芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

「逃げるは恥だが役に立つ」の後遺症?略称タイトルに各局が四苦八苦

「逃げるは恥だが役に立つ」の後遺症?略称タイトルに各局が四苦八苦

「キントリ」「あなそれ」「ボク運」など、この春ドラマ界も本タイトルを4文字に短縮した略称タイトルが量産されている。それ自体は昔からあるヒットの法則のひとつだが、昨年の「逃げ恥」の大ヒット以来、同じようなインパクトを求められて制作現場の4文字プレッシャーは高まる一方。プロデューサーも、積極派と消極派に分かれ始めていて、今やPR戦略上の一大関心事となっている。

**********

「セカチュー」「ロンバケ」「渡鬼」など、親しみやすい4音の略でヒットした作品は昔からある。人気の結果、自然発生的にそう呼ばれるようになるのがかつてのパターンだったが、ここ数年は送り手側が「こう呼んでください」と事前に視聴者に呼びかけるのが一般的だ。SNSが最も有効な宣伝ツールとなる中、ハッシュタグをつけやすい短いリズムが話題拡散に直結するためだ。

昨年10月期の「逃げ恥」(TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」)が大当たりして以降は決定的。民放ドラマ関係者は「『逃げ恥』みたいなキャッチーな4文字にできないかと、編成からのプレッシャーがすごい」と苦笑いする。「原作のタイトルにもよるし、4文字に縮めてもコケる時はコケるのだが、SNSをうまく使った『逃げ恥』のインパクトが大きすぎて、『逃げ恥』みたいな独特な略称をつけるのが必勝パターンであるかのような流れになっている」。

放送中の春ドラマを見ても、「逃げ恥」の放送枠だったTBS火曜10時は「あなそれ」(「あなたのことはそれほど」)。視聴率トップのテレビ朝日「緊急取調室」(木曜9時)は「キントリ」、日本テレビ系「ボク、運命の人です」(土曜10時)は「ボク運」、同「恋がヘタでも生きてます」(木曜11時)は「恋ヘタ」など、4音推しは多い。ドラマ関係者は「最近の少女漫画やライトノベルはとにかくタイトルが長い。これらが原作の場合、文字数に限りがあるSNSやネットの見出し対策の面からも、特に4文字化されがち」。「あなそれ」や「恋ヘタ」もそのパターンだ。

一昨年あたりを振り返ると、ヒット作の略称は必ずしも4文字ではない。「デート」「花咲舞」「アイムホーム」「料理番」「5→9」などまちまちで、4文字化しやすいタイトルも少なかった。この年のフジ月9「恋仲」の制作発表会見で、進行係が「『恋仲』の4文字をツイッターで流行らせたい。こ・い・な・か、こ・い・な・か」と連呼していたのが印象に残っている。

その「恋仲」が、視聴率では振るわなかったものの、SNSで若者層に爆発的な広がりをみせて以降、なんとなくSNS対策の4文字神話が広がり始めた印象だ。月9でいえば、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」という21文字もの長いタイトルをつけてあえて「いつ恋」と短縮する、略称ありきのケースも登場。前回の「突然ですが、明日結婚します」も「あす婚」だった。

他局も同様で、この1年だけでも「ダメ恋」(ダメな私に恋してください)、「セカムズ」(世界一難しい恋)、「できしな」(私、結婚できないんじゃなくて、しないんです)、「ヤバ妻」(僕のヤバイ妻)、「地味スゴ」(地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子)など文字通りのラッシュ。その決定版が「逃げ恥」で、圧倒的なSNS戦略の成功例としてあっという間に教科書化した。

「逃げ恥に続け」の号令の一方で、プロデューサーの中には「それがヒットの条件とはいえないし、そう考えるのも古い」と、あえて乗っからない派も少なくない。中身の面白さと、後押しするキャッチーな略称。「逃げ恥」の余韻の中、両方そろえる難しさを実感する。

