芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

東大王・水上颯氏との子どもを堕胎?女子大生が中絶トラブルを告白

「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

【LINE】《そういえば、生理って……》水上氏とA子さんのやりとり

大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん)

東大王・水上颯氏との子どもを堕胎?女子大生が中絶トラブルを告白
東大王メンバーと。写真右が水上氏(本人Twitterより)

視聴率を牽引する「東大医学部のプリンス」

水上氏は山梨県出身で、両親とも開業医という家庭で育った。小中学校時代は「図書館の本を読み尽くした」(「東洋経済オンライン」2017年9月24日配信)というほどの読書家だったという。

「東大進学者数日本一のエリート校・開成高校に進学する際には『腕試しで受験したら受かった』という秀才です。開成在学時には『第32回全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に学校代表グループとして出場し優勝。開成高校の3連覇に貢献しました。当時からテレビ局関係者は彼に注目していました」(テレビ局関係者)

東大医学部入学後にも「最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王」(日本テレビ系)や「ネプリーグ」(フジテレビ系)、「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」(テレビ朝日系)などのクイズ番組のほか、「オールスター感謝祭」(2017、2018・TBS系)などバラエティ番組にも幅広く出演。現在は東大王チームに、芸能人チームがクイズで挑戦する番組「東大王」にレギュラー出演している。

「水上君は頭脳明晰な東大王たちをとりまとめる“大将”です。知識の幅が広く、他の東大生が間違えた難問でさえ難なくクリアする。クールに淡々と正解していく様は見ていて気持ちがいい。視聴率も好調で、彼がその一翼を担っています。現在は大手芸能事務所に所属しているのですが、声をかけたのは元カリスマ予備校教師・林修さんのマネジメントチーム。林先生のように、MCとして活躍する可能性を見越しているのでしょう」(TBS関係者)

孫正義も注目する“貴公子”の将来性

番組での活躍も相まって、いまやTwitterのフォロワー数は23万人にものぼる。 テレビ業界関係者は、水上氏は「タレント性を持っている」と語る。

「一般的な東大生のイメージだとガリ勉のような真面目な学生を想像してしまいますが、水上は頭の良さと甘いルックスを兼ね備えている。番組内で“貴公子”なんて呼ばれているのも、女性に騒がれる要素があるから。収録日には出待ちの女性が列をなしていますよ。しかも負けず嫌いな性格で、収録前には人一倍勉強している。そのため局内でも水上の評価は高い」

水上氏に注目しているのは芸能界だけではない。共著「東大生の本の『使い方』」(三笠書房)では養老孟司氏らとともに読書遍歴を披露。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長もいち早く目をつけており、2017年7月には、25歳以下の若手人材に資金や機会の援助を行う「孫正義育英財団」の1期生として水上氏を認定している。

少女漫画のような出来事も……「王子様みたいに格好良かった」

A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。A子さんが明かす。

「颯君とは友人を通じて出会いました。彼は最初から積極的で、みんなの前でハグをされて驚きました。初デートでは恋愛映画を観に行ったんです。その日に颯君から告白され、交際することになりました。颯君は女性慣れしているように見えたし、私は大勢の中のひとりだろうと思っていたのですごくうれしかったです。それから月に1、2回はデートをしていました」

テレビ出演や書籍の執筆、学業などで多忙を極める水上氏だが、A子さんとの交際は順調だった。

「颯君は本当に優しくて、いつもキュンとする言葉を言ってくれるんです。初デートの映画館で、私が『寝ちゃったらごめんね』と言ったら、『君の綺麗な顔をずっと眺めているよ』と言ってくれたり、『どうして私を彼女に選んだの?』と聞いた時は、『他の子はサラダで、A子ちゃんはメインディッシュだからだよ』なんて言ったり。キザな台詞をさらりと言うんです。男性とちゃんとお付き合いをしたのは颯君が初めてだったのですが、すぐに彼のことが大好きになりました」

交際中には少女漫画に出てくるような出来事もあった。

「東大の学園祭に行ったとき、颯君がファンに取り囲まれて写真を求められたことがありました。私は遠慮したほうがいいのかなと思って後ろに下がろうとしたら、『そういうのやってないんで。A子ちゃん、行こう!』と私の手をとって、一緒に逃げてくれました。王子様みたいに格好良かった」

そんな微笑ましい2人の交際は、4年目に差しかかろうとしていた。

「颯君は忙しいので、私から会いたいと言い過ぎないように気をつけていました。でも昨年末に『本当はもっと会いたい』と伝えたんです。颯君は『そうだったの?もっと早く言ってよ』と、今年に入ってからは以前にも増して会ってくれるようになりました」

 

