芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ソニン「大反対を受けても強行突破! ニューヨーク修業が私を変えてくれた」

ソニン「大反対を受けても強行突破! ニューヨーク修業が私を変えてくれた」

今やミュージカルに欠かせない女優であり、風格をも感じさせるソニンさん。しかし、自身の納得できる道を見つけるまでは、紆余曲折があったという。高知からSPEEDに憧れて上京した少女が、ニューヨーク留学を経て大舞台の真ん中に立つまでの葛藤や努力とは──(構成=内山靖子撮影=初沢亜利)

【写真】いつでも「新しいソニン」を見せたい

*******

どんな過酷な仕事にも体当たりで頑張って

--数々の舞台に出演し、演劇界になくてはならぬ存在のソニンさんだが、アイドル歌手として16歳で芸能界デビューした当初は試練の連続。出された指示に従って、過酷な仕事に体当たりで挑む日々だった。

いまだにそうなんですけど、「有言実行」というのが私の人生のテーマのような気がします。15歳のときにSPEEDのライブを見て、同世代の彼女たちがステージを移動するだけで「キャーッ」っていう大歓声。同じ人類なのに、自分とは天地の差。

そのときに、私もこんなふうに「この人、すごい!私も頑張ってみよう」って、みんなに夢と希望を与えられるような存在になりたいと、ライブを見たその日に、歌手になることを決めたんです。

そんな夢を抱いて、オーディションを受けて上京してきたので、「これ以上はムリ!」って降参してしまうまでは、仕事はなんでもやろうと決めました。陸上の経験なんてぜんぜんなかったのに、実家がある高知から韓国までの陸路570kmをマラソンしたり、6日間かけて1人で約5万5000個のドミノを並べたり。

でも、歌手になりたいという夢があり、この仕事をクリアできたらシングルを出してあげると言われたら、そりゃあやっぱりやりますよ。当時の私には何の武器もなかったので、とりあえず目の前の与えられた仕事を全力で頑張るしかなかったし。

無茶をする私を心配して、両親が「帰ってきてもいいよ」と言ってくれたこともありました。でも、故郷に帰るのは、私にとって、イコール逃げること。当時、逃げるって、カッコ悪いと思っていたので、できなかったです。だから、どんな理不尽な仕事でもとにかくやるしかなくて、私に「ノー」という選択肢はなかったんですよ。

思えば、子どもの頃から人一倍、負けず嫌いな性格だったような気がします。小学校のときの担任の先生が、勉強ができる子だけに優しいのにすごく腹が立ち、地名などの暗記が苦手で成績が悪かった社会科を必死に勉強!クラスで私一人だけテストで100点をとり、先生から褒めてもらって溜飲を下げたこともありました。「全力で頑張れば、自分にはなんでもできる!」ということを、幼い頃からわかっていたのかもしれません。

周囲の反対を押し切ってニューヨークに留学

--それだけ頑張ったにもかかわらず、デビュー当時のユニットはわずか2年で解散。事務所を移籍するなど、アイドル歌手時代のソニンさんにはスポットライトが当たらなかった。だが、20歳のときにドラマ『高校教師』で、ホストにのめり込む女子高生を体当たりで演じて女優デビュー。翌年、『松尾スズキ物語』の松尾スズキ役で初舞台を踏み、同年に舞台『8人の女たち』に出演して以来、目の前の扉が次々と開いていった。

『8人の女たち』に出演させていただいたことがきっかけで、初めて出演したミュージカルが『スウィーニー・トッド』です。その前に、大竹しのぶさん主演の舞台『奇跡の人』を観て、「なんて素晴らしい女優さんなんだろう」と大感激。その大竹さんと一緒に仕事ができるならと、それまでミュージカルなど観たこともなかったのに『スウィーニー・トッド』のオーディションを受けたんです。

それが、『血の婚礼』で森山未來くんの相手役に、そして『ミス・サイゴン』で主演のキム役につながって。そのひとつひとつに全力投球していくうちに、どんどん舞台にのめり込んでいきました。

でもその一方で、何かが違うともやもやしている自分もいたんです。今思えば、舞台で私が表現したいことと、自分の実力が見合っていなかったんですね。大劇場の一番後ろの客席まで届くよう思いきりエネルギーを発散しているのに、まだ出し足りない感じでもやもやして……。

