芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「花摘み」再び 槇原敬之容疑者の逮捕を受けSMAPファンが動く

「花摘み」再び 槇原敬之容疑者の逮捕を受けSMAPファンが動く

マッキーこと槇原敬之が覚醒剤所持の容疑で、'99年に次ぐ2度目の逮捕となった。

【写真】槇原の事務所が逮捕翌日に出した謝罪文が“動揺をかくしきれていない”

ピエール瀧、田代まさし、沢尻エリカと、もうイヤというほど薬物報道が立て続けに起こるので、情報番組のコメンテーターだって、話を振られても困るだろう。見ていて「薬物ネタ用のコメントが枯渇」している感さえあった。「あれほどの才能を持っていても一度手を出してすまうとやめられない……改めて恐ろしさを実感しますね」を繰り返すしかないのだろうか。

『カッパ発見!』や『マドンナ痔だった!』という珍ニュースを提供する『東スポ』が逮捕の数週間前に、《次に逮捕されるのは『大物歌手X』》と予想し、見事的中させていたわけだが、記事中には《Xが"シャブ中"なのは業界で知られています。(中略)使用歴は20年以上と言われているので、もうやめることは難しいんじゃないか」と芸能関係者》といった、すごい証言まで掲載されている。

SMAPファンvs電グルファンが勃発?

にしてもマッキーは一度、覚せい剤という“特に依存性が高い”とされている薬物で逮捕された過去があるにも関わらず、世間・スポンサーからの“圧倒的な信頼”を積み上げてきたことがわかる。

その証拠に逮捕当日、相次いで報じられたのが、「『ヒルナンデス』のテーマ曲はどうなる?」「『じゅん散歩』のテーマ曲はどうなる?」であり、きわめつきは「『関西テレビ』の社歌はどうなる?」といった問題であった。……社歌って。どれもよほどの信用がないと依頼しなさそうなもんだが、どうだろう。番組ではそれぞれテーマソングを差し替えて放送された。

そして、目下、世間を騒がせているのが言わずとしれた大名曲『世界に一つだけの花』の行方について。

アーティストの薬物報道で思い出されるのが、昨年のピエール瀧の逮捕時に、電気グルーヴの楽曲が回収・配信停止になったことで論争が起こっていたこと。いわゆる“曲に罪はない”問題だ。

『世界に一つだけの花』といえば、SMAP解散時にファンによる“花摘み”と呼ばれる購買運動が起こり、地道な草の根運動により売上枚数が激増。ついには累計売上300万枚を達成し、ファンのすさまじい団結力を示した。かつ、小学校の音楽の教科書にも掲載されているくらいなので“国民的名曲”といっても差し支えないだろう。

ネット掲示板では「この購買運動の印税のせいでマッキーが薬に手を染めた」というとんでもない理屈を持ち出してくる輩もいるのだが、やはりショックを隠しきれないというSMAPファンの声も少なくない。早速、朝の情報番組では『槇原敬之容疑者(50)“世界に一つだけの花”秘話』なる企画が放送されている。意地悪な特集よのぉ〜。

そんなこともあってか、すでにファンのなかには楽曲救済にむけた行動をSNSで発信している者もいる。

《何かをしなければ落ち着かないのでタワレコさんでさっそく花摘み》

《私はダメ元でビクターさんにメールかお手紙を書こうと思う。槇原氏の逮捕によるCDの回収、廃盤、製造中止等の措置を取らないでいただきたいこと。「世界に一つだけの花」の購買運動が、どれだけファンの心を支えていたか、そんな気持ちを含めて》

またも強い団結力が生まれそうになっているのだが、もし願いが叶って発売・配信の停止がなくなるとするなら、「じゃあ電気グルーヴの楽曲はどうなるの?全部聞けなくなってるけど」といった声が出てくるんじゃないだろうか。果たしてレコード会社はどういった判断をとるのか。マッキーの逮捕がファン同士の争いの火種になりそうな気配──。

ちなみにSNSを見ているとすでに、《槇原容疑者逮捕1週間前、報道番組に生出演真っ白髭に歯はガタガタ》(デイリー)といった報道があるからか、

「歯がボロボロだから怪しいと思っていた」

「いや、歯がボロボロなのは昔からだから!」

といった論争が始まっている。どちらにせよ失礼な話だろう。どんなテーマで争ってんだ。

〈皿乃まる美・コラムニスト〉

「花摘み」再び 槇原敬之容疑者の逮捕を受けSMAPファンが動く 外部サイト 【流出画像アリ】過去に大麻で逮捕の田中聖、会社員A子さんが生々しいLINEやりとり 【写真】槇原の事務所が逮捕翌日に出した謝罪文が“動揺をかくしきれていない” 木村拓哉、ソロ音楽活動で恐れた「SMAPファンからの反発」と“それでもライブ行う理由” 「槇原敬之容疑者を逮捕」をもっと詳しく