【梅田恵子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能記者コラム「梅ちゃんねる」)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

振付師が明かすPerfumeの凄さ「うまいダンサーが集まってもできない」

振付師が明かすPerfumeの凄さ「うまいダンサーが集まってもできない」

てれびのスキマさんが“生粋のテレビっ子”振付師・竹中夏海さんに聞くインタビュー後編。プロの振付師から見た藤井隆のダンス、Perfumeの凄さとは何か?そしてアイドルの振りに「裏設定」が必要な理由とは?(全3回#1、#2よりつづく) 【動画】竹中夏海さんが振付を担当した藤井隆さん扮する「エチケットマン」...
長澤まさみ、女優業の苦悩明かす「最近ようやく好きだなって感じられるように」

長澤まさみ、女優業の苦悩明かす「最近ようやく好きだなって感じられるように」

女優の長澤まさみが、発売中のメンズファッション&ライフスタイル誌「OCEANS」2017年10月号の「#TATERUガールズ〜君のいる部屋〜」と題した連載に登場。誰の目にも順風満帆に見える女優業について、10代の頃は思い悩むことがあったことを吐露している。 【写真を見る】散歩する長澤のナチュラルな表情が切り...
「逃げ恥」など担当 TBSが名物プロデューサーを事実上の左遷か

「逃げ恥」など担当 TBSが名物プロデューサーを事実上の左遷か

A氏(右端、写真・時事通信) TBS名物プロデューサーが、ひっそりと制作現場を去っていた。 「『逃げ恥』のプロデューサーとして知られるA氏が、4月1日付でTBSホールディングスのグループ経営企画局経営戦略部に異動した。次回作に期待がかかっていただけに、驚く声が多い」(制作会社ディレクター) A氏は、T...
「逃げ恥」が4月に続編の噂も、新垣結衣と星野源の多忙さに心配

「逃げ恥」が4月に続編の噂も、新垣結衣と星野源の多忙さに心配

初回からグングンと視聴率を上げ、最終回ではなんと平均視聴率20.8%を記録して有終の美を飾った、16年10〜12月期のTBS系連ドラ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。その続編が、早ければこの4月に実現するともっぱらの噂だ。 関係者によると、TBSは4〜6月期に前回と同じ火曜22時枠で調整中とのこと。ドラマも...
木梨憲武、生放送で藤井フミヤに「見てたら来て」 Twitterではトレンドに

木梨憲武、生放送で藤井フミヤに「見てたら来て」 Twitterではトレンドに

26日に放送されたNHK総合『あさイチ』に、とんねるずの木梨憲武が生出演した。 番組内では、親友である藤井フミヤからコメントVTRが寄せられた。VTRを見た木梨は「今見てるかなぁ?」「フミヤ、見てたら向かって」と、藤井へスタジオに来るように呼びかけ、MCの井ノ原快彦も「本当に来てくださったら嬉しいで...
「逃げ恥」原作者の海野つなみさん 大ブームで月収が年収の3倍以上に

「逃げ恥」原作者の海野つなみさん 大ブームで月収が年収の3倍以上に

大ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」の原作者で漫画家の海野つなみさん(46)が3日、TBSで放送された「同い年のマジですごいやつ〜各業界のカリスマ年男年女大集合〜」に出演。ドラマの大ヒットで、1カ月の月収が、前年度の年収の「3倍以上」になったことを明かした。 「逃げ恥」はT...
もう1度見たいドラマのカップル 1位は「花より男子」の松本潤&井上真央

もう1度見たいドラマのカップル 1位は「花より男子」の松本潤&井上真央

(全2枚) 現在放送中の木村拓哉主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)の6話、7話でゲスト出演を果たしたのは月9『ロングバケーション』(フジテレビ系)以来、22年ぶりの共演となる山口智子。“元夫婦”役を演じたふたりには、放送後も反響の嵐が巻き起こった! 【ドラマ解説付きランキング表】 そんな夢が...
山口智子が本格復帰を決意 裏に木村拓哉の強烈な後押しか

