芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

元ジャニーズが明かすジャニー喜多川氏の素顔 常に気遣いをする人

平本淳也(元ジャニーズ所属タレント、作家)

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長がこの世を去った。救急搬送されたニュースが流れてから3週間、僕の脳裏には、ジャニーさんと出会ったころの思い出が走馬灯のようによみがえっていた。

87歳という年齢に加え、重い病状だっただけに覚悟はできていたが、もし神が願いを叶えてくれるのなら、せめてあと1年少々でいいから、ジャニーさんの寿命を延ばしてもらえないかと祈り続けた。そう、ジャニーさんは2020年東京オリンピック・パラリンピックを自身の集大成にする強い思いがあったからだ。

僕とジャニーさんとの出会いは、およそ40年前、僕が夢見る中学生のときだった。ある日の深夜、父親から「ジャニーって人から電話だ」と言われ驚いた。「ジャニーだけど」。受話器の向こうから怪しげなオジサンの声がした。ジャニーズ事務所?僕は数カ月前、ジャニーズ事務所に「履歴書」を送っていたのだ。その返事だと直感したが、まさか本人から電話があるなど想像もしていなかっただけに、動揺が隠せなかった。これがジャニーさんと初めて繋がった瞬間だった。

ジャニーズ事務所に送った僕の4枚の写真とプロフィルは、約3カ月経ってジャニーさんの手に渡り、その写真を見ながら電話をしてくれたのだが、中には応募してから2年後に連絡が来るケースもあり、僕の場合はかなり早かったようだ。

ジャニーさんは電話で「いま写真を見たよ、今度の日曜日遊びに来れるかい?」とフレンドリーだった。僕は緊張して「はいっ!」と元気よく返事をしてアピールしたつもりだったが、十数年後に聞いた話では「最初の電話のとき、ユー(YOU)はかったるそうにハイ〜ハイ〜しか言わなかったね。ユーは僕との電話のときいつもダルそうにするんだよ」と言われてしまった。そんな細かいことまで覚えてくれているのがジャニーさんならではだ。

そもそもジャニーズ内では「ジャニ電」と言われ、ジャニーさんからの「直電」は非常に貴重とされている。通常はハガキか封書で「オーディションの案内」が届くことになっており、直電はめったにない。そんな中で「ユーは3万人の中から選んだ一人だよ」と持ち上げられ、うれしかった。自分で言うのもどうかと思うが、ジャニーさんにかなり気に入られていたようだ。ただ、僕が入って2年くらいすると、中村繁之や大沢樹生(元光GENJI)といった次のお気に入りが続々登場し「ジャニーさんの膝の上」というポジションは奪われてしまったが(笑)。ちなみに「ジャニ電」は、僕がつくったジャニーズ内用語で、今も使われているらしい。

僕の人生における自慢はもう一つ。ジャニーズ事務所での「4人暮らし」だ。メンバーと言えば、ジャニーさんと田原俊彦(トシちゃん)、近藤真彦(マッチ)、そして僕だ。なかなかすごいメンバーだ、僕以外は(笑)。当時、ジャニーさんの住居でもあった東京・原宿の合宿所にはトシちゃんとマッチの大きな部屋があって、少し狭い部屋には川崎麻世もいた。食事はほとんどジャニーさんが用意してくれて、毎晩のように4人で食事をしていた。ジャニーさんは突然「ユー、お腹すかない?」と、深夜にラーメンを食べに行くことも多かった。よく行ったのが、ジャニーズタレントの間で有名だった「とらの子ラーメン」(当時は麻布)だ。「たくさん食べな」と言って自分のラーメンを僕たちにくれるほどだった。また、大量の弁当やハンバーガーを買ってくることもよくあり、食べきれないときは、「食べにおいでよ」と、知り合いに電話をかけるなど、常に気遣いをする人だった。

そんなジャニーさんには、食事だけでなくテレビ局や撮影所のほか、コンサートや映画にも連れて行ってもらった。ジャニーさんと2人で移動することも多かったが、ときには6人7人も乗ってドライブしたこともあり、一度警察に注意されたことがある。当時ジャニーさんの車はクラウンで、ベンチシートのコラム式という前後3人ずつ座る6人乗りのセダン。最近ではあまり見られないがタクシーによく使われているタイプだ。

