芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

浜崎あゆみ「今更の暴露本」を深読み 「なぜ今」なのか、ヒントは...

浜崎あゆみ「今更の暴露本」を深読み 「なぜ今」なのか、ヒントは...

2019年8月1日に発売される『M愛すべき人がいて』(幻冬舎)がネット上で大きな話題になっている。同書の著者はノンフィクション作家の小松成美氏で、歌手の浜崎あゆみさん(40)への取材を基にまとめ上げた小説として発売されるという。そのためか、書籍の中を見てみると目次の前に、「事実に基づくフィクションである。」との記述があるのが確認できる。

同書には、浜崎さんが1998年にエイベックスからCDデビューすることになったきっかけとなる、同社の松浦勝人社長(当時は専務)との出会いに始まり、松浦社長との交際、そして、1999年末に別れに至るまでが記されている。併せて、小説と最初と最後には、現在(2018年時点)の浜崎さんがこれらを振り返る描写があり、正に、浜崎さんの「自伝」とでも言える体裁となっていることが分かる。

「読みたい」との声が上がる一方、「安っぽくなる」との声も

その行動の一挙手一投足が話題になる浜崎さんが自らのこれまでを振り返る内容だけあって、同書に関する記事が出るや、ネット上では賛否両論が噴出する事態となっている。あるツイッターアカウントは、「これめちゃめちゃ読みたいな」と、大きな興味を示しているほか、別のアカウントは、「浜崎あゆみが書いた中学生のポエムみたいな帯だけで白飯8杯いける」と、同書の帯に寄せられた浜崎さんからのメッセージに興味を引かれたとする声もある。

ただ、その一方で、「暴露本は今出して欲しくなかった...安っぽくなる」と、同書を「暴露本」と見なして残念がるアカウントも。また、「暴露本に漂う今更感」と、いまだ現役稼働中の浜崎さんがなぜわざわざこの時期に秘密を暴露するような内容の本を出すのかといぶかる向きもある。

「公然の秘密」が書籍化されただけ!?

しかし、その一方で、「付き合っていたのなんてファンなら知ってる」と、これまでの浜崎さんについての報道や、浜崎さんの言動から、浜崎さんと松浦社長が「特別な関係」にあったことは「公然の秘密」だったとする声も多く上がっている。確かに、浜崎さんについてのこれまでのニュースを振り返ってみると、松浦社長と共に映画の試写会に出席した際の仲睦まじい姿など、公の場での2人の密接な関係をうかがわせる瞬間が何度もあったほか、浜崎さんのインスタグラムや松浦社長のツイッターに2人のツーショットがアップされるなど、その親し気な姿はファンの間でたびたび話題になるなどしてきた。また、浜崎さんのデビュー直後の歌詞の内容から、松浦社長のことを歌っていたと分析するファンが多いのも事実だ。

賛否両論を巻き起こしている同書だが、これらの声を見ていくと、浜崎さんがこの時期に「自伝」を出す理由が、おぼろげながら見えてくるのではないか。というのは、今回の出版が、世間一般では「浜崎さんによる暴露本の出版」と受け止められている一方で、ファンの間では「公然の秘密が書籍化されただけ」との反応が目立つ。加え、浜崎さんがこれまでにインスタグラムに松浦社長との親し気な姿をアップしてきたことを考えると、浜崎さんとしては「秘密を暴露」するつもりは更々なかったのではないだろうか。

だとすれば、「なぜ今、書籍化するのか」という疑問が沸くが、その答えは同書の中にあると思われる。同書の20ページと21ページを見てみると、現在の浜崎さんが松浦社長に対し、今後もステージに立っていたいとする希望を伝えると、それに対し、松浦社長が、

「そんなの当たり前だろ。ここから二十年先までのロードマップを、俺たちは描くんだよ」

と答えるシーンが描かれていることに気付く。

2019年でデビュー21周年を迎えた浜崎さんが、それと同じだけの年数を意識して今後を見据えている......。「なぜ今、書籍化するのか」との問いに対する答えは、浜崎さんがこれまでの自身の活動を総括し、次の20年に思いを馳せていることを世に知らしめたいからではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部坂下朋永)

浜崎あゆみ「今更の暴露本」を深読み 「なぜ今」なのか、ヒントは... 外部サイト 浜崎あゆみの「カープ女子」姿に反響「カープあゆ、女神」「また太った?」 「歌い手として最低でした」浜崎あゆみブログで衝撃告白 NHK桑子アナの衣装に視聴者騒然「全然内容が入って来ない」 「浜崎あゆみ」をもっと詳しく

浜崎あゆみとエイベックス松浦氏の交際秘話に大反響「やっぱりMは…」 浜崎あゆみが松浦勝人氏との恋を告白秘話綴られた本が出版 浜崎あゆみの衣装がネットで話題「ポスト安室奈美恵になってる」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

華原朋美、小室氏との破局理由「私もわかんない」「急に消えました」

華原朋美、小室氏との破局理由「私もわかんない」「急に消えました」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/d/5d76f_50_71229ecd_b443e3cb-m.jpg 歌手の華原朋美が21日深夜にTOKYOFMで放送された「TOKYOSPEAKEASY」で、かつて交際していた小室哲哉氏との破局について言及。なぜ別れたか、いまだに「私もわかんない」と首を傾げた。 華原のフ...
元サザンオールスターズの大森隆志 今でも抜き打ちで薬物検査

