芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

唐田えりかの女優復帰を望む声も?「悪女」のイメージに業界期待か

唐田えりかの女優復帰を望む声も?「悪女」のイメージに業界期待か (全2枚)

厳しい状況なのは変わらないが…

7月23日公開の映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』が順調な興行成績を挙げている。当初はメインキャストの1人である東出昌大が起こした不倫騒動の悪影響が不安視されていたが、コロナ禍による公開延期が功を奏したか、ここまでは「問題なし」と言っていいだろう。

東出は同作のプロモーションで、情報番組『ノンストップ!』、バラエティの『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』に出演。さらに2018年放送のドラマ『コンフィデンスマンJP』が全国各地で再放送され、2019年公開の映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』も地上波テレビ初放送されたが、東出をバッシングする声はそれほど聞こえてこなかった。

photobygettyimages

その東出は今月1日に離婚を発表したが、元妻の杏が寛大な対応を見せたこともあって、ここでも以前ほどのバッシングはなし。今秋公開の映画『おらおらでひとりいぐも』『スパイの妻』への出演も控えているなど、世間の顔色をうかがいながらではあるものの、ほぼ本格復帰と言っていいだろう。

一方の唐田えりかは、ここまで復活の兆しゼロ。週刊誌記者や芸能レポーターたちが唐田の近況を撮り、インタビューをしようとしているが、その姿を見かけることはない。

しかも、東出と杏の離婚が成立したことで、「妻子を不幸にした悪女」という見方を覆すことが極めて困難になってしまった。騒動から半年以上が過ぎた今も、厳しい状況が続いていることは間違いない。

見る人の感情を動かす「魔性の女」

しかし、私の知る映画監督やプロデューサー、民放各局のテレビマン、芸能事務所のマネージャーなど業界関係者たちに話を聞いてみたところ、大半の人が「唐田えりかは女優として復活できる」という見立てをしていた。

たとえば、ある民放局のプロデューサーは、「しばらくテレビは難しいかもしれませんが、映画や舞台への出演なら今すぐにでも可能でしょう」とまで言っていた。

唐田えりかの女優復帰を望む声も?「悪女」のイメージに業界期待か photobygettyimages

数年前から不倫に厳しい論調が続いているにもかかわらず、なぜ業界内で唐田を望む声があがっているのか?

業界内の人々に話を聞くと、最大の理由は、「唐田の若さと悪女というイメージにある」という。そもそも女優にとって「悪女」や「魔性の女」というイメージは悪いものとは言えず、むしろ武器になりうるもの。大ヒット中のドラマ『半沢直樹』(TBS系)を見てもわかるように悪役は重要であり、憎たらしいほど見る人の感情移入をうながし、作品への熱が増していく。つまり、「唐田が悪女を演じるだけで見る人の感情が動きやすい」ということだ。

かつては、大竹しのぶ、荻野目慶子、葉月里緒奈、高岡早紀、斉藤由貴らが「魔性の女」などと言われ、そのイメージは女優業へのオファーや評価につながっていた。たとえば斉藤由貴は2017年に三度目の不倫疑惑を報じられたが、バッシングを受けながらも女優業が中断されることはなく、現在まで多くの作品に出演し続けている。

斉藤と言えば、1980年代に清純派として売り出され、男女関係などの戒律が厳しいモルモン教徒だったはずなのに、妻のいる男性に引かれてしまうというギャップがたびたび話題となっていた。清純と魔性は紙一重であり、「清純な人なのになぜ?」ではなく、「清純な人だからこそ、むしろあやまちを犯しやすいのでは?」と思わせている。

「悪女」として生き抜く覚悟はあるか

その「清純と魔性は紙一重」は唐田も同じ。のどかな田舎町で生まれ育ち、マザー牧場でのアルバイト中にスカウトされるなど、清純なイメージだった唐田が、よりによって妻のいる男性に引かれ、しかもSNSでにおわせ行為もしていた。

そんなギャップを踏まえると、斉藤のように女優業を続けられる可能性は十分あるのだろう。実際、知人の映画監督は、「不倫よりも、これだけのバッシングを受けたら、演技にも変化が出ると思います。もし一皮むけるのなら、まだ若いのだから楽しみ」と言っていた。

また、知人のテレビマンは、「唐田さんは以前のイメージと不倫のギャップがあったからここまで叩かれていますよね。もちろん不倫はよくないことですが、はからずも女優として演じられる役の幅が広がったのは間違いないですし、見る人たちが勝手に説得力を感じてくれるかもしれません」と語っていた。

それだけに女優業復帰の鍵を握っているのは、唐田とマネジメントサイドが悪女のイメージを受け入れられるかどうか。斉藤がそうだったように、「自分の間違いを認めつつ、だからといって罪悪感を引きずりすぎない」というスタンスで活動できれば、次第に「彼女はそういう人だから」とみなされ、女優としての評価にフォーカスしてもらえるだろう。

