芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

マツコも認めるIKKO 57歳で再ブレイクの秘訣は“許す力”

“オネエタレント”としても人気を博した美容家・IKKO(57)が、思わぬ形で再びお茶の間を賑わしている。

マツコも認めるIKKO 57歳で再ブレイクの秘訣は“許す力”
書家としての顔も持つ

「一時のオネエブームは凄かった。ダンサーの真島茂樹、華道家の假屋崎省吾ら、各分野のオネエたちが出演する『おネエ★MANS』(日テレ系)が始まったのが06年。IKKOも出演者の1人として知名度を上げた。しかしマツコ・デラックス(46)は別格として、ブームはやがて下火に。IKKOもテレビ露出が減り気味だったが、ここにきてまたバラエティー番組への出演が増えている。自前の和服でバッチリ決め、『どんだけ〜』のギャグも健在です」(放送記者)

最近はメイク&トークショーの開催や化粧品のプロデュースなど、“美のカリスマ”としての本業に重きを置いていたIKKO。“再ブレイク”のきっかけは、お笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿(36)だった。

「チョコプラは長田庄平(39)の和泉元彌、松尾のIKKOというものまねを武器に昨年急浮上。松尾についてはIKKOも“公認”し、和服をプレゼントするほど。共演も増えています」(同前)

ものまねする側&される側がブレイクする条件とは?

ものまねをする側、される側、双方が脚光を浴びた例は過去にもあった。80年代末にはコロッケ(59)が美川憲一(73)のものまねを押し出したことで、低迷していた美川が復活。無口な“静”の歌手だった美川が、オネエ的キャラを前面に出し、芸能界のご意見番にまでなった。

「最近では、レイザーラモンRG(44)が細川たかし(68)の“カツラ疑惑”のさなか、同じ髪型で真似て話題になった。細川はそれに乗じて疑惑をネタにし、三枚目キャラを押し出すといううまい立ち回り。ついにはバラエティー特番のMCを務めるまでに。成功例の共通点は、ものまねされる側が寛大な態度を取ること」(芸能デスク)

IKKOもまた、その先例をしっかり踏襲したことが奏功したという。

「もともとIKKOは、マツコが番組で『IKKOさんには敵わない』と漏らすほどタレントスキルが高い。周囲への気配りを欠かさないし、美容家として成功していながら、笑われることを全うするプロ意識が凄い」(同前)

マツコもシャッポを脱ぐなんて、どんだけ〜な力量。

(「週刊文春」編集部/週刊文春2019年5月23日号)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「主婦層を意識したコーナーをボイコット」タモリといいともスタッフの確執

「笑っていいとも!」の番組終了の裏に隠された、テレビ局とタモリの確執とは?(写真:getty) 平成終了まで、あとわずか。この31年間、人気番組の終了や大物タレントの引退など、お笑い業界にもさまざまな変化があった。タモリが司会を務めたバラエティ番組「笑っていいとも!」の終了も、そのひとつ。 30...
東野幸治 過激さが減っているTV界の現状に「不満は何もない」

東野幸治 過激さが減っているTV界の現状に「不満は何もない」

お笑いタレントの今田耕司と東野幸治がMCを務めるAmazonPrimeVideoのバラエティー『今田×東野のカリギュラ』シーズン1のDVDが、27日より発売。番組名の「カリギュラ」とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”を指しているが、その言葉通りに「東野狩猟企画」「うちの親は大丈夫!母ちゃん、オレオレ詐欺...
最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

マツコ・デラックスを筆頭に、オネエタレントがお茶の間をにぎわせるようになって久しいが、15年ほど前には山咲トオルさん(49)もバラエティー番組に出ずっぱりだった。オネエの中でもとびきり美形だった山咲さん。最近あまり見ないが、今、どうしているのか。 オネエのために一肌脱いだ浜崎あゆみが新宿...
ホスト界の帝王・ROLANDに過去最大級のトラブル 15日の番組で放送

