芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

西川貴教、ダウンタウンとの共演で人生が変わる「いまも感謝しています」

西川貴教、ダウンタウンとの共演で人生が変わる「いまも感謝しています」

力強い歌声に華やかなビジュアル、そして関西ノリの軽妙なトークで人気者となった西川貴教さん。引っ込み思案だった少年を変えた音楽との出会い、地元に住む家族への愛をたっぷり聞きました(構成=上田恵子)

【写真】「結婚も……できれば、またしたいですよ。諦めてません!」

*******

大人の音楽を聴いて育った、子ども時代

昨年10月からこの3月まで、NHKの朝ドラ『スカーレット』に、芸術家のジョージ富士川役で出演していました。作品の舞台になっていたのは、僕の出身地である滋賀県。放送以降、地元に戻るたびに年配の方から「ドラマ見てたよ!」と声をかけられるようになりました。朝ドラの影響力ってすごいですね!

いまでこそ僕はエンタテインメントの世界で仕事をさせていただいていますが、育ったのは芸能とは無縁の公務員一家でした。役所で働いていた父、歯科衛生士の母、警察官だった祖父。教職に就いている親戚も多い。子どもの頃は、共働きの両親の帰りを待つため、妹たちと祖父母の家に行っていました。親が迎えに来てくれるまで、祖父母や叔父たちと過ごすのです。

叔父といっても皆まだ20代で、当時流行っていたフォーク、ロック、ニューミュージックを一緒に聴いていました。村下孝蔵さんを初めて聴いたのもこの頃です。かなりませた小学生ですよね。(笑)

子ども心に「大人に相手をしてもらうには、彼らが喜ぶことを言わなきゃいけないんだな」と感じていたので、常に自分なりにアンテナを張り、場の空気を読んでいました。僕のトークを面白いと言ってくださる方もいますが、もしかしたら、子ども時代の経験が役に立っているのかも。

いっぽうで、学校での人づき合いはあまりうまくいかなくて。大人といる時間が長かったせいで、どうしても子どもの社会が幼く見えてしまうんです。はみ出さないよう懸命に気をつけていたものの、なんとなく浮いてしまう。自分とクラスメートとの間に、いつも薄いフィルターがあるような居心地の悪さを感じていました。

状況が変わったのは、中学生になって同級生とバンドを組み、歌い始めてから。自分を認めてもらう手段を得たことで徐々に引っ込み思案な性格が変わり、高校に入った頃には「学校をやめて音楽で身を立てたい」と考えるようになっていました。

当然ですが、大学に進んで安定した職業に就くことを望んでいた両親は大反対です。もう、ひと悶着どころじゃなかったですよ!何しろ田舎ですからね。親きょうだいはもちろん親戚まで巻き込んで、「貴教がおかしくなった!」「音楽で食べていけるわけがない」と大騒ぎになりました。

僕が頑として譲らなかったため、大阪の音楽専門学校に通ってバンド活動をすることで落ち着きましたが、親たちは「はしかみたいなもので、いずれ熱が冷めて真っ当な道に進むはず」と渋々受け入れていたと思います。当然援助なんてしてもらえません。バイトを掛け持ちして、自力で学費を払いました。

人に振り向いてもらえる喜びを知った

20歳直前に、専門学校で組んだバンドのメジャーデビューが決まって上京したものの、思うように売れずバンドは解散。そこからは、一人コツコツとデモテープを作り、つてを頼ってレコード会社の人に聴いてもらう日々を過ごしていました。当時はバンド全盛期で、男性のソロボーカルなんてほとんどいない。西川貴教として個人で活動していくには難しい状況でした。

つらい時期でしたが、不思議と自分の中に諦めるという選択肢はなかったんですよね。僕は中学・高校と勉強もスポーツも並レベルで、思ったこともろくに言えない人間だった。でも、自分が歌うと、人がそれまでとまったく違った表情で振り向いてくれるという喜びを知ってしまった。音楽から離れたら自分が無くなるような気がして、やめる勇気を持てなかったのです。

そんな時に声をかけてくれたのが、ソニーミュージックの中の一部門「アンティノスレコード」でした。そこは社内でも独特な雰囲気のレーベルで、「どうせ何をやってもうまくいかないから、無茶しよう」と全員が開き直っていた(笑)。

僕も腹を括って、男性ソロのプロジェクト「T.M.Revolution」としてデビューしました。TakanoriMakesRevolution(貴教が革命を起こす)の名の通り、やる以上は本気で革命を起こそうと。それが1996年のことです。

翌97年の1月、ダウンタウンのお二人がMCを務める音楽番組『HEY!HEY!HEY!MUSICCHAMP』に初出演することになりました。レコード会社は当初、T.M.Revolutionを謎めいた中性的なキャラクターで売り出そうと計画していたんです。ところが僕は、ダウンタウンのお二人と関西弁で漫才みたいな掛け合いを披露してしまった。

