芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

松岡茉優が2018年に追突事故 スポーツ紙は気遣いをする必要があった

芸能人が何かトラブルやそれに準ずる騒ぎを起こした場合、その後、初めて登場する公の場で取材陣の質問攻めにあうのが芸能人と芸能メディアの長年の“お約束”だが、女優の松岡茉優(23)は幸運だった。

スポーツ紙はガードする立場

今週発売の『週刊新潮』が、昨年11月に追突事故を起こしていたことを記事化。保険会社のCMにも出演している松岡がなぜ公表しなかったのか、とつついた記事だった。当然、スポーツ紙も記事の大小の違いはあれども後追いするところ。

ところが今回は、その動きが鈍かった。

「もちろん、所属事務所には確認の電話をしました。先方は『書かないでほしい』とは言いませんでしたが、スポーツ紙の良心に任せるしかないという、期待を口にしていたそうです」

と情報番組デスク。事実、後追い記事を載せないスポーツ紙もあった。

実はスポーツ紙には、松岡をちょっとは気遣わねばならない事情があった。週刊誌の発売直後に『ブルーリボン賞』の授賞式があったからだ。

在京スポーツ紙の映画担当記者が選考を務める『ブルーリボン賞』。助演女優賞を受賞した松岡も、授賞式への登壇が控えていたからだ。

「通常なら質問攻めにあうところですが、今回は質問するスポーツ紙が主催者側で、登壇する芸能人をガードする立場ですから、質問される心配はないわけです」(前出・情報番組デスク)

かくして松岡は、舞台を降りる際に突然声をかけられるような事態にビクビクすることなく、授賞式に終始笑顔で出席することができた。

「だからというわけじゃありませんが、本音を隠さないスピーチというか、芸能人の営業姿勢を垣間見せるような伸び伸びとしたスピーチでしたね」

映画雑誌の記者がそう指摘するスピーチは、次のようなものだったという。

「“今年はいろんな映画賞をもらったけどこの賞は別格。なぜなら普段取材してくれる記者さんが選んでくれるから。今後、記者さんにフルサービスをすれば、いずれ主演女優賞に選んでもらえるかも”と、しなを作りながら話したんです。あそこまで打ち明けられれば、もうご立派です」(映画雑誌の記者)

通常であれば、この手の発言を舌禍事件風の記事にする東京スポーツも、今回は主催者側ゆえ、安心だ。

さらに松岡はぶっちゃけたという。

松岡の売り込み巧者ぶり

先の記者が再び言う。

「司会を務めた阿部サダヲと会話した際、阿部が主演するNHK大河ドラマ『いだてん』に『あまちゃん』の出演者が次々ブッキングされると松岡自身が指摘し、“私は第何弾で発表されるキャストですか?ってNHKのプロデューサーにメールをしました”、と語ったんです。

例えそんな営業努力をしていても、芸能人は普通しゃべらない。松岡の、ちょっとした上昇志向が明らかになった瞬間でしたね」

その翌日、日本映画テレビプロデューサー協会主催の賞『エランドール賞』の授賞式が開催された。新人賞を受賞した松岡は出席し、終わった後に囲み取材に応じたのだが……。

「新人賞受賞者は永野芽郁や志尊淳ら全部で5人。取材時間はひとり3分という制限があり、質問としては2問ぐらいでおしまい。『万引き家族』の共演者の樹木希林さんのことなどでタイムアップでした。

ただ、ここでも松岡は『今後やりたい役は?』と聞かれた際、他の受賞者はやりたい役柄だけを答えたのに、松岡はその前に『言いどきですよね』とこの賞がプロデューサーによって選ばれて注目されていることに、にっこりとアピールしたんです」(前出・映画雑誌記者)

2日間連続で明らかになったのは、松岡の売り込み巧者ぶり。8歳から芸能界の水につかっているからか、状況を把握する能力はさすがだ。

ちなみに松岡のやりたい役は「制服を着てテレビドラマや映画に出たいです!」(本人)

<取材・文/薮入うらら>

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「NEWS23」に小川彩佳アナ起用の噂 本当ならTBSアナから反発も?

「NEWS23」に小川彩佳アナ起用の噂 本当ならTBSアナから反発も?

