芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

久保田かずのぶ&武智、大阪の芸能界から追放か 「相手が悪すぎる」

久保田かずのぶ&武智、大阪の芸能界から追放か 「相手が悪すぎる」

お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」(スーマラ)の武智正剛(40)が、2日の「M―1グランプリ2018」決勝戦で審査員を務めた上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた動画が大騒動に発展している。特に問題なのは、大阪ローカルの上沼の番組に、スーマラも定期的に呼ばれていたこと。2人は4日にSNSを通じて全面謝罪しているが、それで済むはずはない。関西の“女帝”を怒らせたスーマラは、大阪の芸能界から追放される危機に立たされたとみられている。

問題の動画は、M―1終了後の打ち上げの席の様子を映したもの。久保田が泥酔状態で上沼を批判した動画を、武智がインスタライブ(現在は削除)で配信したことで大騒ぎになった。

まず久保田が「酔ってるからっていうのを理由にして言いますけど、もうそろそろ辞めてください」と切り出した。続けて「自分の感情だけで審査せんとってください。1点で人の一生変わるんで」。さらに「お前だよ。分かんだろ?右側のな。クソが!」。名指しこそしなかったが、審査員席の一番右側に座る上沼を指すのは明白だ。

さらにこの動画を撮影していたとみられる武智は「右のオバハンには、みんなウンザリですよ」と、オバハン呼ばわり。7人の審査員の中で女性は1人だけで、明らかに上沼を指して言った言葉。そのうえ「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」「自分の番組しか、してへんし。売れるために審査員するんやったら、辞めてほしいですよね」と言いたい放題だった。

その後、2人は4日朝になってツイッターを更新し上沼に謝罪。久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」。

武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M―1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と記した。

だが、この程度の謝罪で騒ぎは収まりそうもない。関西のテレビ局関係者は「いくら何でも相手が悪すぎる。久保田と武智が所属する吉本興業も相当頭を悩ませているようだ」と指摘する。やはりケンカを売った相手が、あまりに大物すぎるからだ。しかも問題は、それだけではない。

「若手芸人がやらかしてしまうことは多いけど、今回のやらかしは最高レベル。上沼さん自身が公言しているけど、審査員は松本人志さんに依頼されてやっている。その上沼に暴言を吐いたとなると、松本の顔に泥を塗ったも同然ですから」(同)

久保田と武智に対しては、上沼自身が怒り心頭だと言われている。

「あまりSNSには詳しくないが、ここまで騒ぎになったので気付いたようだ。大阪では“女帝”と言われる上沼さんの力は絶対的で、多くのレギュラー番組があり、しかも吉本所属の多くの芸人が番組に呼んでもらっている。吉本としてはたまらないでしょう」(同)

しかも問題は、上沼の番組に呼んでもらっている芸人の中にスーマラも入っていること。

「とろサーモンは東京所属だから、呼ばれることは少ないが、大阪で活動しているスーマラは、読売テレビの『気になる情報のウラのウラ上沼・高田のクギズケ!』などに結構、定期的に呼んでもらっていた。それなのに『自分の番組しか、してへんし!』なんて武智に言われたら、もう二度と呼ばれませんよ。万が一、上沼さんが許したとしても、テレビ局側が忖度して呼ばないでしょう」(お笑い関係者)

さらに問題となるのは、武智の「更年期障害かって思いますよね」という言葉だ。

「酔った上とはいえ、これは女性蔑視と取られても仕方がない。こうなると上沼さんとは関係なく、スポンサーが『武智を出すな!』と言いかねない。これでは上沼さんの番組以外からも呼ばれなくなるかもしれない」(同)

上沼はこのインスタ暴言動画のことを知ってか知らずか、3日昼のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で、「私みたいなこんな年寄りがね、偉そうにしている場合ではないんです。だからもう、私は審査員を引退します。審査員は引退しますけど、むしろ(出場者として)出たい」と話していた。

こうした状況に「スーマラは大阪の芸能界を追放されるのでは?」と、本気で心配する声も出ている。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

デヴィ夫人が法廷で叱られる 傍聴席で失笑し「お静かに」注意される

デヴィ夫人が法廷で叱られる 傍聴席で失笑し「お静かに」注意される

タレントのデヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた同事務所の元経理担当スタッフ・辻村秀一郎被告(61)の公判が21日、東京地裁で結審し、検察側は懲役4年6月を求刑した。判決は3月5日。デヴィ夫人は意見陳述を...
車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

