芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

NHK桑子真帆アナのリアクション 制作サイドの意向でがんじがらめ?

NHK桑子真帆アナのリアクション 制作サイドの意向でがんじがらめ? 4月からリニューアルしたNHKの『ニュースウォッチ9』ですが、どうも評判がよろしくないようなのです。

◆「そっかぁ〜」「へぇ〜」を連発する桑子アナ

新キャスターの有馬嘉男氏(51)と桑子真帆アナウンサー(29)の2人は、いずれも『ニュースチェック11』から異動。雑貨が置かれたスタジオは、どことなく“ゆるふわ”な雰囲気です。

「そっかぁ〜」とか「へぇ〜」を連発する桑子アナの口調もニュース番組にしてはざっくばらん。<わかったふりをしない>、<そもそもを知りたい>が基本コンセプトだそうですが、どうも空回りしているような……。

日刊ゲンダイ(4月11日)の記事で上智大の碓井広義教授が“桑子さんの相づちは気さく過ぎる”と指摘していましたが、気になったのは桑子さんが想像以上に“おしゃべり”のできない人だったということです。

⇒【Twitter】はコチラhttps://twitter.com/nhk_news/status/847723989380222978
まず碓井教授も指摘した「そっかぁ〜」に関して言えば、そのトーンがすべていっしょなのです。ここで普段の会話を思い出していただきたいのですが、「そっかぁ〜」にも色々な意味があるはずです。心の底からの同意を示すとき。どうでもいいけど、何か言っておいた方がよさそうなときの穴埋めとして。そして、相手の意見に同意はできないものの、とりあえずお話はうかがいましたという意味で使うとき。

同じ言葉でも、シチュエーションによって表情と声色を変えることでバリエーションを持たせられるわけです。しかし、桑子さんの「そっかぁ〜」は全てが同じリズム、テンポ、トーンで繰り出されるので、有馬キャスターとのやり取りに全くグルーヴが生まれない。“親しみやすさを全面に出しましょう”という制作スタッフの指示をこなすのに精いっぱいな様子の、「そっかぁ〜」なのです。

◆アメリカのシリア攻撃に「怖くなりましたぁ…」

加えて、桑子さんはボキャブラリー自体も貧困。

たとえば、トランプ大統領がシリアに武力行使した日の放送では、「怖くなりましたぁ…。」と小学生並の感想をもらす始末。

そしてスポーツコーナーでは、担当の一橋忠之アナウンサー(40)の発した言葉を繰り返すだけで、全く話が広がらない。有馬、桑子、一橋の全員が笑顔で固まっているという状況が生まれてしまうのです。

さてそんなことを考えていると、“ゆるふわ”リニューアルのせいで問題が発生したようです。11日、ユナイテッド航空機内でのベトナム系男性への暴行動画を、桑子さんが半笑いで見ていたと報じられたのです。

これには視聴者からも批判が殺到。「そんなノリで伝えるもの?」とか「真剣に怒るところだろ!」などの声があがったそう。

◆“親しみやすさ”を求められて金縛りに?

今回ばかりは難癖ではなく、そう言われても仕方ないといった感じですが、押さえておきたいのは桑子さんが決してふざけて半笑いになっていたわけではないという点です。むしろ、“親しみやすさ”の呪縛にがんじがらめになっていたために、かえって不謹慎になってしまった可能性がある。

同じく4月に始まった『ごごナマ』でMCを務める美保純(56)も、スタッフから「NHKに出たからって真面目にならないで欲しい」と“リクエスト”されたといいます。これが諸悪の根源なのだろうと思うのです。

“親しみやすさ”や“ゆるふわ”をクソ真面目に追求することが、かえってキャスターから自然なリアクションや言葉を奪っている。

そう考えると、桑子さんの「へぇ〜」や「そっかぁ〜」が上滑りするのも当然。彼女が気にしているのは、いまそこで行われている会話ではなく、会議室で決められたコンセプトなのですから。

そんな状況で当意即妙なやり取りなどできるわけもなく、結果シリアへの武力行使に「怖くなりましたぁ……」と言ってしまう。ある意味では脱力系の極みなのかもしれませんが。

っていうか、ニュース番組に笑顔とか親しみやすさとか必要なんですかね?いち視聴者としては、その部分で“そもそもを知りたい”のです。

<TEXT/沢渡風太>

関連芸能ニュース

離婚後の谷岡慎一アナに心配も…寝坊で番組をすっぽかした?

