芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

〈独占告白〉床嶋佳子「55歳でまさかのスピード婚。〈プールサイドの一目惚れ〉が実った」

〈独占告白〉床嶋佳子「55歳でまさかのスピード婚。〈プールサイドの一目惚れ〉が実った」

〈本日の『徹子の部屋』に登場!〉木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長2020』で主人公の妻を演じるなど、数多くのテレビドラマや映画、舞台で活躍している床嶋佳子さん。「55歳で初めての結婚」という久々の明るいニュースは大きな話題となりました。結婚から2週間というタイミングで、決断までの道のりや現在の心境を伺います(構成=篠藤ゆり撮影=初沢亜利)

【写真】夫の隣で幸せそうに微笑む床嶋さん!

*******

同世代のお友達からは「勇気をもらった」

9月10日に婚姻届を提出し、13日に結婚を発表したところ、あまりにも反響が大きかったので、びっくり。皆さんから温かい言葉をいただき、胸が熱くなりました。報道で「55歳で医師と結婚」と書いてあるのを読んで、改めて「あぁ、私は55なんだ」と(笑)。同世代のお友達からは、「勇気をもらった」と言っていただけました。

出会ったのは今年の1月。通っているジムで、私のことを心配してくださる知人たちと、夫を心配する人たちと、2つのグループがありまして(笑)。その方たちの間で、2人を引き合わせようという話が持ち上がったようです。

ある日、ジムで知人の奥様と話していたら、その方の旦那様が男性を伴ってプールサイドをこちらに歩いてきました。奥様には、以前から紹介したい人がいると伺っていたので、もしかしてこの人かも、と。次の瞬間、「わぁ、素敵。好きなタイプだわ」とドキドキ。やさしそうで紳士的。ちょっとケンタッキーフライドチキンの生みの親、カーネル・サンダースみたいな雰囲気で、包容力も感じて……。すぐに、近々食事会を設定しようという話になりました。

食事会で、その方は率先して楽しく話し、社交的な方だなという印象でした。でも8年前に奥様を病気で亡くされたというお話をされた時、ふっと涙ぐまれて――この7年間、奥様の死と向き合い、どれだけつらい思いをしてこられたんだろうと、ぐっと胸にきました。

初対面の時、素敵だと思ったのは、人間としての奥行きを感じたからかもしれません。それはもしかしたら、人としての寂しさや、深い悲しみを知っているからではないか。そんな気がしました。そして、自分がこの方のそばにいて、楽しい時間をつくることができたらと、心から思ったのです。

初デートはそれから3日後。ところが「待てよ、どんな顔だったかな」と思い出せなくなりました。好みの顔だったはずだけど、舞い上がっていたがゆえの錯覚だったのかも。もし「えっ、こんな人だったの?」と思ったらどうしようと不安になり――(笑)。レストランに到着して席に座り、顔を見て安心しました。この人だ、と。

その次のデートで、「あなたと結婚したい」と言われました。最初の食事会から1週間後です。内心「えぇ〜っ!」という感じでしたが、「あぁ〜、そうですか」と間の抜けた返事しかできませんでした。

即答できなかったのは、まだお互いのことを全然知らないから。これまでまったく違う人生を送ってきたし、こちらは我が強い女優です。何も考えずに「はい」と返事をしてしまい、後になって「やっぱり結婚できません」となっては大変です。

まずはお互いを理解するところから始めよう、と。私が「奥様のお墓にご挨拶をしてからおつきあいを始めたい」とお願いし、彼の故郷に一緒に行ったところ、ご家族や親戚の方々がとても温かく迎えてくださいました。

「孤独死」を覚悟したことも

ところで、なぜまわりの皆さんが私を心配し、誰かいい人がいたら紹介しようとしてくれたのか。話は少し過去にさかのぼります。

私は6歳でクラシックバレエを始め、27歳までバレエ一筋で生きてきました。その後、断腸の思いでバレエを諦め、女優の道に進んだのです。バレエの話をするだけで涙が止まらなくなるほどの喪失感でした。

ちょうどその頃、好きな方ができて結婚したいと思いましたが、結局成就しなかったのです。その経験がトラウマになり、男性との交際に憶病になってしまい――。それにある程度の年齢になると、素敵だなと思う男性は皆さん、結婚されています。ですからこの先、恋愛も結婚も無理だろうと、半ば諦めていました。

そんな時に、曽野綾子さんの『老いの才覚』を読んで感激し、40代半ばにして、一人で毅然と生きていこうと決意。撮影現場で「私、『孤独死』を覚悟しています」と発言し、まわりから「とこちゃん、何考えてるの?」と驚かれたこともあります。(笑)

本音では、ずーっと寂しかったんです。でもバレエダンサー時代に染みついた「常に凛としていなければいけない」という価値観に縛られ、人前で素の自分を出すことができませんでした。

事務所の方々には、以前から、「床嶋さんは普段すごく面白いから、それを出したほうがいいですよ」と言われていました。昨年、思い切って自分をさらけ出そうと大決心。『アウト×デラックス』という番組に呼んでいただいた際、「寂しい〜っ!誰かに抱きしめてほしい」と本音をぶっちゃけたところ、それを見た知り合いの皆さんが「とこちゃんに誰かいい人はいないか。なんとかしなきゃ」と考えてくださるようになり――おかげさまで出会いが訪れた、というわけです。それまでの殻を破り、自由になったことで、物事が動き始めた気がします。

ここは絶対にごまかしてはいけない

交際が始まって結婚を決めるまでには、乗り越えるべき山もありました。この歳になると、お互い生活のペースができあがっていますし。小さいことでは、お水の使い方やゴミ出しでもめたり。(笑)

