芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

檀れいの完璧主義が及川光博との離婚招いたか「納得するまで」

檀れいの完璧主義が及川光博との離婚招いたか「納得するまで」

11月下旬、元貴乃花親方・花田光司氏と河野景子さんの離婚が明らかになり、世間を驚かせたが、その2日後の28日、今度は及川光博と檀れいが連名で離婚を発表した。

「仲良く過ごしてまいりましたが、互いが仕事に集中するあまり、時間的にも精神的にもゆとりがもてなくなってしまったのが実情です。笑顔で出した結論です」とつづられた文書からは、花田夫妻とは違う「円満な離婚」の雰囲気が漂っていた。

「結婚当初から本当に仲がよかったんですよ。及川さんは9月には檀が出演した舞台『オセロー』も観に行って、カーテンコールの時はとてもうれしそうに拍手されていましたし、その後も2人で宝塚の舞台を観劇していましたし……」

そう話すのは2人をよく知る芸能関係者だ。

一部では、及川の若い女性との食事デート、檀が実家へ帰り“別居か?”など不仲を報じられ、「仮面夫婦」説も飛び出したが、先の関係者は「彼女の完璧主義がこういう結果になったのでは」と話す。

「檀といえば、宝塚時代から人の何倍も努力することで知られています。家事もそれと同じで、家にいる時はすべて手作り。及川が好きな和食も及川家の味をマスターしたいと及川の実家に何度も通い彼の両親に習っていました。

日頃の佇まいが演技に出てしまうからと、座る時は正座、椅子に座っても足を組んだりすることはありません。及川はそんな彼女に『頑張りすぎなくていいから、まゆみ(檀の本名)らしく』と気遣っていたのですが、彼女は仕事も家庭のことも自分の納得するようにやりたかった。

でも、やはり舞台など仕事に入ると、そちらに夢中になり、家事などは疎かになってしまう。やりたいのに時間もなく、それを負担に感じるようになり……」(同前)

宝塚・娘役が同じ日に

奇しくも同じ日、檀の宝塚の先輩である黒木瞳が出演する予定だった舞台『細雪』を降板したことが報じられた。

来年5月に東京・日本橋の明治座で上演される舞台は、当初、長女役に黒木、次女に一路真輝、三女に瀬奈じゅん、四女に水夏希という元タカラジェンヌのトップが勢揃いする予定だった。

「宝塚OGが四姉妹を演じるのは初めてのことですから、ヅカファンにとっては夢のようなキャスティングです。でも、長女役が黒木から浅野ゆう子に変更になったのです。

明治座からの公式の発表もなく、詳しい事情は分かりませんが、降板は黒木の方からの突然の申し入れだったそうです」(女性誌記者)

黒木は宝塚音楽学校時代から将来を嘱望されていた逸材の娘役で、大地真央が月組トップ男役に就任すると相手役に就任した。

一方の檀といえば、音楽学校時代の成績は最下位、新人時代もその美貌を生かす機会にも恵まれなかったが、真琴つばさの相手役として、月組のトップ娘役に抜擢された。

退団後の2人の活躍は周知の通りだが、

「黒木は同じ宝塚出身の女優は、ほぼ共演NGだそう。しかも檀とは“犬猿の仲”だとすら言われています」(スポーツ紙記者)

電撃離婚と謎の舞台降板ーー。いずれの真相も藪の中だ。

<取材・文/小窪誠子>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

日本テレビでの特番が噂される「花田ファミリー和解」漂うビジネス臭

日本テレビでの特番が噂される「花田ファミリー和解」漂うビジネス臭

友人達と家庭の味について振り返った際のことを、向田邦子はこう綴っている。 〈その時、辣腕で聞えたテレビのプロデューサー氏が、「おふくろの作ったカレーだな」と呟いた。「コマ切れの入った、うどん粉で固めたようなのでしょ?」といったら、「うん……」と答えたその目が潤(うる)んでいた〉(「昔カレー...
有吉弘行「エンタメ勉強してこい」花田優一に苦言

有吉弘行「エンタメ勉強してこい」花田優一に苦言

お笑いタレント有吉弘行(44)が、元貴乃花親方(46)とフリーアナウンサーの河野景子(54)の長男で靴職人のタレント花田優一(23)の発言に「生意気ばっかり」と苦言を呈した。 花田は本業である靴の制作で納期遅れなど受注トラブルが報じられたが、14日に放送されたテレビ朝日系「松之丞カレンの反省だ!」...
「揉めているわけでは」元貴乃花の口から聞こえた家族への本音

