芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

洋服センスが悪化した元貴乃花 夫婦の関係性が影響していたか

洋服センスが悪化した元貴乃花 夫婦の関係性が影響していたか

元貴乃花親方の花田光司氏には本当に驚かされる。景子夫人と離婚していたというのだ。

【写真】まるでマフィア?元貴乃花親方の私服センス

離婚届を提出したのは、前代未聞の“退職・部屋消滅”から1か月後の10月25日だったという。

離婚していたことが明らかになったのは、11月26日に放送された『newszero』(日本テレビ系)でのこと。事前に本人からマスコミに発表があったわけではなく、テレビの取材を受けて認めたということだ。

そして、翌27日の朝、同じく日本テレビの『スッキリ』に生出演して、離婚の経緯を語った。予定外の電撃出演、つまり“乱入”だが、当然、出演者も知らされていなかったようで、スタジオはパニックとなった。

テレビを見ていた人も驚いただろうが、ネットでも「まさかの乱入」「放送事故?」と話題になった。

あのころの光司に戻ったように

元貴乃花(光司氏)が日本テレビにばかり出演している理由について、一部週刊誌やスポーツ紙では、同局に以前から懇意にしているプロデューサーがいて、彼のアドバイザー的な存在だとしている。そして、今後は、日テレでの仕事が増えるだろうと。

たしかに『スッキリ』で離婚について質問を受けているときも、落ち着きながらも軽快なトークを繰り広げていたようにみえる。

また他ではコメンテーターかスポーツキャスターに就任するという話まで出ているが、

「協会との関係を考えると、相撲のコメンテーターとして活躍するのは、なかなか難しいでしょう。でも、タレントとしてはテレビで十分やっていけるんじゃないかと思いますよ。

以前は無口で、暗い感じがしましたが、最近は随分と明るくなりました。小学生だったころの映像がよく出てきますが、あのころの“光司”に戻ったように見えますね」(芸能レポーター)

相撲一筋の純粋培養で育ち、世間知らずの元貴乃花(光司氏)をここまでにしたのは景子夫人の影響だとされている。これまで“相談役”でもあった景子夫人と別れたことで、彼の今後を心配する声は多い。

『週刊文春』(12月6日号)の取材に、景子夫人はこう漏らしている。

《たった一度きりの人生ですから。一人になっても戦ってきた主人には、肩の荷を下ろしてもらって、これから外の違った世界をたくさん見て欲しいと思っています》

夫人のアドバイスどおり、肩の荷を下ろした元貴乃花(光司氏)の表情は清々しい。

「貴乃花部屋がタニマチを廃止し、サポーター制というファンクラブのような制度を導入したのも景子さんの発案だと言われています。彼が着るスーツなどの洋服も景子さんが選んでいました。

彼女が関わらなくなって以降、元貴乃花の洋服のセンスがおかしくなったほど。まるでマフィアのような出で立ちになってしまいましたくらいですから。

また、景子さんは元女子アナですから、取材、報道する側の気持ちも理解できます。マスコミ対応など、元貴乃花は彼女から学んだことは多いハズです。現役時代にほかの力士と比べて特に記者に対して丁寧に対応していたのも、彼女の教えのようです」(スポーツ紙記者)

景子元夫人がさまざまなマネジメントをした延長線上に今の彼がいる。新生・貴乃花には、新たなファンも増えているようだ。

一方の景子さんだが、こちらも各局が争奪に動いているという。噂されている古巣のフジテレビ復帰については、同社の編成担当の石原隆取締役が、

「可能性はないとは言えない」

とコメントしている。

「50歳を過ぎましたが、美貌は衰えていません。元人気女子アナ、相撲部屋の女将さん、3人の子どもを育てた母親、さらに離婚も経験。人生の酸いも甘いも噛み分けた女性です。キャスターとして最適じゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

ふたりが同じ“土俵”で相まみえることもあるかも。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連芸能ニュース

元貴乃花のタニマチに「KING」の名が浮上 詐欺に利用されたか

元貴乃花のタニマチに「KING」の名が浮上 詐欺に利用されたか

昔、大阪谷町筋に相撲好きの外科医がいた。彼は相撲取りから治療費を取らなかった。そこから、スポーツ選手などを金銭的に支援する者を“タニマチ”と呼ぶようになったという。さて、時は平成、場所は大阪北新地。この男は果たして大横綱のタニマチだったのか。 「親方はスーツ姿でした。KINGに“誰だかわかるだ...
中居正広「結婚がしたいから恋愛しているわけでもない」

