芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

家政婦(夫)ドラマなぜ増えた?SNSに過敏すぎるメディア

家政婦(夫)ドラマなぜ増えた?SNSに過敏すぎるメディア

【桧山珠美あれもこれも言わせて】

藤井棋聖めぐる“争奪戦”芸能プロが億単位の契約金提示か

ドラマで男の家政婦さんが大活躍だ。「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の大森南朋、「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の松岡昌宏、そして「きょうの猫村さん」(テレビ東京系)の松重豊。

猫の着ぐるみで猫の家政婦・猫村さんを演じる松重には最初違和感しかなかったが、すっかり見慣れた。特製ネコムライスをはじめ、お料理、お掃除、お洗濯、家事全般を完璧にこなす猫村さんがむしゃくしゃすると庭の土を掘ったり、爪を研いだり、シャーと威嚇するポーズをしたり。猫っぽいしぐさがなんともシュール。5分のミニドラマなのに濱田岳、石田ひかり、安藤サクラ、小雪……と出演者が豪華で主題歌を作曲したのは坂本龍一。

大森は「おじキュン」なるワードとともに癒やし系おじさんとして人気急上昇。コワモテの麿赤兒の遺伝子を持つ大森がエプロン姿の家政夫。ギャップ萌えというやつか。部屋を掃除、おいしい夕飯も用意してくれるナギサさん、多部ちゃんが羨ましくなる。

家政婦はなぜ男性なのか。昨今、ドラマにああだこうだとモノ言いをつけるヤカラが多い。SNSなるお手軽な発信手段を手に入れたものだから、思ったことをよくも考えず書き散らかす。やっかい。それをご丁寧にマスメディアが面白おかしく扱うからますます調子づく。家政婦が女性なら女性蔑視うんぬん……。そこで男の出番?と察する。

初回22.0%、第2話22.1%と絶好調の「半沢直樹」(TBS系)にもケチをつける。銀行幹部は全員男性。半沢(堺雅人)の妻・花(上戸彩)は専業主婦で癒やしの存在。「内助の功を押し付けている」。さまつなことにつぶやきアラ探しする。考え方が違っても見たいなら見ればいい。妻に癒やしを求めて何が悪い。上戸みたいな嫁がいいなと思ってはイケないのか。複数の番組でやっていた「ポテサラ論争」も同じだ。メディアはネットを過信し過ぎ。つぶやかない多くの人たちの本音を探るのが役割のはずだ……。

■最初から文句を言われないようにしておけば…

そういえば、「半沢直樹」の中で流れたカネボウの新CMにも批判が殺到しているとか。「生きるために、化粧をする。」というコピーにカチンときた女たちが「女性は化粧をしないと死ぬってことか」と抗議しているという。「女は化粧しないと死ぬと脅してまで売りたいか」だって。

成人式の写真撮影以来、まともに化粧したこともない私が言うのもなんだが、やりたくなければやらなければいい。「生きるために、化粧をする。」=化粧しない女性は死ぬぞなんて極論過ぎる。

モノ言い族は面倒。闘うのはもっと面倒。だったら、最初から文句を言われないようにしておけばいい……。ということで家政婦(夫)さんドラマが増えたとしたら由々しき問題だと思う。

(桧山珠美/コラムニスト) 家政婦(夫)ドラマなぜ増えた?SNSに過敏すぎるメディア 外部サイト 三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解 女帝・上沼恵美子「えみちゃんねる」“ブチ切れ降板”の真相 安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情 「ドラマの話題」をもっと詳しく

「半沢直樹」の大げさな日常音演技とのバランスが絶妙 ビジネスシーンとの対比「半沢直樹」で上戸彩が演じる妻の役割 ドラマ「半沢直樹」のカギは大和田常務?原作には登場せずとも人気のワケ

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

東出昌大、別れてもなお頭上がらず… 離婚成立の背景に杏の配慮

東出昌大、別れてもなお頭上がらず… 離婚成立の背景に杏の配慮

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/a/2a98c_367_2c9bf76043f5d2b8fafc5a6bb30472f9-m.jpg 俳優の東出昌大(32)と女優の杏(34)の離婚が成立した。 「東出さんが女優の唐田えりかさん(22)と不倫していたことが杏さんにバレ、今年1月から別居に入っていた2人。離婚は秒読みと言われ...
外で飲むことが激減したファンキー加藤 夫婦関係も修復か

外で飲むことが激減したファンキー加藤 夫婦関係も修復か

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/0/00032_759_20ef4bc3_7c1a27c3-m.jpg 7月のある日、都内のコンビニエンスストアで買い物をした体格のいい男性が現れた。元FUNKYMONKEYBABYSのボーカルで歌手のファンキー加藤(41才)である。水色のTシャツに短パン姿。ビニール袋をぶらさげて、傘をさして...
元サザンオールスターズの大森隆志 桑田佳祐とまたやりたいという気持ちも

元サザンオールスターズの大森隆志 桑田佳祐とまたやりたいという気持ちも

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/c/acc93_1462_6a9d0b03_c41523a2-m.jpg 「元気ですよ。太ったけれど。お腹がスゴイんだ(笑)」 【写真】サザン、'81年に行われた伝説の女装姿での抗議デモと原宿ゲリラライブ 以前と変わらぬ人懐っこい笑顔で答えるのは大森隆志。『サザンオールスターズ』...
コロナによる外出自粛でブレイクした「第4次韓流ブーム」

コロナによる外出自粛でブレイクした「第4次韓流ブーム」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/f/cf746_759_6f8257c1_fefc10f8-m.jpg いま、日本は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのがドラマ『愛の不時着』と『梨泰院(イテウォン)クラス』で、ブームの決定打になったのがK-POPアイドルのオーディションに密着した『NiziProject』と...
サンドウィッチマンがノーギャラで続けるラジオ 下積み時代の恩

サンドウィッチマンがノーギャラで続けるラジオ 下積み時代の恩

「コワモテ先輩を笑わせないと帰れない…」サンドウィッチマンを鍛えた高校ラグビー部室の“芸出し”生活《恩人を直撃取材》から続く 【画像】仙台で初舞台を踏んだ際のサンドウィッチマンの貴重な一枚 「サンドウィッチマン(以下サンド)がM-1で優勝する1年前、福島の500人入るホールでライブをやったんですけ...
佐藤浩市と三國連太郎さん、晩年にあった親子関係の変化 最後の散歩

佐藤浩市と三國連太郎さん、晩年にあった親子関係の変化 最後の散歩

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/7/57d62_1212_ef5468ba_3e7fdc8e-m.jpg 俳優・佐藤浩市さん(59)と父、故・三國連太郎さん(享年90)。映画『美味しんぼ』で親子初共演した時も、マスコミはこぞって2人の確執について報じた。 「よく言われますが、別に不仲だったわけではないんですよ。一...
スウィートパワーの敏腕マネージャー イケメン俳優に溺れ退社?

スウィートパワーの敏腕マネージャー イケメン俳優に溺れ退社?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/4/c405d_759_cdcabc25_9e10e4b3-m.jpg かつて堀北真希演じる美少女が、イケメンだらけの男子高校に1人転校し、学園に大騒動を巻き起こすドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ系・2007年)がヒットした。10数年後。堀北は芸能界...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net