芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ジャニーズでパニック障害が相次ぐ事情 ジャニー氏との対話機会が減少で

平本淳也(元ジャニーズ所属タレント、作家)

『NHK紅白歌合戦』への初出場が決まったKing&Prince(愛称キンプリ)のメンバー、岩橋玄樹と、SexyZone(愛称セクゾ)の松島聡が、パニック障害を理由に相次いで活動休止を発表した。

岩橋は以前から患っていたとされ、松島については突発性であり、それぞれ発症の経緯が異なるようだが、いずれも若手グループの人気メンバーで、ほぼ時期が重なっただけに衝撃も大きかった。人気絶頂のジャニーズアイドルに何が起きているのだろうか。

急なケガなどで休養を取るのは致し方がないが、今回の件は、長いジャニーズの歴史の中で異例の事態であり、ファンや関係者も違和感を覚えたに違いない。ジャニーズ事務所も然り、社長のジャニー喜多川氏も戸惑いを隠せないようだ。

そもそも、ジャニー氏は「自分が知らないことを気にするタイプ」だ。つまり、自分が知らないところで知らないことが起こっているのを非常に嫌う。社長として組織のトップとして当然の心掛けだが、病気でもけがでもまず「僕に言いなさい」とか、「困っていることがあれば先に言っておきなさい」というような対応が当たり前だった。

だが、今はそれがない。言い換えれば、現場で何が起こっているのか、また個々のタレントがどのように感じて、いま何を考えているのか、ほとんど把握できていないのが現状である。「Youが何を考えているのか教えてほしい」。かつてはジャニー氏が自らタレントと向き合って、こんな対話をする機会も多くあった。

ジャニー氏はコミュニケーションを大切にするし、「子供たち(所属タレント)」とのかかわりが大好きで、その労力を決して惜しむことなく、許す限り時間を費やしてきた。だが、いつの日からかその機会はめっきり少なくなった。端的に言えば、今回の相次ぐパニック障害を招いた原因はここにあるのだが、そこに至った背景を少し踏み込んで詳述したい。

90年代の終わりに席巻した「ジャニーズJr.」(主にCDデビュー前の所属タレント)たちが主役を張ったバラエティー番組『8時だJ』(テレビ朝日系)が12月29日に特番として復活する。嵐や関ジャニ∞、NEWSなど、後にスーパーアイドルとして確立したグループがレギュラー出演していた人気番組だ。MCは当時、滝沢秀明(タッキー)が担っていたことから、今回の特番はタッキーの引退に合わせて制作された「ジャニー氏からのプレゼント」としての意味合いが強い。

この時代のジャニーズは、光GENJIからSMAPへと世代が代わり、後に息の長いグループとなったTOKIOやV6、KinKiKids、そして嵐が登場して歴史をつないでいった。こうした流れは実は重要な意味がある。

要するに、これまでのジャニーズは「一子相伝」的に時代を引き継いできた。田原俊彦から近藤真彦、シブがき隊、そして少年隊と継承され「ジャニー氏の創作」が時代のトップを構成するように「一球入魂」され続けてきたのである。

ジャニーズでパニック障害が相次ぐ事情 ジャニー氏との対話機会が減少で

(イラスト・不思議三十郎)

つまり、一世代に1組のトップポジションだったものが、90年代以降は徐々に複数になり、今や「ジャニーズJr.」だけでも500人以上、ユニットも10組以上が存在する中で、ジャニー氏が直接指導しているアイドルは極端に少なくなった。

そういった意味で『8時だJ』の時代にいたジャニーズJr.たちは、ジャニー氏自らが直接育てた最後のメンバーだったと言えるのかもしれない。嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞の他、生田斗真や風間俊介ら俳優としても活躍している彼らにとって、ジャニー氏はまさに父のような存在だったのである。