中居正広「結婚がしたいから恋愛しているわけでもない」

タレントの中居正広(46)が3日放送の日本テレビ系新番組「新・日本男児と中居」(金曜・深夜0時30分=初回のみ同40分)で結婚観を披露した。 少々特殊な価値観を持った“新日本男児”をスタジオに招き、“ちょい古男児”の中居と各分野で成功を収めた一流ゲストたちが討論するトークバラエティーで、結...
日本テレビでの特番が噂される「花田ファミリー和解」漂うビジネス臭

日本テレビでの特番が噂される「花田ファミリー和解」漂うビジネス臭

友人達と家庭の味について振り返った際のことを、向田邦子はこう綴っている。 〈その時、辣腕で聞えたテレビのプロデューサー氏が、「おふくろの作ったカレーだな」と呟いた。「コマ切れの入った、うどん粉で固めたようなのでしょ?」といったら、「うん……」と答えたその目が潤(うる)んでいた〉(「昔カレー...
立川志らく 元貴乃花の絵本作家転身を絶賛「政治家よりすてき」

立川志らく 元貴乃花の絵本作家転身を絶賛「政治家よりすてき」

落語家の立川志らく(55)が、元横綱貴乃花の花田光司氏(46)が絵本作家への転身を宣言したことについて「政治家になるよりすてきだ」と絶賛した。 志らくは7日更新のツイッターで「貴乃花が絵本作家になったそうだ。素晴らしい。人生は自己表現。政治家になるよりすてきだ。議席欲しさから求められる政治家...
内野聖陽が小山あずさと交際宣言 母親とも親しくする大切な女性

内野聖陽が小山あずさと交際宣言 母親とも親しくする大切な女性

俳優・内野聖陽(50才)と17才年下の女優・小山あずさ(33才)が、1年以上にわたって交際中であることが判明。内野本人に話を聞いた──。 【写真】お相手女優・小山あずさの美貌姿 熱にうなされる彼の看病のために、急ぎ足で自宅に帰る。台所に立つと、「キャッ」「できたッ!」「喜んでくれるかしら…」と、慣...
酒癖が悪いという瑛太に事務所が気をもむ?出禁の店は多数か

酒癖が悪いという瑛太に事務所が気をもむ?出禁の店は多数か

女性では「沢尻会」の存在が注目されているが、こちらはファミリー。発売中のFLASHが〈芸能界ファミリーの新派閥「瑛太会」〉などと題し、ある晩の瑛太(36)一家の外食について報じている。 写真流出も錦戸亮は沈黙…うやむやになった瑛太の暴行事件 訪れたのは、都内の閑静な住宅街にある、瑛太お気に入りの...
加藤浩次、NGT48加藤美南の言い訳に疑念「邪魔だというニュアンス」

加藤浩次、NGT48加藤美南の言い訳に疑念「邪魔だというニュアンス」

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が22日、MCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月〜金曜前8・00)に生出演。インスタグラムに“不適切動画”を投稿し、研究生へ降格処分となったNGT48の旧チームN3キャプテン加藤美南(20)について言及した。 問題となった投稿は、テレビで放送された元メ...
さんま、「声が雑音」で音声認識家電が誤作動

さんま、「声が雑音」で音声認識家電が誤作動

明石家さんまが、21日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、自分の声が引き起こした“悲劇”を語った。 この日は「暮らし」にこだわる芸能人が集結。その中で家電に詳しい芸人・かじがや卓哉が、声で操作できる家電製品を自宅に揃えていると語った。すると、さんまが「あ〜、俺アカンねん。声、...
アンガールズ田中、電車でいきなり怒鳴られる「優先席だろー!」

アンガールズ田中、電車でいきなり怒鳴られる「優先席だろー!」

アンガールズの田中卓志が10日、フジテレビ系「バイキング」に出演。電車の中で理不尽な言いがかりをつけられた体験を明かした。 電車で座席に座っていた時のこと。とある駅から乗り込んできた「オジサン」が、車両に入ってくるなり「お前、そこ優先席だろー!」と怒鳴ってきたという。とっさに田中は「あっ...
中居正広が自身の結婚観について語る「もう結婚はできないです」

中居正広が自身の結婚観について語る「もう結婚はできないです」

タレントの中居正広(46)は3日深夜にスタートした日本テレビの新番組「新・日本男児と中居」(金曜深夜0・40)に出演。自身の結婚観について語った。 新たな常識で生きる男「新・日本男児」とともにトークを展開する新番組。初回は元貴乃花親方の貴乃花光司氏(46)、SHOWROOMの前田裕二社長(31)をゲスト...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net