芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

1ケタ視聴率のいだてん 宮藤官九郎つながりで「のん待望論」も

早くも大ピンチだ!10日放送のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の平均視聴率は関東地区で9・9%だった。大河ドラマ史上、第6話で1桁に転落したのは史上最速で、なんとも不名誉な形で“いだてん”ぶりを発揮してしまった。視聴率低迷の原因としては、3つの問題が指摘されており、なかなか改善するのは難しそう。そこで救世主として名前が浮上しているのが“あの女優”だ。

来年開催される東京五輪に向けて、大きな期待を背にスタートを切った「いだてん」だが、快走どころか急失速となってしまった。

記録が集計されている1989年以降で、大河ドラマの視聴率1桁は、昨年10月7日放送の「西郷どん」第37話(9・9%)以来で、第6話での1桁転落は“史上最速”という不名誉な記録を作ってしまった。関東以外の地区では第6話はさらに低い数字が出ている。

ドラマは、歌舞伎役者の中村勘九郎と俳優の阿部サダヲがダブル主演し、役所広司演じる東京高等師範学校の嘉納治五郎校長のもとに、五輪の招待状が届いた1909年から、64年の東京五輪開催までの激動の55年間を描く。

脚本を担当するのは“クドカン”こと宮藤官九郎。NHKとクドカンがタッグを組み、2013年に大ヒットしたドラマ「あまちゃん」に出演した小泉今日子、橋本愛、ピエール瀧、勝地涼ら“あまちゃんキャスト”も再集結。また、演出や音楽などスタッフまでも同じで、まさに“あまちゃんファミリー”が勢揃いしている。ところがフタを開ければ、最速1桁記録とは…。

「オリンピックイヤーへの流れがある中、高視聴率の期待が大きかっただけに、局内は落胆ムード。東京五輪の機運を盛り上げるどころか、しぼませる結果になっていますよ」(NHK関係者)

関係者の話を総合すると、主な原因は3つ。

まず1つ目は、勘九郎演じる主人公で日本初の五輪出場選手・金栗四三(かなくり・しそう)がマイナーすぎるという指摘だ。

芸能プロ関係者の話。

「“日本マラソンの父”と呼ばれていますが、世間的には知られていません。視聴者が感情移入しようにも無理があるのではないか。面白い演出を入れても『そもそも誰?』という疑問がくすぶったままなのです」

2つ目はテンポ。クドカンドラマといえば、小気味良いストーリー展開が魅力だが、これが今回裏目に出ているという。
「朝ドラの15分という尺だったらマッチしたが、45分間の大河ドラマにそれをあてはめたら、慌ただしく感じてしまう。コミカルな半面、上滑りしている印象ですね」(芸能関係者)

そして3つ目は、金栗がマラソンに目覚めた当時とその後の2つの時代を行き来する進行が挙げられるという。
「これがわかりにくい。伏線を張っていても、行ったり来たりするので、視聴者が置いてけぼりになっている可能性がある」(同関係者)

このままでは視聴率がどんどん下がっていくのは避けられそうもない。どこかでカンフル剤的な劇的なテコ入れが必要になる。そんななか「やっぱり」というか“あの女優”への待望論が渦巻いている。

「『あまちゃん』で主演したのん(旧芸名・能年玲奈)です。出演者とスタッフを見れば、むしろのんが出演しないのが不自然なくらい。元事務所とのトラブルがいまだに尾を引いているという話もありますが、昨年10月に、のんサイドが元所属事務所を訪れ、和解を申し入れたことも明らかになっている。クドカンのことですからアッと驚く“サプライズ”を考えていないはずがない。局内でも『のんに出てほしい!』という声が噴出していますよ」(前同)

クドカンも露出が激減したのんを応援しているというだけに、とびきりのタイミングでのオファーを考えているはずだ。

ネット上でも“のん登場”を待ちわびるファンが多数いる。低迷する視聴率に局内からも「待ったなし」の声が出ている以上、緊急登板も十分あり得そうだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力

のんさんに何が起きているのか エージェントが語る圧力

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/3/43528_1509_25e1775a_53da4877-m.jpg NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で国民的な人気を得た俳優のん(本名・能年玲奈)さんが、ここ数年テレビに出ないのは、芸能界の圧力があるからだ――。 のんさんのエージェントを務めるコンサルティング会社「ス...
いだてんが最低視聴率更新 不振の陰にNHKの古すぎる慣例