槇原容疑者のSNSが続々と閉鎖状態に悲痛な声殺到していた 槇原敬之容疑者の逮捕は供述だけ?若狭勝氏「無罪取れる可能性」 槇原容疑者、逮捕後に一時混乱も調べには落ち着いて応じている

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

がん公表の小木博明をハワイに誘った木梨憲武「全部治っちゃう」

がん公表の小木博明をハワイに誘った木梨憲武「全部治っちゃう」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/4/b43af_60_8385538a_7918bbff-m.jpg 「とんねるず」木梨憲武が15日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「土曜朝6時木梨の会。」(土曜・前6時)に生出演した。 番組で、親交のあるお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明が初期の腎細胞がんであるこ...
報道に対する石田純一の「法的手段」発言 妻へのアピールが背景に?

報道に対する石田純一の「法的手段」発言 妻へのアピールが背景に?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/6/e6c65_28_537bc260_b2b72cfa-m.jpg 城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】 キムタク長女が破局ハンパが許せなかった工藤静香の怒り 石田純一(66)が大変だ。4月に新型コロナウイルスの肺炎で入院し、治療を受けて退院した。その石田が7月に福岡へ行き、...
山下智久を処分すれば退所の危険も?滝沢秀明氏のジレンマ

山下智久を処分すれば退所の危険も?滝沢秀明氏のジレンマ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/6/1693d_28_c7713257_e6cf2969-m.jpg Tobeornottobe――。処分を下すべきか、否か。ジャニーズ副社長で「風紀委員長」を兼ねる滝沢秀明氏(38)は、さながらハムレットの心境ではないか。 山下智久現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ” ■現役JK飲...
指原莉乃のファンだった犬飼貴丈 かつて頭に「さっしー」とそり込み

指原莉乃のファンだった犬飼貴丈 かつて頭に「さっしー」とそり込み

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/9/c9357_249_20200815016-m.jpg 俳優・犬飼貴丈(26歳)が、8月14日に放送されたトーク番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。元AKB48でタレントの指原莉乃のファンだったと語った。 番組にはこの日、犬飼の高校時代の友人から、犬飼がAKB48の指...
槇原敬之被告 2億円超の大損害も悠々自適 ラッキーの連続で芸能界早期復帰も

槇原敬之被告 2億円超の大損害も悠々自適 ラッキーの連続で芸能界早期復帰も

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/d/5d262_1399_f07c375d_0fe166d7-m.jpg 覚醒剤取締法違反(所持)などの罪に問われた人気シンガー・ソングライター槇原敬之被告(51)の判決公判が3日に開かれ、東京地裁は懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。一昨年、覚醒剤事件で先に有罪判...
槇原被告の活動休止発表に賛否 「どんだけでも待ってる」「引退のほうが良くないか」

槇原被告の活動休止発表に賛否 「どんだけでも待ってる」「引退のほうが良くないか」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/0/7004f_1711_a68455193073bfaff3e08f81c36f9ece-m.jpg 数々の恋愛ソングを作曲し歌手としても活躍してきた槇原敬之被告(51)が3日、覚醒剤取締法違反と医薬品医療機器法違反の罪で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受け、活動休止を発表した。ファン...
槇原被告「ボロボロ歯」の謎を追跡 歯列矯正でも歌の感覚狂う?

槇原被告「ボロボロ歯」の謎を追跡 歯列矯正でも歌の感覚狂う?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/d/0d78d_1399_a3287946_1f5deac6-m.jpg 芸能人は歯が命のはずだが――。覚せい剤取締法違反などの罪で逮捕・起訴された人気シンガー・ソングライター槇原敬之被告(50)が6日に勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。保釈保証金は500万円。湾岸署前で...
槇原敬之被告が保釈される 湾岸署正面玄関に姿を現し深々と一礼

槇原敬之被告が保釈される 湾岸署正面玄関に姿を現し深々と一礼

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/d/ad962_760_2156903_20200306_190852_size640wh_9338-m.jpg 覚せい剤取締法違反罪などで4日に東京地検に起訴されたシンガー・ソングライターの槇原敬之被告(50)が、6日午後、保釈保証金500万円を納め、勾留されていた東京湾岸署から保釈された。湾岸署正...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net