ジャニーさんは警察に堂々と「7人乗りです!」と言い切っていたのをおぼえている。当然、警察は納得しないが、「僕(ジャニーさん)から見たら6人だ」とわけの分からない持論で説き伏せていたのが印象的で、今になって思えば面白すぎる深夜のドライブだった。

このように、一時期、僕はジュニア(CDデビュー前の所属タレント)の中でも、ジャニーさんと2人で出かけることが群を抜いて多かった。だからこそ思い出も多く、ジャニーさんのビジネスを傍らでよく見せてもらった。

特に「歌謡祭」の出場が盛んだった1980年代の12月はほぼ毎日リハーサルが行われ、年末3日間は本番のステージをハシゴして回ったが、このときのジャニーさんは社長というよりマネジャーというイメージで、ジュニアを含むタレントたちの世話で走り回っていた。衣装を抱えて走り回りながら、さまざまな事務所のスタッフやタレントたちとの調整などをテキパキとこなす姿が印象深かった。

ジャニーさんが芸能界に入った当時は渡辺プロダクション(ナベプロ)のスタッフだったことから、ナベプロのタレントたちとのやりとりが多く、ジュリー(沢田研二)と会話している姿を間近で見られたのは至福の喜びだった。そもそも、僕はキャンディーズとジュリーにあこがれて芸能界を目指しただけに、そんな夢のようなことがジャニーさんといると日常的だった。

ちなみにナベプロでジャニーさんが初めて手がけたタレントは、実は森進一だ。スカウトから育成まで担い、世に送り出した。だから森進一の息子のTaka(現ONEOKROCK)を預かったことがあり、親交はずっと続いていた。

森進一を手掛けた後、「ジャニーズ」(4人組)をナベプロからデビューさせて独立し「ジャニーズの事務所」という意味で「ジャニーズ事務所」を設立した。自らの完全マネジメント「フォーリーブス」で大当たりし、郷ひろみでソロの成功、川崎麻世やたのきんトリオと、複数のトップアイドルを生み出し、手腕を発揮した。

同時に「リアリスト」(現実主義)のジャニーさんは、音楽への取り組みは素晴らしくステージは常にバンドによる生演奏にこだわっていた。テレビより「舞台」や「コンサート」に重点を置き、「生」の素晴らしさへの熱意は人一倍。世界一の記録保持者である動員や回数など実績が証明しているように、「生」の迫力を追求してきた結果がジャニーズだ。一時期は「口パク」とか「カラオケ」とか揶揄(やゆ)されてきた時代もあったが、ジャニーさんはステージでは常に本物のビジュアルと音楽で勝負してきた。

現場に足を運び、設営から音響や照明を必ず自らチェックするのは当然だが、ステージに立ちキャストが数十人からなる構成でも全体の動きを詳細に把握する能力はずば抜けていた。「ユー、間違えたでしょ」「ユー、落ちたでしょ」とかよく言われたが、大勢が舞台にいるのになぜ分かったのか不思議だった。

元ジャニーズが明かすジャニー喜多川氏の素顔 常に気遣いをする人

※写真はイメージです(ゲッティイメージズ)

その感動を実体験した人は魅了されて虜になり、決して離れられないジャニーズワールドにハマってしまう。ジャニーズのステージを見たことがない人たちに言いたいが、テレビや雑誌のレベルで知り得たのは本物ではなく、真実は舞台にあり、これを見ずして判断してほしくはない。だからこそ、その強い意志を継げるのは、ジャニーさんが舞台演出のセンスと実績があるとして後継指名した滝沢秀明なのだ。

また、ジャニーさんの机の上には、常に台本や脚本などが積まれ、ジュニアたちの写真も並べられていた。後になって分かったことだが、ジュニアたちの写真はグループの編成を構想するために使っていたようだ。写真を並べてグループの結成にふさわしいビジョンを机上で描いていたのだろう。