離婚後の谷岡慎一アナに心配も…寝坊で番組をすっぽかした?

「『ニュースウオッチ9』(NHK)も絶好調。離婚の影響を感じさせないキャスターぶりで桑子アナは同局のエースアナとして磐石の地位を築いています。それに対し、元夫の谷岡アナはちょっと私生活が心配との声も聞こえてきますね……」(ふたりの知人) 【写真】元嫁の桑子真帆アナ 6月に電撃離婚を発表したフジテ...
NHK・上原光紀アナが人気急上昇 NHKらしからぬ雰囲気が評判

NHK・上原光紀アナが人気急上昇 NHKらしからぬ雰囲気が評判

今や民放よりも注目度の高いNHKの女子アナに、新たなエース候補が出現した。 【ランキング】「好きな女子アナ」2006〜201712年間の総合ランキング 「4月から『ニュースウオッチ9』でリポートを担当している上原光紀アナ(27)です。ワールドカップサッカーでは開催国ロシアに行ったスポーツキャスターの一橋忠...
週刊文春恒例「アナウンサー好感度ランキング」水卜麻美アナが5連覇

週刊文春恒例「アナウンサー好感度ランキング」水卜麻美アナが5連覇

今回で12回目となる「週刊文春」恒例のアンケート企画「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」の最新版調査で、「好きな女性アナ」部門では、日本テレビの水卜麻美アナ(31)がV5を達成。2回目となった男性部門ではTBSの安住紳一郎アナ(44)が「好きな男性アナ」2連覇を果たした。 【ランキング】2018...
桑子真帆アナと谷岡慎一アナの離婚 原因は「子ども」に関するすれ違いか

桑子真帆アナと谷岡慎一アナの離婚 原因は「子ども」に関するすれ違いか

NHKの桑子真帆アナウンサー(31)とスピード離婚したフジテレビの谷岡慎一アナウンサー(31)について、谷岡アナの先輩にあたる読売テレビの山本隆弥アナ(32)が23日、読売テレビ「特盛!よしもと」で離婚の理由を語った。 桑子アナと谷岡アナは昨年5月30日に結婚したが、わずか1年後の今年...
NHKの桑子真帆アナ 谷岡慎一アナとわずか1年でスピード離婚へ

NHKの桑子真帆アナ 谷岡慎一アナとわずか1年でスピード離婚へ

(全2枚) NHK「ニュースウオッチ9」(月〜金曜後9・0)のメインキャスターを務める桑子真帆アナウンサー(31)と夫でフジテレビの谷岡慎一アナ(31)が離婚することが30日、サンケイスポーツの取材で分かった。この日は奇しくも桑子アナの31歳の誕生日で、昨年、2人が婚姻届を提出した記念日。...
桑子真帆アナ 30日に谷岡慎一アナとバースデー入籍

桑子真帆アナ 30日に谷岡慎一アナとバースデー入籍

フジテレビの谷岡慎一アナウンサーとNHKの桑子真帆アナウンサーが30日、入籍した。デイリースポーツの問い合わせにフジテレビ側が入籍を認めた。 桑子アナと谷岡アナは11日に結婚を発表。谷岡アナは自身が出演している「ノンストップ!」内で、桑子アナの30歳の誕生日となる30日に入籍予定と話し...
桑子真帆アナらがNHK「ウオッチ9」に出演 評判も上々

桑子真帆アナらがNHK「ウオッチ9」に出演 評判も上々

この4月からキャスターを一新し、新たなスタートを切ったNHKの報道番組「ニュースウオッチ9」。新キャスターコンビは絶妙のコンビネーションで、今までにないアットホームな雰囲気を作り出しており、評判も上々のようだ。 「ウオッチ9」は、桑子真帆アナ(29)と有馬嘉男キャスター(51)のコンビ。...
1年離婚 桑子真帆アナにあった予兆 ナンパについて行く一幕も

