芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

久保田かずのぶ&武智、大阪の芸能界から追放か 「相手が悪すぎる」

久保田かずのぶ&武智、大阪の芸能界から追放か 「相手が悪すぎる」

お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」(スーマラ)の武智正剛(40)が、2日の「M―1グランプリ2018」決勝戦で審査員を務めた上沼恵美子(63)に“暴言”を吐いた動画が大騒動に発展している。特に問題なのは、大阪ローカルの上沼の番組に、スーマラも定期的に呼ばれていたこと。2人は4日にSNSを通じて全面謝罪しているが、それで済むはずはない。関西の“女帝”を怒らせたスーマラは、大阪の芸能界から追放される危機に立たされたとみられている。

問題の動画は、M―1終了後の打ち上げの席の様子を映したもの。久保田が泥酔状態で上沼を批判した動画を、武智がインスタライブ(現在は削除)で配信したことで大騒ぎになった。

まず久保田が「酔ってるからっていうのを理由にして言いますけど、もうそろそろ辞めてください」と切り出した。続けて「自分の感情だけで審査せんとってください。1点で人の一生変わるんで」。さらに「お前だよ。分かんだろ?右側のな。クソが!」。名指しこそしなかったが、審査員席の一番右側に座る上沼を指すのは明白だ。

さらにこの動画を撮影していたとみられる武智は「右のオバハンには、みんなウンザリですよ」と、オバハン呼ばわり。7人の審査員の中で女性は1人だけで、明らかに上沼を指して言った言葉。そのうえ「『嫌いです』って言われたら、更年期障害かって思いますよね」「自分の番組しか、してへんし。売れるために審査員するんやったら、辞めてほしいですよね」と言いたい放題だった。

その後、2人は4日朝になってツイッターを更新し上沼に謝罪。久保田は「この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」。

武智は「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M―1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」と記した。

だが、この程度の謝罪で騒ぎは収まりそうもない。関西のテレビ局関係者は「いくら何でも相手が悪すぎる。久保田と武智が所属する吉本興業も相当頭を悩ませているようだ」と指摘する。やはりケンカを売った相手が、あまりに大物すぎるからだ。しかも問題は、それだけではない。

「若手芸人がやらかしてしまうことは多いけど、今回のやらかしは最高レベル。上沼さん自身が公言しているけど、審査員は松本人志さんに依頼されてやっている。その上沼に暴言を吐いたとなると、松本の顔に泥を塗ったも同然ですから」(同)

久保田と武智に対しては、上沼自身が怒り心頭だと言われている。

「あまりSNSには詳しくないが、ここまで騒ぎになったので気付いたようだ。大阪では“女帝”と言われる上沼さんの力は絶対的で、多くのレギュラー番組があり、しかも吉本所属の多くの芸人が番組に呼んでもらっている。吉本としてはたまらないでしょう」(同)

しかも問題は、上沼の番組に呼んでもらっている芸人の中にスーマラも入っていること。

「とろサーモンは東京所属だから、呼ばれることは少ないが、大阪で活動しているスーマラは、読売テレビの『気になる情報のウラのウラ上沼・高田のクギズケ!』などに結構、定期的に呼んでもらっていた。それなのに『自分の番組しか、してへんし!』なんて武智に言われたら、もう二度と呼ばれませんよ。万が一、上沼さんが許したとしても、テレビ局側が忖度して呼ばないでしょう」(お笑い関係者)

さらに問題となるのは、武智の「更年期障害かって思いますよね」という言葉だ。

「酔った上とはいえ、これは女性蔑視と取られても仕方がない。こうなると上沼さんとは関係なく、スポンサーが『武智を出すな!』と言いかねない。これでは上沼さんの番組以外からも呼ばれなくなるかもしれない」(同)

上沼はこのインスタ暴言動画のことを知ってか知らずか、3日昼のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」(ABCラジオ)で、「私みたいなこんな年寄りがね、偉そうにしている場合ではないんです。だからもう、私は審査員を引退します。審査員は引退しますけど、むしろ(出場者として)出たい」と話していた。

こうした状況に「スーマラは大阪の芸能界を追放されるのでは?」と、本気で心配する声も出ている。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

木口亜矢がブログで近況を報告 広島県で保育園の先生に転身

木口亜矢がブログで近況を報告 広島県で保育園の先生に転身

グラビアアイドルでタレントの木口亜矢が18日、ブログを更新し、現在は広島で「保育園の先生をしている」と近況を報告した。 木口は約2カ月ぶりにブログを更新。「実はですね、今は広島に住んでおり、私は広島で保育園の先生をしています」と転身を報告。「こちらに来て2年になりますが、穏やかな街並み、...
デビュー1週間前に目を整形 水沢アリーが「しくじり先生」で告白

