芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

自粛生活で流行の「バトン」に賛否両論 息苦しさとリスクも

自粛生活で流行の「バトン」に賛否両論 息苦しさとリスクも

新型コロナウイルス対策による緊急事態宣言は39県で解除されたが、まだ東京都や大阪府などでは継続中だ。自宅にいる時間が長くなる中、SNSには「#○○リレー」「#○○バトン」「#○○チャレンジ」が多数あふれた。バトンはなぜ広がり、どのような効果と問題があるのか。SNSのトラブル事情に詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、バトンの問題点と対策について解説する。

【写真】リレーを繋ごうとしてスルーされた千鳥・ノブ

***
タレント・庄司智春さんの始めたギャグ動画をつないだ「#ギャグつなぎ」、多くのミュージシャンが参加した歌をつなげる「#うたつなぎ」、新型コロナウイルス終息と人と人との縁を結ぶ意味を込めておにぎり写真を投稿する「#祈るおむすびバトン」。SNS内でそのようなバトンを見かけた人は多いだろう。

ここでいう「バトン」とは、陸上のリレーで受け渡されるバトンのように、インターネット上でユーザーからユーザーへと受け渡される、公開アンケートのようなもの。かつてはブログでやりとりされることが多かったが、最近ではTwitterやFacebookなどSNSで行われることが多い。しばらく下火だったが、最近1〜2ヶ月は目に見えてバトンのやりとりが増えている。

最新のバトンはどれも、ライブや劇場、映画館、テレビ番組の新規収録などエンターテインメントに関わる活動が止まっていたり、多くの人が自宅にいることを余儀なくされる中、少しでも人々の心を明るくするため、元気づけるために投稿された投稿たちだ。自由に人と会うことができない中、つながりを感じるものとして大人気になった。

外出を自粛し自宅で料理をする機会が増えた人に役立ててもらいたいと始まった、多くのプロの料理人や料理研究家が参加した「料理リレー」もバトンの一種だったが、その後「料理リレー2020レシピ集」としてまとめられている。「三食作るのに飽き飽きした」という声が多く聞かれる中、献立の参考にしたという人も多いのではないだろうか。

読書文化の普及に貢献するため、好きな本の表紙画像のみを一日一冊公開し、7日間続けるという「#7日間ブックカバーチャレンジ」は、GW中はタイムラインを埋め尽くす勢いだった。外出を自粛する間、このチャレンジで良書にめぐりあい読書ができ、在宅時間を楽しめるようにという意図が込められている。

いま行われている「バトン」は、特定のお題に対してSNSなどで回答していくのだが、投稿を読んだ人が自主的にバトンを受け取って繋がってゆくのが本来の形だった。だが、バトンによっては、次の回答者を指定したり、見た人は回答しなければならないとなっていることも多い。

新型コロナウイルス関連で流行したバトンは、願いや思いが込められたものが多いのだが、バトンという仕組みそのものに対しては賛否両論のようだ。なぜなのだろうか。

◆有益情報あり、出会い直しの側面も

バトンは、Facebook、Instagram、Twitter、TikTok、YouTubeなど、ほとんどのSNSで見られる。テキストと写真、動画など、SNSによって投稿される形式は様々。Instagramでは、通常の投稿の他に24時間で投稿が消えるストーリーズ機能を使って投稿されていることも多い。

ユーザーたちは実際に、バトンをどのように受け取っているのか。

「役に立つ情報や楽しい投稿が多くて楽しかった」というのは、テレワーク中の40代女性だ。「親しい人が意外な本をおすすめしていて知らなかった側面を知れたし、投稿から気になった本は実際に取り寄せて読んだ。好きな芸能人が動画を投稿してくれたのもよかった」。

自分にも「#7日間ブックカバーチャレンジ」が回ってきたという彼女は、「回してもらえて嬉しかったし、本を選ぶのも楽しめた。投稿に反応をもらえて、同じ作家が好きな仲間も見つかった」と喜びを隠さない。

このように歓迎する人がいる一方で、「タイムラインがバトンばかりでいっぱいになっており、興味がないので不快」「自分は投稿したくない。回さないでほしい」と嫌がっている人も少なくない。

