芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「メン・イン・ブラック」吹替版に吉本坂46人全員を起用 批判が集まる

「メン・イン・ブラック」吹替版に吉本坂46人全員を起用 批判が集まる 人気映画シリーズ『メン・イン・ブラック』の最新作の日本語吹替版について、映画ファンの間で物議を醸している。

問題となっているのは、6月14日公開予定のシリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』。シリーズはスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務める人気SFアクション作でファンも多く、最新作にも期待が集まっていた。

そんな中、12日に都内で行われた公開直前イベントに「M(マジで)I(イケてる)B(ビッグ・グループ)」としてMIB日本支部エージェントに任命されている吉本坂46が登場。その中で、46人全員が日本語吹替版で声優を務めることがサプライズ発表され、メンバーたちはそれぞれ喜びを口にしていた。

しかし、これについて映画ファンからは、「餅は餅屋。プロの声優を起用してください」「ここまで反感買う吹替に出来るの逆に凄い」「映画をなんだと思ってますか?もううんざり。遊んでますよね、絶対に」といった批判が殺到。『メン・イン・ブラック:インターナショナル』公式ツイッターの元にも多くの批判が寄せられ、炎上状態となっている。

「実は先月19日に公開された映画『シャザム!』についても、日本語吹替監修・演出を務める福田雄一監督が、主人公の吹替声優に菅田将暉を起用したことで、『イメージと合わない』として批判が殺到。『お気に入りの俳優を起用して作品を私物化してる』という声も見られました。多くの映画ファンが吹替版作品に求めているのはプロの声優の吹替なだけに、素人である芸人が大量に起用されるという今回のプロジェクトへの不満が多く寄せられてしまったようです」(芸能ライター)

吉本坂46ファンからは、「批判あるけどファンだから吉本坂メンバーの声優楽しみにしてる」「観た上で批判されるのはしょうがないけど、イメージだけで吉本坂を避けないで」といった擁護の声も上がっているが、「吹替版は絶対に観ない」「字幕で観る以外の選択肢がない」といった厳しい宣言も多く見受けられた。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「みなおか」終了後多くの番組で活躍の木梨憲武 「自由」な芸風に再注目

「みなおか」終了後多くの番組で活躍の木梨憲武 「自由」な芸風に再注目

とんねるず・木梨憲武(56)が勢いを見せている。『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月で終了し、その後の活動が注目されていたが、多くのバラエティーや情報番組にゲスト出演する活躍ぶり。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがノリさんの今と今後について解説する。 *** ...
芦田愛菜の意外な弱点は水泳?25メートル完泳できず補修に呼ばれたとの噂

芦田愛菜の意外な弱点は水泳?25メートル完泳できず補修に呼ばれたとの噂

夏休みに入り芸能活動が増えている女優の芦田愛菜(13)。芸能活動と学業を両立している芦田だが、ひとつ弱点があったことがわかった。 「天才子役の名をほしいままにしている愛菜ちゃんは、学業でも天才ぶりを発揮し、偏差値70を超える超有名難関中学に見事合格、4月から通学しています。 なんでもでき...
長澤まさみが声優として好まれる理由 確かな演技力と歌唱力に評価

長澤まさみが声優として好まれる理由 確かな演技力と歌唱力に評価

女優の長澤まさみが、ユニバーサル・スタジオの最新作『SING/シング』の日本語吹替版キャストとしてヤマアラシのアッシュ役を担当する。まだ公開前ではあるものの、劇中で聞かせる歌声に注目が集まっている。女優としての活躍はもちろん、声優としても多数のヒット作に出演する長澤が、声優として、アニメ業...
父親と瀬戸内寂聴氏が不倫 実体験をフィクション小説に

父親と瀬戸内寂聴氏が不倫 実体験をフィクション小説に

『あちらにいる鬼』(井上荒野著) 今年、作家生活30周年を迎えた井上荒野さん。最新作『あちらにいる鬼』は戦後文学の旗手と呼ばれた父・井上光晴と母、そして光晴氏と長年、恋愛関係にあった瀬戸内寂聴をモデルに、彼らの三角関係を描いた長編小説だ。 「2014年に母が他界して、それから1年ほど経った頃に『...
「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

「男はつらいよ」シリーズ最新作 実力派や注目の若手の出演が決定

映画「男はつらいよ」シリーズの最新作「男はつらいよお帰り寅さん」が、12月27日(金)より全国公開。今回、新たに松野太紀、富田望生、倉島颯良、中澤準、田中壮太郎の5人が出演することが明らかになった。 【写真を見る】「3年A組―」でも圧倒的存在感を放った富田望生 ■満男とイズミのその後の物語 「男はつ...
「アベンジャーズ/エンドゲーム」の世界興行収入 タイタニック超え

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の世界興行収入 タイタニック超え

映画「アベンジャーズ」最新作の公開イベントに出席した出演俳優のクリス・ヘムズワースさん=4月22日、米ロサンゼルス(AP=共同)【ロサンゼルス共同】日本などで大ヒット中の米人気SFアクション映画「アベンジャーズエンドゲーム」の世界興行収入が5日までに約21億8900万ドル(約2415億円)となった。20億...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net