芸能ニュースなどの芸能情報から掲示板で雑談!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか?

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか? (全3枚)

松本絡みのお笑い特番が急増中

「松本、動きます」というツイートを覚えているだろうか。これは昨年7月20日、松本人志が闇営業騒動に関する宮迫博之と田村亮の会見直後に投稿したツイート。松本はすぐに吉本興業の大崎洋会長、岡本昭彦社長と話し合いの場を持ち、事態の沈静化につなげた。

内容こそまったく異なるが、1年あまり過ぎた今秋、再び松本が動き出している。

photobygettyimages

現在、浜田雅功とのコンビで出演しているのは『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)、『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)。

単独出演している『ワイドナショー』(フジテレビ系)、『松本家の休日』(朝日放送・テレビ朝日系)、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送・テレビ朝日系)のレギュラー番組をこなしつつ、お笑い特番に連続出演して実験的な笑いを連発しているのだ。

まず9月5日に冠特番『審査員長・松本人志』(TBS系)に出演。「松本人志を審査員長に据えて、今まで開かれたことのなかった新しいコンテストを開催する」というコンセプトの特番だが、松本は序盤から前面に立ってボケ、終盤までリアクションを取るなど、精力的な姿が目立った。

次に9月26日に放送された『お笑いの日2020』は「ネタに特化した8時間生放送」という超大型コンテンツ。松本は総勢120人超の芸人を束ねるように通しでMCを務めて、まるで音楽フェスのような長時間番組を盛り上げ続けた。

さらに、10月24日に放送された冠特番『まっちゃんねる』(フジテレビ系)は、「松本人志が地上波でとにかく面白いことを探ってみる実験的バラエティ」という攻めのコンセプト。

自身がAmazonプライム・ビデオで手がける人気シリーズ『ドキュメンタル』のアレンジ版『女子メンタル』を地上波のフジテレビに持ち込むなど、バラエティの可能性を追求する姿勢を随所に見せた。

いずれも、これまではなかった革新的な特番であり、しかも特筆すべきは「大御所」「ご意見番」というポジションに留まることの多かった松本が前面に出て笑いを誘っていたこと。まさに1年前の名言、「松本、動きます」を彷彿させる使命感を感じてしまうのだ。

松本絡みのお笑い特番が増えているのはなぜなのか。また、どんな狙いが推察されるのか。

民放テレビマンにも良い刺激が

松本が動き出すきっかけとなったのは、今春の視聴率調査リニューアル。メインの広告指標が「どれだけの世帯が見たか」を示す世帯視聴率ではなく、「どんな人がどれだけ見たか」を示す個人視聴率に変わり、スポンサーのニーズに細かく対応した番組制作が求められるようになった。

より多くのスポンサーが求めているのは購買意欲の高い10〜40代であり、この層にウケる番組作りがこの半年間で急速に進んでいる。

なかでもニーズの高いのはお笑い要素の濃いバラエティで、実際に日本テレビが『有吉の壁』、フジテレビが『千鳥のクセがスゴいネタGP』をレギュラー放送化したほか、各局がお笑い特番を量産。世帯視聴率が1桁のお笑い特番でも、10〜40代の個人視聴率が高いなど、その多くが及第点の結果を残している。

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか? photobygettyimages

そんな状況の中、コロナ禍の閉塞感が漂いはじめたことで、ますますお笑い要素の濃いバラエティへのニーズがアップ。「コロナのモヤモヤが吹き飛んだ」「何も考えずに笑えていい」などの声がネット上にあげられている。

その典型例が前述した『お笑いの日2020』であり、前代未聞の8時間生放送という思い切った構成がテレビ業界の変化を象徴していた。また、8月29日にサンドウィッチマン、バイきんぐ、かまいたちなどが集結したコント特番『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)も、80〜90年代のコント黄金期を思い出させるような構成だった。

これらの特番が発表されるたびに民放他局のテレビマンたちは、「先にやられた。ウチも同じくらいことのをやらなければいけない」と思い、競いはじめているのだ。

同様に芸人たちも、テレビの潮目が変わったことを感じていて、「今がチャンスだ」という思いを持ちはじめている。彼らの頂点にいる松本には相談やオファーが増えるのは当然であり、しかも「新しいことをやっていきましょう」という前向きなものが多い。

松本にとっては、「本当に面白いと思っていることを仕掛けられる」「今のバラエティに足りないものを見せられる」「自分の力でバラエティや芸人を再評価させるチャンス」。近年の松本は「大御所」「ご意見番」というポジションに身を置かざるを得ない状況が多く、「一歩引いた場所からボソッとボケて笑わせる」というシーンが目立っていた。

