芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

フォローしながらも突き落とす M-1炎上の裏にある芸人界の残酷さ

フォローしながらも突き落とす M-1炎上の裏にある芸人界の残酷さ

先日開催された「M-1グランプリ2018」は、最年少チャンピオンとして霜降り明星が優勝しました。

しかし残念なことに、いちばん注目を集めているのはこの2人ではありません。本大会の打ち上げで、とろサーモンの久保田かずのぶさん(39)と決勝進出したスーパーマラドーナの武智さん(40)が生配信。そこで審査員である上沼恵美子氏(63)への批判を行ったことで、炎上しているのです。

動画は即削除され、2人は謝罪コメントを発表。しかし、今日まで様々な芸人たちがコメントをしています。酔った勢いとはいえ、こういったトラブルは後味が悪いもの。とはいえこの一極集中の批判の大きさは、やや過剰すぎると思えてなりません。

そこには同業者による“優しさという突き落とし”が起きているからではないかと思うのです。

■当人間では完了した問題のはずが…

そもそも本トラブル、上沼さん側は「興味あれへん」とコメント。番組でも「後輩芸人にいじられるタイプなのかな?」といった笑いに変えるリアクションも出ています。

当人からの謝罪も丁重にお断りしたことが報じられていますから本心は不明でも、上沼さんは業界の先輩として対応していることがわかります。また炎上させた2名もそれぞれ謝罪とコメントを発表し、これも最低限の役割を果たしているといえます。

しかし、ここまで問題が大きくなり続けているのはなぜでしょう。そこには結局、仲間の不祥事もフォローしながらも突き落とす“残酷な芸人界隈の洗礼”があるのかもしれません。

■「うまいこと言う」ことが、当人を攻撃する残酷さ

今回の騒動後、多くの芸人たちがこの件についてコメントしました。

松本人志さんや和牛の水田信二さん(本年決勝進出コンビ)、霜降り明星のお2人など“大会に関係している人”がコメントをするのはまだわかります。しかし、時間がたつほどコメントする人は増えてしまっているのが現状です。

たとえば山里亮太さんやカンニング竹山さん、中川家・剛さんなど“大会とは関係のない人”からのコメントが取り上げられることに。また鈴木おさむさんや乙武洋匡さんなどの文化人からも労いや擁護のコメントが集まっていますが、本当に関係ない人までなぜコメントするのか……と首をかしげてしまいます。

と同時にこの流れ、1つ思い出すことがあるのです。それは、約3年前に起きた“ベッキー不倫騒動”です。まわりが良くも悪くもコメントするからこそ、事態が大きくなるという負のスパイラル構造が今回も起きていると思うのです。

外野からのコメントの多くは「なにやってんだ」という呆れも含め、2人を擁護する声が多く上がっています。これ、実はベッキーさんの時も同じでした。「彼女はいい子」という同業者からの擁護が集まるほど、彼女のしたことや見え隠れする人間らしさが際立つ。そして大量の批判を生み出したのです。

今の芸能界は、芸人だって清廉潔白が求められる時代です。だからこそ悪口というストレートな悪意を擁護する行為は、人間的な部分を上塗りして隠そうとしていると捉えられます。視聴者はそんな空気を察知し、よりこのネタが人の関心を集めることに。そして、批判につながるのではないでしょうか。

■無関心をつら抜く優しさを、つらぬけない芸能界

好きの反対は無関心。今回これだけのコメントが集まるということは、2名は同業仲間にとてつもなく愛されているということがわかります。でも小さな発言も取り上げられる時代。ですから本当の擁護は無言の無関心を決め込み、嵐が去るのを待ってあげるだけでいいはずです。

多くの芸人にそれができない現状。それは身内の不祥事ですらうまいこと言わないと生き抜けない、芸能界の喜ばしくない残酷さが浮き彫りになっているような気がします。

この件で、2人の芸人人生はどうなるのか。正直“こんなこと”で閉め出されてしまう場所ならば、芸能界はもう夢も憧れもない窮屈な場所なのかもしれないと思ってしまうのでした。

(文・イラスト:おおしまりえ)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

フット後藤「すげえ」と賞賛集まるも…「アメトーーク」不思議な放送で諸説

フット後藤「すげえ」と賞賛集まるも…「アメトーーク」不思議な放送で諸説

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/c/cce2a_50_69f32919_c5286ec1-m.jpg 反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚した、雨上がり決死隊・宮迫博之が出演していたテレビ朝日系「アメトーーク!」が11日、放送された。宮迫が謹慎処分となって3回目の放送で、司会の蛍原徹の左側にいる人物の腕が何...
岡村隆史が闇営業報道巡る「元芸人」コメントに苦言「すべて浅い」

岡村隆史が闇営業報道巡る「元芸人」コメントに苦言「すべて浅い」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/4/64d53_50_bd5b9f45_6e9fcb87-m.jpg ナインティナインの岡村隆史が4日深夜のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、闇営業問題について“元お笑い芸人”“元吉本芸人”がメディアで事情を語っていることは「全てに浅い」と語り、...
岡村隆史「会社通して」怖すぎる…自宅への直接投函