山口智子が本格復帰を決意 裏に木村拓哉の強烈な後押しか

キムタクのおかげか!?元SMAPの木村拓哉(45)が主演するテレビ朝日系ドラマ「BG〜身辺警護人〜」(木曜午後9時)で、「ロングバケーション」以来22年ぶりに木村との共演を果たして話題となった山口智子(53)が女優として完全復活を目指すという。そのきっかけになったのが今回の共演と、木村...
木村拓哉&山口智子 ドラマ「BG」現場でロンバケの名シーン再現か

木村拓哉&山口智子 ドラマ「BG」現場でロンバケの名シーン再現か

「1月に放送が始まる前から、大物女優が木村さんの元妻役として出演するといわれていました。業界の噂では『HERO』や『ラブジェネレーション』、『ロングバケーション』(いずれもフジテレビ系)で共演した松たか子さん(40才)じゃないかと。でも、まさか、そうきたか、と驚きました」(スポーツ紙記者) 木...
木村拓哉・山口智子、『ロンバケ』以来22年ぶり再共演に喜びのハグ 『BG』で元夫婦役

木村拓哉・山口智子、『ロンバケ』以来22年ぶり再共演に喜びのハグ 『BG』で元夫婦役

女優の山口智子が、テレビ朝日系『BG〜身辺警護人〜』(毎週月曜後9:00)に、木村拓哉演じる主人公・島崎章の別れた妻・仁美役で出演することがわかった。木村と山口がドラマで共演するのは、1996年に大ヒットしたドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)以来、22年ぶり。衣装合わせで再会した時、「私が...

コメント(20)

名前
コメント
※必須
  1. 名無しさん 2017/05/06 17:48 ID:77fa6b6f

    0

    通報する

    キントリは逃げ恥より前にシーズン1やってるから

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  2. 名無しさん 2017/05/06 17:34 ID:6e01e82e

    0

    通報する

    逃げ恥は主演が可愛かったのとダンスがブームになったから当たったけどドラマの内容的には普通だったかな

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  3. 名無しさん 2017/05/06 17:31 ID:f0a68b85

    0

    通報する

    キントリは前からキントリだったような。
    無理に略してないよ。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  4. 名無しさん 2017/05/06 17:14 ID:76afd5c5

    0

    通報する

    逃げ恥が、流行ったのは出演者の演技と脚本では・・ドラマに人気が出れば、自然と略語になるでしょう・・

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  5. 名無しさん 2017/05/06 17:05 ID:2b129151

    0

    通報する

    面白いのはどんはタイトルでも観てるけどな~。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  6. 名無しさん 2017/05/06 17:04 ID:9218aa64

    0

    通報する

    別にタイトルで観るわけではなく、あくまでも脚本とキャストだと思う…

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  7. 名無しさん 2017/05/06 17:02 ID:1a2c29ef

    0

    通報する

    ドラマタイトルが「金の卵」なら、キン○マですか?

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  8. 名無しさん 2017/05/06 16:51 ID:e63848d0

    0

    通報する

    なんでも縮めりゃいいってモンじゃない

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  9. 名無しさん 2017/05/06 16:45 ID:55466773

    0

    通報する

    草食社会の今の日本には少女漫画原作がウケやすい。
    逃げ恥は演者の魅力も合わせてヒットしたが、脚本、演出が残念で見る気が失せるドラマも多い。
    役者に一人とんでもない大根が入ってるだけで気になる場合もある。
    タイトルより先に吟味すべきものは多いと思う。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
  10. 名無しさん 2017/05/06 16:36 ID:b8e66cba

    0

    通報する

    有名処だと、「万座の恋の物語」は、数十年早かったわけか。

    ▼返信(0)

    good0 good0

    名前
    コメント
    ※必須
http://scoopire.net