◆同調圧力やチェーンメール的側面も

知人に、「嫌なので回さないでください」とSNSで投稿している人がいた。改めて理由を聞いたところ、「人間関係による半強制なので、息苦しさを感じる。SNSくらい自由に投稿してもいいのでは。無理やり回すのがチェーンメールっぽい」と答えてくれた。

また別の人は、「回ってきたから引き受けたけれど、いいことなんだからやらなきゃいけない感が面倒くさかった。同調圧力を感じた」という。「楽しむのは自由だし、親しい人から回ってきたからやったけれど、他の人には負担をかけたくないから」と、バトンは自分で終わりにしたそうだ。

「指名されない寂しさとか、次に誰を指名するかという問題もあって面倒くさい」という声もある。千鳥のノブさんが藤あや子さんから回ってきたおむすびリレーを、「リレー繋ぐのはかまいたち山内と学天即奥田にしますー!」と投稿したところ、二人にスルーされたという。似たような羽目に陥った方もいるかもしれない。

また、バトン内容によっては他人に個人情報を教えてしまうリスクもはらんでいる。特に写真や動画には映り込む情報も多くなるため、自宅の場所などにつながる情報はないか確認してから投稿してほしい。公開範囲によっては、悪意を持ったユーザーに様々な個人情報を漏らしてしまう危険性があることも忘れてはならないだろう。

やりたくないのに無理やりやると、「バトン疲れ」やSNS疲れにつながってしまう。先に紹介した人の例のように、無理やり参加せず断ったり、自分はやるけれど他の人には回さないというやり方もありではないだろうか。

自粛生活で流行の「バトン」に賛否両論 息苦しさとリスクも 外部サイト 窪田正孝、朝ドラ撮休中で妻・水川あさみとドライブデート姿 安倍昭恵氏「補償がないと店が潰れる」と小池都知事に怒り 【写真10枚】石田純一、散歩中にマスク外して豪快にくしゃみ 「新型コロナウイルス」をもっと詳しく

法改正など新型コロナ以前からパチンコ店に営業再開もかつてない逆風 首都圏4都県と北海道の緊急事態宣言の解除25日の全面解除が有力 大阪市、児童らにフェースシールド「マスクいらんかも」

関連芸能ニュース

白石麻衣の卒業コンサート、配信でトラブル「Rakuten TV」が謝罪

白石麻衣の卒業コンサート、配信でトラブル「Rakuten TV」が謝罪

28日に東京都内で無観客開催された乃木坂46・白石麻衣(28)の卒業コンサートを生配信したプラットフォームの1つ「RakutenTV」は29日、アクセス集中によりライブ開始時間の午後7時になってもつながらない配信トラブルが発生したことについて公式サイトで謝罪した。 コンサートは午後7時半頃に始まったが、完...
人気VTuberがアンチへ「学校での地位も低い」発言が物議

人気VTuberがアンチへ「学校での地位も低い」発言が物議

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/c/7c7c5_188_edcf8dcc_eab6d74a-m.jpg 人気Vチューバーグループ・にじさんじに所属しているVチューバー「葛葉」の発言が、ファンの間で物議を醸している。 問題となっているのは、葛葉が同じにじさんじのVチューバーである「勇気ちひろ」と「叶」と、オンラ...
岡村隆史が「ぐるナイ」で結婚生報告「妻の両親はパニクってた」

岡村隆史が「ぐるナイ」で結婚生報告「妻の両親はパニクってた」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/0/307e6_1399_b95e0213_9a9786f3-m.jpg お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が29日放送の日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」で結婚を生報告した。 ナイナイがレギュラー出演する同番組は冒頭部分を生放送。相方・矢部浩之(49)...
伊藤健太郎容疑者 事故の瞬間に山本舞香が浮かび立ち去った?