だが、2人の交際は“ある出来事”から暗礁に乗り上げてしまう。今年3月下旬のことだった。

期待に応えようと、避妊具なしの行為を許してしまった

「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」

数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。不安で不安で仕方ありませんでした」

4月27日、なんとしてでも会わなければいけないと思ったA子さんは、電話で会ってほしいと懇願し、水上氏が1人で暮らす都内のマンションへ向かった。水上氏と会えたのは、彼が飲み会を終えて帰宅した午前0時頃のことだ。

「帰宅するなり、彼はソファでずっとスマホをいじっていました。何を話しかけても上の空で、こちらを見てもくれなかった。そのうえ『仕事があるから』と、大事な話をせずに暗に私を帰そうとしたんです」

「タクシー代をあげるから、帰ってくれないか」

そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの?」と聞いた。

「不安で、声は震えていたと思います。そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」

ショックを受けたA子さんは何も言えず、黙り込んでしまった。2人の間には気まずい時間が流れた。

「それでもいつものように一晩過ごせば優しい颯君に戻るかもしれないと、そう思っていました。でも颯君は『先寝てて』と言ってマンションを出ていってしまった。私はLINEで『朝まででいいから(側に)いて』と引き返してくれるようお願いしました。そうしたら面倒そうに戻ってきて、『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と冷たく言い返されました」

それでも食い下がるA子さんだったが、水上氏は冷たい態度を取り続けた。

「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」

思いつめたA子さんに対し、水上氏は最後まで向き合うことはなかった。

「帰り際にはいつもキスとハグをするのが習慣だったのに、『したくないの、わかるでしょ』と初めて断られてしまって……。その瞬間、颯君に捨てられたんだと、目の前が真っ暗になりました。ずっと気付かないフリをしていたけど限界でした。私はその時ひとりぼっちになってしまいました」

一人で中絶同意書にサインし、一人で終わらせた

孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。だから、一人で終わらせることにしました」

A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。暗闇に放り出されたような恐怖と不安に押しつぶされそうでした」

《そういえば、生理って……》水上氏が突然連絡してきた理由

堕胎から約1カ月、A子さんは夜も眠れない日々を過ごしていた。そして6月12日、A子さんの元に水上氏から連絡が入った。

「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった?ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。なにをいまさら?と思いましたが、その後すぐに理由がわかった」

その日、「文春オンライン」が“頭脳王”河野玄斗氏の中絶トラブルを速報したのだ。水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。

「記事を読んで、自分にも心当たりがあると焦ったんだと思います。そんな思惑が透けて見えたので、返信しませんでした」

その3日後、水上氏から電話がかかってきた。

「『久しぶり』の一言もなく、生理のことをしつこく聞いてきました。私は腹が立って、『あなたが忙しすぎるから、全部ひとりでやるしかなかったんだよ』と伝えました。そのとき私は“中絶”や“堕ろす”という言葉を使えるほど、自分のしたことに向き合えていなかった。だから、『ひとりでやるしかなかった』という言葉で手術を受けたことを暗に伝えたつもりでした。

それを聞いた彼は『ごめん』と何度も繰り返していました。私が一人で中絶したことが伝わったのだと思います。それを聞いた彼は口数が少なくなり、『いままでありがとう。じゃあね』と電話を切ったんです。私のことを心配するフリをして電話をかけてきたくせに、颯君は自分のことしか考えていなかった。私のことも赤ちゃんのことも、どうでもよかったんでしょうね」

河野氏の報道までは、A子さんは水上氏との間に起こったことを隠し通そうと考えていたという。

「ずっと自分のことを責めていました。赤ちゃんを殺したのは私。両親にも友達にも言えないし、この罪は私が背負っていくべきだと思ってきました。死ぬべきなのかもしれないと思い詰めたこともあります。でも颯君は何も変わることなく、テレビの中で“プリンス”のままです。それが悲しくて、今はテレビを見ることができません」

取材班は水上氏に電話で直撃した。

――A子さんと交際していましたか。

「はい、それについては間違いないです」

――4月27日に水上氏の自宅でA子さんから「生理がこない」ことを相談されている?

「いや、その時は僕、(生理がきたかどうかについて)伺ってないです。で、僕からそれを聞いたときに、彼女から『聞かないでほしい』と言われたので、生理はきたものと思い込んでおりました」

――その当時の状況を詳しく教えてください。

「詳しく……ちょっとこれ、事務所を通していただくことは可能でしょうか。一度失礼させていただきます」

事務所を通じて水上氏に事実確認を求めたところ、文書で回答があった。

「水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、極めて遺憾に存じます」

回答を受け、A子さんに再度取材をしたところ、「私がお話しした内容はすべて事実です」とした上で、水上氏側が交際期間を1年程度だと主張していることについて、こう述べた。

「間違いなく、私は颯君と3年以上お付き合いしてきました。大学時代のほとんどを彼と過ごしてきたんです。

それに、最後のお別れは6月15日に電話で『じゃあね』と告げられただけです。『真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり』なんて……一体どの口が言っているのでしょう。悔しいです」

