予報が出されていた。足早に家路につく人が多く、いつもより人通りが少ない。2月8日の夜。寒空とは対照的に、都内某所にある居酒屋は芸能人たちの熱気でむせ返っていた。 【別写真】中居は警官を相手に「一触即発か」という状況を対応 「午後9時くらいかな。中居さんやお笑い芸人さんたち...
オードリー春日に熱愛報道 事務所のコメントが絶賛された理由

オードリー春日に熱愛報道 事務所のコメントが絶賛された理由

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰さん(40)に、「熱愛スクープ」が飛び出した。2019年2月15日発売の「FRIDAY」(3月1日号)が、一般人女性との「お泊まり愛」を報じたのだ。 ところが、ファンの注目を集めたのはその内容よりも、所属事務所・ケイダッシュステージがFRIDAYに寄せたコメントだった。その...
片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

片岡コーチがベッキーと結婚 過去噂になった加藤綾子に心配も

タレントのベッキー(34)が13日、インスタグラムで、プロ野球・巨人軍の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35)との結婚を発表し、芸能界、プロ野球界が祝福ムードに包まれた。“ゲス不倫”を乗り越え、活動再開したベッキーだっただけに、今後は仕事が増えそうだが、一方で“泣く女”がいるとも。それ...
理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

理想の上司はウッチャン&水トアナが3連覇 理想の新入社員は…

明治安田生命保険は15日、2019年春の新入社員を対象とした「理想の上司」アンケートを実施した結果を報告し、「理想の男性上司」はタレントの内村光良、「理想の女性上司」は日本テレビの水ト麻美アナウンサーがともに3年連続で1位に選ばれた。 男性部門では昨年のTBS系ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる...
元横綱の花田虎上が角界のエピソードを語る「睡眠薬6錠でも寝られず」

元横綱の花田虎上が角界のエピソードを語る「睡眠薬6錠でも寝られず」

公式ブログより 元横綱・若乃花の花田虎上が、2月10日放送の『お笑いワイドショーマルコポロリ!』(関西テレビ)で、角界の収入事情や兄弟子の元関脇・貴闘力のエピソードを語った。 貴闘力の付け人をしていたが、虎上は「とにかくギャンブル好きで。稽古が終わったら平和島(競艇)に(行っていた)」と暴露...
同じ話題を連日報じるワイドショー TV局の杜撰さの原因は

同じ話題を連日報じるワイドショー TV局の杜撰さの原因は

テレビの情報ワイドショーには、どの局も同じ話題を連日延々垂れ流すような時期があります。近年では、築地移転問題であり、大相撲の暴力問題からの元貴乃花親方の対応問題です。なぜこうしたことが起こってしまうのか、「からくりTV」「金スマ」などを企画制作したTVプロデューサーの角田陽一郎さんが、『角...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net