事務所の人たちからすれば、「イメージと真逆のキャラクターを出しちゃって……こんなんで売れるわけないでしょ!?」という気持ちだったのでしょう。収録後に楽屋に戻ると、関係者全員がうなだれていて、気まずい沈黙が続きました。(笑)

ところがいざ放送されてみれば、たくさんの方にT.M.Revolutionの存在を知っていただく結果になって、大成功。なにしろ「このプロジェクトがうまくいかなかったらレーベルを畳む!」というくらい、崖っぷちに追い詰められていたチームでしたからね。大げさではなく、あの番組で人生が変わりました。いじってくれたダウンタウンのお二人には、いまも感謝しています。

岸谷五朗さんからかけられた言葉を胸に

僕は音楽活動と並行して、舞台や映像でお芝居をする機会をいただくことがあります。本当にありがたいと思う一方で、演技の道でずっとやってこられた方たちの中に入ることに対し、申し訳なさを感じていました。

そんな意識が変わったのは、2018年に演劇ユニット「地球ゴージャス」の舞台『ZEROTOPIA』に出演してからです。主宰の岸谷五朗さんに、「役者目指してやってきた奴らと比べても全然負けてない。胸を張って『役者です』って言えよ」と言っていただいたのがきっかけですが、あの時は本当にうれしかったなあ……。

しかも、舞台を観てくださった方から映画の出演オファーまでいただいたんです。目の前の仕事に前向きに打ち込めば、ちゃんと導いてもらえるんだなと知りました。

ふと気づけば、音楽やお芝居以外にも、番組のMC、イベントの制作など、仕事の幅が広がっていました。人生が一軒の家だとしたら、僕の家は、歌手に始まり俳優、プロデューサー……と部屋が建て増しされて、最初に描いた設計図とはまったく違ってきている。

パッと見は不格好かもしれないですが(笑)、おかげさまで多少のことでは倒壊しない頑丈な家になりました。いい意味で僕の予想を裏切る家ができ上がってきているので、今後の“増築”が楽しみです。

T.M.Revolutionのプロジェクトはデビュー20周年を迎えて、一段落。これからは本名の「西川貴教」として、また別の姿の僕をお見せしていきたいと思っています。

地元・滋賀への愛を持ってもらうため

僕の中で大事にしているものとして、地元の滋賀県に貢献する仕事があります。2008年に「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、翌年から滋賀県草津市で野外音楽イベント「イナズマロックフェス」を毎年開催してきました。

実は観光大使就任の少し前に、母が脳の病気を発症したんです。最初は「最近、ちょっと気分が落ち込むのよ」くらいの軽い症状だったものの、検査をしたら髄膜腫などの疾患が発覚。最終的に「多系統萎縮症」という難病であることがわかりました。

当然、僕も母の闘病を支えたかったのですが、東京で仕事をする以上、頻繁に帰省はできません。「ならば仕事を作ってしまおう」ということで観光大使をお引き受けしたんです。

そもそものきっかけは、07年末に滋賀県の広報誌で嘉田由紀子知事(当時)と対談したことでした。その際、滋賀県から出ていく若者が多いことを伺って、地元への愛を持ってもらえるようにできることはないかなど、僕なりに考えていたことをお伝えしたんです。

すると「一緒にやりませんか?」とお声がけいただき、フェスの開催が実現した。公務員一家の“異端児”だった僕が、遠回りはしましたけど、家族と同じように、地域に貢献できるようになるなんてね。ほんと、人生って面白いです。

もっとも、時間と共にフェスの目的も変わりました。「地方にいては何もできない」という悔しさを若い人に味わってほしくないし、彼らが地元で新しいことを始めるきっかけになれば、という想いがあります。ロックフェスとはいえ、バンドだけでなくアイドルやお笑い芸人さんまで、ジャンルを超えた方々に出演していただき、僕自身も楽しんでいます。

もうひとつ、母のためにテレビへの出演も増やしました。基本的に僕らミュージシャンがテレビに出るのは、新曲をリリースするタイミング。それ以外はレコーディングやコンサートツアーをしているのですが、田舎にいる家族は事情を知らないから、「貴教、最近テレビ出てへんけど仕事がないの?」と心配するわけです(笑)。

入院している母にはテレビが何よりの楽しみになっていたので、積極的にテレビ出演をさせていただくように。画面に映る僕を見るたびに嬉しそうにしていた、と家族から聞きました。