そしてKAT-TUN以降、ジャニー氏は「祖父」のような立場となって見守る空気が強くなった。一般企業で例えるならば、ジャニー氏は社長として陣頭指揮を執る立場から、現場からは少し離れて会社の行く末を眺める会長職になったようなものだ。

歳を重ね、事務所も大きくなって、すべての所属アイドルに目を配ることに、無理が生じてきているのは間違いない。レッスンやリハーサルの度に必ずと言っていいほど現場に足を運び、ジャニーズJr.たち一人一人に声をかけては指導するという環境が今はない。むろん、ジャニー氏自身、体力的にもそれは難しいだろう。

ジャニー氏と所属タレントはいわば血縁関係に近いものがあったが、こうした関係が崩れ始めたのは先に述べたKAT-TUNのデビュー前後からで、その後起きた象徴的な事件がSMAP解散とTOKIO、山口達也の解雇だったことは言うまでもない。SMAPやTOKIOの「事件」はかつての血縁的な関係が保たれていれば、起こらなかった可能性が高い。

ちなみに僕の現役時代は、ジャニーズの所属タレントは総勢50人前後で、学校で言えば一クラス分ぐらいの規模だった。それはまさに「家族」のような関係で、誰がどんな生い立ちで、どのような悩みで苦しんでいるか、互いに知る間柄でもあった。良くも悪くも、ジャニー氏とはベッタリの関係だったと言うべきか。ただ、ジャニー氏との濃密な関係性が、最大の危機管理になっていたのも事実である。

これが今や、ジャニーズJr.同士でも名前や顔も知らず、入所以降ジャニー氏と話したこともないというタレントが少なくない。こうした現状を踏まえれば、今のジャニーズは大きな岐路に立たされていると言える。もっと言えば、ジャニー氏が世代交代を意識し、タッキーに後継ぎを託した理由はここにあると言っても過言ではない。

その一方で、言い尽くされた感はあるが、若手のプロ意識の希薄さも否めない。これは芸能界全体に言えることである。最近、グラビアアイドルが「彼氏に反対されたので水着になれなくなりました」などと突然言い出すケースが増えているそうだが、これも一つの表れだろう。

心的な病にしても、仕事に差し支えないよう自己管理し、事が大きくなる前に誰かに相談するといった意識も低い。ひとたび病気やケガをすれば、事務所としては休養させるしか道がない。キンプリの岩橋とセクゾの松島のパニック障害の原因は、ジャニーズ事務所が彼らを酷使しているからだと、安直に考える人も多いが、そもそも過酷な環境で活動するのがアイドルたるゆえんなのである。

もとより、アイドルは極力休養する状況にならないよう、日々心掛けているはずである。病気やケガとはいえ、仕事は絶対に穴を空けてはならない。これは芸能界の常識である。誤解を恐れずに言えば、具合が悪いとか急用があるとか、下手な理由で仕事をおろそかにするタレントが昔よりも増えている気がしてならない。

ジャニーズでパニック障害が相次ぐ事情 ジャニー氏との対話機会が減少で

(イラスト・不思議三十郎)

少々厳しいようだが、本来「歩合型」の芸能界で、働けないタレントに給料など払えない。ジャニーズほどの規模と資金力、影響力があるからこそ、代えがきくのである。規模の小さい事務所であれば、タレントが回復するまで待つなど、それこそ死活問題であろう。

最近は事務所の管理責任を問う声も大きい。ひと昔前であれば、自分が病気を患っていることを伏せたまま収録に臨んだり、骨折を抱えながらも舞台で演じ切ったりするのが、トップアイドルたる生き様でもあった。もちろん、こうした話が美談となる時代が終わったのは確かである。

こんな時代であるからこそ、あえて言いたいことがある。奇(く)しくも年末に復活する90年代の『8時だJ』の復活は、ジャニー氏からタッキーへのプレゼントという意味合いよりも、むしろアイドルとは何たるかを示し、ジャニーズを継いでいく次世代スターたちに向けたメッセージでもあるのだ、と。