ただ、ジャニーさんは好き嫌いがハッキリしていることでも有名だった。好きなものはとことん推すが、嫌いになったら存在すら認識しない「白黒のスペシャリスト」でもある。幼き僕らもそれは理解でき、レッスンやリハーサルのときにも好きな子は踊れなくても前、嫌いな子には無視か酷いときには「ユー、来ちゃダメ!」という厳しい言葉もあった。単純明快で好かれる(認められる)=デビューできるのが、すべてはジャニーさんの意思で決まるだけにジャニーさんに気に入られることは重要だった。

好き嫌いで決まることは多いとはいえ、これまで記したようにジャニーさんの僕たちタレントに対する熱意はあまりに大きく、ジャニーさんが多くの所属タレントに慕われていたゆえんだろう。

だが、人気が出て稼げるようになると、勝手な行動に出るタレントも少なくないのが今の風潮だ。ジャニーさんからすれば、「親子」の感覚で、一生懸命育てた子が、活動休止や解散など、数年前から頻繁に起こる事態は辛かったにちがいない。

SMAP解散騒動の際には「僕もこんな歳だから気持ちを理解してほしい」とメンバーたちに懇願したのも記憶に新しい。また、「東京オリンピックまでは元気でいたい」と話していたといい、倒れる直前まで大きな目標を掲げていたという。

元ジャニーズが明かすジャニー喜多川氏の素顔 常に気遣いをする人

2016年5月、都庁の第1本庁舎壁面に掲示された2020年東京五輪の新たな公式エンブレム「組市松紋」の大型パネル(山崎冬紘撮影)

自身の最期を悟っていたのか、「僕はもういないから」と東京五輪以降の予定には関与しておらず、すべて副社長の藤島ジュリー景子氏やスタッフに委ねていたといい、東京五輪への思い入れは計り知れない。自らが育て上げたタレントたちが、東京五輪という最高の舞台で演じるパフォーマンスを見届けたかったのだろう。それだけに、冒頭で記したように、せめてあと1年少々元気でいてもらいたかった。僕はこれだけが残念でならない。

14歳の僕を抱きしめてくれた「優しきオジサン」は、いつしか日本を代表するスーパープロデューサーとなり、その名を歴史に刻む功績を無数に残して天に召された。偉人となった晩年は多くの反乱や裏切りに見舞われ、幸せだったかどうかは本人の気持ち次第だが、1千万人を超える人たちに幸せを提供してきたことはまちがいなく、ジャニーさんの功績は永遠に語り継がれるだろう。

■嵐「2023年復活」ではじくジャニーズの皮算用■ジャニー喜多川もお手本にしたヒデキのアイドル道■元SMAP「新しい地図」が開けたアイドルの風穴

元ジャニーズが明かすジャニー喜多川氏の素顔 常に気遣いをする人 外部サイト 元検事の批判殺到、それでも逃走犯「保釈倍増リスク」報道は一理ある 対韓「輸出規制」で安倍政権によぎる中国の失敗 「ジャニー喜多川さんが死去」をもっと詳しく

ジャニー喜多川氏の資産は100億円とも若手の育成に使われる? ジャニー氏の死去を巡る渋谷の女子高生の声「青春を作ってくれた」 陣内智則、ジャニー喜多川氏は「エンタの神様」遺志受け継ぐと綴る

関連芸能ニュース

松岡昌宏、ジャニー喜多川氏と初対面で「YOUって言うのやめて」

松岡昌宏、ジャニー喜多川氏と初対面で「YOUって言うのやめて」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/6/06e1f_211_62ab804b_00d43b1d-m.jpg 10月15日放送の「ありえへん∞世界スペシャル」(テレビ東京系)に松岡昌宏がゲスト出演。ジャニー喜多川氏と初対面した時の様子を振り返った。 【写真を見る】中谷美紀、藤木直人、松岡昌宏らが「ありえへん」エピソード...
錦戸亮のSNS初心者ぶりが「可愛すぎて保護したい」と話題

錦戸亮のSNS初心者ぶりが「可愛すぎて保護したい」と話題

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/7/e7eb2_1212_22aa1b1b_cdf893e3-m.jpg 10月1日からSNSをスタートさせた錦戸亮(34)。開設当日にTwitterのフォロワー数が28.4万人にのぼるなど大きな話題を呼んだが、いっぽうSNS初心者であるがゆえにファンへ質問を連発。その様子が「かわいい」と注目を集...
高良健吾はキスマニア!?「ぬれ場が多いから、慣れてるのかな」