母は3年前に亡くなりましたが、心残りは孫を抱かせてあげられなかったことと、僕が朝ドラに出ている姿を見せられなかったこと。妹たちのところには子どもがいますが、僕にはいない。朝ドラは地元の話ですし、とても喜んでくれただろうと思うんです。母ちゃんに喜びを味わわせてあげたかった、と今でも悔いが残っています。結婚も……できれば、またしたいですよ。諦めてません!(笑)

コロナ禍のエンタメ界で、僕らがすべきことは

実家の父は少し前に脳梗塞を患い、現在はデイケアやヘルパーさんによる介護サービスを受けながら、療養生活を送っています。97歳になる祖母もいるので顔を見せに滋賀へ帰りたいのですが、いまは新型コロナウイルスのせいでそれもできなくて、つらいです。父は東京にいる僕のことのほうが心配みたいで、電話をするたびに「俺はいいから、お前こそ気をつけろ」と気遣ってくれています。

幸い現時点で僕に健康上の問題はありませんが、出演舞台の公演延期など、仕事には支障が出ています。

そもそもコロナ以前から、音楽市場は聴き放題のサブスク(サブスクリプションの略。会員制の定額サービス)が主流になって、ミュージシャンはCDやダウンロードでの売り上げで収入を担保するのが難しくなってきていました。そこに加えて、今回のコロナです。

コンサートや舞台のように、チケットを売ることで利益を得るライブパフォーマンスも、現状ではこれまでと同じようにはできない状態が続いています。

コンサートというのはメロディーや歌詞を聴くだけじゃなく、場の空気が揺れるさまを体感しに行くもの。舞台も同じで、現場にはそこでしか味わえない刺激や心の動きがある。

ライブの火を絶やさないために僕たちが何をすべきか、業界全体で今後のことを真剣に考えていくことが必要です。

自分に必要なものは何か、本当に大切なものとは何なのか――。目を背けずに現実と向き合いながら、危機を一緒に乗り越えていきませんか。そのとき、僕の歌や演技がみなさんのお役に立てれば嬉しいです。

西川貴教、ダウンタウンとの共演で人生が変わる「いまも感謝しています」 外部サイト 氷川きよし「〈誰からも愛される歌手〉は、もう目指さない」 三浦祐太朗「音楽の世界に進みたいという気持ちを、両親に告げたとき」 大黒摩季「病による活動休止、不妊治療…どんな向かい風も、向きを変えれば追い風に」 「西川貴教(T.M.Revolution)」をもっと詳しく

氷川きよしが西川貴教との2ショットを公開し話題「眩し過ぎます」 菅田将暉が「オールナイトニッポン」を欠席西川貴教が代打で急遽出演 西川貴教が行楽地訪問へ呼びかけ「自粛期間を延長させない努力を」

関連芸能ニュース

梅沢富美男の兄で俳優の梅沢武生さん死去 82歳

梅沢富美男の兄で俳優の梅沢武生さん死去 82歳

俳優・梅沢富美男の実兄で俳優の梅沢武生さん(本名・池田武生)が、16日に亡くなっていたことが24日、分かった。82歳。29日に通夜、30日に告別式が、ともに東京・桐ヶ谷斎場で行われる。喪主は富美男が務める。 富美男は関係者に向けコメントを発表し「1月16日に⻑兄梅沢武生が永眠いたし...
小松菜奈が結婚発表以来初の公の場 主演映画のジャパンプレミア出席

小松菜奈が結婚発表以来初の公の場 主演映画のジャパンプレミア出席

女優の小松菜奈(25)が24日、都内で主演映画「余命10年」(3月4日公開、藤井道人監督)のジャパンプレミアに出席した。昨年11月に菅田将暉(28)と結婚を発表して以来初の公の場。 黒を基調した衣装で登壇した小松は「この企画のお話を頂いてから」と話を始めたが、言葉が続かない。難病を発症し...
マツコが首都圏の人気駅ランキングに持論「安いからだと思う」

マツコが首都圏の人気駅ランキングに持論「安いからだと思う」

タレントのマツコ・デラックス(49)が24日、TOKYOMX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)に出演。首都圏の人気駅ランキングに持論を述べた。 番組では、25〜34歳の首都圏人気駅ランキング(2021年7〜12月、オウチーノ調べ)を紹介。1位千葉県「柏の葉キャンパス駅」、2位神奈川県「辻堂駅」、3位千葉県「流山...
桝太一アナの日テレ退社に「やっぱりね」番組で見せていた博識ぶり

桝太一アナの日テレ退社に「やっぱりね」番組で見せていた博識ぶり

「TOKIO」の城島茂(51)以上に興奮する姿を見ていた視聴者は、こういう展開を何となく予想していたのではないか。日本テレビを3月で退社することを公表した、桝太一アナウンサー(40)のことだ。 「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”桝アナは23日放送の「真相報道バンキシャ!」で、自身...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net