■関ジャニ大倉「ヤラカシ批判」はアイドルとして許されるか■養子縁組も既定路線?ジャニー喜多川が滝沢秀明を溺愛する理由■「おっさんアイドル」山口達也の悲哀は私にも分かる

ジャニーズでパニック障害が相次ぐ事情 ジャニー氏との対話機会が減少で 外部サイト 「フィギュアの新星」紀平梨花、強さの秘密はここにある 「官僚の本分忘れた驕り」森友問題、泥沼化の本質はここにある 長篠合戦図屏風に描かれた「六芒星メンズ」の謎を解く 「ジャニーズ」をもっと詳しく

嵐に解散説が浮上?櫻井翔が飲みの場で驚きの発言か 木村拓哉が微博の公式アカウントを開設初投稿で流暢な中国語 活躍する個性豊かなメンバー1番かっこいいジャニーズランキング

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

少年隊・錦織一清「東山紀之の連絡先は知らない」本当のメンバー仲とジャニーさんからの金言

少年隊・錦織一清「東山紀之の連絡先は知らない」本当のメンバー仲とジャニーさんからの金言

1980年代に歌とダンスで多くの人を魅了した『少年隊』。メンバーのひとりとして活躍した錦織一清は、当時の熱狂をこう振り返る。 【写真】東山紀之、植草克秀、錦織一清、紅白に出場した少年隊の3人が美形すぎる「僕は東京の下町育ちのいわゆる江戸っ子。女性ファンの声援はすごく喜ばしいことですけど、どこ...
地上波に復活した「新しい地図」変化を求められるのは香取慎吾か

地上波に復活した「新しい地図」変化を求められるのは香取慎吾か

4月9日からNHKEテレでバラエティー「ワルイコあつまれ」が始まった。レギュラー出演するのは新しい地図の稲垣吾郎(48)、草磲剛(47)、香取慎吾(45)の3人。2016年に起きた大騒動を経て、翌年9月にジャニーズ事務所を退所した“辞めSMAP”の3人だ。 【画像】プライベートでも仲良さそう…「新しい地図」...
今やジャニーズはギャラ安く使いやすい? TV局と事務所の力関係逆転か

今やジャニーズはギャラ安く使いやすい? TV局と事務所の力関係逆転か

春ドラマはジャニーズ事務所タレントの世代争いとなった。テレビ朝日系「未来への10カウント」の木村拓哉は49歳、TBS系「マイファミリー」の二宮和也は38歳、日本テレビ系「金田一少年の事件簿」の道枝駿佑(なにわ男子)は19歳だ。木村は進学校のボクシング部コーチを嫌々引き受けるボクサー崩れのやさぐれオ...
故メリー喜多川さんの素顔とSMAPへの?仕打ち?  50年見続けた男が告白

故メリー喜多川さんの素顔とSMAPへの?仕打ち? 50年見続けた男が告白

ジャニーズ帝国を築き、昨年8月に亡くなったメリー喜多川さんについて記された“禁断の書”「女帝メリー喜多川」(青志社)が先日、発売された。著者は1968年7月から50年以上、ジャニーズ事務所を見守り続けてきた、“ジャニーズウオッチャー”として知られる作家の小菅宏氏だ。これまで誰も書けなかった...
美川憲一が7億円の豪邸を売却 生みの母&育ての母と暮らした家

美川憲一が7億円の豪邸を売却 生みの母&育ての母と暮らした家

歌手の美川憲一(76)が東京都世田谷区にある豪邸を売却したことが20日、分かった。1993年に新築し、生みの母、育ての母との3人で暮らした豪邸。当時「総額7億円」と言われ話題になった。美川がスポニチ本紙の取材に応じ、売却理由や思い出などを明かした。 豪邸があるのは、高級住宅地として知られる世田谷区...
NHK前田晃伸会長、紅白打ち切り指示を否定「全くの虚偽」

