芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

メディアが悩む「2人の小室」小室哲哉氏の引退で呼称巡り議論

「呼称問題」はメディアにとっては鬼門ともいえるものである。新聞記者たちの“表記ルールブック”とも言える『記者ハンドブック』(共同通信社刊)によると、敬称は原則として「氏、さん、君、ちゃん」で、子どもの場合、中学生以上は男女とも「さん」。一方、〈敬称を付けない場合〉として〈競技に即した1面、総合面、運動面のスポーツ選手、芸能欄の芸能人〉などと記されている。だから「スポーツ選手と芸能人は呼び捨て」で報じられているのだ。厄介なのは、スポーツ選手と芸能人が引退したら「氏」か「さん」になるという慣例である。

【写真】小室氏の妻・KEIKOの元気な姿をキャッチ!

芸能人が事件を起こした際も複雑になってくる。2016年、宿泊先のホテルの従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕(不起訴)された高畑裕太の場合、逮捕直後は「容疑者」がついたが、示談が成立し釈放され、芸能活動は休止に。その後の呼び名で混乱が発生した。

「もはや容疑者ではないものの、容疑者から急に『さん』というのも抵抗感はあった。だが、活動休止というか事実上の芸能界引退のようなものでもあったため、もはや一般人になった人物に対し呼び捨てもヘンだった。『高畑裕太元俳優』など苦肉の策をしようかと思ったが、これも過去に逮捕や書類送検があった後の『稲垣メンバー』やら『布袋ギタリスト』『和泉狂言師』『島田司会者』『小泉タレント』みたいな違和感がある。結局、“明確な引退ではない”と判断、まだ芸能人扱いということで“呼び捨て”になった」(雑誌編集者)

ちなみに『記者ハンドブック』によれば、〈逮捕段階から起訴時点まで〉は〈氏名の後に「容疑者」を付ける〉。ただし書類送検や略式起訴、起訴猶予、不起訴処分の場合は「肩書」または「敬称(さん・氏)」を原則とすることになっている。「島田司会者」のケースなどがそれにあたり、書類送検だから「肩書」である「司会者」が付いたのだろう。

そうした中、最近呼称に悩むのは「2人の小室」だという。ウェブメディア編集者はこう語る。

「2017年に眞子さまの婚約内定者として小室圭さんが出る前は、読者にしても我々制作者にしても『小室』でイメージしたのは圧倒的に小室哲哉氏でした。圭さんが出てきた時は、『小室さん』=『小室圭』で、『小室』=『小室哲哉』でしたが、2018年に哲哉さんが不倫疑惑が報じられた後、芸能界を引退し、一般人になったところでご両人の呼称をめぐり我々編集部の中ではどうすべきかが議論になりました」

現在、同編集部では他のメディアの呼称の情勢も見ながら「圭」さんのことを「小室さん」と呼び、「哲哉」さんのことを「小室氏」と呼ぶ使い分けがされているという。とはいっても、これら呼称については当人が持つ雰囲気が左右するのだともいう。前出のウェブメディア編集者はこう語る。

「小室圭さんのことは『小室さん』と呼ぶことにしました。これは、前例として、紀宮さま(現黒田清子さん)と結婚した黒田慶樹さんのことは『黒田さん』と婚約内定時に呼び、今でもそう呼んでいるからです。だから、現在時の人である小室圭さんと分けるため、小室哲哉さんのことは『小室氏』と呼ぶことにしました。しかし、引退したミュージシャンという意味では安室奈美恵さんのことは『安室氏』とは呼ばず『安室さん』です。三浦百恵さんも『百恵さん』と書くことが多い。結局、“なんとなく”決まっているのが現状です…」

なかなか歯切れが悪い説明だが、メディア業界の「呼称」には明確な使い分けはない、というケースが多いのだろう。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

新井浩文容疑者の逮捕 民放キー局は損害請求できず泣き寝入りか

新井浩文容疑者の逮捕 民放キー局は損害請求できず泣き寝入りか

(全3枚) 相次ぐ公開中止、配信中止、再編集 2月1日、「警視庁が強制性交の疑いで俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)を逮捕」との速報が流れると、翌日のスポーツ紙などでは、さっそく「損害賠償」を求められるとの見立てが報じられた。 *** 「損害」とは当然ながら、公開前の映画...
新井浩文事件が波紋 芸能人不祥事で作品の「封印」はなぜ?

新井浩文事件が波紋 芸能人不祥事で作品の「封印」はなぜ?