伊藤健太郎容疑者 事故の瞬間に山本舞香が浮かび立ち去った?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/8/f8f7d_759_78b2b537_7b431224-m.jpg 駐車場をさっそうと歩く、長身のイケメン。黒をベースとしたシャツと黒のパンツ、白のスニーカー姿で、スタッフとみられる男性たちに囲まれて歩く。そして、左手の薬指には指輪がキラリ──。これは、7月に開かれた映画『...
偽カップルが出演?「ロンドンハーツ」の裏話を田村淳が告白

偽カップルが出演?「ロンドンハーツ」の裏話を田村淳が告白

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYOFMの番組「空想メディア」。8月9日(日)の放送では、ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが登場しました。 https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/5/35fbf_1530_f1ec1a30f250594af50aa8c0a696a...
京都精華大学の専任講師が松任谷由実に「暴言」大学側にも抗議の声

京都精華大学の専任講師が松任谷由実に「暴言」大学側にも抗議の声

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/8/4815e_1212_32ffdf05_66559a01-m.jpg 持病の潰瘍性大腸炎が再発したことを理由に、8月28日に辞意を表明した安倍晋三首相(65)。同日に開かれた会見では、「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった」と健康状態を説明した。 安倍首相の予期せ...
アニメ「鬼滅の刃」OP曲「紅蓮華」を世界的ギタリストのマーティ・フリードマンがカヴァー

アニメ「鬼滅の刃」OP曲「紅蓮華」を世界的ギタリストのマーティ・フリードマンがカヴァー

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/8/f8ea2_1585_bd60abff506c2b0e7d7dc335eae0eb54.jpg 世界的ギタリストのマーティ・フリードマンが、TVアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマ「紅蓮華」をギターカヴァーした。本日より配信されている。 ▶動画:『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』本予...
逮捕されたDo As Infinity元メンバー長尾大容疑者「大麻が好き」と公言?

逮捕されたDo As Infinity元メンバー長尾大容疑者「大麻が好き」と公言?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/a/6a582_1581_ce02aa48db378043213b4addc1a9f956.jpg DoAsInfinityのボーカル・伴都美子と長尾被告 7月29日、音楽ユニット「DoAsInfinity」の元メンバーで、作曲家の長尾大被告(49)が、宮崎県警に逮捕されていたことがわかった。逮捕は6月24日のことで、容...
不妊で問題発言のデヴィ夫人「胸いっぱい」に当面出演予定なし

不妊で問題発言のデヴィ夫人「胸いっぱい」に当面出演予定なし

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/e/de60b_50_45cdc56f_d4bbd9e2-m.jpg 関西テレビは29日、24日の同局「胸いっぱいサミット!」で「不妊になる一番の理由」は「堕胎」であるなどと主張して批判が高まり、28日に公式ブログで謝罪したタレントのデヴィ夫人(80)について「(『胸いっぱ...
小林麻耶 立川志らくの「母親がいないのは不幸」発言に涙で反論

小林麻耶 立川志らくの「母親がいないのは不幸」発言に涙で反論

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/d/4d308_50_295a172d_1fb9cf1a-m.jpg 元TBSのフリーアナウンサー、小林麻耶が29日、TBS系「グッとラック!」で、MCの立川志らくが「母親がいないのは不幸」と語ったことに、涙をためて「私はそうは思いません」と切々と訴えた。 番組では乳がん治...
テレビ東京「陰口音声流出騒動」気になる裏アカの現在と“犯人の罪”

テレビ東京「陰口音声流出騒動」気になる裏アカの現在と“犯人の罪”

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/a/9a780_1462_3d4782b8_556fa0ea-m.jpg 「あの子たちは毎日、踊ってるだけだからね」 【写真】盗聴音声を文字起こししたツイート(現在は削除されている) これは、Twitterで「#女子アナの罰」とタグ付け投稿された音声の一部だ。 この音声には、「キー局若...
【エンタがビタミン♪】さくらまや「演歌なんて歌いたくない!」自虐替え歌に反響 無職、ローン地獄…告白も「なりふり構っていられない!」

【エンタがビタミン♪】さくらまや「演歌なんて歌いたくない!」自虐替え歌に反響 無職、ローン地獄…告白も「なりふり構っていられない!」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/9/397f6_196_45ff91b4_a606c137-m.jpg 2008年に10歳で史上最年少の演歌歌手としてデビュー、抜群の歌唱力で“平成の美空ひばり”とまで言わしめた歌手・さくらまや。そんなさくらも22歳となり、長年所属した事務所を退所し、今年8月に個人事務所「株式会社さく...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net