NHK前田晃伸会長、紅白打ち切り指示を否定「全くの虚偽」

NHKの前田晃伸会長が12日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、大みそかの「紅白歌合戦」打ち切り指示について「全くの虚偽」と否定した。 2020年1月に就任した前田会長が進める改革に対し、職員有志一同による「前田会長よ、NHKを壊すな」と題したリポートが今月10日発売の「文藝春秋」6月号に掲載され、波紋...
EXILE ATSUSHI「どでかい失敗をやらかしまして」“紅白”での驚愕エピソード告白

EXILE ATSUSHI「どでかい失敗をやらかしまして」“紅白”での驚愕エピソード告白

【モデルプレス=2022/05/05】EXILEATSUSHIが6日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組「人志松本の酒のツマミになる話」(毎週金曜よる9時58分〜)に出演。「NHK紅白歌合戦」に出演した際の失態を打ち明けた。 【写真】ATSUSHI、BTS「Dynamite」カバー「ついに」「最高」ファン歓喜◆ATSUSHIのギャップに...
大泉洋「♯全部大泉のせい」トレンド入り 遂に国民の「嫌われ者」に?

大泉洋「♯全部大泉のせい」トレンド入り 遂に国民の「嫌われ者」に?

これまで善人役が大半だった大泉洋(49)が憎まれ役を演じている。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(日曜午後8時)での源頼朝役のことだ。 【写真】すごい寝癖のままでインスタに登場しちゃった大泉洋「♯全部大泉のせい」がトレンド入り 頼朝はプライドが高く、自分勝手で女好き。おまけに冷淡で、自分のために...
伝説の音楽番組「THE夜もヒッパレ」一夜限定で復活へ

伝説の音楽番組「THE夜もヒッパレ」一夜限定で復活へ

King&Prince永瀬廉と女優・上白石萌歌がMCを務め、日本テレビ系で30日に4時間生放送される音楽特番『PremiumMusic2022』(後7:00〜10:54)の目玉企画として、“伝説”の音楽番組『THE夜もヒッパレ』が一夜限定復活することが決定した。 【写真6点】『ヒッパレ』で命名されたSPEED、Folder時代の三浦大知お宝...
山下智久が地上波の連続ドラマ主演に決定か ジャニーズ独立後で初

山下智久が地上波の連続ドラマ主演に決定か ジャニーズ独立後で初

ジャニーズ退所から約1年。山下智久(36)が独立後初めて地上波の連続ドラマに主演することが「週刊文春」の取材で分かった。 【写真】『ドラゴン桜』続編も声のみの出演となった山下智久 キャスティングが内定したのは来年4月期のNHKドラマ10。ビックコミックに連載中の人気漫画「正直不動産」を原作とした社...
松坂桃李に柄本佑からクレーム「結婚を知らされていなかった」

松坂桃李に柄本佑からクレーム「結婚を知らされていなかった」

俳優の松坂桃李が、27日放送の『A-Studio+』に登場。松坂桃李は発明王?妄想癖?意外な素顔が明かされる。 2008年、ファッション誌「FINEBOYS」のオーディションでグランプリを獲得し、同誌の専属モデルとしてデビュー。2009年、特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンレッド役を務め俳優としての活...
相葉雅紀&永島優美司会『FNS歌謡祭 夏』7・14放送 V6ら出演者第1弾27組発表

相葉雅紀&永島優美司会『FNS歌謡祭 夏』7・14放送 V6ら出演者第1弾27組発表

フジテレビ系音楽特番『2021FNS歌謡祭夏』が7月14日(後6:30〜10:48)に放送されることが決定した。司会は相葉雅紀と永島優美(フジテレビアナウンサー)が続投する。あわせて、V6ら出演アーティスト第1弾27組が発表された。 【写真】ミニスカ姿でNiziUなりきる永島優美アナ ジャニーズ勢は、V6、NEWS、Kis-...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net