当時は、自分が主役を演じることにもかなりのプレッシャーがありました。実力のある俳優さんたちに囲まれて私が主演で真ん中に立つなんて、本当に肩身が狭かった。

そんなとき、ちょっと息抜きしようと、仕事の合間に行ったニューヨークで、ここなら私の悩みを解消してくれる答えが見つかるかもしれないってピンと来たんです。

ニューヨークの人たちはみな自分に自信を持って、周囲の目なんて気にせずに胸を張って生きている。そんな街で暮らしたら、私自身のアイデンティティーも含めて、自分がマイノリティーだと思っていることや「生きづらい」と感じていることの理由も見つかるかもしれないなって。

でも、そう考えたのが、舞台の仕事のオファーが相次いでいた時期だったので、周囲からは大反対されました。だけど、たとえ仕事がなくなっても構わない。こんな苦しい思いを抱えたまま仕事をしているより、とりあえずニューヨークに行って、自分がやりたいようにやってみようと。

それで、仕事の合間に、観光ビザで何度もニューヨークを訪ね、現地で知人を訪ねたりツテを作りまくったりして。そのツテをたどってボイストレーニングの先生に根回しもして、いつ行っても大丈夫なように着々と準備をしました。

その上で文化庁新進芸術家海外研修制度にこっそり応募。この制度で留学すれば、誰が何と言おうと、1年間は絶対に帰って来られないんですよ(笑)。合格することができ、晴れて作戦成功で、29歳からの1年間、すべての仕事を休んで強行突破!「この街で暮らしたい」とひらめいてから4年後に、ようやくニューヨークで演技の勉強ができることになりました。

1年間の留学期間を終えた後、さらに自費でもう半年間、ニューヨークで暮らしました。その1年半の間に納得のいく答えを得られたのかどうか、正直なところ、自分ではよくわかりません。

でも、帰国直後に『三文オペラ』の稽古に参加したとき、共演者の方々から「変わったね」って口々に言われ、お客様からも「ニューヨークに行って正解でしたね」というお手紙をたくさんいただきました。周囲の反対を振り切って行っただけの価値は十分にあったんじゃないかと思います。

新たな自分を目指して常に更新し続けたい

--2020年の1月からは太宰治の未完の遺作を下敷きにした舞台『グッドバイ』で、怪力、大食いのヒロイン・キヌ子役を務めている。共演するのは、ソニンさんが女優デビューしたドラマ『高校教師』で主役を務めた藤木直人さん。

この戯曲を書かれたケラリーノ・サンドロヴィッチさんと読売演劇大賞の授賞式の会場で久しぶりにお会いして、「機会があれば、ぜひ!」というお話をしたんです。その後に、今回のKERACROSS企画のオファーがあったので、やっぱりすべてがつながっているんだなと実感しましたね。

藤木さんとも17年ぶりの共演で、ちょっぴり恥ずかしいと感じる一方で、「この17年間に成長した私を見て!」という気持ちもあります。

30代半ばとなった今では、私が主役で舞台に立ってもいいのだと、胸を張って言えるようになりました。だって、いつも自分が納得いくまで研鑽して、今できる最大限の努力をする環境を作っているから。自分の時間を惜しみなく注いで作り上げて表現することで、お客様の心に残ると感じています。

また、舞台では常に自分を更新していきたいと思っています。歌も演技ももっともっとうまくなって、いつでも「新しいソニン」をお見せできるように、これまでやったことのない役にどんどん挑んでいきたいです。この役は確実に自分に合っている、お客様も絶対に喜んでくださるという安全パイ的な役はやらなくていい。

今回の『グッドバイ』は過去にも上演された名作ですが、俳優も演出も前回とは別物のニューバージョンなので、私なりの新しいキヌ子を演じたいと思っています。

毎回、舞台ですべてのエネルギーを出し切っているからか、終演後にお酒を飲みに行ったりはしませんね。私の場合、舞台上のテンションがマックスの状態なんですよ。舞台ですべてのパワーを発散した後に、飲みに行って、またテンションを上げる余力がない(笑)。

