芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

桜田淳子ライブ盛況の波紋 ファンは大歓声も遠い本格復帰への道

桜田淳子ライブ盛況の波紋 ファンは大歓声も遠い本格復帰への道

往年の人気アイドル桜田淳子(58)が7日、東京・銀座の博品館劇場で「スクリーン・ミュージックの宴」にゲスト出演した。自身のデビュー40周年を記念した一夜限りの復帰ライブから3年4か月ぶりのステージでは計5曲を熱唱し、往年のファンらを歓喜させた。一方、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の広告塔を務める桜田の“復帰”を問題視する全国霊感商法対策弁護士連絡会からは「25年前より一層深刻」との批判が上がった。

桜田はアイドル時代から定評のある豊満なバストを強調した白と黒のツートンカラーのワンピースに大きなリボンのついた帽子というアイドルルックでステージに登場した。

会場は「淳子〜!お帰り〜!」という野太い歓声と、割れんばかりの拍手に包まれた。

自身の主演ミュージカル「アニーよ銃をとれ」(1980、83年)の劇中歌「ショウほど素敵な商売はない」や、81年にシングルリリースした中島みゆきのカバー曲「化粧」など5曲を熱唱。伴奏したピアニスターHIROSHI(55)が前奏にアドリブで「わたしの青い鳥」のメロディーを弾くと、桜田は手で「クッククック」と振り付けで大サービスもやってのけた。

MCでは「チケットが数分で売り切れたと聞きました。おそらく皆さん、桜田淳子はどれくらい年をとったんだろうということで集まっていただいたと思いますが」と笑わせ、当時のアイドル界で断トツといわれたトーク力も健在だ。

来場したファンは「昔は中3トリオの中では森昌子が実力派だったけど、今は淳子の方がうまいし声量もある。腰のあたりはぜい肉が付いているけどスタイルも相変わらずいいよなぁ」とうっとり。2013年5月にサンミュージックの相澤秀禎会長(享年83)の通夜で久々に姿を見せた時に話題になった二重アゴもスッキリ。完璧に「芸能人」に戻っていた。

桜田はアイドル歌手から女優に転身後の92年に合同結婚式への参加を突如表明。以来、統一教会の“広告塔”として活動し、芸能界を実質的に引退した。「合同結婚式の話を聞いた時は『俺にもチャンスがあったのか』と思った。それで入信した人もいただろうね」というファンもいれば「嫌になってファンをやめていった人も多かった」(別の来場したファン)と、桜田の入信は大きな衝撃を与えた。

終演後、ファンや報道陣が待ち構える中、会場から出てきた桜田は記者の「芸能界復帰ですか?」などの呼びかけには一切答えず、手を合わせて「ありがとうございます」「すみません」と頭を下げて車に乗り込んだ。

同公演を演出した増田久雄氏は「クリエーターとして桜田淳子の声を聞きたいと思ってダメもとでオファーしただけ。統一教会の“ト”の字も頭にないから僕から聞くこともないし、彼女も言わない。世間が騒ぎすぎじゃないのかな」と語る。

桜田の復帰については「僕としては今日がきっかけで復活につながったらいいなと思うけど、本人は復帰を全然考えていないと思う。最後に歌った『化粧』は予定になかった“サプライズ”。主婦として普通の女の人の生活を送ってきた感じが歌に出ていたから、もう1回(復帰すれば)昔とひと味違う桜田淳子を見せられるのでは」と増田氏は期待を込める。

だが、もちろん歓迎ムードばかりではない。統一教会の霊感商法と闘う全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士はこの日の桜田の言動をこう問題視した。

「信者であることを語った25年前は『統一教会を正しい』と自信を持って褒め上げるコメントを自ら出したのに、今回は記者会見を開かず、報道陣の質問にも一切答えないのは統一教会の問題性を認識しているからにほかならない。25年前より一層深刻です。今後、復帰に向けた動きがあれば、統一教会や主催者に質問状を送るなど、より踏み込み、反対表明を続けていきます」

ファンやスタッフは大満足し、本格復帰を望んでいるが、すんなりとはいきそうもない。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