自宅に呼んだ派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴したとして、強制性交の容疑で逮捕された俳優の新井浩文容疑者。名バイプレイヤーとして出演作が多かっただけに、業界に与えた影響は大きい。 【写真】新井浩文の元カノ?夏帆のノースリーブ姿 新井が重要キャストで出演していた草なぎ剛主演の映画『台...
再批判高まる喜多嶋舞さん 芸能人は子どもの犯罪で謝罪すべき?

再批判高まる喜多嶋舞さん 芸能人は子どもの犯罪で謝罪すべき?

リアル光源氏か、と仰天した元光GENJI・大沢樹生と喜多嶋舞の実子騒動。光源氏の正妻が密通した相手の子どもを身ごもり、苦悩しながらも自分の子として引き受けた光源氏とその息子・薫に、大沢と息子を重ねてしまった。 さて、その息子・零次が22歳となり傷害事件で逮捕された。案の定、母親である喜多嶋を批...
織田裕二から共演NG?とことんいじり倒した坂上忍なりの理由

織田裕二から共演NG?とことんいじり倒した坂上忍なりの理由

司会者としてブレーク中の坂上忍(51)が“大物俳優”を怒らせ、共演NGとなったとテレビ界がざわついている。発端は1日に放送された特別番組「FNS番組対抗オールスター秋の祭典目利き王決定戦」(フジテレビ系)。司会を務めた坂上に呼び捨てにされるなどして激怒したのは織田裕二(50)だった。同世...
イジりや態度に不愉快?織田裕二が坂上忍に共演NGの絶縁通告か

イジりや態度に不愉快?織田裕二が坂上忍に共演NGの絶縁通告か

「収録後、誰の目にも織田さんがイラついているのが分かりました。ため息をついたり、体を左右にゆすったり……。普段は饒舌な人なんですが、彼は不機嫌になると口をへの字にして黙り込んでしまうんです」(番組関係者) 10月1日に生放送された特別番組『FNS番組対抗オールスター秋の祭典目利き王決定戦』(フジ...
たけし 20歳年下のタップダンサーHIDEBOHを師匠と呼び続けるわけ

たけし 20歳年下のタップダンサーHIDEBOHを師匠と呼び続けるわけ

タップダンサーで吉本坂46のHIDEBOH(火口秀幸)が、10月9日放送の『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)でビートたけしの義理堅さを明かした。 HIDEBOHの父で同じくタップダンサーの火口親幸が、たけしと同じ舞台に立ったことがある縁で、たけし監督の映画『座頭市』でHIDEBOHがたけしにタップを...
ヒロシがYouTubeで月収80万円「視聴者のツボが分かりません」

ヒロシがYouTubeで月収80万円「視聴者のツボが分かりません」

ネガティブな芸風で一世を風靡した芸人、ヒロシ(47)はいま、注目のユーチューバーになっている。ユーチューブの『ヒロシちゃんねる』の登録者数は現在、33万人超え。テレビとは違った形でブレイクを果たしつつあるのだ。 とはいえ、芸人としてネタを披露しているわけではない。きっかけはキャンプ動画。ひと...
GACKTの豪邸企画 テレビ番組で何度も「初公開」される裏事情

GACKTの豪邸企画 テレビ番組で何度も「初公開」される裏事情

主演映画『翔んで埼玉』が2月22日に公開される音楽アーティストで俳優のGACKT(45)。彼が最近バラエティー番組に出演すると、必ずとい言っていいほどあがる話題は、7年ほど前から移住しているマレーシア・クアラルンプールにある豪邸だ。今月だけでも、『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『今夜くらべてみ...
クロちゃん「水ダウ」への本音

クロちゃん「水ダウ」への本音

(全14枚) この男、一体何を考えている? 『水曜日のダウンタウン』(TBS系)内の人気企画「モンスターハウス」を見た誰もがクロちゃんの言動に戦慄(せんりつ)し、戸惑ったことだろう。堂々と展開される二股、苦しすぎる言い訳、まさかの再アタック…。常人にはとてもまねできない。 インタビュー当日。取材...
出演を熱望する俳優らが多数 パパ芸能人をも虜にするEテレの攻め

出演を熱望する俳優らが多数 パパ芸能人をも虜にするEテレの攻め

最近、香川照之、西島秀俊、浜野健太など、錚々たる俳優やタレントがEテレの子ども向け番組に出演するケースが増えている。特に香川は、2016年に放送された『香川照之の昆虫すごいぜ!』が大反響を呼び、不定期ながら9回放送され(2019年1月現在)、再放送は数十回も放送。また、小栗旬や賀来賢人ら“子持ち”俳...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net