車いすの女性にユーモアを交えて声掛け 小籔千豊の対応が話題に

お笑い芸人の小籔千豊が車いすの女性へ行った対応がツイッターで拡散され、話題を呼んでいる。小籔は品川駅で車いすの女性がタクシーに乗る際に遠くから駆け寄り、「何していいかわからんから教えて下さい」とユーモアを交え、女性に声掛け。女性はツイッターで「まさにユニバーサルマナーを体現してくださっ...
西川史子が池江璃花子巡り言及「スポーツ選手って病気になりやすい」

西川史子が池江璃花子巡り言及「スポーツ選手って病気になりやすい」

女医でタレントの西川史子(47)が17日、TBS系の生番組「サンデー・ジャポン」で、「スポーツ選手は病気になりやすい」と語った。 番組では白血病を公表した競泳の池江璃花子(18)を特集。 西川は医師の立場から「スポーツ選手って酸素をたくさん吸ってたくさん吐いてる、活性酸素も発生するので、...
長男逮捕も大沢樹生への擁護相次ぐ「父親」の振る舞いが共感呼ぶ?

長男逮捕も大沢樹生への擁護相次ぐ「父親」の振る舞いが共感呼ぶ?

元光GENJIでタレント大沢樹生(49)の株が急上昇中だ。大沢の元妻で、元女優・喜多嶋舞さん(46)の職業不詳の長男(22)が傷害容疑で警視庁北沢署に逮捕された先月下旬、DNA鑑定し、大沢の実子ではないことが判明した過去が改めて取り沙汰され、大沢の責任問題を論じる報道もあった。 不倫疑惑...
菅田将暉の鬼気迫る言葉に涙…“神回”の『3年A組』6話

菅田将暉の鬼気迫る言葉に涙…“神回”の『3年A組』6話

2月10日、菅田将暉(25)主演ドラマ『3年A組―今から皆さん、人質です―』(日本テレビ系)の第6話が放送された。数カ月前に自殺したクラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)の真相を明らかにするべく、菅田演じる柊一颯が生徒29人に対して10日間の“最後の授業”を行うドラマ。 第5話では諏訪唯月(今田美桜)が持...
ノンスタ井上「イジり」と「イジメ」の境界線で持論

ノンスタ井上「イジり」と「イジメ」の境界線で持論

お笑いコンビNONSTYLEの井上裕介(38)が「笑いのためのイジメはあってはならない」との考えを示し、「イジり」と「イジメ」の境界線について持論を語った。 ネット上では、評論家の宇野常寛氏が、イベントで共演したユーチューバー「カジサック」ことキングコング梶原雄太から「失礼な絡み」と受けたと告発し...
ウーマン村本がR-1運営への批判騒動イジる 「審査員批判ブーム到来」

ウーマン村本がR-1運営への批判騒動イジる 「審査員批判ブーム到来」

ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が、お笑い芸人のキートン(45)がピン芸人日本一決定戦「R−1ぐらんぷり2019」の大会運営や審査員に対する不信感をあらわにして物議をかもしている騒動を受け、「審査員も演者から文句言われることを覚悟しとけ」と自分の考えを示した。 キートンは同コンテストの3回戦...
キートンがR-1の運営に怒る「参加費取って出来レースまがい」

キートンがR-1の運営に怒る「参加費取って出来レースまがい」

椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートン(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R−1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにした。 キートンは30日、ツイッターを更新。「自分で言うのもなんです...
スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

お笑いコンビ・スーパーマラドーナの田中一彦(41)が4日、大阪市内で行われた、ピン芸人No.1決定戦「R−1ぐらんぷり」1回戦に出場し、2回戦進出を決めた。 5年ぶり5度目のR−1参戦となった田中は、冒頭で「武智、しばいたるからな!」と一喝。昨年の「M−1グランプリ」を巡り、とろサーモン・...
M-1での上沼恵美子への批判騒動 審査の必要以上な「ショー化」が要因か

M-1での上沼恵美子への批判騒動 審査の必要以上な「ショー化」が要因か

年の瀬を迎えた12月も、芸能界の話題は絶えることがない。中でもトップクラスの関心事となったのが、2日に行われたM−1グランプリ決勝における、審査員を巡る騒動だった。 事の発端は同日夜、芸人たちの打ち上げとおぼしき会場で撮影された映像。前年度覇者のとろサーモン・久保田かずのぶ(39)と、ラ...
「更年期障害」発言 上沼恵美子への暴言騒動で武智の方は長期化か

「更年期障害」発言 上沼恵美子への暴言騒動で武智の方は長期化か

いわゆる「M―1上沼騒動」は今もなおくすぶり続けている。発売中の「週刊新潮」では7年前に芸能界を引退した島田紳助(62)が登場し、自分には審査員として上沼恵美子(63)を招聘した責任があるとかなんとか。関西の女帝に対し、「オバハン」や「更年期障害」などと恐れ知らずの暴言を吐いた「とろサー...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net