「揉めているわけでは」元貴乃花の口から聞こえた家族への本音

(全4枚) 独占直撃兄・虎上氏や母・紀子さんとの関係は修復できるのか? 本誌直撃に応じる元貴乃花。絵本の構想を立ち上げたのは昨年末。約2ヵ月半という短期間で物語を完成させた「絵本を作ったのは、子供の成長に関わる仕事がしたかったからなんです。家族愛をテーマにしたのは、それがずっと私の中にしまっ...
元貴乃花が母や兄との和解を熱望 芸能ジャーナリストが抱く違和感

元貴乃花が母や兄との和解を熱望 芸能ジャーナリストが抱く違和感

夏の参院選への出馬を否定し続ける貴乃花光司(46)。3月アタマのイベントでも「100%以上ない」などと答えているが、コメントと裏腹に布石は着々と打たれているようだ。 “貴乃花光司”に改名で参院選出馬がますます高まった根拠 20日放送の「ザ・発言X」(日本テレビ系)では、「唐揚げが好きと言っ...
「半沢直樹」の続編放送が決定 香川照之は複雑な思いか

「半沢直樹」の続編放送が決定 香川照之は複雑な思いか

6年前の7月期に放送され最高視聴率42.2%、平均視聴率28.7%のメガヒットを飛ばした、堺雅人(45)主演のドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編が来年4月にも放送されることが一部で明らかにされた。 TBS「半沢直樹」が1位平成民放連続ドラマの最高視聴率 続編は作家・池井戸潤氏の「ロスジェネ...
「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

「半沢直樹」の続編決定に冷めた目も なぜ7年もかかったのか

日本中にブームを巻き起こした大ヒットドラマの続編がついに始動です(写真は2013年放送の前作ポスター、撮影:今井康一) 5月23日、マスコミ各社がドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編決定を報じました。待望の続編は2020年4月からの放送で、主人公の半沢直樹を演じるのは、もちろん堺雅人さん。第一弾が放送...
磯野貴理子と同じ理由で離婚した作詞家「せめてもの意地」

磯野貴理子と同じ理由で離婚した作詞家「せめてもの意地」

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」や、Wink「淋しい熱帯魚」などを手掛けた作詞家の及川眠子さん(59)が、かつてタレントの磯野貴理子(55)と同じ理由で離婚した経験を明かした。 及川さんは19日、ツイッターを更新。同日放送されたフジテレビ系「はやく起きた朝は」...
及川光博と檀れい、離婚届提出日に「打ち上げ」の食事

及川光博と檀れい、離婚届提出日に「打ち上げ」の食事

城下尊之【芸能界仕事術】 女優と主婦のジレンマで檀れい&及川光博“円満離婚”の真相 先日、テレビ局のパーラー脇のスペースで、偶然、俳優の及川光博(49)と顔を合わせた。 僕はすぐにあいさつをして、「このところ、勝手なコメントをして申し訳ありません」と伝えた。僕の活動をご存じだったようで、及川...
元貴乃花のタニマチに「KING」の名が浮上 詐欺に利用されたか

元貴乃花のタニマチに「KING」の名が浮上 詐欺に利用されたか

昔、大阪谷町筋に相撲好きの外科医がいた。彼は相撲取りから治療費を取らなかった。そこから、スポーツ選手などを金銭的に支援する者を“タニマチ”と呼ぶようになったという。さて、時は平成、場所は大阪北新地。この男は果たして大横綱のタニマチだったのか。 「親方はスーツ姿でした。KINGに“誰だかわかるだ...
中居正広「結婚がしたいから恋愛しているわけでもない」

中居正広「結婚がしたいから恋愛しているわけでもない」

タレントの中居正広(46)が3日放送の日本テレビ系新番組「新・日本男児と中居」(金曜・深夜0時30分=初回のみ同40分)で結婚観を披露した。 少々特殊な価値観を持った“新日本男児”をスタジオに招き、“ちょい古男児”の中居と各分野で成功を収めた一流ゲストたちが討論するトークバラエティーで、結...
立川志らく 元貴乃花の絵本作家転身を絶賛「政治家よりすてき」

立川志らく 元貴乃花の絵本作家転身を絶賛「政治家よりすてき」

落語家の立川志らく(55)が、元横綱貴乃花の花田光司氏(46)が絵本作家への転身を宣言したことについて「政治家になるよりすてきだ」と絶賛した。 志らくは7日更新のツイッターで「貴乃花が絵本作家になったそうだ。素晴らしい。人生は自己表現。政治家になるよりすてきだ。議席欲しさから求められる政治家...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net