芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

授業中の迷惑動画投稿・退学を告白していた高校生ユーチューバー、真相明かすも不可解な行動に疑問

授業中の迷惑動画投稿・退学を告白していた高校生ユーチューバー、真相明かすも不可解な行動に疑問 3人組ユーチューバーグループ「僕は学校がキライだ。」がアップした最新動画がネットからさまざまな声を集めている。

メンバー全員が高校3年生という「僕は学校がキライだ。」。これまで、「授業中にガチで坊主にしてみた」「授業中先生にバレずに体の毛どれだけ剃れるか?」などの動画が話題になっていたが、22日にアップした動画の中で、メンバーの「ねずみんと」がユーチューブチャンネルを巡って、生徒指導の教員から電話で呼び出しを受けている様子を収めた動画をアップ。電話の中では、生徒指導の教員から「退学処分」を匂わされていたが、その後、すべての動画が非公開となり、24日にはマネージャーの「ショウマ」が出演する動画がアップされ、「『僕は学校がキラいだ。』のメンバーの一人が学校を退学になりました」と説明していた。

一連の流れから、退学になったのはネット上では「ねずみんと」だとして盛り上がり、「あんなことしてて退学になるのは当然」「自業自得」といった声が殺到し騒動に発展していたが、そんな中、「僕は学校がキライだ。」は26日、「真実と今後について話します。」という動画をアップ。メンバー3人が出演したその動画の中で、「ねずみんと」は「まず、私ねずみんとが学校を退学になったという事実はございません」と釈明した。また、動画を非公開にしたことについては「ユーチューブ上に公開した動画に賛否両論の声が寄せられており、一部では動画の内容を巡って論争が起きています」と状況を説明し、「このような状況になることを私は想像していませんでした。また、望んでいることでもありません」と非公開にした理由を語り、騒動を謝罪。「僕は学校がキライだ。」を脱退することも明かした。

また、メンバーの「きょうへい」は、「高校を退学したのはねずみんとくんではなく僕です」と言い、「退学した理由はユーチューブの動画とは全く関係ないことです。そして正確には退学ではなく転校いたします」と話していた。

しかし、この動画についてもネットでは「いったい何がしたかったんだ?」「さんざんミスリードさせてこれって…やっぱ再生数稼ぎか」「自分達で退学になったとか言っときながら正確には転校っておかしいんじゃないの?話作られてる気がする」といった呆れ声が多く集まっている。なお、再生回数は26日正午時点で10万を突破している。

メインメンバーの「ねずみんと」が脱退してしまったが、果たして今後の活動はどうなるのだろうか――。

記事内の引用について
「僕は学校がキライだ。」ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UC3zfGY462ntBrrlQPBMvYMg

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「19年間彼氏なし」を公言していた浜辺美波 大人の階段を駆け上がった年に

「19年間彼氏なし」を公言していた浜辺美波 大人の階段を駆け上がった年に

女優の浜辺美波(21才)が、美容雑誌「VOCE(ヴォーチェ)」が選考する「2021年の最も美しい人」に選ばれた。連続ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!』や24時間テレビドラマスペシャル『生徒が人生をやり直せる学校』(ともに日本テレビ系)のヒロイン役を務めて、「2021年上半期TV-CMタレントランキング」...
紺野ぶるまが見た「愛妻家」の真実「素敵と思う女性気を付けて」

紺野ぶるまが見た「愛妻家」の真実「素敵と思う女性気を付けて」

11月17日、テレビ朝日とABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#7が放送。ピン芸人・紺野ぶるまが、「愛妻家を名乗る男性を『素敵』と思う女性、気をつけて」と注意を呼びかけ、特に「ネックレスの先に結婚指輪を付けている人」に赤信号を灯した。 【動画】「ネックレスに結婚指輪は…」紺野ぶる...
香川照之の歌唱姿に川島明がやんわり注意「歌っているときの顔が大和田」

香川照之の歌唱姿に川島明がやんわり注意「歌っているときの顔が大和田」

俳優の香川照之が8日、TBS系朝の情報番組「THETIME,」で、単独MCデビューを果たした。注目の7時の時報の歌も朗々と歌い上げたものの、「ラヴィット!」とのリレータイムの麒麟・川島明から歌っている顔が「大和田だったので気をつけて」と注意され、スタジオも爆笑に包まれた。「大和田」とは...
中川翔子「いじめ、という言葉が軽すぎる」子ども自殺が絶たない現状に憤り

中川翔子「いじめ、という言葉が軽すぎる」子ども自殺が絶たない現状に憤り

タレントで歌手の中川翔子(38)が14日、ツイッターを更新。いじめによる子どもの自殺が後を絶たない現状を受け、「いじめ、という言葉が軽すぎる」と訴えた。 中川は、東京都町田市で昨年11月、小学6年の女子児童が同級生からいじめを受けたという内容の遺書を残して自殺していたとの報道に言及。中川が貼り...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net