デビュー1週間前に目を整形 水沢アリーが「しくじり先生」で告白

タメ口キャラで“第2のローラ”としてブレークした水沢アリー(28)が15日深夜に放送される「しくじり先生俺みたいになるな!!」に“しくじり先生”として登場する。 水沢は、ツイッターで、「“第2のローラ”水沢アリー、デビュー前に目を整形『しくじり先生』で赤裸々告白!」とのタイトルのネットニュース...
松本人志が浜田雅功との不仲を告白 約10年間「死ぬほど仲悪かった」

松本人志が浜田雅功との不仲を告白 約10年間「死ぬほど仲悪かった」

ダウンタウン松本人志(55)が13日深夜にABCテレビで放送された「松本家の休日」(土曜深夜0・10)に出演し、相方の浜田雅功(55)と「死ぬほど」不仲の時期が10年ほどあったと語った。 番組にはベッキーがゲスト出演。バラエティー番組の本番前にする楽屋あいさつは必要かどうかを松本や雨上が...
ビートたけし 即位30年での祝辞に批判も「しょうがねえじゃねえか」

ビートたけし 即位30年での祝辞に批判も「しょうがねえじゃねえか」

ビートたけしが13日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。10日の「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」で祝辞を述べた際に、ボケ倒したことを「祝辞をしゃべってくれって言われて、気使ったんだよ」と振り返った。 山中伸弥教授らの後に演台に立つのはプレッシャーがあったとし「...
第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

芸人・マキタスポーツさんと、「テレビブロス」でおよそ8年にわたって連載しているコラム(『越境芸人』で書籍化)の担当編集者・おぐらりゅうじさんの対談第3回。「M-1グランプリ2018」の判定をめぐる騒動を振り返ります。(全5回の3回目/#1、#2が公開中) 【写真】この記事の写真(10枚)を見る ◆◆◆ テレビ...
友近ら6人「R−1」決勝審査員に決定…話題のポジション、慎重にしなきゃ

友近ら6人「R−1」決勝審査員に決定…話題のポジション、慎重にしなきゃ

ひとり芸No.1決定戦「R−1ぐらんぷり2019」決勝(3月10日)の審査員が28日、桂文枝、関根勤、渡辺正行、久本雅美、陣内智則、友近に決まったことが発表された。今大会で6度決勝に進出している友近が、審査員を務めるのは初。 大役を担う友近は「最近、話題で注目されているポジションなので、...
ビートたけし 過去の「カメ止め」評価を一転し絶賛「計算すごい」

ビートたけし 過去の「カメ止め」評価を一転し絶賛「計算すごい」

お笑いタレントのビートたけしが24日、都内のホテルで行われた、自身が委員長を務める『第28回東京スポーツ映画大賞』の授賞式に出席。監督賞を受賞した上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』を、過去に「下手ウマ」と評価したことについて謝罪した。 【授賞式写真】松岡茉優、笑福亭鶴瓶から山根明氏ま...
菅田将暉の鬼気迫る言葉に涙…“神回”の『3年A組』6話

菅田将暉の鬼気迫る言葉に涙…“神回”の『3年A組』6話

2月10日、菅田将暉(25)主演ドラマ『3年A組―今から皆さん、人質です―』(日本テレビ系)の第6話が放送された。数カ月前に自殺したクラスメイトの景山澪奈(上白石萌歌)の真相を明らかにするべく、菅田演じる柊一颯が生徒29人に対して10日間の“最後の授業”を行うドラマ。 第5話では諏訪唯月(今田美桜)が持...
キートンがR-1の運営に怒る「参加費取って出来レースまがい」

キートンがR-1の運営に怒る「参加費取って出来レースまがい」

椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートン(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R−1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにした。 キートンは30日、ツイッターを更新。「自分で言うのもなんです...
スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

スーマラ田中「武智!しばいたるからな」R−1の1回戦で相方を一喝

お笑いコンビ・スーパーマラドーナの田中一彦(41)が4日、大阪市内で行われた、ピン芸人No.1決定戦「R−1ぐらんぷり」1回戦に出場し、2回戦進出を決めた。 5年ぶり5度目のR−1参戦となった田中は、冒頭で「武智、しばいたるからな!」と一喝。昨年の「M−1グランプリ」を巡り、とろサーモン・...
M-1での上沼恵美子への批判騒動 審査の必要以上な「ショー化」が要因か

M-1での上沼恵美子への批判騒動 審査の必要以上な「ショー化」が要因か

年の瀬を迎えた12月も、芸能界の話題は絶えることがない。中でもトップクラスの関心事となったのが、2日に行われたM−1グランプリ決勝における、審査員を巡る騒動だった。 事の発端は同日夜、芸人たちの打ち上げとおぼしき会場で撮影された映像。前年度覇者のとろサーモン・久保田かずのぶ(39)と、ラ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net