高良健吾はキスマニア!?「ぬれ場が多いから、慣れてるのかな」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/c/2c8d2_456_153460e3e0e9b78d1476732d70c61fd3-m.jpg (全2枚) 女優、新木優子(25)と俳優、高良健吾(31)が15日、東京・青海のフジテレビ湾岸スタジオで行われた同局系主演ドラマ「モトカレマニア」(17日スタート、木曜後10・0)の制作発表に...
紅白歌合戦で異例のジャニー喜多川氏の追悼企画検討

紅白歌合戦で異例のジャニー喜多川氏の追悼企画検討

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/1/81d48_1401_051f36d6_70c4cb6b-m.jpg 大みそかに放送される「第70回NHK紅白歌合戦」で、今年7月に亡くなったジャニーズ事務所前社長、ジャニー喜多川氏(享年87)を追悼する企画が検討されていることが14日、分かった。 過去の紅白ではタレントや作詞・作...
錦戸亮を直撃、関ジャニ∞との「ライブかぶり」に何を思う

錦戸亮を直撃、関ジャニ∞との「ライブかぶり」に何を思う

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/b/dbb9a_759_1eb90e47_257f46b4-m.jpg 東京に秋風が吹き始めた10月上旬の夕方。都心の繁華街のとあるビルの前に、高級外車が止まった。車を待ち構えていたかのように日本人、外国人の男性スタッフ4人がビルから現れると、トランクから黒いギターケースや音楽...
なぜこのタイミング? TOKIO城島茂“サプライズ婚”の意味深

なぜこのタイミング? TOKIO城島茂“サプライズ婚”の意味深

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/f/dfaa3_28_efe4a110_25fe75d9-m.jpg TOKIOのリーダー、城島茂(48)が先月28日突如、元グラビアアイドルだった菊池梨沙(24)との結婚を発表。この一報に驚きを隠せなかったのがテレビ局関係者だ。そもそも城島の結婚発表は当初、12月に発表される...
月収6000万円からドン底に転落も復活、野村宏伸が辿った人生

月収6000万円からドン底に転落も復活、野村宏伸が辿った人生

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/e/8ef2f_1618_c8589136_5118caf8-m.jpg (全5枚) https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/0/30c30_1618_dbf3d85e72803bb8ed84d967bda242f8.jpg ©テレビ朝日 1984年、角川映画『メイン・テーマ』のオーディションで2万3000人のなかから薬師丸ひ...
加藤浩次「残留」ではない 提案した「エージェント契約」を説明

加藤浩次「残留」ではない 提案した「エージェント契約」を説明

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/c/4cd0b_1401_6c88e518_8c46cf58-m.jpg 極楽とんぼ加藤浩次(50)が10日深夜、MBSラジオ「極楽とんぼオレたちちょこっとやってまーす!」に生出演し、吉本興業に提案した「エージェント契約」締結について、厳密には「残留ということではない」と詳細を説明...
選挙特番に強いテレ東が4位に転落 池上彰氏の神通力が低下か

選挙特番に強いテレ東が4位に転落 池上彰氏の神通力が低下か

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/3/4360a_28_2fc5e9a4_763cd891-m.jpg 選挙特番に異変!?民放キー局の中では国政選挙で4回連続トップになり、圧倒的な強さを誇っていたテレビ東京がまさかの4位に転落した。 宇垣美里の加入でオスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速 テレ東といえば、池上...
蛍原徹は解散の意志示さず 宮迫博之の復帰信じ「雨上がり」のまま

蛍原徹は解散の意志示さず 宮迫博之の復帰信じ「雨上がり」のまま

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/a/2aa1b_50_212cc9f8_c43335d2-m.jpg 雨上がり決死隊の宮迫博之が19日、吉本興業からマネジメント契約を解消され、芸能界を引退することが決定的となった。残される形となった相方・蛍原徹(51)はコンビについて、解散の意志は示さなかったという。また...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net