モラルの高さが求められがちな現在の芸能界では、「悪女が似合う若手女優」「若き魔性の女」と呼ばれる女優は少ないだけにニーズはあるはずだ。その意味で唐田は、「悪女と言われ続けても女優として生きていくのか」という問いを突きつけられているのかもしれない。

ちなみに、矢口真里やベッキーは本格復帰まで時間がかかったが、これは無料放送である地上波バラエティへの出演が多いタレントだから。女優なら「まずは映画と舞台での復帰を果たし、演技の評価を得た上でドラマに復帰していく」という形が現実路線となる。

また、唐田が傷つけてしまった杏と子どもたちが幸せに暮らしていることが世間に知れ渡れば、多少なりとも追い風になるだろう。唐田がどう思っているかはわからないが、周囲の関係者たちは、世間の人々以上に杏と子どもたちの幸せを願っているのではないか。

唐田えりかの女優復帰を望む声も?「悪女」のイメージに業界期待か 外部サイト 不倫妻たちの淫らな告白「私、こうやって男性と出会います」 偽装離婚と疑われても…木下優樹菜から離れられない「フジモンの心理」 「唐田えりか」をもっと詳しく

東出昌大と唐田えりかは近いうちに接触?関係の「精算」終わっておらず 東出昌大が唐田えりかと正式交際?迷惑かけないようにと実家を出たか 杏ら離婚まで雲隠れの唐田えりか女優復帰はより難しくなったか

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

宮迫博之がYouTubeを「1週間休む」自身とスタッフに夏休み

宮迫博之がYouTubeを「1週間休む」自身とスタッフに夏休み

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/f/cf0aa_456_bc189773cba1fc389566f92a0fdfe6d0-m.jpg 闇営業問題で吉本興業から契約を解消されたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(50)が20日、自身の公式YouTubeチャンネルに「【お知らせ】YouTubeの活動をしばらくお休みします...
杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

杉浦太陽、入院してから約1週間が経過「嗅覚が効かなくなってしまったのが気になる」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/1/8138d_1585_fc80ec585c70969635707ab6cc9ced8a.jpg ※杉浦太陽オフィシャルブログ・ヘッダー  俳優の杉浦太陽が20日に自身のアメブロを更新。入院してから約1週間が経過したことを報告した。 杉浦は15日に「スタッフからのご報告」というタイトルでブ...
安藤なつのグルメロケでの行動が炎上しSNSで謝罪 激励の声も相次ぐ

安藤なつのグルメロケでの行動が炎上しSNSで謝罪 激励の声も相次ぐ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/5/95cf4_60_223fff6b_cdb1e636-m.jpg お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(39)が20日に自身のツイッターを更新し、同日放送のTBS系「バナナマンのせっかくグルメ!!」での行動について謝罪した。 安藤は「日向坂46」の佐々木美玲(20)...
「本当に身勝手で一時的」不倫報道の直井由文にアンミカが憤慨

「本当に身勝手で一時的」不倫報道の直井由文にアンミカが憤慨

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/f/7f618_929_spnldpc-20200921-0152-001-p-0-m.jpg モデルのアンミカ(48)が21日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)で、ロックバンド「BUMPOFCHICKEN」のベーシスト・直井由文(40)の不倫報道についてコメントした。 直井は2016年12月に出会...
ジャニーズに忖度するTV局?なぜ「淫行疑惑」は報じないのか

ジャニーズに忖度するTV局?なぜ「淫行疑惑」は報じないのか

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/f/cf531_1413_5dff92a74c73b696c75398ce4118794c-m.jpg (全3枚) ジャニーズと各局の忖度関係 18日は朝から夕方まで各情報番組のトップ扱いで、山下智久と亀梨和也の処分に関するニュースを報じている。 二人に下された処分は、山下が「一定期間の芸能活動自...
【高堀冬彦】急展開!『私の家政夫ナギサさん』が単なるラブコメに収まらない「これだけの理由」 佳境になりつつあるが

【高堀冬彦】急展開!『私の家政夫ナギサさん』が単なるラブコメに収まらない「これだけの理由」 佳境になりつつあるが

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/4/8/48fd2_1413_9a6e5bcffd4c718bb8e09aced4fa5b09-m.jpg (全4枚) ナギサさんの過去 多部未華子(31)が主演しているTBSの連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(火曜午後10時)が佳境に入った。 8月4日放送の第5話までは、天保山製薬横浜支店でMRをしている28...
ライブ中止、卒業保留…コロナが「会いに行けるアイドル」ブームにもたらしたもの 今、かつてない苦境を迎えている

ライブ中止、卒業保留…コロナが「会いに行けるアイドル」ブームにもたらしたもの 今、かつてない苦境を迎えている

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/0/704c1_1413_63a8db3897e2b8a31b475d40f3af2070-m.jpg (全8枚) コロナ禍によって、ライブを活動の主体に置く“ライブアイドル”は大きな影響を受けた。4月7日に東京や神奈川など7都道府県に緊急事態宣言が行われ、同月16日にその範囲は全国にまで拡大。観客を...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net