岡村隆史「会社通して」怖すぎる…自宅への直接投函

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/5/45720_1401_d54c6b03_0dd20736-m.jpg ナインティナインの岡村隆史(48)が、芸人の闇営業問題に関する雑誌記者からの取材依頼が、自宅マンションのポストに直接投函(とうかん)されていたことを明かし、「これ、ルール違反じゃないですか?」と疑問を呈し...
スリムクラブが暴力団幹部の誕生会で「闇営業」 稲川会の超大物か

スリムクラブが暴力団幹部の誕生会で「闇営業」 稲川会の超大物か

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/a/ba96c_1643_630f09a3453a68ca02b6bc6b054d7507-m.jpg (全5枚) 日本一のお笑い芸能プロ吉本興業はウラ社会と一心同体なのか 札びらを首に巻いて笑顔でピースサインをする内間政成。右側のジーパンの男が、指定暴力団・稲川会の幹部だ 超がつく大物のパーテ...
「いつでも復帰の準備はしてた」アンタッチャブル柴田英嗣が語る謹慎時

「いつでも復帰の準備はしてた」アンタッチャブル柴田英嗣が語る謹慎時

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/4/146e9_60_835b236b_6a94f13c-m.jpg 文化放送の定例社長会見が16日、東京・浜松町の本社で行われた。 ゲストとして登場したのが、今年1月スタートの「岡副麻希のほくほくたいむ」(木曜・深夜2時)に出演中のフリーアナウンサー・岡副麻希(26)とお...
大麻取締法違反の罪に問われた小嶺麗奈被告 初公判で報道陣が感じた危うさ

大麻取締法違反の罪に問われた小嶺麗奈被告 初公判で報道陣が感じた危うさ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/a/4aee5_929_spnldpc-20190715-0145-002-p-0-m.jpg 【覆面座談会】芸能界に衝撃が走りました。ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日にくも膜下出血のため、87歳で他界。日本の芸能史を支えてきたジャニーさんの訃報に日本中に悲しみが広がりました。闇...
宮迫博之は交代?「松本家の休日」の次回内容は「帰ってきたお父ちゃん」

宮迫博之は交代?「松本家の休日」の次回内容は「帰ってきたお父ちゃん」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/4/b44d2_50_79d0bc75_3843c0c6-m.jpg 反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚して謹慎中の、雨上がり決死隊・宮迫博之が“お父ちゃん”としてレギュラー出演していたABCテレビ「松本家の休日」(土曜、深夜0・10)が13日に放送され、次回内容が「帰ってき...
上沼恵美子が原田龍二を厳しく批判「女をモノとして思ってないか」

上沼恵美子が原田龍二を厳しく批判「女をモノとして思ってないか」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/1/b1caf_50_2e6c7ec5_a69b2e2c-m.jpg 4WD不倫が報じられた俳優の原田龍二(48)が14日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、もう一度同様のことをしたら「芸能界を引退しようと思っている」と覚悟を示した。MCの上沼恵美子は「男として...
吉本興業が福岡のヤフオクドーム敷地内に新劇場をオープンへ

吉本興業が福岡のヤフオクドーム敷地内に新劇場をオープンへ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/7/772b7_760_2137263_20190610_092359_size640wh_8029-m.jpg 吉本興業が10日、福岡ソフトバンクホークスが建設を進めているエンターテインメントコンテンツを展開する施設『E・ZOFUKUOKA』(ヤフオクドーム敷地内)の7階に、福岡新劇場(仮称)を来夏にオー...
「完全にミッツさん」「本人やん」かまいたち濱家の女性化写真が予想通りすぎると話題に

「完全にミッツさん」「本人やん」かまいたち濱家の女性化写真が予想通りすぎると話題に

どこからどう見てもミッツさんです お笑いコンビ・かまいたちの濱家隆一が、5月27日にInstagramを更新。流行中の写真共有アプリ『Snapchat』を使用した女性化写真が、大方の予想通りタレントのミッツ・マングローブにそっくりすぎると話題になっている。 この投稿をInstagramで見るやっぱりな。絶対にこうなる...
スーパーマラドーナ・武智 更新していなかったSNSを再開していた

スーパーマラドーナ・武智 更新していなかったSNSを再開していた

お笑いコンビ・スーパーマラドーナの武智(40)が、昨年末のM−1グランプリ後に審査員を務めた上沼恵美子(64)への暴言騒動以来、更新していなかったツイッターやインスタグラムなどSNSを再開したことが分かった。 昨年12月3日に「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M−1に携わる方々、す...
第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

第一芸能界での売れ筋は内輪揉めで消える マキタスポーツが内情を語る

芸人・マキタスポーツさんと、「テレビブロス」でおよそ8年にわたって連載しているコラム(『越境芸人』で書籍化)の担当編集者・おぐらりゅうじさんの対談第3回。「M-1グランプリ2018」の判定をめぐる騒動を振り返ります。(全5回の3回目/#1、#2が公開中) 【写真】この記事の写真(10枚)を見る ◆◆◆ テレビ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net