芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落 歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)の第6話が10日に放送され、平均視聴率が9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。大河ドラマの視聴率1桁は、昨年10月7日放送の「西郷どん」第37話の9・9%以来で、第6話での1桁陥落は“史上最速”となった。

これまで大河ドラマで1桁視聴率を記録していたのは、12年「平清盛」、15年「花燃ゆ」、18年「西郷どん」の3作品だった。「平清盛」は9回、記録したが、初めて1桁になったのは8月放送の第31話(7・8%)。また、15年「花燃ゆ」の初の1桁は第15話(9・8%)、「西郷どん」は第37話(9・9%)だった。

「いだてん」は初回15・5%で、0・1ポイントながら前作「西郷どん」の初回15・4%を上回ったが、第2話は12・0%と大幅3・5ポイント減。第3話は13・2%、第4話は11・6%、第5話は10・2%だった。NHKの上田良一会長(69)は7日の定例会見で「これからストックホルムオリンピックのシーンとなりますけど、放送した分しか見てないので、今後の展開に期待します」と前向きに話していた。

宮藤官九郎氏(48)の脚本は複雑ながらも緻密に張られた伏線がカタルシスを呼び、Yahoo!テレビの星取り(5段階)は平均3・52点、5点満点が50%(12日現在)と評価自体は低くはない。裏番組は日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)=17・2%、テレビ朝日「ポツンと一軒家」(日曜後7・58)=15・2%に加え、この日はフジテレビ「四大陸フィギュアスケート選手権2019男子フリー」(後7・00〜9・00)も10・5%と普段より高かった。

大河ドラマ58作目の「いだてん」は、86年「いのち」以来33年ぶりの“近現代大河”。2013年前期の連続テレビ小説「あまちゃん」で社会現象を巻き起こした脚本家の宮藤氏が大河脚本に初挑戦。オリジナル作品を手掛ける。20年の東京五輪を控え、テーマは「“東京”と“オリンピック”」。日本が五輪に初参加した1912年のストックホルム大会から64年の東京五輪まで、日本の激動の半世紀を描く。

勘九郎は「日本のマラソンの父」と称され、ストックホルム大会に日本人として五輪に初参加した金栗四三(かなくり・しそう)、阿部は水泳の前畑秀子らを見いだした名伯楽で64年の東京大会招致の立役者となった新聞記者・田畑政治(まさじ)を演じる。主演リレーは00年「葵徳川三代」以来19年ぶりとなる。

「昭和の大名人」と呼ばれる落語家・古今亭志ん生(1890〜1973)が物語をナビゲート。志ん生役にビートたけし(71)、若き日の志ん生・美濃部孝蔵役に俳優の森山未來(34)を起用した。

第6話は「お江戸日本橋」。オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)は、負ければ腹切りかと恐縮し、短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は帝大後の進路を考えたいと出場を断る。そんな二人に治五郎は「黎明(れいめい)の鐘になれ」と熱弁する…という展開だった。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力

のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/3/43528_1509_25e1775a_53da4877-m.jpg NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で国民的な人気を得た俳優のん(本名・能年玲奈)さんが、ここ数年テレビに出ないのは、芸能界の圧力があるからだ――。 のんさんのエージェントを務めるコンサルティング会社「ス...
いだてんが最低視聴率更新 不振の陰にNHKの古すぎる慣例

いだてんが最低視聴率更新 不振の陰にNHKの古すぎる慣例

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/1/b150d_1212_ea868624_cc20edbb-m.jpg 8月11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」第30話の関東地区平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5.9%を記録した(ビデオリサーチ調べ、以下同)。 同作は第22話で6.7%を記録。それまで...
大河ドラマ「いだてん」 第30話の平均視聴率が1994年以降で最低を更新

大河ドラマ「いだてん」 第30話の平均視聴率が1994年以降で最低を更新

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/8/28a49_60_270549be_10b284f0-m.jpg 11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜・後8時)の第30話の平均視聴率が関東地区で5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。大河ドラマの記録が残る19...
「いだてん」視聴率が大河ワーストを更新 関東地区で5%台に

「いだてん」視聴率が大河ワーストを更新 関東地区で5%台に

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/2/72a0b_50_c1c7a5ee_189c2336-m.jpg 11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の世帯平均視聴率が、関東地区で5・9%だったことが13日、分かった。 「いだてん−」は6月9日放送回で、記録が残る94年以降関東地区の大河...
『西郷どん』を終えて、覚悟は決まった。鈴木亮平は中途半端に生きられない

『西郷どん』を終えて、覚悟は決まった。鈴木亮平は中途半端に生きられない

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/1/4118304bd4a1bcd4823e9cc4b8d7e9e5.jpg 大河ドラマ『西郷どん』の撮影を終えて約8ヶ月。取材に現れた鈴木亮平は、いくぶんスラっとした印象だった。 西郷隆盛の18歳から生き直し、自分の年齢を超えて、49歳で死ぬまでを演じる。それは鈴木にとって、人生...
井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/d/4d27b_28_89afeb6e_24226faa-m.jpg 2016年に所属事務所を移籍してから露出が減っていた女優の井上真央(32)の本格復帰が近そうだ。10月19日からはNHKの連続ドラマ「少年寅次郎」に出演する。映画監督の山田洋次氏が少年時代の寅さんを描いた小説「悪童小...
10月以降でのん出演?「いだてん」にメディア非公開の極秘台本

10月以降でのん出演?「いだてん」にメディア非公開の極秘台本

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/9/999e3_1643_f4ff6428b692315323dccfa1a581d41c-m.jpg 連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 第1部には存在しなかったメディア非公開の「マル秘台本」が存在。アッと驚く演出があるのか… 視聴率一ケタに苦しむ『いだてん』の...
鈴木亮平が語った「西郷どん」の役作り 25キロ増やしたのは自己判断

鈴木亮平が語った「西郷どん」の役作り 25キロ増やしたのは自己判断

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/9/a9988_1212_d0113d91_d39deff1-m.jpg 7月1日、俳優の鈴木亮平(36)がTBSラジオ「たまむすび」に出演。NHK大河ドラマ「西郷どん」で演じた西郷隆盛の役作りについて語った。 鈴木といえば、役に合わせて体形をコントロールする役者として知られている。番...
オーディションで選考?朝ドラに二階堂ふみ起用のNHKに3つの疑問

オーディションで選考?朝ドラに二階堂ふみ起用のNHKに3つの疑問

来春スタートする窪田正孝主演のNHK朝ドラ「エール」のヒロイン役を二階堂ふみ(24)が務めることが明らかにされた。この作品のモデルは「六甲おろし」などの応援歌を作曲した作曲家・古関裕而氏。二階堂は、その妻で歌手の関内音役を演じる。 豪華俳優がアダ?広瀬すず「なつぞら」東京編が不評のワケ ...
酒癖が悪いという瑛太に事務所が気をもむ?出禁の店は多数か

酒癖が悪いという瑛太に事務所が気をもむ?出禁の店は多数か

女性では「沢尻会」の存在が注目されているが、こちらはファミリー。発売中のFLASHが〈芸能界ファミリーの新派閥「瑛太会」〉などと題し、ある晩の瑛太(36)一家の外食について報じている。 写真流出も錦戸亮は沈黙…うやむやになった瑛太の暴行事件 訪れたのは、都内の閑静な住宅街にある、瑛太お気に入りの...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net