芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

石坂浩二と元妻&元恋人とドラマで共演 顔合わせでは大人の対応

石坂浩二と元妻&元恋人とドラマで共演 顔合わせでは大人の対応

浅丘ルリ子と石坂浩二が初共演した人気ドラマ『2丁目3番地』から46年。結婚と離婚を経て道別れたふたりが、今、再会した。4月3日スタートの新ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で共演する浅丘と石坂。彼の元恋人・加賀まりこが出演するだけでもややこしいのに、往年の大女優が一堂に集ったものだから、撮影現場が大変なことになっている。

「やっぱり懐かしいですよね。昔一緒に芝居をしましたから。緊張感はないです。そんなことでジタバタしていたら生きていけない(苦笑い)」

4月3日、『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)に出演した石坂浩二(75才)は“因縁の共演”について穏やかに話した。

同日放送がスタートした昼の帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で、元妻の浅丘ルリ子(76才)、元恋人の加賀まりこ(73才)と共演する石坂。

「全盛期のテレビ業界で功績を残した者のみ入居可」という老人ホームを舞台に、往年の名俳優、監督、作家が終活に臨むという本作にあって、“キャスティングの妙”が放送前から話題になっていた。

「石坂さんと加賀さんといえば、1960年代の芸能界を沸かせた大物カップルでした。映画『泥棒たちの舞踏会』(1966年)の共演をきっかけに交際して、一時は結婚寸前までいきながら破局。その後、石坂さんは浅丘さんと結婚しますが、浅丘さんを彼に紹介したのは他ならぬ加賀さんなんです」(芸能関係者)

石坂は浅丘と結婚後も加賀との仲が取り沙汰され、2000年にふたりは離婚。浅丘と加賀はその後も長く友人関係を築いていた。

この複雑すぎる三角関係に加え、同ドラマは脚本家の倉本聰氏が事前にキャストを想定して当て書きしている。劇中では今後、加賀が石坂と浅丘の離婚を皮肉る一幕もあるそうだ。

現場スタッフにも緊張感が走ったというファーストコンタクトだが、大人なお三方の対応はさすが。

「初顔合わせの場で、“よろしくお願いします”って、3人ともサラリと。プロだな、と思いました。加賀さんと浅丘さんは現場でも仲良しですよ。マリリン、ルリ子さんって呼び合って、休憩中はいつも一緒。撮影前、倉本さんと3人で食事に行くこともあったとか。脚本ができて初めて主人公を演じるのが石坂さんだってことを明かされて、“うっそー!”みたいな。でも2人とも快諾したんですって。劇中でどれだけ石坂さんを翻弄できるか、一緒に張り切っているそうです」(テレビ関係者)

3月16日の制作発表会見でも、浅丘と加賀は余裕のやり取りを見せていた。

「いちばんはじめに石坂さんと抱き合うシーンがございます。私自身、石坂さんとは16年ぶりに会います。その思いも込めまして、長いこと抱き合わせていただきました。楽しゅうございました。そしたらマヤ(加賀の役名)がジロ〜ッと私たちのことを見ていました」(浅丘)

「芝居で、でしょ!」(加賀)

「そうです。芝居で、です(笑い)」(浅丘)

「三角関係」の問題が杞憂に終わり、スタッフもホッと一息。

※女性セブン2017年4月20日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

劇団四季の凄すぎるプロ意識 東日本大震災の揺れの中でも続いた舞台

劇団四季の凄すぎるプロ意識 東日本大震災の揺れの中でも続いた舞台

(全5枚) 世界でも最大規模と言われ、日本の商業演劇を代表する劇団、「劇団四季」。俳優、技術スタッフ、経営スタッフを合わせると実に1200人ほどが在籍。現在は、日本国内に7つの専用劇場を持ち、幅広いジャンルの作品を上演しています。 劇団四季の知られざる秘密とうわさ 今回は劇団四季にまつわるトリ...
大杉漣さんが演じていた「相棒」の警視庁副総監役 代役は杉本哲太に

大杉漣さんが演じていた「相棒」の警視庁副総監役 代役は杉本哲太に

2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)が、準レギュラーとして出演していたテレビ朝日系ドラマ『相棒season16』の最終回スペシャル(14日後8:00)で、大杉さんの代役を俳優の杉本哲太(52)が務めることが1日、わかった。警視庁副総監・衣笠藤治役の大杉さんは、最終回スペシャルの物語上、欠かせな...
再び存在感を増す内田有紀 小泉今日子の独立も少なからず影響か