平成という時代が終わることも関係しているのか、2018年度末のテレビ界は、人気女子アナの退社が相次いでいる。TBSの吉田明世アナは1月末で退社し、宇垣美里アナも3月いっぱいでの退社を発表済み。一方、テレビ朝日の宇賀なつみアナと小川彩佳アナも退社を発表している。いずれも局の看板番組を担当してきた人...
元SMAP3人がファンミーティングを開催 お見送りもありファンから好評

元SMAP3人がファンミーティングを開催 お見送りもありファンから好評

元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が2月16日、都内で初のファンミーティングを開催した。 17年9月にファンクラブ「新しい地図」を発足させて以来、初の単独イベント。各スポーツ紙によると、3人が「雨あがりのステップ」などの持ち歌を披露。ファンをステージに上げゲーム対決したほか...
新木優子が仲間入り?「ジャニーズ御用達女優」の条件は

新木優子が仲間入り?「ジャニーズ御用達女優」の条件は

錦戸亮主演の“月9”ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系)が、3週連続で10%超えの視聴率をキープしている。警視庁科学捜査研究所の男性法医研究員・真野礼二(錦戸)が証拠品を徹底的に鑑定し、事件を解明していくサスペンス・ドラマだ。 【写真】ドラマにCMに引っ張りだこの新木 その真野の“相棒...
新井浩文容疑者の逮捕 民放キー局は損害請求できず泣き寝入りか

新井浩文容疑者の逮捕 民放キー局は損害請求できず泣き寝入りか

(全3枚) 相次ぐ公開中止、配信中止、再編集 2月1日、「警視庁が強制性交の疑いで俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)を逮捕」との速報が流れると、翌日のスポーツ紙などでは、さっそく「損害賠償」を求められるとの見立てが報じられた。 *** 「損害」とは当然ながら、公開前の映画...
人気声優が「肉会」事情明かす

人気声優が「肉会」事情明かす

きょうは2月9日、「肉(にく)の日」。ジュージューと焼かれた香ばしい匂い、口に入れるとじゅわっと溢れる肉汁、噛むごとに広がるうま味……。想像するだけでよだれが出てきそうなおいしい「お肉」たち、きっと大好きな方も多いのでは。 『僕のヒーローアカデミア』爆豪勝己役をはじめ、数々のキャラクターを...
結婚発表をした小川彩佳アナ 番組で「一般男性」と強調

結婚発表をした小川彩佳アナ 番組で「一般男性」と強調

(全3枚) 一般男性との結婚、退社を発表したテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(33)が8日、自身が司会進行を務めるインターネットテレビ局、AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」(月〜金曜後9・0)に生出演。番組を3月いっぱいで卒業することを報告するとともに、お相手になる男性と...
女優復帰を果たした仲間由紀恵 産後すぐに「鬼の減量」か

女優復帰を果たした仲間由紀恵 産後すぐに「鬼の減量」か

人気ドラマ『相棒season17』(テレビ朝日系)の元日スペシャルで、女優復帰を果たした仲間由紀恵(39)。12月中旬、本誌はそんな彼女の“産後初ショット”をキャッチした。 お昼ごろにマネージャーらしき男性と都心の複合ビルを訪れた仲間。仕事の打ち合わせに来たのだろう。コーヒーを片手に颯爽と歩く彼女は、...
松岡茉優の車が追突「新CM女王」が加害者の事故に青ざめた人々

松岡茉優の車が追突「新CM女王」が加害者の事故に青ざめた人々

ここ最近では、ボールペン字講座に挑戦したり、東北を旅して回ったり、着物姿でうどん屋の女将に扮している、アノ子である。人気女優へとスピード出世を果たし、いまやCM業界でひっぱりダコの松岡茉優(まゆ)(23)。だが、そんな彼女、勢い余って追突事故まで起こしていたのだった。 【写真】松岡茉優の赤い...
追突事故を起こしていた松岡茉優 イメージ悪化は避けられない?

追突事故を起こしていた松岡茉優 イメージ悪化は避けられない?

女優の松岡茉優(23)が昨年11月12日に都内で追突を起こしていたと、2月6日発売の「週刊新潮」(新潮社)が報じた。 同誌によると松岡はプライベートで車を運転していたところ、都内の交差点でブレーキを踏む足がゆるんで信号待ちしていた前の車両に突っ込んだという。 記事中で所属事務所は「ブレーキ不適に...
是枝裕和監督の「万引き家族」米アカデミー賞外国語映画賞候補に

是枝裕和監督の「万引き家族」米アカデミー賞外国語映画賞候補に

米ロサンゼルスの現地時間で22日未明(日本時間同日夜)、『第91回米国アカデミー賞』のノミネーションが行われ、是枝裕和監督の映画『万引き家族』(英題:Shoplifters)が外国語映画部賞候補に選出された。授賞式は現地時間2月24日夕方(日本時間25日午前)に行なわれる。外国語映画部門へのノミネートは、2...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net