1年離婚 桑子真帆アナにあった予兆 ナンパについて行く一幕も

30歳の誕生日を迎えた昨年5月30日、フジテレビの谷岡慎一アナ(31)と結婚したNHKの顔、桑子真帆アナ(31)。世の男性諸氏の間に「桑子ロス」が広がったが、それも束の間、1年で破局である。その予兆だったのか、桑子アナは意外な姿をさらしていた。 一方、「谷岡ロス」と呼ぶ人はだれもおらず、 「それに谷岡...
言い間違えで幹部と対立?桑子真帆アナに浮上するNHK退職説

言い間違えで幹部と対立?桑子真帆アナに浮上するNHK退職説

NHKのニュース番組「ニュースウオッチ9」のメインキャスターを務め、先日、フジテレビの谷岡慎一アナと結婚わずか1年で離婚したNHK桑子真帆アナウンサーに退職説が浮上していることを、発売中の「週刊現代」(講談社)が報じている。 桑子アナといえば、昨年は「紅白歌合戦」の総合司会を務めるなど、有働由美...

コメント(20)

名前
コメント
※必須
  1. 名無しさん 2017/04/15 12:46 ID:a55f3e52

    0

    通報する

    ニュース7と9はお堅いニュース番組にしましょうよ。
    あと、せめてNHKくらいは、国谷さんみたいなアナウンサーを育ててください。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  2. 名無しさん 2017/04/15 12:08 ID:f4887119

    0

    通報する

    NHKは9時のニュースを何も考えない人向けにしたいようだが、今の日本にはそんなのは求められてないと思う。寝る前の時間帯ならともかく。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  3. 名無しさん 2017/04/15 12:06 ID:94fe63e2

    0

    通報する

    「現在、日本に向けてミサイルが発射された模様です。」
    「あぶな〜い。」

    こういうニュース番組をつくるのが、いまのNHKの理想なのだろうか。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  4. 名無しさん 2017/04/15 11:25 ID:49d4bc43

    0

    通報する

    9時の堅いニュースには向かない。まだまだ11:15~の人だな。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  5. 名無しさん 2017/04/15 11:13 ID:5367e5d0

    0

    通報する

    最近NHKのニュースは背景にごちゃごちゃと雑貨?を置いたりアナウンサーが妙にはしゃいだりして落ち着きのない印象。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  6. 名無しさん 2017/04/15 11:00 ID:c3615b89

    0

    通報する

    夜11時台の『チェック11』だと、視聴者がツイートで参加出来る事もあって、堅苦しくない言い方の「そっか〜」が相づちでも番組の空気に合っている
    けど、夜9時台のニュース番組で11時台の相づちをそのまま持ってくると、さすがに『浮いてる』感が否めない
    メインキャスターに就任したからには、せめて言葉はかしこまった使い方であってほしい

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  7. 名無しさん 2017/04/15 10:50 ID:3181781b

    0

    通報する

    NHKは空回りばかりだね。
    淡々と真面目に偏らずニュースを伝えればそれで良いです。それ以上を求めてない。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  8. 名無しさん 2017/04/15 10:34 ID:ca8bcfcd

    0

    通報する

    「ニュース ウォッチ9」は
    ニュースに緊張感がなくなったような‥

    「ごごナマ」は
    船越さん,美保さんが やや騒々しくて‥
    「スタパ」の方が良かった‥

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  9. 名無しさん 2017/04/15 10:25 ID:d23c110e

    0

    通報する

    変わってから見る気がしません。民放と同じことやってどーするの?NHKにそんな物は求めてません。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  10. 名無しさん 2017/04/15 10:19 ID:a0e05f1d

    0

    通報する

    前の鈴木アナは、立場をわきまえ、少し固いがしっかりニュース報道していました。桑子アナは軽いなあ・・

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
http://scoopire.net