芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

安藤サクラの「関西弁」に賛否 専門家が評価分かれる理由を解説

安藤サクラの「関西弁」に賛否 専門家が評価分かれる理由を解説

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」も、いよいよ最終章。カップ麺の開発が描かれ、3月末で大団円となる予定だ。

***

ビデオリサーチは公式サイトで毎週、「報道」、「音楽」、「ドラマ」など8分野の関東地区視聴率ベスト10を発表している。

これによると、「まんぷく」の視聴率は、ほぼ全ての週で20%台をキープ。ドラマの枠を超え、“日本で最も観られているテレビ番組”と言えるだろう。

それほどの人気を誇る「まんぷく」だ。ネットで評判を検索しても、好意的な感想が圧倒的に多い。

ところが「まんぷく関西弁」と検索すると、途端に賛否両論となるのだ。特に「安藤サクラまんぷく関西弁」と入力すると、「上手い」と「下手」と、驚くほど正反対の感想が表示される。

安藤サクラの「関西弁」に賛否 専門家が評価分かれる理由を解説 安藤サクラ

安藤サクラ(33)の関西弁は上手いのか下手なのか、ツイッターから一例を引用させていただく。最初が「賛」で、次が「否」だ。

《安藤サクラさんのセリフ、ほんと好きだわ。関西弁もめっちゃ自然。顔が薄いのも私好み》

《ところで『まんぷく』の安藤サクラと松坂慶子の関西弁は、皆にはどう聴こえてるんだろうか。関西弁ネイティブの私からすると、オーケストラの中にチャルメラが2人混じってるくらい気色悪いんだが》

不思議なことに「関西人でも感心するほど上手い」と「関西人だから下手に感じる」のツイートが共存している。どちらかは“偽の関西人”なのだろうか?

『関西弁講義』(講談社学術文庫)の著作もある、言語学者の山下好孝・北海道大学高等教育推進機構留学生センター教授は「北大で関西弁を教える」名物教授として知られる。

山下教授は京都に生まれ、神戸市外国語大学の大学院を修了。完全な“関西弁ネイティブ”だ。取材を依頼し、「『まんぷく』の関西弁が賛否両論になっている理由」について訊ねた。

「全体として申しますと、『まんぷく』の方言指導は、とてもしっかりしています。東京都出身という安藤さんの関西弁は、非ネイティブということを考えれば満点でしょう。ただし、それを踏まえた上で、関西人が安藤さんの関西弁に引っかかりを覚えるのも理解できます」

ネット上では、同じくNHKの朝ドラ「カーネーション」(2011年下半期)でヒロインを演じた尾野真千子(37)と比較して、「否」とする意見もある。彼女は奈良県出身で完全なネイティブ。上手くて当たり前である。

安藤サクラが関西弁を頑張っていることを認めながら、それでも「否」の意見が地元民から漏れてしまう理由として、山下教授は「2つの可能性があります」と言う。

「1つは、安藤サクラさんの周囲を、ネイティブの役者さんが囲んだ時ですね。これは仕方ないでしょう。安藤さんが演じるヒロイン・立花福子には、お子さんが2人います。演じる子役さんの発音を聞くと、ネイティブの可能性が高い。親子3人が会話していると、どうしても安藤さんの関西弁は一本調子で大げさに聞こえてしまう時があります」

ちなみに兄である立花源を演じているのは二宮輝生くん(11)で、大阪の芸能事務所に所属している。妹の幸は三宅希空さん(9)だが、出身地などは分からなかった。

日本一難しい方言は関西弁

更に時代背景などを考えると、「まんぷく」で安藤サクラが喋る関西弁は、丁寧すぎるところがあるという。

「多分、制作方針として、故意にそうしているのでしょう。時代背景などを考慮した、リアルな関西弁を意図的に避けている。例えば安藤さんのセリフに『絶対できます。満平さんなら』というものがありましたが、本当なら『絶対できます。満平さんやったら』です。アクセントなど発話のレベルではなく、『関西人は、こんな言い回しはしないぞ』という違和感を覚える地元の視聴者がいると考えられます」

山下教授は気になったセリフを、しっかりメモに残している。一部を引用させていただくと、以下のような具合だ。

(番組のセリフ=誤)助けてあげなければなりません→(正)助けてあげなあきません
(誤)よろしくお願いいたします→(正)よろしゅうお頼もうします
(誤)乾燥時間も短くてすむ→(正)乾燥時間も短こうてすむ
(誤)この程度の味で満足してはいけないと思います→(正)この程度の味で満足したらあかんと思います

ところが、この標準語に近いセリフを、安藤サクラが「一本調子で大げさ」な関西弁で喋ると、ネイティブらしく聞こえるのも事実だという。方言は実に奥が深い。

「実際のところ非ネイティブにとって、関西弁独特の言い回しを、関西弁の抑揚で喋るのは、至難の業です。言い回しを標準語に近づけることで、安藤さんの負担も軽くなった。アクセントや抑揚、強弱に集中できるようになり、本物の関西弁に近づいたのではないでしょうか」