しかし、松本ほどの大物が3つの特番で自ら笑いを生み出していたのは、テレビマンと視聴者のニーズに応えるのはもちろん、「コロナ禍に苦しむテレビや芸人を救おう」という思いがあるのではないか。

お笑いとメディアのボーダーレス化

そして、もう1つ松本の動きで注目すべきは、前述した『女子メンタル』。

このベースとなる『ドキュメンタル』は松本自身が手がけたコンテンツで、すでにAmazonプライム・ビデオで「シーズン8」まで配信されている。つまり、動画配信サービスの人気コンテンツなのだが、これを地上波のゴールデン・プライムタイムに持ち込んだことに驚かされた。

自信のあるコンテンツをあえて地上波に持ち込んだのは、バラエティの活性化を狙ったからであり、「現在のいい流れなら『ドキュメンタル』を放送できるはずだ」という読みがあったからではないか。

今回の『女子メンタル』は「動画配信サービスのコンテンツを地上波のバラエティに持ち込む」という形だったが、今後は地上波のバラエティ、動画配信サービス、YouTube動画などのボーダーレス化が期待できるだろう。

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか? photobygettyimages

視聴者にとって重要なのは、「どこで放送・配信されるコンテンツか」ではなく、「誰のコンテンツなのか」。たとえば、『ドキュメンタル』のアレンジ版はフジテレビだけでなく、次回は日本テレビで放送するかもしれないし、あるいはYouTubeで公開するかもしれない。

「地上波が一番見やすい」という人もいれば、「動画配信サービスのほうがいい」「YouTubeなら見る」という人もいるはずだ。あるいは、今回の『女子メンタル』を見て「Amazonプライム・ビデオにはこんなに面白いコンテンツがあるのか」と知って会員登録をした人もいるだろう。

だからこそ「テレビのみの企画」「動画配信サービスの限定コンテンツ」ではなく、さまざまなメディアを横断してコンテンツを提供していく形のほうが「視聴者ファースト」という時流に合っている。

また、これは松本のような大物に限った話ではなく、可能性は若手芸人にも広がっている。たとえば、YouTubeで公開している動画のアレンジ版を地上波のバラエティや動画配信サービスで放送・配信することは可能だろう。

その点、松本の『女子メンタル』は、「面白いコンテンツならメディアを横断すべき」というあるべき形を教えてくれたのではないか。

ちなみに『女子メンタル』には、ファーストサマーウイカ、AKB48・峯岸みなみ、朝日奈央、ゆきぽよ、浜口京子、金田朋子、松野明美の7人が参加し、何度も爆発的な笑いを生んだ峯岸が優勝。視聴者がネット上で何度も盛り上がっていたほか、松本も峯岸と『女子メンタル』そのものを絶賛していただけに、第2弾の放送も期待できそうだ。

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか? photobygettyimages

「フォロワー数日本一」の影響力

現在は、ほぼ毎週のように新たなお笑い特番が放送されているが、このまま年末までその状態が続いていくのではないか。

松本にはレギュラー番組に加えて、年末には『M-1グランプリ』(朝日放送、テレビ朝日系)、『女芸人No.1決定戦THEW』(日本テレビ系)も控えているだけに、どれだけ新たなお笑い特番に関わっていくのかは分からない。しかし、お笑いにいい風が吹き、コロナ禍で閉塞感が漂う今、松本に期待する人が増えているのは間違いないだろう。

事実、今年4月、松本のツイッターは芸能人・有名人の中で「フォロワー数日本一」になった。現在も約795万人のフォロワーがいるなど、57歳にしてその影響力はますます高まっているだけに、テレビと芸人を救うべく、最前線での活発な動きに期待したい。

【木村 隆志】「松本、動きます」から約1年…“再び”動き出した松本人志がテレビと芸人を救うか? 外部サイト 「M-1の審査」で改めてわかる、松本人志「評価能力」の凄まじさ フジテレビ『鬼滅の刃』“全集中”放送への批判が的外れだといえる理由 なぜ「吉高由里子」は主演を務め続けられるのか?「失敗しない」「谷間の星」「番宣」という3つの業界評価 「松本人志」をもっと詳しく