仕事が終わればまっすぐ家に帰って、自分で作ったご飯をちびちび食べながらまったりするのが至福のときです。

ずっと一人で過ごしてきましたが、この先、結婚や出産も考えていないわけではありません。洗濯や料理など、子どもの頃から何でも一人でできてしまうので、独身のままでも特に不自由はないんです。

でも、やっぱり誰かと支え合いながら生きていくのが人生の醍醐味じゃないかなって。それを知らずに人生を終えてしまうのはもったいないので、特に結婚に憧れてはいないけど、「してみたほうがいいな」とは思っています。

とはいえ、今はまだ仕事が私の人生の伴侶です。15歳のときに憧れたSPEEDにはまだまだ遠いけど、「私もソニンさんのような舞台女優になりたいです」というお手紙を、近頃はよくいただくようになりました。実は、それってそのまま、15歳のときに私がSPEEDのメンバーに出した手紙と同じなんですよ。

そんな手紙をいただくたびに、あの頃の思いが巡り巡って、すべて今の自分につながっている--つらいこともたくさんあったけど、これまで頑張ってきてよかったな、と感じずにはいられません。

ソニン「大反対を受けても強行突破! ニューヨーク修業が私を変えてくれた」 外部サイト 玉袋筋太郎「親父を死に追いやった姉夫婦を、今も許せないまま」 三船美佳「ああいう人がパパだといいな」娘の言葉に背中を押されて 覚せい剤で逮捕された、高知東生の今「妻を泣かせた日から…」 「ソニン」をもっと詳しく

苦悩人のソニンは一流の舞台女優に、才能あふれプロ根性の固まり 「一切しゃべらない」ソニンの生活にマツコがぽつり「幸せ?」 ソニンの歌唱に絶賛の声迫力に「怖いくらい」「すごい」の声も

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • SPEED SPEED

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

近藤春菜が志村けんさんの訃報に涙「返せていないことがいっぱい」

近藤春菜が志村けんさんの訃報に涙「返せていないことがいっぱい」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/e/9/e9e58_1401_4a5d9ef5_c95a9be9-m.jpg ザ・ドリフターズでタレントの志村けんさん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)がコロナウイルスによる肺炎のため亡くなったことが30日、分かった。29日午後11時10分、都内の病院で死去した。70歳。葬儀は親族のみで...
志村けんさんの訃報に研ナオコは動揺「けんちゃん、駄目だった」

志村けんさんの訃報に研ナオコは動揺「けんちゃん、駄目だった」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/c/9cc92_1401_b11220db_b78af36f-m.jpg 志村けん(本名・志村康徳=しむら・やすのり)さんの訃報を受け、ネット上では各方面から悲しみの声が続々とあがっている。 タレントの研ナオコは「けんちゃん、駄目だった(涙)どうしよう、、」と動揺。作家の乙武...
志村けんさんが70歳で死去 新型コロナ感染で肺炎発症

志村けんさんが70歳で死去 新型コロナ感染で肺炎発症

29日夜、新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが、東京都内の病院で亡くなった。70歳だった。NHKニュースが報じた。 ・コメディアンの志村けんさん死去新型コロナ感染で肺炎発症(NHKニュース) https://image.news.livedoor.com/newsimage/vender...
志村けんさんの死去に立川志らくが衝撃「死を無駄にしないために」

志村けんさんの死去に立川志らくが衝撃「死を無駄にしないために」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/a/9abe4_929_spnldpc-20200330-0091-002-p-0-m.jpg 落語家の立川志らく(56)が30日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月〜金前8・00)に出演。新型コロナウイルスに感染したタレントの志村けんさんが70歳で亡くなったことについてコメントした...
川口春奈がメイク動画ですっぴん姿を公開「すでに完成」と驚きの声

川口春奈がメイク動画ですっぴん姿を公開「すでに完成」と驚きの声

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/7/a7691_1433_78b4ed08fbe1eeaa2c714a0e40c362ee.jpg 女優の川口春奈が29日、自身のYoutubeチャンネル「川口春奈オフィシャルはーちゃんねる」に新たな動画を公開。“すっぴん”姿を披露し、「メイク前から既に完成してる…」「すっぴんで川口春奈完成」などと...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net