芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

賀来賢人が新CMで「遊戯王」の主人公に 福田雄一監督が脚本・演出

賀来賢人が新CMで「遊戯王」の主人公に 福田雄一監督が脚本・演出 【賀来賢人・佐藤二朗・福田雄一/モデルプレス=2月14日】俳優の賀来賢人、佐藤二朗が出演し、福田雄一監督が脚本・演出を手がけた新CMが15日より放映される。また、同CMのサイドストーリーとなる長編動画が、14日より公開された。

【動画をみる】賀来賢人&福田雄一のシュールな掛け合いに注目!脚本・演出は福田雄一監督

◆賀来賢人“遊戯”姿に変身


同CMでは、賀来が「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の主人公“遊戯”に憧れるデュエリスト、佐藤が書籍・DVDショップの店員にそれぞれ扮している。

レジ前で繰り広げられる“デュエリスト”賀来の「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」愛が溢れる言動に、レジ担当の佐藤が翻弄されるシュールな展開のCMとなっている。

◆福田雄一監督が脚本&演出担当


また、同CMと長編動画は両作品とも、人気TVドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ)や「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京)を手掛けた福田監督の脚本・演出のもと制作。いわゆる“福田組”でお馴染みのキャストである賀来と佐藤のコミカルな掛け合いが見どころの1つになっている。


◆“福田組”賀来賢人・佐藤二朗が共演


撮影では、福田監督がスタンバイするスタジオに賀来、佐藤が登場すると、いつも相対しているような流れで談笑が始まった。“福田組”でお馴染みの2人が加わり、すっかりリラックスした様子の福田監督に対し、賀来は「福田さんって、CMの現場でもいつもと全然変わらないですね(笑)」と大笑い。

以前にも福田監督のCMに出演したことがあるという佐藤は、「福田とCMをやっていると、CMってこと忘れちゃう。あれ、これ何の撮影だっけ?って(笑)」とコメント。ピリッとした雰囲気が漂うことの多いCM撮影とのギャップに戸惑いながらも笑って撮影が始まり、ようやく福田監督からキャストの2人に指示が出された。

和気あいあいとした雰囲気のなかでも、監督のリクエストに確実に応えていく賀来、佐藤の姿から、“福田組”作品が出来上がっていく様子が垣間見えた。

◆賀来賢人「やばい、肩痛めた(笑)」


佐藤演じる店員に、賀来がセリフとともに胸ポケットからスマートフォンを取り出すシーンでは、「スマホ出すとき“妙な動き”して」と、福田監督から賀来へ突然のアドリブのリクエストが。福田監督の無茶ぶりにも慣れた様子で、すぐに期待に応える賀来は、リハーサルの段階から全身を使って“妙な動き”の練習をした。

「跳んで!伸びて!」などと福田監督のオーダーがしだいに増えていくと、なんと賀来が「やばい、肩痛めた(笑)」と肩をおさえながら苦笑する場面も。“妙すぎる”動きを見ていた佐藤は「カッコよくないッ!」とツッコミを飛ばした。

額に汗をにじませ、肩を痛めてしまうほど全力で挑んだ賀来の“モンスター”級な演技に注目となっている。


◆賀来賢人「まさに“遊☆戯☆王世代”でして…」


賀来は「遊戯に憧れたデュエリスト」への変身について、「僕は本当にまさに“遊☆戯☆王世代”でして、(連載)当時からコミックも読んでましたし、兄とずっとカードで遊んでいました」と述懐。「“ド世代”ですから、『遊戯に憧れたデュエリスト』、限りなく“遊戯様”に寄せた髪形、オーダーメイドで作った衣装、僕にしかフィットしないです!」と明かした。(modelpress編集部)

■賀来賢人・佐藤二朗コメント


―今日の撮影はいかがだったでしょうか?“コメディの奇才”福田監督が撮影するCMという事で、いわゆる“福田組”常連のお二人ならではの絡みや、現場での“やりやすさ”もあったかと思いますが、いかがだったでしょうか?

賀来:福田さんが、さすがにCMの現場ではちょっとは(いつもの現場と)ちがうんじゃないかと…ちょっとは“大人なかんじ”になっているんじゃないかと思ったら…さっそくクライアントを無視して10分くらいうちらと話し込んでたんですよ。いつものまんまだったことに僕は少しびっくりしました。それと、今日のCMですね!このコスチューム含め、二郎さんとの絡みとか含め、か、な、り、今までに見たことない“モンスター級”のCMになっているんじゃないかと思います!

