芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ビートたけしの民放番組に危機か 高額ギャラに見合う数字とれず?

ビートたけしの民放番組に危機か 高額ギャラに見合う数字とれず?

「いいね、事務所独立すると!笑うね。お金が取られない。それ(映画などの権利)が俺んところに入るようになった。『これ、働かなくていいや!』って思って……」

2月6日放送の『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送)に生出演したビートたけし(71)。オフィス北野から独立し、昨年4月に愛人・A子さん(53)と設立した新事務所で活動する彼は現在レギュラー番組6本を抱え、『いだてん』(NHK)にも出演中だ。

「この数年、民放各局の制作費が軒並み削減され、大多数のタレントがギャラの減額を受け入れています。しかし、新事務所の頑なな“方針”でたけしさんの出演料は今なお最高水準の1本2百万〜3百万円で維持されています。制作費の比率から見たら、局の“負担増”なのですが……」(民放関係者)

“ギャラ増”の本人の高笑いとは裏腹に、民放各局はたけしのレギュラー番組を“精査中”だという。

「同じ大御所でも、さんまさんやタモリさん、所さん、鶴瓶さんの冠番組は今も頻繁に週間高視聴率ランキングに入っています。ですが、たけしさんの番組は高額ギャラに見合う数字が以前ほど取れなくなっています」(民放関係者)

フジテレビ関係者が声を潜める。

「放送開始から22年目を迎えるレギュラー番組『奇跡体験!アンビリバボー』がついに今秋の改編の標的になったと聞きました。10年以上前は25%を叩き出した人気番組でしたが、昨年1月4日に放送された3時間特番が5.7%の惨敗。10%は堅いと見ていた上層部は相当焦っていました。それ以来、動向を注視していましたが『笑っていいとも!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』に続き、たけしさんの長寿番組という“聖域”にも手を付けざるを得なくなったのが実情。打ち切りの可能性すらあります」

昔のように飲み歩くこともやめ、たけしは収録後すぐにA子さんの待つ自宅に帰る日々だという。

「70代に入り、滑舌にキレがなくなってきたこともスタッフ間で不安視されているそうです。たけしさんをレギュラーで起用する局は徐々に減っていくでしょう。長期的には、主に特番での出演をお願いする形に変わっていきそうです」(別の民放関係者)

一方で、たけしの知人は言う。

「いまや悠々自適の彼にとって、制約の多い民放のレギュラー番組に固執するより、自分のやりたい企画に興味が移っています。テレビは地上波だけではないですし。ネット放送にも関心を寄せてます」

将来“大リストラ”されても今のたけしには、民放は無理して“働かなくてもいい”場所なのかも。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

薄毛に悩む南美希子 ショートヘアのカツラを使用とテレビで明かす

薄毛に悩む南美希子 ショートヘアのカツラを使用とテレビで明かす

フリーアナウンサー・南美希子(62)が18日、TBS系で放送された「名医のTHE太鼓判!」に出演。頭頂部の薄毛に悩み、ウィッグをつけていることを明かし、実際にテレビカメラの前でウィッグをとってみせた。 カメラを前に「実は使ってるんです。ウィッグなの、カツラ」と笑顔を浮かべ、ショートヘアの...
「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

「いだてん」第6話は9.9% 大河史上「最速」で1桁に陥落

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)と俳優の阿部サダヲ(48)がダブル主演するNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)の第6話が10日に放送され、平均視聴率が9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。大河ドラマの視聴率1桁は、...
「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

「いだてん」宮藤官九郎脚本の凄さ 第5話で初回の伏線回収

歌舞伎俳優の中村勘九郎(37)が前半の主演を務めるNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(日曜後8・00)は10日、第6話「お江戸日本橋」。第1章「ストックホルム大会編」の後半がスタートする。 第5話(2月3日)は「日本のマラソンの父」と称される主人公・金栗四三(...
「西郷どん」主演の鈴木亮平 ギャラランクがトップ10外から1位に

「西郷どん」主演の鈴木亮平 ギャラランクがトップ10外から1位に

“西郷どん”がキングになった!芸能界で年に一度公開されるギャラの「男性俳優部門」に大異変が起きた。今回、堂々のトップに立ったのは、NHK大河ドラマ「西郷どん」に主演した鈴木亮平(35)。2位の役所広司、3位・水谷豊、4位・渡辺謙、5位・堺雅人と続く、そうそうたる名優たちをゴボウ抜きした鈴...
大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

大晦日の風物詩「笑ってはいけない」今後もまだまだ続いていくか

オチアイユキ(ライター・編集者) 今年も大みそかに『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の年越し特番『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』が放送される。 昔ほどの勢いはないとはいえ、やはり変わらず超高視聴率番組であり続ける『NHK紅白歌合戦』が独走し、民...
織田裕二が主演「SUITS」がV字回復「押し番組」の効果か

織田裕二が主演「SUITS」がV字回復「押し番組」の効果か

“押し番組”の効果 フジテレビの“月9”として10月8日からスタートした「SUITS/スーツ」。視聴率の低迷が報道されてきたのは、ご存知の通りだ。ところが、11月5日放送の第5話で、突然、V字回復を果たして話題になっている。 *** 織田裕二(50)と鈴木保奈美(52)の2人が、「東京ラブストーリー」以来27年ぶ...
「いだてん」視聴率の失速が止まらず 第7話は9.5%で自己最低を更新

「いだてん」視聴率の失速が止まらず 第7話は9.5%で自己最低を更新

NHK総合で17日に放送された大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」(日曜、後8・00)第7話の関東地区平均視聴率が9・5%(関西地区8・6%)だったことが18日、分かった。 前週9・9%と1桁台に落ちていたが、自己最低を更新することとなった。 前作「西郷どん」でも37話(2018年...
イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

イッテQはヤラセ問題の影響ナシ?ライバル局自滅で「束の間の幸せ」

まさに韋駄天の早さである。2月10日、NHK大河「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜20時)の視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)と1桁に。歴代大河の中で、これほど早く1桁に突入した例はない。だが、その一方で、裏の民放では“やらせ祭り”で躓いた王者「世界の果てまでイッテQ!」...
1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

早くも大ピンチだ!10日放送のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の平均視聴率は関東地区で9・9%だった。大河ドラマ史上、第6話で1桁に転落したのは史上最速で、なんとも不名誉な形で“いだてん”ぶりを発揮してしまった。視聴率低迷の原因としては、3つの問題が指摘されて...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net