元サザンオールスターズの大森隆志 今でも抜き打ちで薬物検査

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/7/57f10_929_spnldpc-20210416-0129-001-p-0-m.jpg 元サザンオールスターズのギタリスト・大森隆志(64)が15日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。2006年、49歳の時に覚せい剤と大麻で現行犯逮捕さ...
アイドルに「ぺろぺろしにいく」運営がファンのセクハラ発言に注意喚起

アイドルに「ぺろぺろしにいく」運営がファンのセクハラ発言に注意喚起

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/4/b436c_80_8a19ce78_f64faf9b-m.jpg アイドルグループ「ドリ☆ステ」が、ファンにセクハラ的言動を自制するようツイッターで呼びかけた。 ライブ・トークなどのオフラインの現場のみならず、ツイッター・SHOWROOMなどオンラインでのセクハラもやめるよう、フ...
浜崎あゆみの最新曲 ネットでは「『うっせぇわ』みたい」との指摘も

浜崎あゆみの最新曲 ネットでは「『うっせぇわ』みたい」との指摘も

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/2/c2c98_80_eb0ff04f_b928f418-m.jpg 歌手の浜崎あゆみさん(42)の最新曲「23rdMonster」に対し、ネット上で一部から「浜崎あゆみの新曲完全に『うっせぇわ』に触発されててワロタ」と言った声が上がっているのをご存じだろうか。 歌手・Adoさんのヒット曲...
YOSHIKIの紺綬褒章受章にファン歓喜 「(官報で)お名前を発見したら感動」

YOSHIKIの紺綬褒章受章にファン歓喜 「(官報で)お名前を発見したら感動」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/7/97b53_80_15bd8a83_7faff197-m.jpg 公益のために多額の私財を寄付した個人や団体に贈られる「紺綬褒章」を、XJAPANのYOSHIKIさんも受章していた。2021年3月9日付の官報掲載を受け、YOSHIKIさんのPR事務局がリリースを出し、一部スポーツ紙(ウェブ版)など...
「ぶっ飛んだ役」で人気を集める水野美紀「同調女子」からいち早く脱皮

「ぶっ飛んだ役」で人気を集める水野美紀「同調女子」からいち早く脱皮

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/4/84b7a_759_bd3b67bf_6a0ac343-m.jpg 2020年4月期ドラマで女優・水野美紀(45)が振り切っている。ギャグ漫画を原作とした『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系、金曜深夜24時12分〜)には、一見おしとやかだが、一度スイッチが入ったら誰にも止められない主婦・...
avex会長・松浦勝人氏が大麻使用か 元社員が告発「一緒に吸っていた」

avex会長・松浦勝人氏が大麻使用か 元社員が告発「一緒に吸っていた」

〈はっぱじゃ我慢できなくなる〉(男性) 〈覚せい剤みたいなやつ……〉(松浦氏) 〈それはやだ、社長がやる……。社長の後につぐ〉(A子さん) 【証拠写真】松浦氏からA子さんに送られてきた「脅迫LINE」 〈まだいっぱい書いてないことあるの。社長の〉(A子さん) 〈それはもうお前、はっぱが全部なくなってか...
浜崎あゆみの実話ドラマ『M』に「業界の闇」の声、前評判が最悪? ファンからも不満

浜崎あゆみの実話ドラマ『M』に「業界の闇」の声、前評判が最悪? ファンからも不満

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/9/b961b_188_c56ef02d_3e333be9-m.jpg 18日から放送スタートする土曜ナイトドラマ『M愛すべき人がいて』(テレビ朝日系、毎週土曜、夜11:15〜)に非難の声が集まっている。 本作はノンフィクション作家・小松成美氏による同名小説が原作の実写ドラマだ。歌手...
藤森慎吾の自分勝手な行動に周囲は呆れか「芸能界のルール違反」も?

藤森慎吾の自分勝手な行動に周囲は呆れか「芸能界のルール違反」も?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/d/cd5a7_1399_81840398_c9cec27a-m.jpg 昨年いっぱいで吉本興業を退社したお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(38)が業界内から総スカン状態になっている。現場で自分勝手な行動が目立ち、周囲があきれ果てているというのだが、それだけではな...
河合雪之丞がコロナうつ告白 頭よぎった「廃業」と立ち直った契機

河合雪之丞がコロナうつ告白 頭よぎった「廃業」と立ち直った契機

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/5/45ff3_759_78b4f193_777df6c9-m.jpg 「わたし、コロナうつになってしまったんです……」 新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの人の生活に多大な影響を与えた。感染そのものに加え、顕著なのが精神的な疲弊だ。感染への不安や、行動制限などによる心理的負...
「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実”

「いじられるのが上手い人しか生き残れない」は昔の話? ケンコバが感じた「第七世代」への“違和感”と“現実”

志村けんとの間に噂された確執…『全員集合』の快進撃を支え続けた盟友いかりや長介の知られざる“本音”から続く 【写真】この記事の写真を見る(4枚) 霜降り明星せいやのふとした一言がきっかけとなり、一大ブームとなった「第七世代」。お笑い界を世代で分けて概観する画期的な言葉の発明によって、第一世代...
「カットしちゃダメ」上田晋也が叩かれた「中1娘と入浴騒動」の裏側

「カットしちゃダメ」上田晋也が叩かれた「中1娘と入浴騒動」の裏側

さまざまな番組で司会を務め、テレビで目にしない日はない人気芸人くりぃむしちゅーの上田晋也氏。独創的な例えツッコミはお笑いファンからの評価も高い。 【写真】この記事の写真を見る(5枚) そんな上田晋也氏がはじめて書き下ろしたエッセイ集『経験この10年くらいのこと』(ポプラ社)が話題を呼んでいる...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net