ホスト界の帝王・ROLANDに過去最大級のトラブル 15日の番組で放送

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/d/cd331_749_7a0f5f3f_6705c8c8-m.jpg 【ローランド/モデルプレス=6月13日】ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)が、15日放送のテレビ朝日系バラエティ番組『神様の数字数字から見える人生観』(よる11:15〜0:05)に出演する。 【さらに写真を見る】...
Matt、メーク失敗で自虐「チーク塗りすぎた」

Matt、メーク失敗で自虐「チーク塗りすぎた」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/2/0241f_60_c9d1bf25_8e60795c-m.jpg 元巨人投手・桑田真澄さん(51)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が12日、自身のインスタグラムを更新。自慢のメークに失敗したことを嘆いた。 メークにかける時間は「3時間」と公言。過去にすっぴんの表...
ホスト実践の“IKKOと同じテクニック”に指原恐怖!「記憶に刷り込ませてる」

ホスト実践の“IKKOと同じテクニック”に指原恐怖!「記憶に刷り込ませてる」

指原莉乃と、お笑いコンビブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#103(毎週火曜よる9時〜)が6月4日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。同番組は女性が幸せな恋愛をするために、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出...
Matt 憧れの人・矢田亜希子と対面「ただただ見惚れてました」

Matt 憧れの人・矢田亜希子と対面「ただただ見惚れてました」

元プロ野球選手・桑田真澄氏の息子で、タレントのMatt(24)が3日、ブログを更新。憧れの人、女優・矢田亜希子(40)と初対面し、感激したことを伝えた。 2日にテレビ番組2本の収録を終えたMattは、「芸能界で一番お会いしたかった人!」という矢田との2ショット写真をブログに投稿。デビュー...
インスタで「転職シリーズ」を投稿の木梨憲武 秀逸すぎると話題に

インスタで「転職シリーズ」を投稿の木梨憲武 秀逸すぎると話題に

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/a/ca73b_1212_c76b6edd_cc7fab99-m.jpg お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(57)のInstagramが秀逸すぎるとネットで話題を呼んでいる。木梨は最近、さまざまな職業のものまねをする“転職シリーズ”を投稿。どれも本職にしか見えないクオリティーなのだ。 木...
窪田正孝が福田彩乃にかつて抱いていた思い「あの子嫌い」

窪田正孝が福田彩乃にかつて抱いていた思い「あの子嫌い」

俳優の窪田正孝(30歳)が、6月6日に放送されたバラエティ番組「VS嵐」(フジテレビ系)に出演。ものまねタレントの福田彩乃(30歳)に対し、「あの子嫌いです。あの子と会いたくない」と思っていた過去について語った。 窪田と福田双方と親交のある俳優の唐沢寿明(56歳)に呼ばれた飲みの席で、初めて会う...
サンドウィッチマン絶好調 スタッフが心配する暴食とタバコ

サンドウィッチマン絶好調 スタッフが心配する暴食とタバコ

(全3枚) カロリーゼロ理論を実践中 お笑いコンビ・サンドウィッチマンの人気ネタに「相方への弔辞」がある。冒頭の部分、落語で言えば「枕」に当たる部分をご紹介しよう。ステージに伊達みきお(44)と富澤たけし(45)の2人が立つ。 *** 伊達が「僕らも今年で42になるじゃないですか」などと年齢について...
「完全にミッツさん」「本人やん」かまいたち濱家の女性化写真が予想通りすぎると話題に

「完全にミッツさん」「本人やん」かまいたち濱家の女性化写真が予想通りすぎると話題に

どこからどう見てもミッツさんです お笑いコンビ・かまいたちの濱家隆一が、5月27日にInstagramを更新。流行中の写真共有アプリ『Snapchat』を使用した女性化写真が、大方の予想通りタレントのミッツ・マングローブにそっくりすぎると話題になっている。 この投稿をInstagramで見るやっぱりな。絶対にこうなる...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net