彼は基本的にゆったりと受け止めてくれていたのですが、私自身、男性と暮らした経験がなく、一緒にやっていけるのか大変不安でした。毎日違うスケジュールで動いているうえ、急な変更があることもしょっちゅう。今まで自分中心に生きてきた私が歩み寄り、時には合わせ、また自分の時間も大事にする――ということを頭ではわかっていても、些細なことで軽くぶつかることもありました。

そんな時は、論理的に文章にしてメールで送りました。すると夫はそれに対して何も返してこないのですが、少しずつ変化し、受け止めてくれたように思います。

本音をぶつけることで関係が壊れるかも、という怖さも正直ありました。でもそれで崩れるなら、しょせんダメなんだ。自分を殺して相手に合わせていたら、結婚後いつか爆発するに違いない。だから、ここは絶対にごまかしてはいけないと思いました。

彼を母に会わせたい

そんなやりとりを繰り返したのち、結婚を決めたのは8月です。昨年亡くなった父の新盆のため、私の実家がある福岡に帰る時、彼が「僕も一緒に行くよ」と言ってくれたのです。でも彼が突然お墓にあらわれたら、親戚一同びっくりしますよね。そこで、お墓参りの翌日、兄と会ってもらうことに。3人で会うと決めた時が、結婚を決意した瞬間でした。

今思うと、父が背中を押してくれたのだと思います。父は身体が弱ってきてから、「佳子、誰かいい人はおらんと?」と言っていました。「おらんよ」と答えると、「そうかぁ」と、ちょっと寂しそうでした。きっと私のことを心配していたのでしょうね。残念ながら母は認知症で、私の結婚のこともよくわからないのですが――。今はなかなか面会に行けないけれど、ガラス越しでもいいから、彼と会わせられたらいいなと思っています。

婚姻届を出して夫婦になったら、私たちはものすごく仲良くなりました。公表したことによって、お互い安心したというか。先日は彼の姪がすごくかわいいケーキをお祝いに持ってきてくれました。この歳になって新たに親戚が増えるなんて思っていなかったので、喜びがひとしおです。

実は、結婚を発表した時のインスタグラム写真は、お義兄様の奥様が撮ってくださったもの。私を受け入れていただき感激しましたし、これまでの人生の積み重ねやさまざまな縁を大事にすることが結婚なのかな、と思いました。

結婚して一番大きく変わったのは、夜ぐっすり眠れるようになったこと。この仕事を始めてからはやはり緊張感もあり、寝つきが悪くなることが多く、翌日撮影があると思うと、一睡もできない日もありました。

ところが今は、別人のようによく眠れるのです。やはり大きな安心感に包まれているからでしょうね。今まで味わったことのない幸せを、日々噛みしめています。

〈独占告白〉床嶋佳子「55歳でまさかのスピード婚。〈プールサイドの一目惚れ〉が実った」 外部サイト 山口もえ「恋愛スイッチはオフだった私が、彼との再婚を決意した瞬間」 LiLiCoと純烈・小田井涼平が結婚した理由「40代で出会えたのは運命だった」 中村うさぎ×能町みね子「恋愛も性愛もないけれど、ゲイの夫と家族になって」 「床嶋佳子」をもっと詳しく

床嶋佳子、一目ぼれした医師と結婚「私の人生でこんな事が起こるとは」 過激昼ドラで話題、床嶋の私生活 過激昼ドラ『天国の恋』P「大人のテーマパーク提供したい」

関連芸能ニュース

SNSでの「嫁」表現で企業が炎上 加藤浩次が疑問「その状況が異質」

SNSでの「嫁」表現で企業が炎上 加藤浩次が疑問「その状況が異質」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/1/61f10_50_3c0cd45c_c3ee88ce-m.jpg 極楽とんぼの加藤浩次が1日、日本テレビ系「スッキリ」で、ある企業がSNSで「嫁」と書いたことで炎上し、謝罪する事態に追い込まれたことに「謝罪しないといけない状況が異質だと思う」と首を傾げた。 番組では、あ...
藤田ニコル「次のステップに進む」プロデュースのアパレル店が閉店

藤田ニコル「次のステップに進む」プロデュースのアパレル店が閉店

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/b/1/b18b5_1401_b4b0918e_77502a8b-m.jpg モデルでタレントの藤田ニコル(22)が、プロデュースしたアパレルブランド「NiCORON(ニコロン)」の店舗が閉店し、「次のステップに進む」と今後の活動に意欲を示した。 藤田は11月30日、ツイッターを更新し、「今日...
SixTONESメンバーが入所秘話を明かす 高地優吾はパジャマ姿で審査を通過?

SixTONESメンバーが入所秘話を明かす 高地優吾はパジャマ姿で審査を通過?

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/4/14892fcae55ae61ecabad996baabf7f8-m.jpg 11月27日、SixTONESの公式YouTubeチャンネルが動画を投稿。屋形船で東京湾を周遊しながら、メンバーがそれぞれのジャニー喜多川氏との初めての出会いなどを明かしています。 先日発表されたSixTONESの1stアルバム...
福澤朗が所属事務所を退社 11月30日付で契約終了

福澤朗が所属事務所を退社 11月30日付で契約終了

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/6/d/6de3c_929_spnldpc-20201201-0099-003-p-0-m.jpg フリーアナウンサーの福澤朗(57)が05年から所属していた事務所「ノースプロダクション」を11月30日付で退社したことが分かった。同日、事務所公式ホームページで発表された。 公式ホームページで「本日...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net