竹中直人が「濡れ場」を自ら演出した経緯 監督が放棄したため

竹中直人が「濡れ場」を自ら演出した経緯 監督が放棄したため

14日放送の「5時に夢中!」(TOKYOMX)で、俳優・竹中直人が、自身の演じる「濡れ場」シーンを自ら演出するという貴重な体験を明かした。 番組では、10月公開の映画において、ダブル主演の有村架純と嵐・松本潤が演じる「濡れ場」シーンが、業界で噂になっているとの記事を紹介。そこから派生し、司会のふか...
桜田通、突然の女装披露に視聴者ざわつく<警視庁いきもの係>

桜田通、突然の女装披露に視聴者ざわつく<警視庁いきもの係>

【桜田通/モデルプレス=8月13日】俳優の桜田通が13日に放送されたフジテレビ系ドラマ『警視庁いきもの係』(日曜よる9時)第6話にゲスト出演し、女装を披露した。 【さらに写真を見る】イケメンの女装はやっぱりかわいい!桜田通が大変身 警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補・須藤...
米倉涼子が自身の現状に本音「どっちかというと落ちぶれてる」

米倉涼子が自身の現状に本音「どっちかというと落ちぶれてる」

6月30日放送の「A-Studio」(TBS系)で、女優の米倉涼子が、自身の現状について、自虐的なコメントを飛ばした。 番組では、米倉がスタジオに登場した。冒頭から笑福亭鶴瓶が、米倉出演のドラマや舞台といった活躍の場に言及しながら「自分は『すごい所にいる』っていう意識は、あまりないの?」と、米倉の活...
フィフィ 川谷絵音の態度に怒り「人の気持ちがわからない」

フィフィ 川谷絵音の態度に怒り「人の気持ちがわからない」

8日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、フィフィが、ゲスの極み乙女。・川谷絵音の態度を批判した。 番組では、前日7日放送の「ワイドナショー」(同)に、約10カ月ぶりにテレビ出演した川谷について取り上げた。川谷は同番組で、ベッキーとの不倫騒動があった昨年1月ごろ、歌詞を書いていたと明かす。...
Wink鈴木早智子 前の所属事務所との間でギャラ未払いトラブルか

Wink鈴木早智子 前の所属事務所との間でギャラ未払いトラブルか

  8月20日に再始動が報じられたWink。だが早くも“復活”に暗雲が立ち込めている。   Winkといえば、相田翔子(47)と鈴木早智子(48)の人気アイドルデュオ。88年にデビューするや、『淋しい熱帯魚』などヒット曲を連発。96年に惜しまれつつも活動停止していた。そんな彼女たちがデビュー30周年とな...
相田翔子がきっかけ?鈴木早智子は波乱もWinkが再始動へ

相田翔子がきっかけ?鈴木早智子は波乱もWinkが再始動へ

1980年後半に一世を風靡した人気デュオが帰ってくる。「淋しい熱帯魚」などのヒットで知られるアイドルコンビ、Winkが22年ぶりに復活することになったという。一時的な復活ではなく、デビュー30周年を迎える来年4月に再始動するというから、往年のファンにとっては待ち遠しい話だ。 21日付サン...
「ひよっこ」で名司会が復活 「ベルトクイズQ&Q」押阪忍

「ひよっこ」で名司会が復活 「ベルトクイズQ&Q」押阪忍

TBSの視聴者参加型クイズ番組「ベルトクイズQ&Q」(1969〜80年)の司会などで知られる押阪忍アナウンサー(82)が15日に放送されたNHK連続テレビ小説「ひよっこ」(月〜土曜前8・00)の第116話に出演した。2時間ドラマや映画出演歴はあるが、朝ドラは初。押阪アナの名前がツイッタ...
上原多香子の奔放な男性遍歴 赤西仁、ISSAらと交際の過去?

上原多香子の奔放な男性遍歴 赤西仁、ISSAらと交際の過去?

妻子ある男性との略奪不倫疑惑を報じられた今井絵理子参院議員(33)に続いて、4人組グループ・SPEEDにまつわるニュースが、またしても飛び込んできた。 今週発売の週刊誌「女性セブン」(小学館)が、2014年9月に自殺したヒップホップグループ・ET-KINGのTENNさん(享年35)が、SPEEDメンバーで妻の上原多香...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net