佐藤:そうですね!君(賀来)だって、(遊戯風のコスチュームに変身するシーンで、)(撮影の)テストより前の、「段取り」ときから汗かいてましたもんね(笑)。

賀来:そして若干左肩を負傷してしまいました。よくわからない動きによって(笑)。

佐藤:誰も何もしていないのに、自分がはちゃめちゃ動いてね。

―賀来さんは今回、「遊戯に憧れたデュエリスト」に変身してみていかがでしょうか?

賀来:僕は本当にまさに“遊☆戯☆王世代”でして、(連載)当時からコミックも読んでましたし、兄とずっとカードで遊んでいました。“ド世代”ですから、「遊戯に憧れたデュエリスト」、限りなく“遊戯様”に寄せた髪形、オーダーメイドで作った衣装、僕にしかフィットしないです!

―長尺WEB動画について教えてください。

賀来:(撮影数日前から何度か台本が変更になったため)コロコロ台詞が変わったので、その度に(台本を床に叩きつける動きをしながら)紙(台本)を“バーン”って、“また(台詞が)変わったー!”って(笑)。

佐藤:一昨日変わって、また昨日改訂版が出たもんね(笑)。私は、何度も福田と一緒に仕事させてもらってますけど、今回が一番台詞覚えが楽でした。なぜならこの人(賀来さん)がほとんどしゃべってるから(笑)。台本見たとき、「これ賢人大変だなー、わっはっは」って思ってました。

―遊☆戯☆王では対戦相手との決闘=デュエルがテーマの作品ですが、最近だれか(何か)とデュエル(戦っている)している事などあればお教えください。

佐藤:息子が学校であったことをお母さんに話したがるんです。最初は僕も最初は聞いているんですけど、だんだん俺も今日一日あった仕事の話を嫁に話したくなるんです。嫁争い。争奪戦です。「今待ったから次お父さん!」って、結構ガチです。それがデュエルです(笑)。

賀来:自分とのデュエルはあります。僕本当に意思が弱いんですよね。今身体を作っている最中なのですが、そういう時に甘いものとか我慢できなくて。この間なんか、深夜の2時に目が覚めて、狂ったように大量のスナック菓子とアイスを食べました。我慢してたんですけど…それに罪悪感がわいてきて、俺ってなんてちっちゃい人間なんだろうって思いました。

―撮影前など、いよいよ出番となる時にかかさない「ゲン担ぎ」などあれば教えてください。

賀来:僕はドラマの初日とか大事なときに赤パンはきます。赤いパンツ。1回ある(撮影の)初日のときに、たまたま奥さんのお土産の赤いパンツをはいていたんです。そしたら割と自分の中でうまくいって、そこからはいとけばいい感じになるかもって思っています。

佐藤:ルーティーンワークは毎朝、(前の晩に)飲んだら奥さんが作ってくれた野菜スープを飲む。あとは知り合いのディレクターさんからもらった“飲むお酢”も毎日飲みますね。あれ、ただの健康の話になっちゃいましたね(笑)。

■福田雄一監督コメント


何回かCMを撮らせてもらったことがありますが、(コラボレーションのCMということもあり、)今回のように非常に多くの方が関わっているものは初めてで、「CMってこんなものなのか」と勉強になりました。作品の内容に関しては、二朗さん、賢人それぞれに持ち味があるので、それを活かしたいと思って臨んだので、TVCMの方にもWEB動画の方にも2人の個性が良く表れていると思います。特にWEB動画の方は一発OKで満点の出来でした。TVCM、WEB動画ともに一つの作品としてお楽しみいただきたいです。

【NotSponsored記事】

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

番組プロデューサーが隠蔽を指示?ADによる「金スマ」盗撮事件

番組プロデューサーが隠蔽を指示?ADによる「金スマ」盗撮事件

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/2/523c9_1462_631a3a67_f06fa1c3-m.jpg 《女性の欲望を実現させる女の宴!》。そんなキャッチコピーで、女性視聴者から人気を集めているTBS系のバラエティー番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』。だが、収録現場では“男の欲望を満たす”卑劣行為が行われ...
『上半期ブレイク俳優』1位は、“二次元感”あふれる無敵ピンク・横浜流星