再び存在感を増す内田有紀 小泉今日子の独立も少なからず影響か

つかこうへいのもとで演技を磨いた “永遠のショートヘア女優”内田有紀(42)が再び存在感を増している。 「12年に始まった『ドクターX』(テレ朝系)で主演の米倉涼子(42)をサポートする麻酔科医役を好演。高視聴率の陰の功労者とも言われています。今の内田は、ドラマでは基本的に3番手か4番手ですが、2月1...
加賀まりこが松本人志に「筋肉が気持ち悪い」お気に入りだった過去も

加賀まりこが松本人志に「筋肉が気持ち悪い」お気に入りだった過去も

女優の加賀まりこ(74)が23日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・9時55分)で、過去にダウンタウン・松本人志(54)に連絡先を教えるも、電話が無かったことを明かした。 加賀は好きになったら自分から行く方だと話し、過去に松本のことが気に入ってプロデューサーを通じて電話番号渡...
有働由美子アナに結婚相手候補?直撃すると「何の進展もありませんでした」

有働由美子アナに結婚相手候補?直撃すると「何の進展もありませんでした」

  「いいなと思っている男性はいます」   今年4月に放送された『あさイチ』(NHK)で“新恋人”の存在を匂わせていた、有働由美子アナ(48)。番組では、たびたび彼女の恋愛事情が話題になっており、この日もゲストの浅丘ルリ子(76)が「(相手の男性が)年上か年下か教えて」と直球質問!「“上”です...
高橋一生 大河「直虎」の打ち上げで女性陣をメロメロにした神対応

高橋一生 大河「直虎」の打ち上げで女性陣をメロメロにした神対応

(全3枚) 10月中旬のある夜、季節はずれの冷たい雨の中、都内のホテルで熱気に満ちた宴が始まった。 ムロ・菜々緒の写真はコチラ 「NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の打ち上げが行われたんです。出演者だけでも大変な数で、500人近くは参加していたみたいですよ」(NHK関係者) 午後6時から始まったパーティー...
有村架純「ナラタージュ」での坂口健太郎との濃厚シーンに邪推も

有村架純「ナラタージュ」での坂口健太郎との濃厚シーンに邪推も

(全2枚) 有村架純(24才)と坂口健太郎(26才)の濃密な“濡れ場”が、「この2人はヤバくない!?」「他のことが気になって集中できなかった〜」と物議を醸している。 一人暮らしの彼の部屋。緊張した面持ちながら、首筋や胸に愛撫を重ね、彼女のキャミソールをたくし上げると豊かな胸が揺れる。体をよじらせな...
田中邦衛、自宅で必死にリハビリ「北の国から」新作への期待も

田中邦衛、自宅で必死にリハビリ「北の国から」新作への期待も

最後の放送から15年が経っても、いまだに北海道・富良野のロケ地には数多くのファンが足を運ぶ。『北の国から』の続編への期待が膨らむ陰で、独特な演技で人々を魅了した「五郎さん」も復帰に向けた道を着々と進んでいた。 《灯は小さくてもいつも暖かい。“北の国から”》 横浜市内のとある飲食店の壁に、そう...
島田紳助さんの復帰計画 明石家さんまが計画も意見相違で頓挫

島田紳助さんの復帰計画 明石家さんまが計画も意見相違で頓挫

明石家さんま(62)が27日、MBSで放送された「明石家さんまが語り継ぎたいレジェンド芸人20人」に出演。2011年8月に暴力団との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(62)の復帰計画を吉本と練っていたが、紳助さんと吉本の意見の違いで頓挫(とんざ)したことを明かした。 紳助さんに...
島田紳助さん、宮古島のレンタカー業者のInstagramに登場

島田紳助さん、宮古島のレンタカー業者のInstagramに登場

お笑いタレント、司会者として高い人気を集め、2011年に芸能界を引退した島田紳助さんだが、その後は南国生活を楽しんでいるようだ、とネットで話題を集めている。 11年の引退以降はメディアへの積極的な露出は避けている島田さんだが、2018年4月7日に沖縄県宮古島のレンタカー業者「宮古島アップスレンタカー...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net