水上氏側の回答を何度も読み返しながら、A子さんは「驚きました」とショックを隠せない様子だった。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

東大王・水上颯氏との子どもを堕胎?女子大生が中絶トラブルを告白 外部サイト “頭脳王”東大生・河野玄斗タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省 「美しすぎる東大王」鈴木光が初めて語った、麻布高校の男子と過ごした青春時代 女子大生の服を脱がせて叩き……「東大わいせつ事件」に着想を得たエグい本 「東大生」をもっと詳しく

どんな人でも納得させる東大生の「必ず伝わる説明の技術」 東大生のノートのテクニック「無駄なこと」を書き自分の知識に TV番組で活躍する東大生松丸亮吾にはタレントも嫉妬か

関連芸能ニュース

「頭脳王」2連覇の東大生・河野玄斗氏 タレントと妊娠・中絶トラブル

「頭脳王」2連覇の東大生・河野玄斗氏 タレントと妊娠・中絶トラブル

日本最難関の東大医学部6年生、司法試験に一発合格という秀才にして「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト30にも残った経験のあるイケメン、河野玄斗氏(23)。今年2月に『最強の頭脳日本一決定戦!頭脳王』(日本テレビ)で2連覇を果たし、昨年出版した著書は10万部を突破。アイドルのプロデュー...
一般男性との結婚を発表していた小川彩佳「まだ入籍していません」

一般男性との結婚を発表していた小川彩佳「まだ入籍していません」

6月3日から「news23」(TBS系)の新メインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)。テレビ朝日の退社の際、発表していた一般男性との結婚について、まだ入籍していないことを、「週刊文春」の取材に明かした。 https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/a/ea406_1386_a4f31507b03fa2a3f0d6fe72e43bce...
香川照之「片手間」でタレント業をこなそうとする東大生に痛烈な一言

香川照之「片手間」でタレント業をこなそうとする東大生に痛烈な一言

12日放送「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、俳優の香川照之が、東京大学の学生に痛烈な言葉を浴びせた。 番組では、同局の連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASON2」に出演する香川と嵐・松本潤が、安住紳一郎アナウンサーとともに東大近くに構える老舗喫茶店「万定フルーツパーラー」でトークを展開し...
「東大最強の知識王」伊沢拓司さん 受験生のころから林修氏に師事

「東大最強の知識王」伊沢拓司さん 受験生のころから林修氏に師事

TBSの人気クイズ番組『東大王』で芸能人を迎え撃つ「東大王チーム」“東大最強の知識王”として一躍有名になった伊沢拓司さん。 学生時代に数々のクイズ大会で成績を上げ、伝統の『高校生クイズ』では史上初となる個人2連覇を達成。開成高クイズ研究部の黄金時代を牽引した存在でもあります。 【写真】東大クイ...
元フジテレビアナの田中大貴 女性トラブルで事務所から契約解除

元フジテレビアナの田中大貴 女性トラブルで事務所から契約解除

フジテレビを退社し、昨年5月に米倉涼子らを擁する大手芸能事務所「オスカープロモーション」に移籍した田中大貴(39)。彼が女性トラブルを起こし、6月下旬にオスカーを“クビ”になっていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 【ツイート】6月30日、レギュラー出演する「日曜はカラフル!!」を田中は「体調...
オードリー春日俊彰が「東大王」に勝利 スタジオが微妙な空気?

オードリー春日俊彰が「東大王」に勝利 スタジオが微妙な空気?

春日俊彰©文藝春秋 またあの男がやってくれた。連戦連勝中の東京大学に在籍するクイズプレイヤー4人の「東大王」チーム。圧倒的強さを誇っている。これに立ち向かうのが、人数が3倍の12人というハンディキャップを受けた芸能人チーム。2月25日の放送では、辰巳琢郎率いる高学歴芸能人12人が、東大王チー...
小川彩佳の結婚相手「医療界の革命児」と呼ばれる若手起業家

小川彩佳の結婚相手「医療界の革命児」と呼ばれる若手起業家

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/2/621f5_759_a8996189_f536ee94-m.jpg テレ朝を退社直後に鳴り物入りで『news23』(TBS系)のMCに就任した小川彩佳アナ(34)が、早くも苦境に立たされている。視聴率は4%台に低迷し、メインMCとして挑んだ参院選の選挙特番も、民放最下位に沈んだ。だが、...
フジテレビ 3年連続でなぜかベイスターズOBの息子が入社

フジテレビ 3年連続でなぜかベイスターズOBの息子が入社

DAPUMPや乃木坂46も登場したフジテレビの入社式──。東大医学部出身の藤本万梨乃アナや元サッカー日本代表の堀池巧氏を父に持つ堀池亮介アナが話題になるなかで、もう一人、注目を集める新入社員がいた。 【写真】「大魔神」の息子もフジに 「横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手・野村弘樹氏の長男です...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net