芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「タロウのバカ」主演のYOSHIとは 世界的ブランドのモデル務める16歳

「タロウのバカ」主演のYOSHIとは 世界的ブランドのモデル務める16歳

映画『まほろ駅前』シリーズや『さよなら渓谷』などのメガホンをとった大森立嗣監督が20年近く温めてきたオリジナル脚本で挑んだ『タロウのバカ』。本作で、演技未経験ながら主演に抜擢されたのが「NIKE」や「HELMUTLANG」など世界的ブランドのモデルや、アーティストとして活躍中のYOSHIだ。劇中では、粗削りながらも圧倒的な存在感で、共演の菅田将暉や仲野太賀といった実力派俳優と堂々と渡り合う。「面白いことしかやりたくない」と豪語するYOSHIとはどんな人物なのか、その素顔に迫る。

本作は、父親がおらず、母親からネグレクトされ、学校も行ったことがないタロウが、高校生のエージ(菅田)、スギオ(仲野)と共に、拳銃を手に入れたことから、絶望と闇しか感じられない未来に対して行動を起こしていく姿を描く。主人公であるタロウに選ばれたYOSHIは、現在16歳の高校生。大森監督を「立っちゃん」と呼ぶ。

何百人とオーディションをするなか、手垢のついていない素材にタロウを演じてもらいたいという監督の強い意向から、演技経験がまったくないながら、インスタグラムで独特の個性を発揮していたYOSHIにアプローチ。「最初、立っちゃんから母親に話が来たんです。親は過激な内容だったため、難色を示していたのですが、僕は脚本を読んで『世の中に伝えるべきことがある』と強く感じたので、やりたいと思ったんです」

YOSHIが惹かれたのが、主人公たちの欲望だという。「人間の原点って“なにかをしたい”という欲望だと思うんです。でもいまの世の中、人と違ったことをすると叩かれたり、抑え込まれたりする風潮がある。それでマンネリ化してしまう。僕はそういうことが大嫌い。僕にとって目標のない人生=死なんです。『タロウのバカ』には、そういった圧倒的な欲望が描かれているのが、ものすごく自分に合っていると思ったんです」とオファーを受けた理由を明かす。

共演者は菅田将暉、仲野太賀という、今後の日本映画を支えていくだろう若手実力派俳優。そんな2人の中央に主演として立つのがYOSHIだ。「僕は、有名とかキャリアとかまったく関係ないと思っています。もちろんリスペクトすべきところはたくさんありますが、同じ現場に立つ以上、常にフラットであるべき。監督も同級生だと思っています(笑)。日本の年功序列からくる閉塞感にはつまらなさを感じています」とまったく臆することなく撮影現場に向かった。

こういったYOSHIの考えを、大森監督も菅田も仲野も面白がってくれる大らかさは、3人の関係性を生々しいものにした。「現場はスゲー楽しかった。『おい将暉ー』とかいう感じで……。撮影のあと、彼の家に遊びに行ってギターを弾いたり、みんなで歌ったり、銭湯に行って焼き肉を食べたり……そんな毎日でした」と撮影を振り返る。

芝居についても、大森監督からは「自由に羽ばたくように」と言われていたという。大森監督の“なにものでもない存在”というコンセプトのタロウには、芝居の経験がないYOSHIの持つ、なにをしでかすかわからない危うさがシンクロする。「一度目は主観で、二度目は第三者目線でできあがった映画を観たのですが、はっきり言って最高でした。日本の歴史を変える作品になっていると思う」と満足そうに語る。

モデル、音楽、アートなど、さまざまなジャンルで活躍しているが「満足した時点で人生は終わりだと思っている。それじゃあなにも面白くない」と断言。だからこそ初めてチャレンジした映像の仕事にも「めちゃめちゃ楽しかったけれど、満足はしていません。1を10にすることは、頑張れば誰にでもできる。0を1にする人間になりたい。その意味で、映画を作ることもいつかやってみたい」と思いは尽きない。

「マイケル・ジャクソンやジミー・ヘンドリックス、カート・コバーン、ジャスティン・ビーバーのような、世界中の誰もが知る存在になりたい」と夢を述べたYOSHI。続けて「『こんな16歳がいるんだ』と僕が起点となって、もっと若い世代が、自分のやりたいことをどんどん始めてほしい。そうすれば、いまの世の中の閉塞感は打破できるかもしれない」と語気を強めると「日本と海外のグローバルな距離を近づける存在になりたい」と目を輝かせた。(取材・文・撮影:磯部正和)

