芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「ノンストップ!」視聴率が悪化 番組全体の魅力の低下が原因か

「ノンストップ!」視聴率が悪化 番組全体の魅力の低下が原因か

「アンパンマン」にも敗北

フジテレビの「ノンストップ!」は2012年に放送を開始した。MCを務める設楽統(46)も、すっかり“朝の顔”として定着した――はずだった。しかし最近、異変が起きているという。

***

ライバル民放キー局で、番組制作に携わる関係者が、「視聴率が悪化しているのです」と明かす。(註:以下、視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

「今年の3月に入って、日本テレビ系列の『バゲット』(月〜木・10:25)に負けっぱなしなんです。正確に言うなら、1回だけ日テレを上回りましたが、それは『バゲッド』ではなく『それいけ!アンパンマン』(金曜・10:55)だったのです。そして3月13日には、そのアンパンマンにも敗れました。これは一大事です」

「ノンストップ!」視聴率が悪化 番組全体の魅力の低下が原因か MCを務める設楽統

そもそも平日の午前10時台から11時半の時間帯は、フジテレビと日本テレビが激戦を繰り広げてきたことで知られる。

いや、正確に言えば、90年代から2000年代初頭は、フジテレビの独壇場と言ってよかった。そこに日テレが、宣戦布告を叩きつけたのだ。放送担当記者が振り返る。

「例えば、団塊ジュニアが『90年代、平日の午前10時台』と聞いて思い浮かべるのは、フジの『ジョーダンじゃない!?』(1992〜93)、『どうーなってるの?!』(1993〜2000)ではないでしょうか。両番組とも小倉智昭さん(72)と中村江里子さん(51)がMCを担当しました。99年4月に小倉さんが『情報プレゼンターとくダネ!』(平日・8:00)に移り、この枠は少し人気を落とします。しかし後継の『こたえてちょーだい!』(01〜07)で川合俊一さん(57)と菊間千乃さん(48)のMCが『視聴者の投稿で番組を進める』という『どうーなってるの?!』路線を踏襲し、人気が回復しました」

日テレも手をこまねいていたわけではない。まずは「峰竜太のホンの昼メシ前」(1996〜2002)をスタートさせる。

決して失敗作ではなかったのだが、何よりも関東ローカルだった。フジの小倉智昭・中村江里子コンビに、全国ネットで真正面から戦いを挑んでいたわけではなかった。

「峰竜太さん(68)が主婦層に好感を持たれたことが分かり、日テレは朝のワイドショー『ザ!情報ツウ』(02〜06)のMCに起用します。ただし、番組の終了時間は10時25分。ライバルの『こたえてちょーだい!』は放送を続けていましたが、日テレはその後を『探偵物語』(1979〜80)など過去の名作ドラマを再放送したり、韓流ドラマを放送したりして、なかなか対抗できませんでした」(同)

日テレは05年10月から、大阪の読売テレビが制作・放送していた「なるトモ!」(04〜09)を、関東地区でも放送することを決定する。

金曜を除いて午前9時55分から11時20分の放送時間となり、「こたえてちょーだい!」を追撃する態勢が整った。

この時、MCは、なるみ(47)と陣内智則(46)。ちなみに06年11月には藤原紀香(48)が結婚するとの情報が流れたため、番組視聴率が10・7%と急伸する幸運に恵まれた。しかし、その後は伸び悩んだようだ。

「潮目が変わったのは06年です。日テレが夕方に放送していた『ラジかる!!』(05〜06)を『ラジかるッ』(06〜09)にリニューアル、午前9時55分から11時25分の枠で放送し、視聴者の支持を集めます。一方のフジは『こたえてちょーだい!』を07年に終了させると、迷走を始めます。次の『わかってちょーだい!』が約半年で打ち切りとなり、その後も『ハピふる!』、『スパイスTVどーも☆キニナル!』と短命番組が連続してしまいました」(同)

フジは10年、報道色を強めた「知りたがり!」(10〜13)をスタートさせる。放送時間は午前9時55分から11時半。これに日テレも、09年にスタートの「おもいッきりDON!」(09〜10)を同年に「PON!」(10〜18)へとリニューアルさせ、午前10時25分から11時半まで放送することで対抗した。

マンネリ化の声も

2番組のデッドヒートを報じた記事がある。サンケイスポーツが12年2月に掲載した「バナナマン設楽、ライバルは『ちい散歩』」だ。「ノンストップ!」がスタートすることを紹介した内容なのだが、本文の一部をご紹介しよう。

《「ノンストップ!」とほぼ同時間帯で、同じ月〜金曜の生放送番組は日本テレビ系「PON!」(10:25)とテレビ東京系「7スタLIVE」(9:27)の2つ。6日の「知りたがり!」の視聴率は5.1%で「PON!」の4.9%をわずかに上回った。ほかに、収録番組だがテレビ朝日系「ちい散歩」(9:55)が6.5%を記録しており、「ノンストップ!」のライバルとなりそうだ》(註:全角数字を半角数字に変換するなど、デイリー新潮の表記法に合わせた)。