ザキヤマ、ダウンタウン「やんわり」避けていたリンカーン事件後 岡村隆史と松本人志の関係に変化かかつては不仲説が囁かれたことも 松本人志が岡村隆史の結婚を祝福「一番ええところは天性の人気者」

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

みのもんた、パーキンソン病を発症していた 本人か語る「終活」

みのもんた、パーキンソン病を発症していた 本人か語る「終活」

タレント・みのもんた(76)が11月23日、「週刊文春」の取材に応じ、パーキンソン病を患っていることや、番組終了、社長業の引退など、“終活”に向けて動いていることを明かした。 【画像】親族と食事帰りのみのもんた 全盛期には、レギュラー番組16本、推定年収6億円を誇ったみのだったが、今年3月末に12年半...
自動車CM起用見送り?伊藤健太郎の事件で山本舞香がとばっちりか

自動車CM起用見送り?伊藤健太郎の事件で山本舞香がとばっちりか

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/a/8aa36_1462_5a9829a8_3e37206f-m.jpg 「12月から上演する舞台『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』で主演を務める予定だった伊藤健太郎さんの降板が11月7日に発表されました。チケットの払い戻しも行うことになったので、舞台関係者は頭を抱えてい...
Snow Manの紅白歌合戦出場に抗議の声も 原爆を想起させるTシャツで物議

Snow Manの紅白歌合戦出場に抗議の声も 原爆を想起させるTシャツで物議

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/9/89b12_188_42cc0262_5acadbe3-m.jpg 『第71回NHK紅白歌合戦』に初出場が決まったジャニーズ事務所のアイドルグループ・SnowManについて、一部から出演に抗議の声が上がっている。 事の発端となったのは、SnowManの佐久間大介がジャニーズJr.のユーチュー...
市原海老蔵の娘、会いたい人は小林麻耶?言葉では答えず紙に書く

市原海老蔵の娘、会いたい人は小林麻耶?言葉では答えず紙に書く

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/2/725ae_759_246b8f42_8a410a29-m.jpg 失うものがなくなった人は強いというが、この夫婦もそうなのだろう。小林麻耶(41才)と國光吟氏(37才)夫婦のことだ。ふたりのYouTubeチャンネルで、『グッとラック!』(TBS系)のMC・立川志らく(57才)を國光氏が...
【山田 ゴメス】離婚しているのか、していないのか…芸能人夫婦に「腐れ縁」が多いワケ ビッグ・カップルたちのその後

【山田 ゴメス】離婚しているのか、していないのか…芸能人夫婦に「腐れ縁」が多いワケ ビッグ・カップルたちのその後

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/f/1f1eb_1413_957b6d9378ca663435b81e1157a97677-m.jpg (全3枚) おたがいの才能に惹かれ合う 数多くのビッグ・カップルが生まれ、また破局を迎えた平成の時代──でも、我々のような“外野”の人間からすれば「離婚しているんだか、していないんだかよくわからな...
「タモリさんは欲のない人」ミュージックステーション初代総責任者が語る、タモリという傑物

「タモリさんは欲のない人」ミュージックステーション初代総責任者が語る、タモリという傑物

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/d/fd592_1413_5dc8cf42_2a0fba91-m.jpg 現在75歳、サラリーマンならとっくに定年だが 「素顔のタモリさんは普通の人。面白い話をするわけではないので、知らない人が彼と会話をしたら、おそらく間が持ちません。それが、サングラスをかけ、髪をセットすると...
近藤真彦の不倫報道、紅白ジャック…テレビ局が「ジャニーズ」に忖度し続けるワケ

近藤真彦の不倫報道、紅白ジャック…テレビ局が「ジャニーズ」に忖度し続けるワケ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/9/f9904_1413_85b724d5702c7778309204dc38cf844a-m.jpg (全2枚) 2020年は退所騒動と不祥事ばかり 16日昼ごろ、大みそかに放送される『第71回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、初出場の9組を含む白組21組、紅組20組の計41組が名を連ねた。 なかでも目立...
若年層が嫌うハラスメントの象徴に 蜜月のフジで密かに進む坂上忍離れ

若年層が嫌うハラスメントの象徴に 蜜月のフジで密かに進む坂上忍離れ

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/8/8/88da1_1413_5948d0541eadf67f51135f2439de4beb-m.jpg (全2枚) 冠番組とMCを務める特番が終了 今秋、坂上忍がMCを務める『バイキング』(フジテレビ系)の放送時間が55分間拡大され、番組名を『バイキングMORE』に変更。約3時間にわたる生放送の情報番組は...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://scoopire.net