映画『タロウのバカ』は9月6日より全国公開

「タロウのバカ」主演のYOSHIとは 世界的ブランドのモデル務める16歳 外部サイト 【写真】主演に抜てきされたYOSHI(16歳) 菅田将暉、2019年上半期人気俳優No.1! 菅田将暉がYOSHIに銃を…!過激作『タロウのバカ』場面カットが公開 「映画の話題」をもっと詳しく

公開まで3カ月をきる「アナと雪の女王2」はどんな物語になるのか 「天気の子」が興行収入120億円を突破「大合唱上映」の開催も決定 13日までに公開される注目の映画小栗旬が主演の「人間失格」など7本

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

元セクシー女優上原亜衣が2000万円の詐欺被害を告白「人生勉強」

元セクシー女優上原亜衣が2000万円の詐欺被害を告白「人生勉強」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/f/4fc10_782_5d86187e_6d39a934-m.jpg 元セクシー女優の上原亜衣が、9月12日に放送された『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12〜)に出演。謎に包まれた引退理由を明かした。 2011年19歳の時にセクシー業界に入った...
ネプチューン名倉潤がうつ病のリハビリで休養「回復させ戻って参ります」

ネプチューン名倉潤がうつ病のリハビリで休養「回復させ戻って参ります」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/9/190bc_760_2141466_20190801_182934_size640wh_7178-m.jpg お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、きょう1日から約2ヶ月間、うつ病のリハビリのため休養することを所属事務所が発表した。名倉は「少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻っ...
映画「シン・ウルトラマン」2021年公開へ 企画・脚本に庵野秀明氏

映画「シン・ウルトラマン」2021年公開へ 企画・脚本に庵野秀明氏

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/b/4b0fb_50_efb1ddb7_7db1c7a9-m.jpg 1966年に放送された特撮ドラマで、今もなお国民的ヒーローとして愛される「ウルトラマン」を描く映画「シン・ウルトラマン」が2021年に公開されることが7月31日、分かった。東宝が手がけるビッグプロジェクト...
米津玄師、2年連続の紅白出場はある?「中継地特定」の心配も

米津玄師、2年連続の紅白出場はある?「中継地特定」の心配も

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/b/dbb27_188_a68b124d_b1c5f322-m.jpg 23日付のオリコン・シングルランキング(集計期間9〜15日)で、米津玄師の最新シングル「馬と鹿」が初登場で2位にランクインした。1位は嵐の「BRAVE」。 初週売り上げは41万2000枚で、前作「Flamingo/TEENAGERIOT」の初...
木下優樹菜 体調不良で体重が7キロ減るも「やっと復活」と報告

木下優樹菜 体調不良で体重が7キロ減るも「やっと復活」と報告

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/5/c549d_929_spnldpc-20190917-0125-001-p-0-m.jpg タレントの木下優樹菜(31)が16日更新した自身のインスタグラムで、体調不良で体重が激減したことを明かした。 「サボっていた髪のケアもネイルもちゃんとしよう」と切り出し、「体調が良くなくて、7キロ...
石橋貴明「野猿」の元メンバー2人とユニット「B Pressure」結成

石橋貴明「野猿」の元メンバー2人とユニット「B Pressure」結成

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/1/01e24_60_2f25ef14_f4f197e7-m.jpg とんねるず・石橋貴明(57)が17日、自身のインスタグラムを更新し、新ユニット「BPressure」を結成することを発表した。 石橋は「新ユニット“BPressure”出来たよ!」とコメント。フジテレビ系人...
10月12日に「スポーツ王」放送決定 石橋貴明が松井秀喜と5度目の対決

10月12日に「スポーツ王」放送決定 石橋貴明が松井秀喜と5度目の対決

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/f/afd9a_760_2144538_20190916_042912_size640wh_5484-m.jpg とんねるずの石橋貴明、木梨憲武が、スポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑むテレビ朝日系『とんねるずのスポーツ王は俺だ‼』が、恒例のお正月スペシャルに先駆けて10月12日(後9:...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net