『上半期ブレイク俳優』1位は、“二次元感”あふれる無敵ピンク・横浜流星

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/2/12f30_760_2139889_20190711_143209_size640wh_3030-m.jpg 元号も変わり、エンタテインメントシーンもさまざまなトピックがあった激動の2019年も折り返しに。ORICONNEWSでは先日の女優部門に続き、恒例の『2019上半期ブレイク俳優ランキング』を発表。その...
山本彩、奇妙な方法でナンパされた過去「携帯の画面を見せて…」

山本彩、奇妙な方法でナンパされた過去「携帯の画面を見せて…」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/5/059a0_1581_65ccfd6fefd34233ab9bd4b5b26e99da.jpg 7月8日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、山本彩が、不可解な方法でナンパされた過去を明かした。山本がドラッグストアで買い物をしていると男性が近づいてきたという。 「スーッて携帯...
「ごくせん」生徒役から日テレアナ、仲間由紀恵記憶なし

「ごくせん」生徒役から日テレアナ、仲間由紀恵記憶なし

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/2/528e1_249_20190711010-m.jpg 女優の仲間由紀恵(39歳)が、7月10日に放送されたバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「ごくせん」シリーズに生徒役で出演していた、日本テレビの川畑一志アナ(29歳)について、「川畑さんだけ...
四角顔の役者、なぜウケるか?佐藤二朗の顔から考察した

四角顔の役者、なぜウケるか?佐藤二朗の顔から考察した

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/b/eb6a5_759_fdc65c61_e429b762-m.jpg 今、ウケる顔は「小さい顔」ばかりではないようだ。注目は「四角顔」だという。その理由についてコラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが解説する。 *** 世の中、ずっと「小顔」ブーム。ドラマでもモデルや美...
連続ドラマ「ダブル主演」増加の背景 リスクの分散になる?

連続ドラマ「ダブル主演」増加の背景 リスクの分散になる?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/e/4e3fa_760_2137698_20190124_074653_size640wh_5324-m.jpg 4月クールは、ここ最近のなかでも特に「ダブル主演」による連続ドラマが目立つ。中条あやみ&水川あさみ主演の『白衣の戦士!』、原田知世&田中圭主演の『あなたの番です』(ともに日本テレビ系...
アンガールズ田中卓志が山里亮太に恨み節「一緒にお墓に入ろうって…」

アンガールズ田中卓志が山里亮太に恨み節「一緒にお墓に入ろうって…」

アンガールズの田中卓志が6日、日本テレビ系「スッキリ」で、女優の蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山里亮太へ「一緒にお墓入ろうって決めたよね?」と恨み節を届けた。 番組では、山里が生出演し、蒼井との結婚について赤裸々に告白。その中で、芸能界の祝福コメントとして、田中のVTRが流された。...
「そら驚くがな」佐藤二朗が山里亮太結婚を受けた絶叫を釈明

「そら驚くがな」佐藤二朗が山里亮太結婚を受けた絶叫を釈明

俳優の佐藤二朗(50)が、南海キャンディーズ山里亮太(42)と女優蒼井優(33)の結婚を知らされた際のリアクションを自虐するとともに、あらためて2人を祝福した。 佐藤は5日、都内で行われた「第38回ベスト・ファーザーイエローリボン賞」授賞式に出席。囲み取材の中で報道陣から2人の結婚を聞かされ、「何!...
「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

「ポケモン」視聴率3%でも続ける理由 テレ東、独自のアニメ戦略 エヴァを生んだ「アンパンマンモデル」

今や、テレ東の看板ともいえるアニメ路線が生まれるきっかけは、「アンパンマン」のビジネスモデルに気づいた社員のひらめきだった。予算の少ない中、舞い込んだ「エヴァンゲリオン」の企画。そこから「ポケモン」「遊戯王」とヒット作が続いていった。少子化で子どもが減る中、低い視聴率でもアニメを続けら...
キャラ変で人気増加の藤田ニコル 小島瑠璃子と双璧をなす存在に

キャラ変で人気増加の藤田ニコル 小島瑠璃子と双璧をなす存在に

テレビで見かけるようになった3年ほど前は、原宿系の“奇抜キャラ”だった藤田ニコル。かつては、そのファッションセンスや“にこるんビーム”のあいさつで若い女子を中心にカリスマ的な人気を誇ったが、今ではすっかりメイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変。若い層からの支持もしっかり残しつつ、『...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net