山下教授は「そもそも関西弁は、真似が難しい方言です」と指摘する。習得が容易な方言と、難しい方言があり、関西弁の難易度はトップクラスだという。

「“京阪式アクセント”と呼ばれますが、平安時代のアクセントが残っている代表地域が関西と四国です。この地域の方言は、慣れていない人が真似をしても“エセ”と見破られやすい。一方、江戸時代の東京で確立したアクセントに近い地域は、習得が容易です。具体的には、広島弁、山口弁などです。映画『仁義なき戦い』の広島弁を非ネイティブが真似しても、それなりに聞こえる理由です。あと、アクセントのない北関東の方言も容易だと言えます。つぶやきシローさんのモノマネは、誰がやっても、何とか格好がつくでしょう」

安藤サクラ以外の出演者を調べてみると、安藤の姉を演じる内田有紀(43)の関西弁が「難あり」と言及されることが多いようだ。だが山下教授は「非ネイティブの関西弁は、内田さんで普通のレベルです」と擁護する。

「それだけ関西弁は難しいということです。ちなみに松坂慶子さんの関西弁を批判する書き込みもあるようですが、私の感想は真逆で、非常に上手いと思っています。実際、ご両親が兵庫県姫路市にご縁をお持ちのようですから、幼い時から関西弁を耳にされる機会があったのではないでしょうか」

結局のところ、この賛否両論について山下教授は「真っ赤な偽物より、限りなくリアルに近い偽物のほうが、かえって批判されるものです」と総括する。

「日本語ができないアフリカの方に、めちゃくちゃな関西弁を喋ってもらったら、誰もが笑うはずです。あまりにもデタラメだと、全く腹が立ちません。でも、プロの役者さんが練習に練習を重ねた関西弁は、微妙な違いが気になって仕方がない。靴の中に小石が入ったような違和感があるわけです。関西弁に限らず、方言を扱うドラマや映画では、地元の人から批判が起きることは珍しくありません」

4月1日から「まんぷく」に代わって放送が開始される「なつぞら」は広瀬すず(20)が主演。ヒロインのなつは東京生まれだが、戦争で両親を亡くし、北海道の十勝に引っ越すという設定だ。こちらは方言の問題を回避しているように見えるが……。

週刊新潮WEB取材班

2019年3月9日掲載

安藤サクラの「関西弁」に賛否 専門家が評価分かれる理由を解説 外部サイト 大人気「チコちゃん」“中の人”が気になる身長は?性別は?NHKに訊ねると…… 北川景子が一度も語らない「父の職業」大企業の幹部だった 宝塚元トップスターの母が脱税、夫は「まんぷく」の“野呂ちゃん” 「安藤サクラ」をもっと詳しく

「まんぷく」偽福子の正体は安藤サクラ二重の幅を変えて役作り 夫ありきの設定?朝ドラ「まんぷく」での「萬平さん」連呼に違和感 キネマ旬報ベスト・テン安藤サクラと柄本佑が夫婦で主演賞に輝く

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

親の七光りを感じさせない2世芸能人ランキング 3位は杉咲花

親の七光りを感じさせない2世芸能人ランキング 3位は杉咲花

両親のどちらか、あるいは両親ともが著名人や芸能人でありながら、自身も芸能人になった“二世タレント”。「親の七光り」などと揶揄されるのを懸念し、バックボーンを隠して実力で大成している人も多い。ORICONNEWSでは、自分の力で現在の地位を確立した“2世芸能人”を調査。日本の歌謡界を語るうえで欠かせない...
「まんぷく」総集編の新聞縦読みが話題 2パターンが登場

「まんぷく」総集編の新聞縦読みが話題 2パターンが登場

3月に終わったNHK連続テレビ小説「まんぷく」の総集編が2日、同局で放送されたが、新聞のラテ欄の縦読みがネットで話題となっている。 縦読みは2パターンあり、一つは「ふたりのたびはつづく」。もう一つが「半年間ありがとう!」だった。ラテ欄の字数によって、新聞各紙で違うようだ。 この粋な計らい...
まんぷくの最終回、視聴者に満足感漂う 「たまらん最終回だな」

まんぷくの最終回、視聴者に満足感漂う 「たまらん最終回だな」

女優の安藤サクラ(33)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月〜土曜前8・00)が30日、最終回を迎えた。 朝ドラ通算99作目。大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創...
瀬戸康史と山本美月 ドラマのような「意味深バイバイ」

瀬戸康史と山本美月 ドラマのような「意味深バイバイ」

都内の焼き肉店から続々と美男美女が出てきたのは、5月21日深夜12時をまわった頃だった。青いワイドパンツでほろ酔いの様子の松坂桃李(30才)と肩を組んで出てきたのは、前クールの朝ドラ『まんぷく』で人気急上昇中の瀬戸康史(31才)。こちらはブラックデニムのパンツに黒いキャップ姿。2人はご満悦の様子...
14歳とは思えぬ落ち着きぶりの芦田愛菜 NHKアナも思わず30年前の話

14歳とは思えぬ落ち着きぶりの芦田愛菜 NHKアナも思わず30年前の話

女優の芦田愛菜(14)が1日、NHKの「令和」改元の報道番組にゲストとして出演、武田真一アナウンサー(51)からの質問に14歳とは思えないしっかりとした受け答えを見せた。 髪を後ろでひとつに束ね、落ち着いた雰囲気の芦田は武田真一アナウンサー(51)からの「新しい時代、令和に代わりましたが、こういっ...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net