いだてんが最低視聴率更新 不振の陰にNHKの古すぎる慣例

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/1/b150d_1212_ea868624_cc20edbb-m.jpg 8月11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺」第30話の関東地区平均視聴率が、大河ドラマ史上最低となる5.9%を記録した(ビデオリサーチ調べ、以下同)。 同作は第22話で6.7%を記録。それまで...
大河ドラマ「いだてん」 第30話の平均視聴率が1994年以降で最低を更新

大河ドラマ「いだてん」 第30話の平均視聴率が1994年以降で最低を更新

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/8/28a49_60_270549be_10b284f0-m.jpg 11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(日曜・後8時)の第30話の平均視聴率が関東地区で5・9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。大河ドラマの記録が残る19...
「いだてん」視聴率が大河ワーストを更新 関東地区で5%台に

「いだてん」視聴率が大河ワーストを更新 関東地区で5%台に

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/2/72a0b_50_c1c7a5ee_189c2336-m.jpg 11日に放送されたNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の世帯平均視聴率が、関東地区で5・9%だったことが13日、分かった。 「いだてん−」は6月9日放送回で、記録が残る94年以降関東地区の大河...
『西郷どん』を終えて、覚悟は決まった。鈴木亮平は中途半端に生きられない

『西郷どん』を終えて、覚悟は決まった。鈴木亮平は中途半端に生きられない

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/1/4118304bd4a1bcd4823e9cc4b8d7e9e5.jpg 大河ドラマ『西郷どん』の撮影を終えて約8ヶ月。取材に現れた鈴木亮平は、いくぶんスラっとした印象だった。 西郷隆盛の18歳から生き直し、自分の年齢を超えて、49歳で死ぬまでを演じる。それは鈴木にとって、人生...
井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

井上真央が女優活動を本格再開 松本潤との結婚に「一筋の光」?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/d/4d27b_28_89afeb6e_24226faa-m.jpg 2016年に所属事務所を移籍してから露出が減っていた女優の井上真央(32)の本格復帰が近そうだ。10月19日からはNHKの連続ドラマ「少年寅次郎」に出演する。映画監督の山田洋次氏が少年時代の寅さんを描いた小説「悪童小...
10月以降でのん出演?「いだてん」にメディア非公開の極秘台本

10月以降でのん出演?「いだてん」にメディア非公開の極秘台本

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/9/999e3_1643_f4ff6428b692315323dccfa1a581d41c-m.jpg 連載スタッフは見た!週刊「テレビのウラ側」InsidestoryofTelevision 第1部には存在しなかったメディア非公開の「マル秘台本」が存在。アッと驚く演出があるのか… 視聴率一ケタに苦しむ『いだてん』の...
「反日」とデマが拡散 静観する立場をとった8.6秒バズーカーが苦悩語る

「反日」とデマが拡散 静観する立場をとった8.6秒バズーカーが苦悩語る

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/2/629d6_1585_670863961e1b668d8fdcc958d6b8a3d2.jpg 6日、74回目の原爆の日を迎えた広島。核のない平和を願う、その象徴とも言える日だが、この日が近づくとあるお笑いコンビの名前がネットをざわつかせ始める。 それが、リズムネタ「ラッスンゴレライ」で...
フジテレビで夢を追うも二度挫折。台湾で超人気アイドルになった三原慧悟の逆襲

フジテレビで夢を追うも二度挫折。台湾で超人気アイドルになった三原慧悟の逆襲

“台湾でもっとも有名な日本人”ともいわれている、YouTuber三原慧悟さん。 自身のメインチャンネル「三原JAPAN」はチャンネル登録者数が100万人を突破し、アイドルとしても活躍しています。 現在、台北の街を歩いていればすぐに写真を求められ、交通機関に乗るとパニックが起きるくらいの人気ぶりなんだとか...
山下智久のドラマでの発声に違和感「ボソボソとしゃべるので…」

山下智久のドラマでの発声に違和感「ボソボソとしゃべるので…」

大河ドラマ史上最速の視聴率1桁落ちに続き、9話連続1桁台と不名誉な記録を更新している「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。その戦犯とされているのが志ん生を演じているビートたけしで、滑舌が悪く何を言っているのかわからないと不評のようだ。 専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち? ...
元乃木坂46の斎藤ちはるがテレ朝「朝の顔」に 宇賀なつみアナの後任

元乃木坂46の斎藤ちはるがテレ朝「朝の顔」に 宇賀なつみアナの後任

(全2枚) 元乃木坂46の斎藤ちはる(22)が4月にテレビ朝日にアナウンサーとして入社し、同月から情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜前8・0)の2代目アシスタントを務めることが28日、分かった。3月末をめどに同局を退社する宇賀なつみアナ(32)の後任。いきなりテレ朝の“朝の顔”に...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net