関東ローカルの「ちい散歩」(テレビ朝日・06〜12)がトップを走り、「知りたがり!」と「PON!」が互角の争いを繰り広げていたことが分かる。

フジは午後のワイドショーを復活させることを決め、12年4月から「知りたがり!」を午後2時からの放送に引っ越しさせた。そして空いた枠に「ノンストップ!」が入ったのだ。この後の“戦い”については、前出の民放キー局関係者に説明していただく。

「12年にスタートした設楽さんの『ノンストップ!』は主婦層に評価され、ビビる大木さん(45)や岡田圭右さん(51)などを日替わりMCにしていた『PON!』に視聴率で勝ちます。そのため18年に『PON!』は終わりを迎えます。さぞかしフジは喜んだでしょうし、次の番組が『バゲット』と知って、自信を深めたのではないでしょうか。何しろ『バゲット』のMCは、青木源太アナ(36)と尾崎里紗アナ(27)という局アナコンビです。予算削減という印象は強く、『日テレは戦わずして逃げ出した』と思われても不思議はありません」

ところが実際は、今年3月に入ると、「ノンストップ!」は「バゲット」や「それいけ!アンパンマン」にも視聴率で敗れてしまったのだ。一体、何が原因なのだろうか。

「『ノンストップ!』には、週刊文春に半年間で2回の不倫を報じられた千原せいじさん(50)が、隔週でレギュラー出演しています。主婦層が嫌気したとの報道もありますが、番組全体の魅力が低下しているということでしょう。コメンテーターや企画のマンネリ化を随所に感じます。4月から、よゐこの濱口優さん(48)とユージさん(32)が新レギュラーとして出演しますが、正直なところ、テコ入れとしてはインパクト不足です。このまま視聴率が回復しないと、たとえ放送9年目を迎える看板番組でも、改編期には打ち切りの議論が起きる可能性があります」(同)

安定感と好感度の固まりのような設楽統に、思わぬ“危機”が迫っているようだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年3月26日掲載

「ノンストップ!」視聴率が悪化 番組全体の魅力の低下が原因か 外部サイト 【コロナ禍】テレ朝、“岡田教授効果”で視聴率「週間三冠王」でも評価されない理由 ひっそりCM降板の「菅野美穂」見誤った「夫・堺雅人」の“賞味期限” 【報じられなかった角界のタブー】「貴ノ浪」が命を落とした午前10時のラブホテル 「設楽統」をもっと詳しく

「みんな『100日なのかもしれない』」設楽統が話題の4コマ漫画を語る 満島ひかりとバナナマン設楽「両想い」だった日村勇紀が嫉妬 バナナマン設楽統がにゃんこスターの解散を予想「うまくいかなそう」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

「普通の声で」つるの剛士の投稿に「トーンポリシング」を指摘する声

「普通の声で」つるの剛士の投稿に「トーンポリシング」を指摘する声

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/c/3c87d_1212_fa6fa0bf_61a5feab-m.jpg 《普通の声で、ほんまこれ。》 こうツイートしたのは、タレント・つるの剛士(45)だ。 つるのは5月30日、《声高に平和を訴える人ほど攻撃的声高に差別反対を訴える人ほど差別的声高に誹謗中傷を責める人ほど言葉が汚...
国山ハセンアナがひろゆき氏にマジギレ「嫌な事ばかり言う」

国山ハセンアナがひろゆき氏にマジギレ「嫌な事ばかり言う」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/c/8c5b7_60_8528c44c_3b6eb570-m.jpg TBS系情報番組「グッとラック!」(月〜金曜・朝8時)では2日、エンターテインメントの現状として、東方神起の初のオンラインライブを紹介し、3D映像を駆使した演出や200人のファンとのビデオトークなどを、最...
発表される東京都の感染者数は「信じていない」テリー伊藤がポツリ

発表される東京都の感染者数は「信じていない」テリー伊藤がポツリ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/b/8b009_60_c0e00fdd_f83695d2-m.jpg 2日放送の日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月〜金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。 番組では、この日の東京都内の感染者数が30人を突破。都が再拡大の兆候が表れた際に...
明日花キララが事務所移籍で新展開「YouTubeも勝つよ!」

明日花キララが事務所移籍で新展開「YouTubeも勝つよ!」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/4/c46b8_1581_1e8f2fe314661984ddd310f742cc325d.jpg 「女性として憧れているのはモデルでもあり、女優のエミリー・ラタコウスキーさん。顔も体もタイプなんです。でも、私が目指しているのは、キムタクさんのような唯一無二の存在になることです!」 女性誌...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net